フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

カテゴリー「3.読書日記」の記事

『スタンフォード式 最高の睡眠』・・・西野精治(著)

2017年5月16日



2017年3月5日発行・・・2017年5月10日読みました
pen 私の心に残ったこと
「最初の90分」をしっかり深く眠ることができれば、最高の睡眠がとれる
 
・ 睡眠にまつわる悩みもストレスも、「量の確保」では解決しない
・ 最高の睡眠とは?
   ⇒「脳・体・精神」を最高のコンディションに整える、「究極的に質が高まった睡眠」
・ たったひとつ約束しておきたいのは、根拠なき話は書かないということ
・ 気がつかないうちにたまる眠りの借金、それが睡眠負債
・ 睡眠に課せられた「5つのミッション」
   ①脳と体に「休息」を与える
   ②「記憶」を整理して定着させる
   ③「ホルモンバランス」を調整する
   ④「免疫力」を上げて病気を遠ざける
   ⑤「脳の老廃物」をとる
・ 最初の90分が「黄金」になる3大メリット
   ①寝ているだけで「自律神経」が整う
   ②「グロースホルモン」が分泌する
   ③「脳のコンディション」が良くなる
・ 黄金の90分を確保する「2つのスイッチ」
   ⇒「体温」と「脳」に眠りスイッチがある
   ⇒基本は、寝る前は何も考えないこと
・ 睡眠クオリティを上げる3つの「体温スイッチ」
    ①就寝90分まえの入浴(すぐ寝るときは「シャワー」がベスト)
   ②足湯に秘められた驚異の「熱放散力」
   ③体温効果を上げる「室温コンディショニング」
・ 入眠をパターン化する「脳のスイッチ」
   ①「モノトナス」の法則 (単調な状態)
   ②「羊を100匹数えると眠くなる」というのは間違っている
・ 睡眠と覚醒は表裏一体である
・ 「体温のスイッチ」と「脳のスイッチ」で、私たちは眠っている
   覚醒のスイッチとは? 「光」と「体温」だ 
   ⇒覚醒時はしっかりと体温を上げてスイッチオンにしておく
・ 覚醒戦略
   〇朝の光を浴びる
   〇床にじかに触れる(裸足朝活)
   〇手を冷たい水で洗う
   〇汁物は体温を上げる
・ 睡魔に打ち勝つ
   〇会話は覚醒の強いスイッチとなる
   〇噛めば噛むほどめが覚める「ガム」
   〇飲み物なら冷たいものより常温、もしくは温かいもののほうが覚醒を助ける

睡眠は「量」ではなく「質」で決まる
最初の90分が勝負の分かれ目
体温と脳のスイッチを操ればぐっと深い90分が手に入る
そして、起きている間も、眠りとあなたは強くつながっている――

≪箱入り嫁のつぶやき≫
覚醒と睡眠は2つで1つ。
とても発見のある本でした。

正しい知識を身につけ、行動を変える。
さぁ、ぐっすりと黄金の90分を眠ろう。






にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

『頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?』・・・高橋 政史 (著)

2017年5月15日


2014年5月22日発行・・・2017年5月13日読みました
pen 私の心に残ったこと
★方眼ノートに、見出しをつけて、3分割して使う

・ 方眼ノートの効果
  ① 記憶力がアップする
  ② ロジカルシンキングができる
  ③ 問題解決力が高まる
  ④ プレゼンがうまくなる
  ⑤ モチベーションがあがる
  ⑥ 勉強力が高まる
・ ノートの3大機能
   ⇒覚える・考える・伝える
・ 一生モノの「記憶回路」をつくる眼の使い方
   ⇒黒板を見る
   ⇒頭の中のスクリーンに焼き付ける
   ⇒黒板を見ずに頭の中のスクリーンに焼き付けた内容をノートに再現する
・ 「気づき」をストーリーにする決めては「ロジカル接続詞」
   ⇒整理すると・・・、要するに・・・、なぜなら・・・、具体的には・・・
・ 「3ポイント」でまとめる
・ 青は創造性を生み、赤は正確性をつくる
・ ロジカルシンキング研修より、「ロジカルにノートに書く」毎日を
・ 文章がうまくなるノートの書き方
   ⇒ノートを「単語」でなく「文章」で書く
   ⇒「見える!言葉」を使って書く
・ 優れてアクションベースは、「絵が浮かぶか」 「リアルに動けるか」
・ 黄金の3分割で、
   〇「論点」を正しく設定し、
  〇「事実」と「意見」を色分けし、
  〇「事実」に基づき「なぜ5回」で本格的な問題点を抽出し、
  〇「行動」を洗い出し、
  〇「結論」を1つのメッセージに結晶化する

