フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

無料ブログはココログ

Amazon

カテゴリー「3.読書日記」の記事

『まいにちを味わう』・・・吉沢久子(著)

2018年2月23日

『まいにちを味わう/あさ出版』
¥価格不明
Amazon.co.jp

2017年1月21日発行・・・2018年2月16日読みました
pen 私の心に残ったこと
死に対して私たちができるのは、今を楽しむことだけ

・ できるのは、ただ今を生きることだけ
・ できることは自分で
・ 年をとったらできることには限りがあります
   それでもやりたいことをやり、生きがいを見つけることが大切です
・ 自分のことは自分で決める
   ⇒失敗したらまたやり直せばいいのですし、何回でもやり直しはできます
・ 持つべきは自信よりも、責任です
・ 自分一人でも楽しめる何かを持つ
・ 自分が発している言葉や、態度や、行動を、
   もっと気にかけてみたらいいと思います
・ ありのままの、飾らない自分で暮らすことが、
   一番生きやすいのではないかと思います
・ 「面倒だけれど、何とかしよう」と思うように心がけています
・ 置かれた状況がどうであれ、自分の考え方一つで、明るくも暗くもなります
・ 笑うことを忘れずに
・ 言われるままに流されない
・ 私はどんなときも、自分について考えることをやめないようにしています
・ 思いきって、身の回りを小さく整えておいたほうが、暮らしやすくなるものです
・ ほんの少し頑張って、手間をかける
   その頑張りを、いくつになっても忘れたくないと思っています
・ 身に起こる変化に合わせて、自分を上手に切り替えていく思いきりの良さが、
   人生をいい方向に導いてくれます
・ 今あるものを受け入れて、最大限に楽しもう
・ その年にならなければ、わからないこともある
・ 親など身近に老いのお手本になる人がいれば、 (中略)  観察してみてください
   その姿を、老いた自分に重ねてみてください
   ⇒それを想像しながらお世話することで、老いを疑似体験できます
   ⇒この体験があるかないかは、老いてからの生き方を変えるくらい大きな違いです


≪箱入り嫁のつぶやき≫
私が憧れる生き方をされている吉沢久子さん。
老いの疑似体験のお話しよかったです。
私の年齢になってくると両親の姿を自分に重ねるのは簡単にできます。
毎日のいろいろなこと、
私へのプレゼントなんだなと思いながら過ごしていきたいと思います。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

『ブローチ』・・・内田 也哉子 (著)

2018年2月19日

『ブローチ/リトル・モア』
¥価格不明
Amazon.co.jp


2004年12月24日発行・・・2018年2月12日読みました
内田也哉子、初の書き下ろし物語
ページをめくるたび、胸がキュンとなる魔法の絵本
内田也哉子の独特な感性で表現されることばと、
D-BROSデザイナー渡邉良重が描いた清楚で柔らかい絵。
ふたりの才能がひとつになって、
永く読みつがれる、一冊の“絵物語”になりました!
薄紙に印刷されているので
ページが透ける仕掛けになっています。
                   ――内容紹介より抜粋――

pen 私の心に残ったこと
小さな祈りを 胸にかざる

・ むかしむかし
   忘れものに 気付いたのは ずっと昔
・ だいじなもの
・ それは
   どこにもあるようで
   どこにもないもの
・ くりかえされる日々
・ 伝染する笑い
・ 誰が何人まわりにいようと
   たったひとりの孤独
・ 溜め息をしすぎたら
   深呼吸になった
   それから
・ 外の世界を見ることは
   内なる自分に
   耳を澄ますことに似ているはず
・ てくてくが 徐々に どきどきに変わって
   あれ なんだろ なんなの この胸騒ぎ?!
・ そっと 右手でおさえると
   ここにあった
   わたしのブローチ
・ 足りないことを数えてすぎて
・ 満ちているいまを
   忘れてしまわないように
 



≪箱入り嫁のつぶやき≫
ブロ友さんの
『トレーシーング ペーパーの様な半透明のページに
一言ずつ内田也哉子さんの感性が光ります。』
この一言が、
トレーシングペーパーをこよなく愛する私の心をわしづかみ(笑)
内田 也哉子さんの感性にも興味があったので読みました。

内容紹介にもあるように、
薄紙から透けて見える次のページへの流れ。
ひとつひとつ心に響くことば。

何とも優しい世界に包まれながら、
満ちているいまを
忘れてしまわないように

私も小さな祈りのブローチを胸にかざっておくことにしました。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

