フォト

参加しています

本が好き!

ブログ村

Amazon

カテゴリー「読書日記」の記事

『〔よりぬき〕今日もていねいに。BEST101』・・・松浦 弥太郎 (著)

2021年3月7日

 

2014年9月30日発行・・・2021年3月6日読みました

🎀私の心に残ったこと
    「新しい、いいところ」を見つけるには、
    静かな観察者になることが一番です

 

 

・ 毎日を大切に、ていねいに生きるためのヒン

・ この本に書かれたヒントは、ぼくの宝物です

・ この宝物は、使えば使うほどつやつやと輝きを放つようになるでしょう

 

 

第一章 ていねいな暮らしが
    すこやかな毎日をつくる

・ 楽しみは、発見するもの   喜びは、工夫から生まれる

・ 小さなしあわせがたくさんある一日であれば、
  ほんのりしあわせになります

・ 1時間多く寝るより1時間早く起きるほうが、
  暮らしは心地よくなります

・ 間違ったことをしたら潔く謝り、失敗はちゃんと認め、
  決して嘘をつかず、いつも正直・親切を心がける
  これが心の清潔を保つ方法です

・ 靴を揃えながら、いつも自分の足もとに気をつけなさい

・ 一人のときも、人目にさらされているときと同じ、
  気品ある静かなしぐさを保ち続ける

 

 

第二章 小さな創意と工夫で
    あなたの仕事は輝きはじめる

・ きれいなところを、もっときれいにすることは、一つの創造です

・ 実行する実行家

・ 孤独を受け入れ、自分の意見、自分の立場を貫くこと

・ 約束の目的は、守ることではありません
  約束とは、人を喜ばせることです

・ いつも待たせず、いざというとき逃げない人
  僕はこんな人になりたいし、
  こんな人とつながっていたいと願っています

・ 不満はストレス発散どころか、
  自分も相手も蝕む毒にしかならないかもしれません

・ アイデアに「ノー」と言うときは、
  全否定するのではなく、生かしどころを見つけましょう

・ 大事なことは目で伝える

 

 

第三章 初めて出合ったときの
    新鮮な心もちで人とつきあう

・ 時間はたいそう貴重なものです
  だからこそ、大切な人に贈りたいのです

・ たった一言でいいから、感謝を伝える
  この小さなひと手間を続けると、人間関係は蜜になっていきます
  ここで大切なのは「続ける」ということ

・ 戦わないために大切なのは、人の話をよく聞くこと

・ ときには気がついても、気づかないふりができる
  これができてこそ、ほんとうに気が利く人なのかもしれません

・ 心がざわつくなと思ったら、
  姿勢を正して大きく深呼吸をしてみましょう
 

・ 人とのかかわりも、
  「あんなこともあったけれど、自分たちは乗り越えてきたな」
  と思い出せる出来事があればあるほど、豊かになります

 

 

 

≪箱入り嫁のつぶやき≫
どのヒントも優しさあふれるもので、
頑張って減らしましたが、引用が長くなりました。

 

〇実行する実行家〇
毎朝、今日やることを書いた、箇条書きのリストをつくるだけ
繰り返しがえんえん続くことも、ままあります
それでも一向にかまいません

繰り返しがえんえん続くことも、ままある私は、
これを読んでほっとしました。

今日もていねいに。

 

 



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

『吉野家』・・・安部修仁(著)

2021年3月6日

 

2016年12月13日発行・・・2021年3月3日読みました

🎀私の心に残ったこと
     一貫しているのは、お客様を大切にし、
     従業員を育成すること
     即ち、「人を大切にする」ことが吉野家の特徴です

 

 

吉野家三大事件
    ①倒産・再建の舞台裏
    ②「並盛250円セール」大騒動
       人のせいにしない  運のせいにしない  自分を慰めない
    ③米国産牛肉輸入停止からの2年9ヵ月

 

吉野家の「不思議」にお答えします
・ 吉野家は牛丼という
  単品の強みをとことん磨くことでここまでになった

・ 見るとしたら、入社後のキャリア履歴である

・ 要は“今”活躍するか貢献するかが大事なことであって、
  過去の栄光に酔っている暇はないし、
  過去の失敗を引きずることもナンセンス

・ 吉野家という会社文化にあっては、
  アルバイトから社長になることは、決して不思議でも何でもありません

 