   あの件については、論点はこれ
   結論は、こうなります
   なぜそう言えるかというと
   ポイントは3つ
   こんな事実に基づき
   このように解釈し
   こうした行動をとる必要があります
                   ――P.171――

≪箱入り嫁のつぶやき≫
読書ノートを方眼ノートにしてみようかと思ったことがありました。
一度試してみる価値がありそうです。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

            

『ハンバーガグー!』・・・てぃ先生 (著)

2017年5月8日



2016年10月5日発行・・・2017年5月4日読みました
フォロワー39万人超!!!
保育園児とのやりとりが“かわいすぎる! "と話題の
てぃ先生、2年ぶり待望の新刊はハートフルなエピソード集!
                         ――内容紹介より――

pen 私の心に残ったこと
★ときには『子ども』でありながら『立派な人間』なのだと、
  尊敬を覚えることすらありました

・ 叱るときは一瞬! 褒めるときは長々と!
・ ご飯は残してもいい
   ⇒「無理しなくていいんだ」 「先生は(パパやママは)ちゃんと認めてくれる」
       という子どもにとっての逃げ道を作っておいてあげることも、大事なこと
・ 一瞬一瞬を大切に、あとで後悔をしないような保育を
   ⇒「あのとき、もっとたくさんトントンしてあげたかった」
       そう思っても、もうそのときには戻れません
・ 子どもの「何で?」に必要なこと
   ⇒すべての質問に対して必ず「ど真面目に答えなくてはならない」
       なんていう必要はありません
        その子が納得しそうなこと、その子が求めていそうな答えを言う
・ 優しさの裏には我慢があります
   自分が使っていたものを素直に人へ譲ることは難しいのです
   ⇒その後のフォローをすることが大切、僕はそう思っています
・ 子どもにとって『あと3回』というのは踏ん切りがつきやすい数字なのだと思います
・ 12月の次はお正月  僕も使ってみようと思います
・ 子どもに、必要な要件だけを伝えて理解してもらうのはとても難しいです
   まずは、話が自然と耳に入る雰囲気を作ることが大切で、
   そのあとに伝えたいことを話せばとてもスムーズ
    ⇒手遊びや素話や読み聞かせなど、
      ほかにも手段はいろいろありますが、歌は特にオススメです
・ 子どもの行動をうまく切り替えるたったひとつの方法
   ⇒子どもが「やりたい!」と思っていることを別の形でやらせてあげる
   ⇒「先生はここから動かないでとっても早く走れるよ!」
       と言ってその場で全力駆け足をして見せます
       すると、子どもは真似をします   走れますし、体を動かせます
・ 成長は早い、遅いだけじゃない ただ違うだけ


≪箱入り嫁のつぶやき≫
前作にひき続き、楽しいエピソード満載でおもしろかったです。
子どもの発想って、楽しくほっこりします。
まぁ可愛いだけでなく、
大人の思うようには行動してくれなくて大変なことも多いと思いますが(^_^;)

子どもの行動をうまく切り替えるたったひとつの方法
これ、今度試してみようと思います。
4月に3歳になったばかりの孫を相手に、
読んだ本の内容を試すのが最近のマイブームです。
上手に気持ちを切り替えることができた時は、
やったぁ~と心の中でガッツポーズです(笑)



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

            

『ほぉ…、ここが ちきゅうの ほいくえんか』・・・てぃ先生 (著)

2017年5月7日



2014年9月30日発行・・・2017年5月3日読みました
子どもたちの鋭い視点にハッとさせられることってありませんか。
でも保育園では、それが日常茶飯事。男性保育士である著者は、
そんな子どもたちの感性豊かな言動をメモしていました。
それをSNS、ツイッターで紹介しはじめ、あっという間に大人気に。
                         ――内容紹介より一部抜粋――

pen 私の心に残ったこと
★子どもたちはむやみやたらに泣くわけではなく、小さな身体で頑張っています

・ コラム01 寝かしつけ
   ⇒子どもは、脳を使って眠たくなる子と、身体を使って眠たくなる子の
       2パーターンに分かれる、と僕は考えています
・ コラム04 怒り方、叱り方
   ⇒叱り方はいろいろあるのですが、
      多いミスは、「さっきも言ったでしょ!」と言ってしまうこと
   子どもは「今」を生きているので、
      「過去、未来」という概念がまだしっかりとはありません
      なので、毎回初めて叱るように言います



