フォト

参加しています

本が好き!

ブログ村

Amazon

カテゴリー「読書日記」の記事

『このあと どうしちゃおう』・・・ヨシタケシンスケ(著)

2020年12月2日

2016年4月25日発行・・・2020年12月1日読みました


🎀私の心に残ったこと
    おじいちゃんに  もう  あえないのは  さみしい
    でも  もし  てんごくがあって
    おじいちゃんの  そうぞうどおりだとしたら
    ちょっと  あんしんする
    おじいちゃんの  ノートの  おかげだ

 

 

・ こないだ  おじいちゃんが  しんじゃった

 
・ おじいちゃんのへやを  みんなで  かたづけていたら
  ベッドのしたから  ノートが  でてきた
  「このあと どうしちゃおう」と  かかれた  ノートには
  おじいちゃんの  えと  もじで  
  「じぶんが  しょうらい  しんだら
   どうなりたいか  どうしてほしいか」が
  いっぱい  かいてあった

 

・ このあとの  よてい

 

・ てんごくに  いくときの かっこう

 

・ うまれかわったら  なりたいもの

 

・ こんなかみさまに  いてほしい

 

・ てんごくってきっと  こんなところ

 

・ いじわるなアイツは  きっとこんなじごくにいく

 

・ こんなおはかを  つくってほしい

 

・ みんなをみまもっていく  ほうほう

 

・ みんなにつくってほしい  きねんひん

 

・ おじいちゃんの  ノートを  みていたら
  なんだか  ワクワクしてきて
  ぼくも  てんごくに いくのが  たのしみになってきた

 

・ でも  ちょっとまてよ  と  おもった

 

・ どっちだったんだろう 
  こわかったのかな?
  たのしみだったのかな?
  それとも  りょうほうだったのかしら

 

・ おとうさんは  いった
  「でも だれだって  いつかは  しんじゃうし
   それが  いつかなんて  わからない
   もし  じぶんが  しんじゃったら  どうなりたいか
   どうしてほしいかを  かんがえて  だれかと
   はなしあったり  ノートに  かいてみるのは
   きっと  いいことだよね」

 

・ ノートを  かってきた
  さぁ  ぼくだったら  どうしちゃおうかな

 

・ でも  じぶんが  
  しんじゃった  あとのことを  かんがえようとすると
  いまいきているうちに
  やりたいことが  いっぱい  あることに  きがついた

 

・ とりあえず  きょうは
  てんごくに  いったときのために
  そらをとぶ  れんしゅうをした

 

 

 

 

≪箱入り嫁のつぶやき≫
先日読んだ『あつかったら ぬげばいい』の話をしていたら、
次女がこの本もいいよと教えてくれました。

 

父に  もう  あえないのは  さみしい
でも  もし  てんごくがあって
おじいちゃんの  そうぞうどおりだとしたら
ちょっと  あんしんする

私の心に響いた部分です。
この絵本を読んだらなんだか私も安心♡

いじわるなアイツは  きっとこんなじごくにいく
のページは、笑っちゃいました。
子どもにもわかりやすい、地味~に嫌な作業の数々でしたから(笑)

 

今生きているうちに 
やりたいことがいっぱいあることに気がついたのは
とても良かったと思います。

そして、とりあえず今日は、天国に行った時のために
空を飛ぶ練習をした というところ。
子どもらしい(≧▽≦)

 

私は知らなかったのですが、
話題になってた絵本みたいですね。
大人にも子どもにもおすすめだと思いました。

 

 



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

『孤独の意味も、女であることの味わいも』・・・三浦瑠麗(著)

2020年12月1日

 

2019年5月15日発行・・・2020年11月23日読みました

🎀私の心に残ったこと
    あなた自身を、出来事や外部に定義させてはいけない
    あなたのことはあなた自身が定義すべきなのだから

 

・ これまで、自由でありたいという思いは、
  私を世間からどんどん切り離す作用を持っていたのだが、
  おかしなことに、今度は、孤独が逆に仕事を連れてきた

 