吉野家のDNA
・ 比較すべきは、相手の長所と自分の短所

・ すべての人を
  より高い次元で機能させるように導くのがリーダーの役割です

・ しかるべき人に意見を言い、そこで議論をし、
  その上で見解の相違が生じたら、その時は上位者の見解に従う

・ 吉野家は正論が通る会社であり、
  経営陣が正論を見誤るようなことがあれば、
  社員たちから「それは違う」と
  常にプレッシャーを受けるような体質であった

・ 吉野家の内情など知らないお客様にも、
  現場で働いている人たちの空気感というものは自然と伝わり、
  従業員の幸福感や充実感といったものは、
  お客様にも伝播していきます

・ 「数字は大事、しかし目的に非ず」と、
  私は肝に銘じてやってきました

・ 何事も無駄にしないためには、
  忙しさにかまけて時を過ごすのでなく、
  そんななかでも常に神経を鋭敏にし、
  意識を高く持ちながら全力で挑戦することが大切です

・ そもそも松田さんが
  チャレンジ精神の連続で従業員を引っ張っていく人でしたから、
  吉野家で働くことは
  何かにチャレンジすることだと自然に思えたのだと思います

・ 量が質に転化する瞬間があるわけですが、
  ハードな現場を経験しているうちに、
  仕事が面白くなってくる人がどんどん出てくる

・ なくてはならないものだけに集中して、
  最善手で取り組むことが価値を生む源泉である

・ 「人財に投資する 」という松田さんが植えつけた吉野家のDNAは、
  今日にしっかりと引き継がれ、吉野家には、
  どこに行っても活躍できる人材がたくさんいると自負しています

・ 順調な時には気を引き締め、謙虚たれ
  このことを肝に銘じながら、
  吉野家を支持して下さるお客様のために、
  全社員一丸となって頑張っていこうと思っています
   

 

 

 

≪箱入り嫁のつぶやき≫
吉野家の倒産騒ぎの時から、
安倍さんのことをすごい人だなぁと思っていたので読みました。

吉野家のこと、安倍さんのこと、
気になっていったいろいろなことがわかりスッキリしました。

リーダーとしての学びがたくさんありましたが、
私個人としての学びは、
比較すべきは、相手の長所と自分の短所
〇数字の大切さ 
〇量が質に転化する瞬間がある  でした。

 



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

『弱さのちから』・・・若松英輔(著)

2021年3月2日

 

2020年8月7日発行・・・2021年2月21日読みました


🎀私の心に残ったこと
    「強さ」とは、
    盾をもって突進していくようなものであるよりも、
    誰かと「弱さ」を分かち合うところに生まれる
    一つの出来事であることを伝えたいと思った

 

 

・ 「弱い人」は何もしないのではない
  むしろ、他者の「弱さ」を鋭敏に感じ、
  寄り添える人でもある

・ コロナ禍によって浮き彫りになったのは未知の問題ではなく、
  これまで見過ごしてきた問題です

・ 人間はそもそも自分を愛し、自分を信じ、
  自分自身を理解していなければ他者を愛することもできません

・ わたしたちを今後ひどく襲う危険があるのは、
  無関心な利己主義というウイルスです

・ 私たちに必要なのは、新しい試練ではありません
  今をしっかりと見つめることです

・ これまで、一番難しかったこと、それは立ち止まることでした
  そして、自分の立ち位置を確かめることでした

・ 進むことばかりが大事だと思い込み、
  立ち止まることをおろそかにしてきたのではないでしょうか

・ この苦しい日々、皆さんがもし本を読むだけでなくて、
  書くことも始めていただくと、
  より素晴らしいのではないかと考えてもいるのです

・ 心の糧、それは言葉です

 

 

 


弱くあること

   もっと強く
   なりなさい
   世間は、きっと
   そう言うでしょう

 

   でも本当に
   学ばなくてはならないのは
   弱くなること
   弱くあることなのです

 

   世の多くの人たちが
   大きな声で笑うときも
   声を出さずに
   泣いている人もいるのです

 

   そんな人に
   そっと よりそい
   だまって 横にいられる
   そんな人になってください 

 