『ぜったいに おしちゃダメ?』・・・ビル・コッター (著)

2018年2月16日

『ぜったいに おしちゃダメ?/サンクチュアリ出版』
¥価格不明
Amazon.co.jp



2017年8月30日発行・・・2018年2月11日読みました
pen私の心に残ったこと
このえほんには 1つだけルールがあるよ
      それは、
  このボタンを  おしちゃダメ
      ということ


――ところどころ抜粋してみました――

・ ちゅうい
・ やあ ぼくのなまえは ラリー
・ このボタンを おしちゃダメ
・ でも すてきなボタンだね
・ おしちゃったら いったいどうなるんだろう・・・
・ おしちゃおう!
・ ああ! きいろくなっちゃった!
  もういちど ボタンをおしてみて!
・ きゃー きいろい だけでなくて
  みずたま になっちゃった
  ボタンを 2かい おしてみて!
・ うわ!
  ぼくが ふたり になっちゃった
  ボタンを もっといっぱいおして!
・ ええと・・・
  どうしよう? こまったな・・・
・ えほんをふって 
  ほかのラリーを みんなおいだそう
  さあ ふって!
・ よし これで ひとあんしん
  「ラリーのおなかをこすると もとにもどる」って
  かいてあるぞ じゃあ こすって!
・ オッケー もとに もどった
  ありがとう!
・ たのしかったね
  じゃあ さいごは とくべつに
  ボタンを すきなだけ おしていいよ


≪箱入り嫁のつぶやき≫
おしちゃダメと言われると押してみたくなる。
大人の私も押してみたくなりました(笑)
なんだかワクワクする絵本です。

できるかな?2~4歳児向け。
と内容紹介にあったので、
2歳になったばかりの女の子、
もうすぐ4歳になる男の子、孫たちの反応が楽しみです。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

『人さまざま』・・・テオプラストス (著)

2018年2月15日

『人さまざま (岩波文庫 青 609-1)/岩波書店』
¥価格不明
Amazon.co.jp


1982年1月18日発行・・・2018年2月11日読みました
pen 私の心に残ったこと
自分が人から笑われる愚行を演じないためにも、喜劇を見ておく必要がある
   ⇒「自己を知る」とは、まずみずからの人間的愚かさを自覚することであった

・ わたしの話をしっかりたどりつつ、わたしの話すところに真実があるかどうか、
   それを洞察することは、あなた方の仕事である

 1.空とぼけ
    ⇒率直さを欠くそのずるい人がらは、毒蛇よりもなお、用心しなくてはならない
 2.へつらい
    ⇒それで自分が気に入られると見なすことならなんであれ、
           口にもすれば行いもするように、はた目には見られるものである    
 3.無駄口
    ⇒この熱気にあてられたくないのなら、手をふり足を急がせ、
           さっさとこういう輩から、おさらばした方がよろしい
 4.粗野
    ⇒無作法きわまる無知と見られるだろう
 5.お愛想
    ⇒しんから相手のためを思う心もないのに、
      つい巧みに相手をよろこばせてしまうような、つきあい方である
 6.無頼
    ⇒恥じてしかるべき言語動作を一向に頓着せぬ図々しさである
 7.おしゃべり
    ⇒抑制のきかぬ話しぶりと考えられる
 8.噂好き
    
⇒いい加減な噂で、人びとを疲れさせているのである
 9.恥知らず
    ⇒いやしい利得のために、人の思惑をものともせぬことである
10.けち
    ⇒度を越して、出費の出し惜しみをすることである
11.いやがらせ
    ⇒露骨で無作法きわまる悪ふざけである
12.頓馬
    ⇒たまたまかかわりをもった人たちに、
      相手を苛立たせるような話をしかけることである
13.お節介
    ⇒言葉と行いとを問わず、
      気がよすぎて引き受けすぎることであると思われる
14.上の空
    ⇒言語動作における心の動きの遅鈍さである
15.へそまがり
    ⇒言葉使いの点で、態度の無礼なことである
16.迷信
    ⇒鬼神にたいする臆病である
17.不平
    ⇒あてがわれたものを不当にけなすことである
18.疑い深さ
    ⇒誰に対しても不正の疑念を抱くことである
19.不潔
    ⇒人に不快の念をもよおさせるほども、体の手入れを怠ることである    
20.無作法
    ⇒実害を及ぼすわけではないが、嫌な思いを人にあたえる態度である
21.虚栄
    ⇒卑俗なる名誉欲である
22.しみったれ
    ⇒出費を必要とするような公事への気前のよさを、
      持ち合わしていないことである
23.ほら吹き
    ⇒じっさいには身につけていない優越さを、
      身につけているかのように見せかけることである
24.横柄
    ⇒自分自身以外の他の人びとを軽蔑することである
25.臆病
    ⇒恐怖のために心のくじけることである
26.独裁好み
    ⇒権力と利益を執拗に求める支配欲であると思われる
27.年寄りの冷や水
    ⇒年甲斐もなく、教養ごとに憂き身をやつすこであると思われる
28.悪態
    ⇒なにを口にしても、悪口になってしまう心の性癖である
29.悪人びいき
    ⇒悪を欲することである
30.貪欲
    ⇒いやしい利得をむさぼることである