・ 自分に寄り添ってくれ、と思いながら黙っている時間が、
  私たち夫婦のあいだの溝となった

 

・ 四月の終わり、自然分娩で長女、珠たまを死産した

 

・ 嫌なときに嫌だと言うことが
  こんなに気持ちを楽にすることだとは知らなかった

 

・ 抗いたい結果を受け入れ、最後には流れに身を任せる
  それが人生なのだ、と私は悟った

 

・ 家族はどっしりと私の真ん中に錨を下ろしてはいるが、
  それでも私はまずひとり、なのであった

 

・ 周囲の人から孤立しても、ひどいことをされても、
  最愛の子を喪っても、人生には意味がある

 

・  「いま」をどう生きるか私が真剣に考えるようになったのは、
  多分この年齢になってからだ

 

・ 過去の意味を求めることは、その瞬間を生き直すことにつながる
  そうやって、私の中に堆積する時間は厚みを増していく
  私はこれからも、自分の過去に首まで浸かり、
  さらに過去を振り返り振り返り生きていくのだろう

 

 

 

≪箱入り嫁のつぶやき≫
孤独の意味も、女であることの味わいも
深いなぁと思いました。


あなた自身を、出来事や外部に定義させてはいけない
あなたのことはあなた自身が定義すべきなのだから

しっかり心に刻み、
自分の人生を自分のものとして生きていかなければ。


昨夜見上げた満月もみごとでしたが、
今朝の満月もうっとりしました♡
自分の人生は自分のもの。
満月に誓ってみました(#^^#)

 

 

 



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

『マンガでわかる「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法』・・・えみこ・森下 (漫画家) と大嶋信頼(著)

2020年11月23日

2018年5月28日発行・・・2020年11月16日読みました

🎀私の心に残ったこと
     さぁ、知らぬ間にできた力関係から自由になり、
       最高の人生を手に入れましょう



 

第1章 あの人の気持ちがどうしても気になる!
・ 暗示は意識の下にある無意識に直接働きかけ、
  不安や怒りから一瞬で解放してくれます
・ 相手が求めてくるようなことを「してあげる」と、
  相手はモンスター化して、こちらを振り回す
・ 「近づかない!」と唱えると、冷静になれる

 

第2章 つい他人と比べてしまう・・・
・ 自分らしく生きていくためには、
  「私は私、相手は相手」という適切な壁が必要
・ 他人から伝染した感情は、「暗示」によって断ち切ることができる
・ あこがれの人をまねすることで、自分本来の美しさを取り戻せる

 


第3章 上司、後輩・・・職場の人間関係がつらい
・ 「本音モード!」を使うと、
  思っていることを上手く伝えることができ、人間関係も良好になる
・ 本音と「本音モード!」のちがい
・ 本音を言うとは、「意識的」に言うことです
  意識して話してしまうと、自分が求めていることが上手く伝わらず、
  相手との関係をこじらせることになります
  一方、「本音モード!」は本音を言うわけではなく、
  自分自身に催眠をかけているのです
  「モード」という言葉で、いつもの自分からガラッと返信するイメージ
・ 「本音モード!」と心の中で唱えて無意識状態になると、
  自分の本当に求めていることが口から出てきます
・ 相手の呼吸に合わせると、攻撃的な人も優しいひとになる
・ 意識の壁がなくなると、「みんな味方なんだ」と感じることができる

 


第4章 人の言いなりになるのは、もうたくさん!
・ 悪い決めつけはすべての他人からの暗示
  「意外と〇〇」で負の感情から自由になれる
・ 相手をモンスターにしない、とっておきの方法
  ⇒「人の気持ちがわからない最低なやつ!」と罵倒が浮かんだら、
    その逆のメッセージを上司に伝えます
・ 相手に対して思っていることの
  真逆のメッセージを伝えることで、攻撃をとめる

 

 