     

≪箱入り嫁のつぶやき≫
強くいることばかり考えていましたが、
そっと よりそい
だまって 横にいられる
そういう強さもあるんだと知りました。

大切なことをまたひとつ学びました。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

 

 

『神トーーク』・・・星渉(著)

2021年3月1日

 

2019年7月19日発行・・・2021年1月20日読みました

🎀私の心に残ったこと
     否定をしない  気づかせる   
     答えを言わない  正さない

 

 

第1章 科学的に「人の心を動かす」絶対条件
・ 人の心を動かす3つの絶対条件
   ①話を聞くに値する日常での振る舞い、
   ②相手に「安心感」を与える、
   ③相手の「自己重要感」を満たす



第2章 あらゆる「人間関係の悩みが消える」伝え方
・ 絶対に否定せず最後まで話しを聞く
  「ほかに話したいことはないですか?」と念押しの確認もする
・ コミュニケーションを取る時の自分の表情に気を配り、
  必ず笑顔で対応

 


第3章 自然と味方が生まれ「誰からも好かれる」伝え方
・ 一度の会話でお会いした時に、
  相手について知っていることを披露するのは
  どんなに欲張っても2つまで
・ 人間は、人から言われたことよりも、
  自分でこうするべきだと考えたことのほうを
  優先して行動に移す性質を持っています
・ 「褒める」⇨「アドバイス」⇨「褒める」のサンドイッチ方式

 


第4章 相手が「自分の思い通りに動いてくれる」新世界へ
・ 「助かった」という言葉はマジックフレーズです
・ 否定をしない  気づかせる  答えを言わない  正さない
・ 人は理由を添えられると
  相手の要望を受け入れやすくなることが科学的にわかっている
・ 「人によって正解は違う」ということを覚えておくべきなのです

 


第5章 相手の人生さえも変える「究極の神トーーク」
・ 人生の9割はメンタルで決まる
・ 今後「人に命令をしない」と覚悟を決める
・ その人のことを「褒める」だけでいいのです
・ 人を変えたいのであれば、「役割」を与えてみましょう
・ 「私はあなたの味方です」と伝える
  

 

 

≪箱入り嫁のつぶやき≫
〇否定しない
〇命令しない
〇褒める

この3つを意識していこうと思います。

 



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

2021年読んだ本(1冊~10冊)

2021年2月28日

 

2020年読んだ本(91冊~100冊)

 

 1.1月 8日 少しだけ、無理をして生きる
 2.1月 9日 いくつになっても、今日がいちばん新しい日
 3.1月29日 ビジネスマンの父より息子への30通の手紙
 4.1月30日 「生きる力」の強い子を育てる
 5.1月31日 斎藤一人神的まぁいいか
 6.2月 1日 ズルいほど幸運を引き寄せる手帳の魔力
 7.2月 2日 「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書
 8.2月 3日 コロナの時代の僕ら
 9.2月11日 幸せセラピー
10.2月12日 波動の法則

 

本のタイトルにリンクを張っています。

 

2021年読んだ本(11冊~20冊)

 

 



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

 

『絶望は神さまからの贈りもの』・・・ひすい こたろう (著) 柴田 エリー (著)

2021年2月25日

 

2016年2月2日発行・・・2021年2月19日読みました


【目次】

1 こうして「夢」は現実になる
ルフィ
のぶみ
ジョン・レノン
スティーブ・ジョブズ
コンパイ・セグンド

2 「不幸」とは神さまからの贈りもの
オードリー・ヘップバーン
チャップリン
タモリ
坂本龍馬
植村直己
ガンジー

3 「失敗」からのV字回復
エジソン
ベートーベン
ウィルバー・ライト
本田宗一郎
リンカーン

4  社会を変える「無謀」な挑戦
孫正義
アンネ・フランク
黒澤明
ネルソン・マンデラ

5  あなたの「絶望」は誰かの「希望」
マザー・テレサ
やなせたかし
間瀬慶蔵
宮沢賢治

 

 

🎀私の心に残ったこと
   あなたのいま抱えている悩みや不安は、
   未来の誰かの希望を生みだすためにあるんだということです




・ 人生とは嵐が去るのを待つ場所ではなく、
  雨の日でもダンスをして楽しむことを学ぶ場所である

 