〇男の子(4歳)が段ボールで剣を作って
  「せんせい!みて!」と見せてくれたので「おぉすごい!誰をやっつけるの?」
  と聞いたら「だれを やっつけるんじゃない!だれを まもるかだ!」と答えた。
  僕は何だか恥ずかしくなった。その気持ちを大切にしてほしいな。

〇女の子(4歳)が「ねぇ せんせい」と小難しい顔をしながら言ってきたので
  「どうしたの?」と聞いたら、
  「じぶんが わらってる より せんせいが わらってるほうが しあわせだよ」って。
   とても嬉しかった。先生も幸せだよ。

〇降園時、女の子(4歳)が「せんせい きょうも ありがとう!」と言ったので
  「○○ちゃん偉いね」と褒めたら
   「きょうの ありがとうは きょうしか いえないからっ」と、とびっきりの笑顔で言った。
   その言葉、その笑顔が本当に素敵で、思わず頭を撫でて抱っこした。

〇女の子(5歳)に「せんせい、どうしたら おとな になれるの?」と聞かれたので
   「うーん・・・20歳になったらかなぁ」と答えたら、そばにいた男の子(5歳)が
   「『こどもに なりたい』と おもったらじゃない?」と素敵な答えを言った。
  本当にそうかもしれない。

〇風邪でしばらくお休みしていた男の子(5歳)が久々に登園してきた時に
  緊張を隠すためか「ほぉ・・・ここが ちきゅうの ほいくえんか・・・」
  と言い出して笑った。どこの星の方ですか。

〇女の子(5歳)が「せんせい、どんな おうちに すみたい?」と聞くので
  「お城みたいな大きなお家に住みたいな!」と答えたら、
  「わたしは だいすきなひとが いる おうちに すみたいな」って。
  もう一回。もう一回だけ、先生に答えるチャンス頂戴。


≪箱入り嫁のつぶやき≫
生まれて数年しかたっていない子どもとは思えない、
心温まる、するどい切り返し。
きっと大人とは見えてる世界がちがうんだろうな。

子どもは「今」を生きている
私も見習いたい、生きていく上でとても大切なことだと思いました。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

2017年読んだ本(31冊~40冊)

2017年5月5日



31.3月26日 くまとやまねこ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・湯本香樹実
32.3月27日 今日を楽しむための100の言葉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・伊藤 守
33.3月28日 脳神経外科医が教える病気にならない神経クリーニング
                               ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・工藤千秋
34.3月30日 メンタリストDaiGoの心を強くする300の言葉・・・メンタリスト DaiGo
35.4月 1日 たった一通の手紙が、人生を変える・・・・・・・・・・・・・・・・・水野敬也
36.4月 6日 フランス人の40歳からの生きる姿勢・・・・・・・ミレイユ・ジュリアーノ
37.4月 7日 脳を最適化する・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・アルバロ・フェルナンデス
                             ・・・・・・・・エルコノン・ゴールドバーグ
                             ・・・・・・・・・・・・・パスカル・マイケロン
38.4日 9日 生きるチカ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・植島啓司
39.4月10日 お金を整える・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・市居 愛
40.4月12日 死ぬまで元気に生きるための七つの習慣・・・・・・・・・・・・山田 豊文



≪箱入り嫁のつぶやき≫
本のタイトルにリンクを張りました。
気になる本があれば
クリックして参考になさって下さい。
私個人の感想ですが・・・(#^.^#)




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

『ゆっくり生きれば、遠くまでいける』・・・小林 弘幸(著)

2017年4月30日



2012年11月1日発行・・・2017年]4月26日読みました
pen 私の心に残ったこと
★急ぐのではなく、ゆっくり生きる
  ときには立ち止まり、空を見上げて、深呼吸をする