≪箱入り嫁のつぶやき≫
今も昔もいろいろな人がいる。
あ~こういう人いるいる!と思いながら読みました。
人の振り見て我が振り直せ・・・気をつけよう。

字が小さいのが難点でしたが、
先日買った眼鏡型ルーペのおかげでスイスイ読めました(#^^#)



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

『行き抜いて、息抜いて、生き抜いて。』・・・しみず たいき (著)

2018年2月13日

行き抜いて、息抜いて、生き抜いて。
~生きる答えが見つかる117のメッセージ/大和書房

¥価格不明
Amazon.co.jp


2017年8月1日発行・・・2018年2月7日読みました
pen 私の心に残ったこと
★悩みは過去から来て、
  不安は未来から来て、
  幸せは今ここにある。

・ 生き抜くことも大事だが、息抜くことも、忘れないということ
・ 「思考(意識)はそのまま現実である」ということです
   これは量子力学の世界でも明らかになっています
・ 「男と女がわかり合えることは稀なんだ」
   ということを前提にすると、視点が変わります
・ 夫婦というのは、一番好きな人が理想のパートナーとは限らず、
   「一番学び合っていける人」
   「正反対の気質を持っている人」 と必然的に結ばれます
・ 小さいことにくよくよ悩んでいる間にも、
   寿命という名のアイスクリームは日々溶け続けている
・ 今与えられているものを、もっとしっかりと見つめてみると、
   小さな幸せがたくさん見つかるかもしれない
・ 人は生まれる前に この人と出逢い、
   別れることを すべて決めて地球に来ている
・ 「やろう」とするのではなく、「ただ、やる」
   「掃除をしよう」とするのではなく、「ただ、掃除をやる」
・ 自分の言葉を一番聞くのは自分
・ 自分の問題は自分に引き寄せ、相手の問題は相手にお返しする
   そうすることで、
   自分と相手との間に健全な境界線を引くことができるというわけです
・ 「許せない」の終わらせ方
   ⇒本当に不思議なのですが、
       「許せない」思考を完全に許すと「許せない」は終わります
       「怒ってはいけない」と思うのではなく、
       「怒ってもいい」と許すと、なぜか「怒り」は消えていくのです
・ 病気は「生活習慣病」というより、「性格習慣病」です
   (もちろん例外もあります)
・ 「足りない」と思い込んできた現実が、「足る」現実だったと気づく時、
   「現実」という言葉を逆にすると、「実現」になるがごとく、世界がひっくり返る
・ ネガティブな時期は、「根がアクティブな時期」
   息抜いて、生き抜いて



≪箱入り嫁のつぶやき≫
●男と女がわかり合えることは稀なんだ
●「掃除をしよう」とするのではなく、「ただ、掃除をやる」
●自分の問題は自分に引き寄せ、相手の問題は相手にお返しする
読んですぐこの3つが役立ち、息抜くことができました。

今与えられているものを、もっとしっかり見つめ、
小さな幸せをたくさん見つけていこうと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

2018年読んだ本(1冊~10冊)