・ 天に見込まれた人ほど、いろいろ起きるんです
  なぜなら、その方が成長するからです

 

・ 人は自分のために頑張るとき10の力がでる
  でも誰かを喜ばせようとするとき1000の力が湧き上がるのです

 

・ あなたが、生まれたのは宇宙がそう望んだからです

 

・ 負のエネルギーだって、
  受け入れて、認めてあげれば、立派なエネルギーなんです

 

・ 体はいつか死ぬ
  でも希望は死なない
  ずっとずっと受け継がれていくのです

 

・ 大切なのはどれだけ多くのことをしたかではなく、
  どれだけ心をこめたかです

 

・ 絶望の隣は、希望だったのです

 

・ ウソでも笑える人は前へ進める

 

・ あの世に持って行けるのはただひとつ
  本気で生きた思い出だけです

 

・ どんなときでも人に優しくできること
  それこそ、どんな能力にも勝る、最高の超能力だと思いませんか?

 

・ ほんとうの復活とは、結果ではない
  結果が出ようが出なかろうが、誰かのために優しく生きる生き方です

 

・ むしろ学生の頃は、作文は苦手
  でも、人みしりだったからこそ、
  「書いて伝えるしかない」と書く技術を磨いてこれたのです 
               (ひすいこたろう)

 

・ 人は、逃げ場を断ち切って、前へ進むときに、
  新しい自分と出会えます
  その編集者さんこそ、この本の相棒である柴田エリーさんです

 

・ 悩むのは、未来に出会う、
  誰かのハートに灯りをともすためなんです

 

 

 

≪箱入り嫁のつぶやき≫
目次にあるように、
たくさんの人たちのお話が載っていました。

最後にひすいこたろうさんの、そして柴田エリーさんのお話。

この人たちの悩みが、
今の私の心に灯りをともしてくれました。

 

 



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

 

『ライオンのおやつ』・・・小川糸(著)

2101年2月24日

 

余命を告げられた雫は、
残りの日々を瀬戸内の島のホスピスで過ごすことに決めた。
そこでは毎週日曜日、
入居者がもう一度食べたい
思い出のおやつをリクエストできる「おやつの時間」があった―。
毎日をもっと大切にしたくなる物語。
                           ―内容紹介より―

 

2019年10月7日発行・・・2021年2月13日読みました

🎀私の心に残ったこと
    生きることは、誰かの光になること      

 

 

・ 空気がおいしい
  おいしすぎて、おかわりするみたいに、二回、三回と繰り返した
  こんなふうに、
  空気を完熟した果物みたいにむさぼったのは、いつ以来だろう

 

・ 生まれることと亡くなることは、ある意味背中合わせですからね

 

・ おやつという言葉の響きには、
  独特のふくよかさというか、温もりがある

 

・ よく眠り、よく笑い、心と体を温かくすることが、
  幸せに生きることに直結します (P37・P136 ) 

 

・ 思いっきり不幸を吸い込んで、吐く息を感謝に変えれば、
  あなたの人生はやがて光り輝くことでしょう (P61・P218)

 

・ 必死になって夜空を探せば、
  私を見てくれている星がきっとある

 

・ ライオンはもう、敵に襲われる心配がないのです
  安心して、食べたり、寝たり、すればいいってことです

 

・ なるようにしか、ならない
  百ちゃんの人生も、私の人生も

 

・ すべては、私の人生の結果
  生きてきた時間の結果が、今だ

 

・ 誰もが自分の蒔いた種を育てて、刈り取って、それを収穫します

 

・ マドンナの言う通りで、人は死の直前まで、変わるチャンスがある

 

・ ろうそくって、消える時間がいちばん美しく感じるんだけど、
  人も、そうなのよね
  雫さんを見ていると、しみじみ、そう思うわ

 

・ もう、元気なころの体には、戻れない
  でも、元気な頃の心は取り戻せた
  そのことが今、すごく誇らしい
  感謝の気持ちが、私の中で春の嵐のように吹き荒れていた

 

・ おやつは、心の栄養、人生へのご褒美だと思っています

 

・ 人生というのは、つくづく、
  一本のろうそくに似ていると思います
  ろうそく自身は自分で火をつけられないし、
  自ら火を消すこともできません  
  一度火が灯ったら、自然の流れに逆らわず、
  燃え尽きて消えるのを待つしかないんです

 

・ よい旅を!