第5章 心のままに生きれば、すべてうまくいく
・ 不快感が襲ってきたら・・・
   「知恵と力の調整!」と7回唱えると、
  過去のことや他人のことでモヤモヤしなくなる
・ 心に聞きながら生活していると自分の感覚を取り戻せる
・ 「心よ!」と質問の前にタグ(宛先の目印)をつけてみと
  本来の自分にダイレクトにつながります

 

 

 

≪箱入り嫁のつぶやき≫

はじめに
本書を通じて、
・ 他人に振り回されてしまうのは自分の性格のせいではない
・ 努力しても改善できなかった人間関係も、
  簡単な方法で解決することができる
・ 自分の心のままに生きれば、周りの人との関係も円滑になり、
  人生を謳歌することができる
そんなことを感じていただけたら、とても嬉しく思います。


マンガで紹介されているので記憶に残りやすく、
ちょっと使ってみようと思いました。
楽しくなりそうな予感(笑)

 



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

 

 

『眼力』・・・斎藤一人(著)

2020年11月22日

 

2010年6月30日発行・・・2020年11月16日読みました

🎀私の心に残ったこと
    眼力って、「次、どうなるのか」を
    知っていれば、いいだけですからね



はじめに
・ 見抜けないで、人生を歩いていたら、
  たいへんなことが起きますよ
  正しく見抜く力を眼力といいます

一人さん流世間の見抜き方
・ 死ぬときは苦しまない

 

一人さん流世界の見抜き方
・ 他人が勝手に決めた
  「正しい」と思いこんでいる選択にしばられていると、
  苦しくなっちゃうよ
・ 「中国に雪男が出た」を見抜く
・ 国にはめられた人、見破った人
  ホントに、すべてのものにはワケがある
  偉大なるカラクリがあります
・ 急に「個性の時代」といい出した本当のワケ
・ この本で一人さんがしゃべったこと、頭に入れて、
   「こういうことをすると、次には、どうなるだろう」と考える
・ 眼力を磨いていったら、しあわせも、みがかれていくね

 

中休みです。
読んでも、読まなくてもいいつまらない話コーナー
・ ホントにね、人生って、正しいことより、楽しいことのほうが大事です
・ 人間って、疲れる前に休むと、仕事に疲れません
・ この国は、言霊の国
  言葉を味方にするか、敵にするかで、人生って、全然、違ってきます

 

仕事を見抜く眼力
・ 用がないとお客さんのところに行かないような店が滅びるんだ、って
  それをいいたいんですよ
・ 見抜いてください
  お年寄りが遊びに行ける楽しい店にしてください
・ 仕事をいっぱい取ってくる、ではなく、
  どんどん、どんどん断られながら、
  ずーっと耕して、耕していくと、
  そこに根を張っていき、“いいお得意さま”になる、
  ということをわかるのが眼力

 

プロの眼力
・ 「働き者」だけでは通用しない
・ 苦労と成功は関係ないことを見抜け
・ あわてさせるのは悪魔、落ち着かせるのが神
・ すごい技の使い手は、普通の人には技をかけません
  技をかけられたことがないと
  「大手はそんなことしない」と思うけれど、
  大手同士ではよくやるのです
・ いいことの後の危険を見抜く眼力
・ 「会社を大きくしたほうが本当にいいんだろうか」
  と考えるこが重要です

 


神の愛に包まれていることがわかる眼力
・ 本から学んだことを、自分も世の中に出て行って実験をし、
  また本を読んでまた実験をしたらいい、だけなのです
・ いろんなものと出会い、それを「藍だま」とすればいい
  そして、自分がその「藍だま」につかって、
  社会に出て実験をし、またつかって社会に出て行ったとき、
  その「藍だま」以上のあなたができあがります

 

 

おわりに
・ この本が、あなたの「藍だま」になってくれたら、さいわいです

 

 

 

≪箱入り嫁のつぶやき≫
引用が長くなってしまいました。
楽しいお話満載で、全て書きたいくらいです。

世の中のカラクリ、
しっかり見極めていかないと大変だと思いました。

 