2018年2月12日



 1.1月 2日 気にしない練習・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・名取芳彦
 2.1月 3日 凡人が「強運」をつかむ59の心得・・・・・・・・・・・・・・・・・・右近 勝吉
 3.1月 3日 隷属なき道・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ルトガー ブレグマン 
 4.1月14日 としょかんライオン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ミシェル ヌードセン
 5.1月20日 日本一カンタンな人の動かし方・・・・・・・・・・・・・・・・かんべ みのり
 6.1月24日 強運を味方につける49の言葉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・本田健
 7.1月26日 人間の煩悩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・佐藤愛子
 8.1月26日 もう迷わなくなる最良の選択・・・・・・・アルボムッレ・スマナサーラ
 9.1月27日 人はなぜ治るのか・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・アンドルー・ワイル
10.2月 2日 絶対にミスをしない人の脳の習慣・・・・・・・・・・・・・・・・・・樺沢紫苑



≪箱入り嫁のつぶやき≫
本のタイトルにリンクを張りました。
気になる本があれば
クリックして参考になさって下さい。
私個人の感想ですが・・・(#^.^#)




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

『絶対にミスをしない人の脳の習慣』・・・樺沢紫苑(著)

2018年2月11日

絶対にミスをしない人の脳の習慣/SBクリエイティブ
¥価格不明
Amazon.co.jp


2017年10月17日発行・・・2018年2月3日読みました
pen 私の心に残ったこと
★脳の「4つのプロセス」をかえれば、ミスはなくなる
    入力  外界からの情報を脳にインプットする
    出力  脳内にある情報をアウトプットする
    思考  情報を元に考えをめぐらせる
    整理  感情や思考を整える


【入力】
・ ワーキングメモリを鍛える科学的方法
    1. 7時間以上の睡眠
    2. やや早足のウォーキングなどといった有酸素運動
    3. 自然の中での運動
    4. 読書
    5. 暗記するなど、意識的に記憶力を使う
    6. 暗算
    7. ボードゲームで認知トレーニング
    8. 料理で「段取力」をつける
    9.マインドフルで「いま・この瞬間」に集中する

・ 「手書き」と「タイピング」を比べると、
   手書きのほうが、脳を活性化させ記憶増強効果も高い
・ インプットは欲張らない
・ 「3」を意識して学びを最大化

【出力】
・ 朝1分で「TODOリスト」を書く
・ 「遊びのTODOリスト」を活用すると、
   「書いた」が実現する確率が2~3倍にアップします
・ タスクは「プチプチをつぶす」ように
・ 仕事はまず30点をめざす
   そこからブラッシュアップするのが最適

【思考】
・ 自分が思っていること、感じていることを言語化する
   ⇒自己洞察力をアップさせることにもつながる
・ 「忘れ物」をゼロにする
   ⇒「5」を超えたら「チェックリスト」化
・ 「ミスしたらどうしよう?」 を 「ミスしたらこうしよう」に置き換えればいい
   ⇒深呼吸をするなど・・・
・ 一流選手が行う「ルーティン」は、脳科学的に見ても
   集中力を高めて雑念を排除するのに効果があること間違いありません

【整理】
・ 「ぼーっとする」は、脳科学的に正しい
・ 失敗は「反省」して忘れ、成功は噛みしめる
・ 寝る前2時間のゴールデンタイム休息法
・ 「1時間プラス睡眠法」で能率アップ!
・ 「怒り」はストレスを増強する
   「笑い」には、ストレスを解消する効果があります




≪箱入り嫁のつぶやき≫ 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1週間だけでいいので、睡眠時間を毎日1時間だけ増やしてください。
という実験の結果が書かれています。――P.243~P.245――

1時間睡眠を増やすことによって、注意力・集中力が高まり、
仕事の効率もアップし、残業時間が減って、早く帰れるようになります。

つまり、睡眠時間を増やすことによって、
睡眠時間1時間以上の時間が生み出されるのです。
     
睡眠時間を増やすことで、集中力が向上し、エラーが減り、
運動のパフォーマンスが向上する、という信じられない結果が出たのです。

睡眠時間を増やすと、
脳のパフォーマンスが著しく向上して、ミスを減らすことができます。

●睡眠時間6時間を切っている方に関しては、確実に効果が出るはずです。
●必ず効果が出ますので、是非試していただきたいと思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

睡眠に関して今まで以上に興味を持ちました。
有酸素運動と読書と料理で、
ワーキングメモリを鍛えていきたいと思います。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

『革命のファンファーレ』・・・西野 亮廣(著)

2018年2月8日

革命のファンファーレ 現代のお金と広告/幻冬舎
¥価格不明
Amazon.co.jp

2017年10月4日発行・・・2018年2月4日読みました
pen 私の心に残ったこと
★キミの人生はキミが決定しろ。
  常識に屈するな。
  屈しないだけの裏付けを持て。
  それは行動力だ。
  それは情報量だ。