 

 

 

≪箱入り嫁のつぶやき≫
瀬戸内の島のホスピス、身近だなぁ~
ツバキ文具店 』を書いた作家さん、好きだなぁ~
ということから読んでみました。

亡くなるのは悲しいことだけど、
今生きてるみんなも、いつかは亡くなるのだし、

どんな種を蒔いて、何を選んで生きていくか
爽やかさの残るお話でした♡

 

 

 



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

 

『波動の法則』・・・足立育朗(著)

20212年2月23日

 


本書で述べます事項は、基本として参考文献は一切ございません。
また原則として、推察や仮説は立てず、
私自身が直感で得た宇宙からの情報の一部をできる限り、
科学的に性格に具体的にご報告したいと思います。


第一章 宇宙との調和  
第二章 「波動」と現代地球文化  
第三章 中性子・陽子・電子の構造と性質
第四章 三つの「意識」と「意志」  
第五章 原子核の集合体の(EXA PIECO=本質≒魂)のスタディ
第六章 地球文化の未来-時空間移動(テレポーテーション)を経て  
第七章 宇宙の法則と波動
第八章 病気の本質  
第九章 これからの生き方についてー質問に答えて

 

1995年12月29日発行・・・2021年2月12日読みました
               (2011年6月25日の再読)

🎀私の心に残ったこと  
    自然の法則にかなっているということは、
    人間のためだけではなく、
    全ての存在物のことを考えてやっているのかなと
    絶えず自分に問いながら行動をするということ

 

 

・ 「直観」「閃き」は「波動」から起こる

 

・ 顕在意識が人間の気づきを妨げている

 

・ 瞑想というのは多分、
  周波数変換をして顕在意識を整え
  ふだんと違った周波数になっているのだと直観的に思いました

 

・ 人間の「意識」は中性子、「意志」は陽子だった 
   中性子=意識=調和  陽子=意志=愛

・ 自然界のあらゆる現象は「波動」の組合せ

 

・ 臓器でいいますと、
  「膵臓」が潜在意識の振動波を受振、
  発振しているということだそうです

 

・ こちらでやろうとしていることが
  先に来たりすることが頻繁に起きてきます
  調和のとれた意識で行動をとり出した人は、
  必ず皆さんそういう体験をしています

 

・ 見えるものにも見えないものにも、全てに「意識」と「意志」がある

 

・ 「意識」の変換をし、
  顕在意識が自然の法則にかなった調和のとれた状態になれば、
  そして常に「本質」と同調すれば周波数はどんどん上がっていきます

 

・ 病原菌と「闘う」「殺す」と言う意識は自然の法則に反する

 

・ 病原菌を失くすためには、
  病原菌になっている歪んだ中性子を正常に戻してあげればよいのです

 

・ 人の歪んだ振動波は自然の調整能力を超えてしまった

 

・ 全ての現象は自分の発振した振動波と同調して起こる

 

・ 「健康で長生きできてしまう意識」への変換をはかろう
           ↓
  病気になった、癌になった、エイズになったという方は、
  それらを憎んで闘って殺してやるという「意識」を持つのではなく、
  自然の法則を理解して、エイズならエイズが
  自分たちの「顕在意識」の作りだしたもので、
  そのウイルスが今自分にメッセージを送っているのだと理解することです
           ↓
  そして「メッセージをありがとう」という「意識」がもし生まれたら、
  「顕在意識」は間違いなく調和のとれた方向に意識変換しています
  これが一番早く病気が治る方法です

 

・ 食べている食物だけで
  これだけ精巧な人間が機能することは不可能です
  宇宙からもっと調和のとれたエネルギーが直接入ってきています
  それが脾臓です

 

 

 

≪箱入り嫁のつぶやき≫
船井幸雄さんが紹介されていたので
2011年に読みましたが、
『老眼を正常化する装置』に興味を持ったくらいで、
私には理解不能な数字がたくさん並んでいてちょっと難しい内容でした。