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

 

 

『それでも、幸せになれる』・・・鎌田實(著)

2020年11月16日

 


2020年9月24日発行・・・2020年11月10日読みました

🎀私の心に残ったこと
    「ゆったリズム」が
    ビヨンドコロナの合言葉

 

はじめに
・ コロナと人類の四段階
     一つ目はオンコロナ
     二つ目はウイズコロナ
     三つ目はアフターコロナ
     最後にビヨンドコロナ

 

 

第1章 On Corona 
     ―価値観が大転換する時代の始まり

・ 魂の時代がゆっくり、ゆっくり、近づいています

・ 自然免疫力を高めるには、
  血液やリンパの流れをよくすることが大事です

  そのために僕は1日の生活リズムを整えたり、
  体を温めたりしています

  毎朝起きると太陽の光を浴び、
  スクワットなどの軽い運動 をしています

  また、夜はゆっくりと湯舟に浸かり、体を温めます
  免疫の中枢は腸です
  だから腸によいものをたくさん食べるように心がけています
  発酵食品と野菜です

・ ウイズコロナのいま、自然免疫を高める
  「ニューノーマル」生活を心がけてみてください

・ 「がんばらない」も大事だけれど、アフターコロナのこれからは、
  
力んで、もっと自分を解き放って生きることも大切だと思っています

・ 僕自身は、自分の心の中で「新しい人間」になってもっとおもしろく、
  そして人の役に立つ人間になっていこうと決意しています

 

 

第2章 With Corona 
     ―無常の世界は「なりたい自分」に変わるチャンス

・ 雨が降っているとき、僕は思うようにしています
  「雨が嫌だな」と口にしてもなんの役にも立ちません
  そんな時は傘を広げるのです
  黙って広げればいいのです

・ 怒っても仕方がないときには、無視することが大事なのです

・ 孤独は成長のバネ
  孤独になっても孤立はしないように注意してください

・ “小さなところ”から復元していく「マイクロ・レジリエンス」

 

 

第3章 After Corona
     ―不透明な明日を切り開く生き方

・ 生きるということは諦めることと断念することの連続だと、
  いまは思っています

・ 弱いけど、強い生物、それが人間
  大変だけど、おもしろい世界へ向かって・・・

・ 少しでも「あ、いいな」と感じたら、それを大切にすること
  それを感じるのは「自分の心」なのです

・ 怒りをバネにする

・ 他人を思いやって行動するとき、よい方向に向かいます
  なぜなら心が愛で溢れ、悪いものが入り込む余地がないからです

 

 

第4章 Beyond Corona
     ―コロナを超えて「新しい人間」を目指す

・ 現代の僕たちが得るべき「教訓」とは、どんなものでしょう?
  それは、世界の人たち全員が
  「地球市民」であるという自覚に目覚めることだと思います

・ スローライフもいいけれどスルーライフは必殺技

・ 新型コロナウイルスの姿かだんだんわかってきました
  人に感染するのは、発症前の2日間と、発症後の2日間です

・ 僕たちはコロナを超えてみんなにストレスを与える社会ではなく、
  お互いの自由を守りながら、
  壁を乗り越えていける社会を作っていきたいですね

・ 自分で自分の人生を決めよう
  存在理由が「新しい人間」を作る

 



 
≪箱入り嫁のつぶやき≫
免疫の中枢は腸だそうです。
腸内環境を整える生活リズムを崩さないようにしよう。
そして、
“小さなところ”から復元していく「マイクロ・レジリエンス」。
小さな目標をひとつずつ叶えていこう。

松山で、コロナ陽性が2日続いたので、
今日から母との面会が禁止になりました・・・💧

でも、
できることから一つずつ前に進みたいと思います。

 



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

 

 

2020年読んだ本(71冊~80冊)

2020年11月15日

 

2020年読んだ本(61冊~70冊)

 