・ やりたいことを掛け持つことや、
    やりたいことに迷うことは、これからの時代を生き抜く術だ
・ アップデートを止めてはならない
・ 成功と失敗の裏にあるのは、理由と原因だけ、すべて数字だ
・ 「お金」とは信用を数値化したものだ
・ 感情に支配されず、常識に支配されず、お金に支配されず、
   時代の変化を冷静に見極め、受け止め、
   常に半歩だけ先回りをすることが大切だ
・ ネタバレを恐れるな   人は「確認作業」でしか動かない
・ 無料化は、つまるところ「実力の可視化」で、
   それにより、これまで以上に格差が生まれる
・ 「貯金」から「貯信」の時代へ
・ ニューを出すな、ニュースになれ
   自分の時間を使うな  他人の時間を使え
・ お客さんを動かす(モノを買わせる)には、
   「後悔の可能性」を取り除いてあげることが重要だ
   ⇒ごみでも売れる
   ⇒その男性は「ネタ」を買ったのだ
・ 歳を重ねることを「衰え」ではなく「成長」にすることだ
  ⇒「老人力」=「許され力」を探せ
・ 「信用持ち」は現代の錬金術師だ
・ 今、あなたが行動できていない理由は、
   あなたが情報収集をサボっているせいだ
・ 「決定権」は覚悟だ




≪箱入り嫁のつぶやき≫
過去の常識にしがみつかない。
信用持ち。
情報量。

この本からの学びでした。

そして後日談です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2月4日、西野亮廣さんの
『魔法のコンパス』と『革命のファンファーレ』を読みました。
苦手なタイプだったのですが、どこか興味もあり
内容を知らずに本を手に取ると私の好きなビジネス書(#^^#)
過去の常識にしがみつかない。視点を変える。という気づきをもらい、
不思議ですが、毎日の同じ景色が少し違って見えるようになりました。
そんな感動がまだ冷めていない2月5日朝、
新聞で『あらためて新成人を祝う会』の開催のことを知りました。
本を読んだ後だったから、
またやったね♡ とすごく温かい気持ちになれました。
どんなことも
楽しくなるようにたくさん考えていろいろ工夫すること。
西野さんの頭の中は遊び心であふれているのかな~heart

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

『魔法のコンパス』・・・西野 亮廣(著)

2018年2月7日
魔法のコンパス 道なき道の歩き方
/主婦と生活社


¥価格不明
Amazon.co.jp



2016年8月22日発行・・・2018年2月4日読みました

pen 私の心に残ったこと
★コケたら起きればいい  踏み出そう

・ 人生を賭けるほどの「問い」を見つけるには、居心地の悪い場所に立つ必要がある
・ 「問い」を持つために、「問い」が落ちている場所に行く
・ ハロウィンのゴミ問題を“遊び”で解決しちゃった
   ⇒「ゴミを出すな!」と力で押し戻すのではなく、
      “ゴミがないと成立しないイベント”を新しく作っちゃえばいい
・ 僕自身、ある時から「お金の正体」について真剣に考えるようになり、
   そこから一気に選択肢が増え、可能性が広かった
・ ホームレス小谷
   彼は、お金持ちじゃないけど、「信用持ち」なのだ
・ そこに自分が絡んでいるかどうかなんて、もはやどうでもよくて、 
   とにもかくにも世の中が今よりも楽しいもので溢れたら、
   僕にとっては、それが一番イイ
・ イジメっ子のエネルギーを押さえつけるのではなく、別方向に流してやればいい
・ いつだって、正論バカが一番ブレーキを踏みやがる
・ 僕らは戦争を無くすことはできないのかもしれないけど、止めることはできる
・ 近道なんてないよね
・ 自分の世界を表現してくれるチームの力を最大化する時に必要なのは、
   “スタッフそれぞれの作品にしてあげる”ということ
   ⇒指示を出さずに指示を出す方法
   ⇒日々、勉強でございます
・ 失敗も、挫折も、痛みも、ながした涙も、いつかは必ず過去になる
  そして、そのとき僕らは、その過去を変えることができる
・ 失敗したところで終わるから「失敗」が存在するわけだ
・ ドキドキしてる?