・ 「本当の健康」とは、「良質な血液が細胞の一つひとつに十分に届いている状態」
・ 良質な血液をつくるためには腸内環境を整えなければいけない
・ 忙しい朝に一つだけでも「ゆっくりアクション」を導入してください
・ 「理想の睡眠」には食後の三時間が絶対必要
・ 空を見上げるたけで、体の状態は瞬時に変わる!
・ 大量の仕事を効率良くこなしたいなら、「忙しいときこそゆっくり」という意識が大切です
・ イギリスの名医から学んだ「ゆっくり」の極意
   ⇒字をゆっくり、ていねいに書く
・ 同じ歩くなら、「意識して歩く」
・ 口角を上げるだけで、体が変わる「笑顔の魔法」
・ 自律神経は伝染する
・ ガムを噛むと自律神経が整い、脳が活性化する!
・ 「何気なく飲む水」と「意識して飲む水」では効果が違う!
・ 「一ヵ所だけ片づける」という新習慣が副交感神経を高める
    ⇒仕事を終えて帰る前に「一ヵ所だけ片づける」という習慣です
   ⇒ポイントは「一ヵ所だけ」という部分
・ 「誰も信じるな!」イギリスに渡ったその日に言われた衝撃的な言葉
   ⇒その潔い覚悟があれば、準備やチェックを万全にしますし、
       何かが起こったときにも冷静さを保つことができます
・ 一度乱れた自律神経は3~4時間戻らない
・ 毎日の睡眠が自律神経のバランスを決定し、翌日のパフォーマンスを左右する
   といっても過言ではないでしょう
・ 強い決意を持って、「ブランクをつくる」という時間管理を実践してみてください
・ 「意識」と「自律神経」は密接に繋がっているのです
   ⇒むずかしいことは何一つありません
      「不安の根源」をただ意識して、考えるだけ


≪箱入り嫁のつぶやき≫
意識することがとても大事だと思いました。
字をゆっくり、ていねいに書く。
朝の行動を一つだけ意識してゆっくりにする。
意識して歩く。
この3つ、意識しようと思います。

私は空を見上げるのが大好きでよく見ます。
見上げたら深呼吸、を意識しようと思います。


アクセルを踏み、スピードを上げるのではなく、
ときにはギアをローに入れ、ゆっくり生きる




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

『女は覚悟を決めなさい』・・・黒川伊保子(著)

2017年4月27日



2016年10月12日発行・・・2017年4月26日読みました
pen 私の心に残ったこと
あなたが傷ついたとき、この世の多くの女性たちが、
   その痛みを知っていることを、どうか覚えておいてほしい

・ 言ってみれば、すべての女性に
   スティーブ・ジョブズなみの直観力が備わっているのだ
・ この本は、働く女性たちに向けたトーンで書くけれど、
   私は、専業主婦も「働く女性」の範疇に入れている
・ 「女性脳は、最初から答えを知っている賢者」であり、
   「男性脳は、永遠に答えを探し続ける冒険者」なのである
・ 自分以外の人の脳の画像が自分と同じかというと、それは違う
   ⇒「私」が見ているものを、「彼」が見ていないなんてことは、無限に生じる
・ 脳が見ている世界は、脳が作りだす世界だ
   ⇒あなた自身の脳をポジティブに健康にしておけば、
      世の中がそう変わる、ということでもある
・ 男児の場合、生後8ヵ月で、およそ3メートルの鳥瞰があると言われている
   ⇒この鳥瞰、一生持たない人もいる
・ 夫婦の脳は、感性真逆のセットだからね
・ 脳は、脳のタイプ別に行為や信頼のあらわし方が違う
・ 男性脳は共感のためになんか会話をしない
   問題解決のために会話をするのである
・ 人をとやかく言わない人は、無邪気でいられる  器も大きくなる
・ 男性に何かを告げるときは、「結論から言う、数字を言う」を心がけよう
・ 女性脳は「寄り道」で活性化する
・ 男性脳は「ぼんやり」で活性化する
・ 大人の女は、なじるような局面で、
   「案じる」または「悲しい」ということばを使うといい
・ 産まないまま成熟した女性脳もまたすばらしいのだが、
   もちろん産んだ女性脳も素晴らしい
  ⇒私たちは、自分の選んだ道を誇りに思って、
      一瞬たりとも躊躇しないで生きていこう


≪箱入り嫁のつぶやき≫
男性脳と女性脳は違うと、
理屈でわかっていても、納得いかないことがいろいろあります。
この本を読むと、私のことをわかってもらえた気がしてとてもうれしくなりました。

生まれてきたその瞬間から脳の性差はあるそうです。
そういわれれば、女の子二人を育ててきた私にとって、
男の子の孫がとても新鮮にうつるのは、そんな理由からかもしれません。
男の子の育て方、ワンポイントアドバイスを読んでみると、
あるある~と言うことが書かれていました。
これから試してみたい事も発見。
3歳児の相手はなかなか疲れますが、こういう楽しみもあるのでま、いっか!です。