71.10月 9日 働き方完全無双
72.10月 9日 仕事がはかどる 禅習慣
73.10月11日 斎藤一人 俺の人生
74.10月23日 斎藤一人 絶対、なんとかなる!
75.10月23日 斎藤一人我慢しない生き方
76.10月28日 自分を愛して!
77.10月31日 「疲れない」が毎日続く! 休み方マネジメント
78.10月31日  がんになった緩和ケア医が語る
              「残り2年」の生き方、考え方
79.11月 5日  永遠のおでかけ
80.11月 5日  超効率勉強法


本のタイトルにリンクを張っています。


 

2020年読んだ本(81冊~90冊)

 

 

 



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

『不摂生でも病気にならない人の習慣』・・・小林弘幸(著)

2020年11月14日

2020年2月4日発行・・・2020年11月9日読みました

🎀私の心に残ったこと
    健康維持の秘訣はひとつではなく、十人十色
    試行錯誤しながら、
    自分が納得したものを行うのが正解です

 

 

・ 私たち自身がヘルス・リテラシーを磨き、
  自分にとって相応しいか相応しくないか、
  自分でジャッジできる判断力を身につけるしかないのです

・ どちらが健康にいいか、という問いも、全部、
  自律神経の視点から正解が導き出されるのです

・ 自分を律するばかりが健康な生活ではありません
  
「ダメな自分」を受け入れ、
  それを補う知恵を学んでおくことが重要なのです

・ どんなに仕事が忙しくても、ヘルス・リテラシーさえ高ければ、
  肉体や精神への悪い影響は最小限で止めることができます
  そればかりか、忙しさを良い影響へと変えることすらできるのです

 

 

序章 自律神経を整えるのはどっち?
     1食習慣  2対人ストレス  
     3メンタル  4休息  5運動不足

 

 

第1章 乱れがちな食習慣の“毒”を抜く
     カルテ01~09
・ ストレスが原因なのか、便秘になることが増えてきた
  ⇒オリーブオイルをスプーン1杯だけ飲んでみる
・ 腸内環境も「コップ1杯の水」で改善

 

 

第2章 仕事の効率は自律神経のコントロールで上げられる
     カルテ10~17

 


第3章 自律神経を整えればストレスは減らせる
     カルテ18~27
・ 焦りや緊張が原因なのか、慌てて失敗することが多い
  ⇒「30分前行動 」を日頃から心がける
・ トラブルが起きるとすぐにテンパる
  ⇒起きた瞬間、次の予定を即キャンセル


       


第4章 自律神経の働きは休み方で変わる
     カルテ28~32

 

おわりに
・ 自分に最適かつ、無理なく続けられる方法であるかが重要なのです

・ 何かを成功させるためには、中身や能力よりも、
  それを行う順序や手順のほうが大事だという考え方です

・ 夜に飲み会が控えているときのランチは
  「腹六分目」にするというのも段取り

・ 体調不良に関していえば、何らかの対策を講じながら2週間様子を見て、
  それでも改善されない場合は、必ず病院で受診してください
  すでに自助努力だけでは解決できない可能性が高くなっています

 

 

 

≪箱入り嫁のつぶやき≫
「悪習慣」の相談 ⇒ 「小林式」処方箋 となっていて、
とても読みやすく、わかりやすい内容でした。

自分に合う処方箋がみつかるのではないかと思います。
私の場合、腸内環境はいいのですが、
慌てて失敗したり、すぐにテンパったりするので、
その対処法が役立ちました。

    朝、ブログをアップしながらの白湯。
    オリーブオイル1杯は飲めなかったので、
    朝食のスクランブルエッグを
    オリーブオイルで作って食べています。
    ホント調子いいです♪

 



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

 

 

『『十八史略』に学ぶ人生の法則』・・・伊藤 肇 (著)

2020年11月13日

 

2004年8月2日発行・・・2020年11月7日読みました

🎀私の心に残ったこと
    銅を磨いて鏡とすれば、
    衣服や冠のみだれを直すことができる
    昔の歴史を鏡として、これに映してみれば、
    治乱興亡の因果を知ることができる
    またすぐれた人を鏡とすれば、
    自分の行を是非得失を知ることができる