≪箱入り嫁のつぶやき≫
視点をかえること。
問いをみつけること。
そして、遊び心
この3点が気づきでした。

バリバリのビジネス書でしたが、
主婦の私が生きていく中でも、すごく役立つ考え方だと思いました。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

『人はなぜ治るのか』・・・アンドルー・ワイル (著)

2018年2月6日

人はなぜ治るのか
―現代医学と代替医学にみる
治癒と健康のメカニズム/日本教文社

¥価格不明
Amazon.co.jp

1984年8月1日発行・・・2018年1月27日読みました

世界のさまざまな代替療法、東洋医学、西洋医学の薬物治療、
プラシーボ(偽薬)の治癒力、信仰治療。
互いに矛盾するこれらの多種多様な療法はなぜ「効く」のか?
人間の「治癒」にひそむ謎に、医師として、
また患者としての自らの体験や広範な調査研究をもとに挑戦した、
米国心身医学の権威による記念碑的な著作。  
                      ――内容紹介より一部抜粋――

pen 私の心に残ったこと
この本は、思考の変化を触発するために書かれた
  私は、これを、知的な人のための読むクスリとしておすすめしたつもりだ

・ 現代の科学的な治療法とともに伝統的な諸治療にも着目し、
   それらすべての治療法がなぜ成功し、また、なぜ失敗するのかを解き明かして、
   健康と治療の新しい理論モラルを提示しようとするものだ
・ より健康に生きることを望む人は誰でも、自分の健康を自分で守り、
   生まれつきからだに備わっている自己修復能力をよく理解し、
   専門医への盲目的な依存から生じる
   深刻な危険を回避する知恵の獲得を目標にしなければならない
・ 必ず効くという治療法はありえない
・ 医師は自分でもよくわからない薬を、さらにわからない病気の治療のために、
   まったくわからない人間に浴びるほど服ませている
・ 医者や薬や病院ではなく、自分の内部から治癒がはじまるのだ
・ 死因の大半は誤った生き方と薬だ
・ 東洋医学の脈診は精妙な技術で、
   症状と脈の変化を注意深く観察しながら長い経験を積まないとマスターできない
・ 意識が変わったときにはじめて真の治癒が起こる
・ 脳と脳以外の部分とは、つねに相互依存の関係にある
・ 人体のあらゆる器官、あらゆる細胞は、
   末梢神経の無限の枝分かれによって、脳に奉仕すべく連結されているのだ
・ 自分の健康は自分の手で守れ
・ 科学者たちが一笑に付すホメオパシーの「振盪=ダイナマイゼーション」は、
   もしかしたら、伝統的な杜氏が聞けばハタと膝を打つかもしれません
   同じ井戸場から汲みあげた水でも、その水を樽の中で「揉む」作業を怠れば、
   発酵の進み具合が違い、酒の味が微妙に、
   しかし決定的に違うことを体験的に知っているからです
   理由はわかりません

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<健康と病気の9大原理><健康と病気の10大原理>
   1.完璧な健康は達成できない
   2.病気になってもだいじょうぶ
   3.からだには自然治癒力がある
   4.病気の作因動因は病気の原因ではない
       ⇒ウイルスが体内に入っても発病しない人もいる
   5.あらゆる病気は心身相関病である
   6.病気には必ず軽微な初期症状がある
   7.からだは人によって異なる
   8.どんな人にも弱点がある
   9.血液は治癒エネルギーの主要媒体である
        ⇒治療を促進する最も効果的な方法のひとつは、できることなら、
           からだの病んだ部分に届く血液の量をふやすことなのだ
  10.正しい呼吸は健康への道である

私が読んだのは1984年発行。
その後、1993年に、増補改訂版が発行されたようです。
<健康と病気の9大原理>
        ↓
<健康と病気の10大原理>と変更になっていました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


≪箱入り嫁のつぶやき≫
患者としての自らの体験や、いろいろな事例などありましたが、
  科学者たちが一笑に付すホメオパシーの「振盪=ダイナマイゼーション」は、
  もしかしたら、伝統的な杜氏が聞けばハタと膝を打つかもしれません
   同じ井戸場から汲みあげた水でも、その水を樽の中で「揉む」作業を怠れば、
   発酵の進み具合が違い、酒の味が微妙に、
  しかし決定的に違うことを体験的に知っているからです
  理由はわかりません
この部分が印象的でした。
世の中には不思議なことがたくさんあることに私も同感です。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

より以前の記事一覧

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

ブログ村

最近のトラックバック