 

今回は少し深いところまで理解できたような~。
潜在意識・顕在意識・波動に興味のある人には面白いと思います。

マーフィーの法則の中に
   自然の秩序に従っている限り  
   自分は乱れることがなく    
   平和で調和がとれている。    
という言葉があるのですが、
この本の中にも、自然の法則 調和のとれたエネルギー
という言葉が何回も出てきたので、大切なことなのでしょう。

 

今の私たちが、
人間のためだけではなく、
全ての存在物のことを考えてやっているのかなと
絶えず自分に問いながら行動をしていったら、
コロナもいい方向に進んでいくのかな♡

 

 

【参考までに】
何枚か載っていた写真の中に
『老眼を正常化する装置』というのがあります。
   (検索したらででてきます)
それをプリントアウトして眺めるだけみたいです。

一般的には、最初は1回4~5分以内で、1日2回くらい、
6時間以上の間隔をあけて眺めるといいようです。

 



 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

 

『幸せセラピー』・・・斎藤一人(著)

2021年2月21日

 

2018年12月1日発行・・・2021年2月11日読みました

🎀私の心に残ったこと
    自分を愛して、自分を尊重すればいいんです

 

・ 心のこりを取るには、
  許すこと、
人と話しをすること

 

・ 人間には、思ったことを引き寄せる力がある

 

・ ラクに生きる人って、感謝が多い
  イヤなことにも感謝する
  もちろん、よかったことも感謝する

 

・ できないことはできない、ということが正しい
  だから、自分ができないことはやらない

 

・ どうしたら自分が笑えるか、
  おもしろくなるかを考えてみてね

 

・ 世界で一番、自分のためにがんばってくれる人は、自分しかいない

 

・ 世界で一番しあわせな人間って、足るを知っている人なんだよ

 

・ 家族だから、わかりあえないと思ったほうがいい

 

・ イヤなことばかりに焦点をあてていたら、その人生はつまらない

 

・ 「この不安があるなかで、自分は何ができるだろう」
  と考えだしたとき、人は動き出す

 

・ 反省をしているヒマがあったら、間違ったところをすぐ直す

 

・ ムシが好かない人が現れるのは、自分の器を大きくするチャンス

 

・ 死ぬのは、寿命が来たとき 寿命が来るまで死なない

 

 

 

≪箱入り嫁のつぶやき≫
イヤなことに焦点をあてないで、
なりたい自分に焦点をあてていきたい、

どうしたら自分が笑えるか いつも考えていきたい。

 

 



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

 

『コロナの時代の僕ら』・・・パオロ・ジョルダーノ(著)

2021年2月20日

2020年4月20日発行・・・2021年2月20日読みました

🎀私の心に残ったこと
    今からもう、よく考えておくべきだ
    いったい何に元通りになってほしくないかを
    

 

 

・ 家にいよう。
  そうすることが必要な限り、
  ずっと、家にいよう。
  患者を助けよう。死者を悼み、弔おう。
  でも、今のうちから、あとのことを想像しておこう。
  「まさかの事態」に、もう二度と、
  不意を突かれないために。


・ 2月29日から3月4日までの
  日々の記録を兼ねたエッセイ集としてまとめたのが、
  本作『コロナの時代の僕ら』だ

 

・ どれも短い27編のエッセイを読み進めていくうちに、
  特に予備知識のない一般の読者でも、
  今、世界で起きている現象が大筋のところで直観的に把握できると思う

 


・ 本書を読んで
  科学的な視点と正しく恐れる力を身につけることで、
  この混迷した「コロナの日々」を
  ずっと楽に過ごせるようになれる読者はきっと多いはずだ

 


・ この隔離生活が果たしてあとどくらい続くのかは正直わからない
  でも、ジョルダーノの本を読んだ今は、
  そうした日々を無駄にはすまいと思えるだけの心の余裕ができた
  だから、是非とも今、多くの人にこの本を読んでほしい

 

 

 

≪箱入り嫁のつぶやき≫
溢れる情報から、自分に必要なものを取り出し、
正しく恐れる力はとても大切だと思いました。

短い27編のエッセイなので、とても読みやすかったです。

 

 

 



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

 

より以前の記事一覧

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