女性脳というのは少し厄介だそうで、
その女性脳を飼いならす方法を知れば、女は100倍強くなれるとか。
人生に立ち向かうための脳科学、とても役に立ちました。
そして、著者と息子君との掛け合いも楽しかったです。


まずは、めげない心を手に入れよう


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

『たった一通の手紙が、人生を変える』・・・水野敬也(著)

2017年4月26日



2015年12月7日発行・・・2017年4月1日読みました

【目次】
第 
章 文章を書く上で一番大切なこと      『お世話になった人へのお礼状』
第 1章 最初の一文字で相手の不安を解消する           『仕事依頼の手紙』
第 2章 自分を喜ばせるのではなく、相手を喜ばせる          『抗議の手紙』
第 3章 肉親を「お客さん」として扱う               『親から子への手紙』
第 4章 相手の信用を得るために、礼儀を「最低限」おさえる 『手紙の礼儀作法』
第 5章 儀礼的な手紙こそ、相手を尊重する「ひと手間」を 
 『年賀状』『暑中・残暑見舞い』『お中元のお礼状』
第 6章 「あなたのファンです」は、相手へのサービスにならない   『ファンレター』
第 7章 難易度の高い依頼では、「誠実さ」と「自信」を伝える
 『お金の援助を依頼する手紙』『著名人に会うための手紙』
第 8章 相手の要求を断りつつ、嫌われない方法              『断りの手紙』
第 9章 手紙におけるユーモアは「愛嬌」をマスターする    『お見舞いの手紙』
第10章 相手の怒りの矛先をすべて想像する              『謝罪の手紙』
第11章 パートナーへの手紙は「永遠の愛」を言い換える         『ラブレター』
第12章 手紙に隠された、人生を変える力                 『感謝の手紙』
最終章  最高の手紙を書き続けるために、エゴではなく愛を選ぶ       『遺書』

 

pen  私の心に残ったこと
★ 理想の自分になるために必要なことは、意志だけだ

・ 相手に読ませる前にどれだけ修正しても良い
・ 具体的であること
・ 本音であること
・ 手紙を書くのを楽しむこと
・ 相手から警戒されないこと
・ 文章を書く際には、自分を喜ばせるのではなく、相手を喜ばせる
・ 手紙における礼儀作法は、「最初と最後」を大事にする
・ 相手の立場に立ち、あらゆる角から相手の怒りを想像する
・ セリグマン博士は「誰かに感謝の手紙を書いて届けることは、
   自分の幸福度を上げる」という研究結果を発表しています
・ 僕が本を書くことを仕事にすることができたのは、
   この本で繰り返しきた言ってきた文章の特性――
   「相手に見せる前に何度直しても良い」ということを
   忠実に実行してきた結果にすぎません
・ 何より大事にしてもらいたいのは、相手への「思い」です
   ⇒相手を喜ばせたいという思い、
      そして、相手から愛されたいという思いがあれば、
      文章は必ずその思いを形にしてくれます



≪箱入り嫁のつぶやき≫
もらうとうれしい手紙です。
以前のようには手紙を書かなくなってしまいましたが、
便箋と封筒は大好きなので、好きなのをみつけるとつい買ってしまいます。

相手のことを考えながら丁寧に手紙を書き、
ペンや紙にもこだわり、細部まで心をいきわたらせ相手に届ける手紙。
なんて素敵なんだろうと思います。

今テレビで『ツバキ文具店』をやっています。
本を読んだら、テレビや映画はあまり見ないのですが・・・これは見ています^^*
読んだ本はこちら⇒『ツバキ文具店』・・・小川糸(著)

手紙を書いて届けることは自分の幸福度を上げる





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

『もしも悩みがなかったら』・・・水野敬也 (著) ,鉄拳(著)

2017年4月24日



2015年11月4日発行・・・2017年4月23日読みました
生きていくのが辛い。
相談する人もいない。
もう何もしたくない・・・・・。
そんな、人生に行き詰まった僕のもとに、
突然姿を現した不思議な女の子、「悩美」。
彼女が教えてくれた「悩み」の真実とは?