・ 『帝王学の源流を求めて―十八史略を読む』
  と題するカセット全集にまとまったが、
  その講義録をそっくり活字にしたのがこの本である

・ 月一回ずつ、『十八史略』を朗読してみてわかったのは
  「声に出して読む」ことが、いかに大事かということだった

・ いい文章とは何か
  それは朗読できる文章のことだが “朗読”には二つの意味がある
     一つは、自分に読み聞かせることである
     一つは、他人に読み聞かせることである

 

第一章 権力者の反省
      帝力何ぞ我に有らんや
・ 『十八史略』とは、中国歴史の入門書です

 


第二章 惜福の工夫
      久しく尊名を受くるは不祥なり

 


第三章 人間の魅力
      仁を好みて学を好まざれば、其の蔽は愚
・ 実践的な学問を教えたのが『論語』なのです

 


第四章 権力者の器量
      富みては其の与うる所を視る
・ 帝王学には三つの柱があります
  第一の柱、「原理原則を教えてもらう師を持つこと」
  第二の柱、「直言してくれる側近をもつこと」
  第三の柱、「よき幕賓をもつこと」

 


第五章 直言に関する三教訓
      一国、争臣なければ殆うし

 


第六章 交友の原則
      運命は性格の中にある

 


第七章 人材の素質
      時務を識る者は俊傑に在り
・ 教養や、識見がなければ、真実は見抜けません

 


第八章 守成の時代
      古より帝王、之を安逸に失わざるは莫し

 


第九章 後継者と大番頭
      それ不才ならば君自ら取るべし

 


第十章 人生の原則
      人を以て鏡となさば、得失を知るべし

 

・ 第一級の政治家は、第一級の歴史家の資格を要求される
  さらに遠くの過去を見渡せる者は、それだけ遠くの未来を見渡せる

 

 

≪箱入り嫁のつぶやき≫
何回も借りて読んでいたらやっと頭に入ってきました(^^;)
漢字がたくさんは苦手なのですが、
スラスラ音読できるまで読み込んだら、
もっと自分のものになると思いました。

 



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

 

 

『新自分を磨く方法』・・・スティービー・クレオ・ダービック (著)

2020年11月12日

2017年11月10日発行・・・2020年11月7日読みました

🎀私の心に残ったこと
    あなたの中の宝物を探そう
    誰の中にも、発掘され、
    磨かれることを待っている可能性がある




・ 情熱とは、
  燃やせば燃やすほど湧いてくる魔法のエネルギーだ 
・ 行動し続ける限り、後退はない
  たとえ失敗が続いても、後退はない
  唯一、後退があるとしたら、それは、何もしないことだ
・ ピーター・ドラッカーは、
  「生きることは変わり続けること」と言った 
・ 人は、自分が想像した通りの自分を実現する
・ 人は、話している言葉通りになる
・ さて、あなたは、
  ふだん自分にどんな言葉をかけているのだろうか?
・ もし、あなたがいまの状況から脱したいと思っているのなら、
  まずは、自分の思い込みを変えることだ
  鍵は決してかかっていない
・ 小さな約束でかまわない
  まずは、自分との約束を決めて、それを守ることだ
・ 思考は伝染する
  常によいことを考えている人は、
  まわりの何百人もの人によい考えをさせることができる
・ 周りの人の行動を力ずくで変えるのはむずかしいが、
  あなたがよいことを考えるだけで、それは伝わっていく
・ あなた以外の人は、あなたが犯した間違いや失敗ではなくて、
  あなたがそれにどのように対応するかを見ている
・ 自分を磨く最良の方法は、いったん「自分」から離れ、
  他人のために何ができるかに目を向けることである
・ いま持っているものに感謝しよう
  いまの自分の境遇に感謝しよう
  失ってから気づくのでは遅すぎる

 

 

