フォト

参加しています

本が好き!

ブログ村

Amazon

« 氷の下・・・メダカは!? | トップページ | バランスでいい流れをつくっていく »

『少しだけ、無理をして生きる』・・・城山三郎(著)

2021年1月10日

2012年8月1日発行・・・2021年1月8日読みました

🎀私の心に残ったこと
    大事なのは、ほんの少しだけ、
    自分を無理な状態に置く
    つまり挑戦をし続けることなのだ



 

はじめに 三人の男が東京駅ですれ違う
・ 戦前の大不況を敢然と生きぬいた
  三人の男たちに興味を持っています
    
御木本 幸吉  広田 弘毅  浜口雄幸

 

1 初心が魅力をつくる
・ 仕事に対してだけでなく、生きていく姿勢としての初心、
  初々しさ、というものはいくつになっても大事なんじゃないか

 


2 人は、その性格に合った事件にしか出会わない
・ 渋沢さんは晩年に至るまで、いつも自分の目の前にいる人に
  心のすべてを傾けて対応した
・ とにかく今置かれた場所で
  吸い取れる限りのものは一切合財吸い取ろう
・ いかなる逆境においても失われぬ初心、
  変わることのない性格が、彼を日本最大の経済人にしていったのです
  


3 魅力ある指導者の条件
・ 先のことがわからないからこそ、
  何かしていなくてはいけないと僕は思った

 


4 父から息子へ伝えるべき事柄
・ とにかく人に信頼される人間になれ

 


5 少しだけ無理をしてみる
・ これは、作家に限らず、
  あらゆる仕事に通用するテーゼじゃないでしょうか

 


6 自ら計らわず
・ 広田さんの生い立ちにさかのぼって、お話ししましょう
・ 静かだけれどたいへん大きな魅力を持って、
  きわめて強烈な生き方、そして死に方をした人ですね

 


7 人間への尽きせぬ興味
・ 広田弘毅
  ついには自分の命を捨てることにさえ
  恬淡としていられるくらい、きわめて淡白でいられる人
  そこが彼の魅力を形作った、最大の要素かもしれません
・ これからの時代にビジネスマンとして生きるには、
  「蟻であり、トンボであり、人間である」
  という三つの条件を揃えなくては勤まらない、
  というふうに変わっていくでしょう

 


8 強く生きる
・ 自分を支えてくれるものは自分しかいない

 

9 人間を支える三本の柱
・ セルフ 自分だけの世界
  インティマシー 親近性
  アチーブメント 達成

 


10 男子の本懐
・ 浜口雄吉
  大いなる魅力を持って、そして限りなく強く生きた人物です

 

 

 

≪箱入り嫁のつぶやき≫
はじめに の部分から興味深く読みました。

初心を大切にする
吸収していく
人の言うことを辛抱強く聞く  など、

リーダーでなくても
生活に取り入れていきたいことがたくさんありました。


人は、その性格に合った事件にしか出会わない
と言うお話から、生き方、考え方の大切さを感じ、
何回も読みたい本だと思ました。

 



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

 

 

« 氷の下・・・メダカは!? | トップページ | バランスでいい流れをつくっていく »

読書日記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは♪

「ほんの少し」がポイントですね。
これならできるかもしれません(*^-^*)

◆きっちゃん♪へ

おはようございます。
私もそう思いました(#^^#)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 氷の下・・・メダカは!? | トップページ | バランスでいい流れをつくっていく »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