                   ――内容紹介より――

pen 私の心に残ったこと
悩美を抱きしめながら、悩みと一緒に生きていきたい

・ 悩み解消法 
   ⇒その1 栄養のある食べものを、よく噛んで食べる
    その2 小さな場所からそうじを始める
    その3 友人や専門家に相談する
    その4 適度な運動をする
    その5 本を読んで解決策を探す
    その6 外に出て日光を浴びる
・ 悩みがある人っていうのは、かなえたい夢を持っている人なんですよ
   ⇒それって、素敵なことじゃないですか?
・ 僕は悩美に向かって言った
   ⇒どうして君は、僕のことを助けてくれたの?
    すると、悩美は微笑んで言った
   ⇒実は、それが『悩み』の仕事なんです
・ 身体が傷ついても『痛み』がなければ、身体はどんどん悪くなってしまうように――
   もし自分が望んでいない状況になったとしても、
   『悩み』がなければ、ずっとその場所に留まっていまいます
   『悩み』があるからこそ、人はそこから抜け出そうとして努力を始めるのです
・ 悩みは、嫌われるからこそ人の役に立てるんです
・ でも、悩美の姿は、もうどこにも見当たらなかった
・ この子はきっと、今、生まれたばかりの悩みなんだ・・・


≪箱入り嫁のつぶやき≫
大なり小なり、皆が持っている悩み。
その悩みが大きくなると、目の前に現れた悩美も大きくなり、
悩みが小さくなると悩美もスリムになっていく。
悩みの解消とともに悩美は薄くなり最後は消えていなくなってしまった。
ちょっと切ない、でも元気をもらえる・・・
マンガでも絵本でもないけれど、すぐに読める、不思議な本です。

大人から子どもまで、老若男女に効果バツグン! 
生きていくのが楽しくなる1冊だと思います。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

『死ぬまで元気に生きるための七つの習慣』・・・山田 豊文(著)

2017年4月16日



2016年3月5日発行・・・2017年4月12日読みました
pen 私の心に残ったこと
自然的生活
  ⇒私たち一人ひとりが、人間の不自然さを十分に自覚しながら、
     できるだけ自然に食べ、自然に生きていくべきなのではないでしょうか

・ 細胞をつくったのは、地球上に生命を誕生させたのは、
   人間の手ではありません  「自然」です
・ 細胞は、たとえ故障したとしても、自力で治すことができます
   ⇒これは、何十億年もの生命の歴史の中で細胞が獲得してきた、
      驚異の適応能力であり、そして自己修復能力です
・ 昼食を抜くようになると血糖値が乱高下することなく、安定するようになります
   そして、眠気や脱力感とは無縁になり、
   集中力が高まる上に、集中した状態が長い時間続くのです
・ 「治癒」という壮大なドラマ
   ⇒ドラマを演出するのは、水、空気、光、食べ物、運動、休息、心、呼吸、
      そして断食といった自然的要素です


【目次 】
プロローグ: 不自然を捨て去り、自然を思い出す
第1章 穀菜食
     ① パンを食べずに米を食べる
     ② 肉や小麦粉を減らし、牛乳を飲まない
     ③ 油を控えるのではなく、油を選ぶ
第2章 少食と断食
     ① 質の高い穀菜食を食べる
     ② 空腹状態という「本物の日常」を取り戻す
第3章 適度な負荷(ストレス)
     ① 「火事場の馬鹿力」のメカニズムを知る
     ② 日常生活に「適度な負荷」を取り入れる
第4章 適度な不衛生
     ① 身の回りの微生物たちを悪者扱いしない
     ② 「適度な不衛生」で同居人たちに敬意を払う
     ③ 常在菌と仲良く暮らすためにも、正しく食べる
第5章 早寝早起き
     ① 早朝のゴールデンタイムを有効活用する
     ② 睡眠の「量」ではなく「質」を重視する
第6章 自然の音/音楽
     ① 自然の音に全身の「耳」を傾ける
     ② 耳の若さを保って自然の音を楽しむ
     ③ 音楽の力で細胞の環境を整える
第7章 宇宙を感じる
     ① 「宇宙船地球号」の一員であることを自覚する
     ② 宇宙と健康問題の関連性を知る
エピローグ: 子どもの教育にも自然的生活を



≪箱入り嫁のつぶやき≫
目次にすべてが要約されていました。
読み進むと衝撃の事実がいろいろでてきます。
すべて実践というのは難しいけれど、自然的生活目指したいと思います。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

より以前の記事一覧

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログ村

最近のトラックバック