≪箱入り嫁のつぶやき≫
あなたがよいことを考えるだけで、それは伝わっていく
自分のことだけでなく、周りにも伝わるなら
苛立ったり、心配したりするより、
全ていい方向にすすんでいると考えてみよう♪






にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

 

『父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。』・・・・ヤニス・バルファキス (著)

2020年11月11日

 

2019年3月6日発行・・・2020年11月6日読みました

🎀私の心に残ったこと
    大人になって社会に出ても精神を解放し続けるには、
    自立した考えを持つことが欠かせない

    経済の仕組みを知ること、
    次の難しい問いに答える能力が、
    精神の自由の源泉になる


    その問いとは、
     「自分の身の回りで、そしてはるか遠い世界で、
     誰が誰に何をているのか?」というものだ

 


プロローグ 経済学の解説書とは正反対の経済の本



第1章 なぜ、こんなに「格差」があるのか?
     ―答えは1万年以上前にさかのぼる
・ 君には、いまの怒りをそのまま持ち続けてほしい



第2章 市場社会の誕生
     ―いくらで売れるか、それがすべて
・ 交換価値が経験価値を打ち負かしたことで、
  良くも悪くも世界は変わった



第3章 「利益」と「借金」のウエディングマーチ
     ―すべての富が借金から生まれる世界
・ もし人々がスクルージのように借金もせず、
  カネを使いもせず、ひたすら貯め込むばかりなら、
  市場社会の経済が完全に止まってしまうからだ

 


第4章 「金融」の黒魔術

     ―こうしてお金は生まれては消える
・ 銀行はただの増幅器でしかない
  市場社会が不安定である根本原因は別にある
  労働力とマネーだ


第5章 世にも奇妙な「労働力」と「マネー」の世界

     ―悪魔が潜むふたつの市場
・ 変革の目標が人間を機械に置き換えることになってしまっているのだ
  この変革は、人間らさを犠牲にするのかもしれない
  しかし同時に、ここには救済のヒントもある

 


第6章 恐るべき「機械」の呪い
     ―自動化するほど苦しくなる矛盾
・ 自分たち生み出した機械の奴隷になるのではなく、
  すべての人がその主人になれるような社会をつくるほかに道はない
  では、どうしてそうできないのだろう?
  機械や土地やオフィスや銀行を所有している、
  ほんのひとひと握りの権力者たちが猛烈に反対するからだ

 

 

第7章 誰にも管理されない「新しいお金」
     ―収容所のタバコとビットコインのファンタジー
・ 通貨が政治と切り離せないことを認めたら、
  われわれにできることはひとつしかない
  通貨を民主化することだ

 

 

第8章 人は地球の「ウイルス」か?
     ―宿主を破壊する市場のシステム
・ 権力者が好きなのは「すべての商品化」だ
  世界の問題を解決するには、
  労働力と土地と機械と環境の商品化を加速し広めるしかない、
  と彼らは言う
  反対に、僕がこの本を通して主張してきたのが「すべての民主化」だ



エピローグ 進む方向を見つける「思考実験」
・ 私が絶対に嫌だし恐ろしいのは、
  気づかないうちに誰かにあやつられ、
  意のままに動かされてしまうことだ

・ この本で見てきたように、経済についての決定は、
  世の中の些細なことから重大なことまで、すべてに影響する

・ 私たちはぐるりとひとまわりして、また、
  「この世の中には有り余るほどのおカネを持った人がいる一方で、
  何も持たない人がいるのはなぜだろう?」
  という最初の問題に戻ってきてしまった

 

 

≪箱入り嫁のつぶやき≫
「この世の中には有り余るほどのおカネを持った人がいる一方で、
 何も持たない人がいるのはなぜだろう?」
と言うところに戻ってくるのだけれど、
この本を読む前と後では、少し受け取り方が違ってくると思います。

あふれる情報から、取捨選択していくこと。
そして、自立した考えを持つこと 大事だと思いました。

 

 



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

より以前の記事一覧

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