フォト

参加しています

本が好き!

ブログ村

Amazon

« 魚河岸ごはん | トップページ |  冬は、厚着で体を温めるように »

『いくつになっても、今日がいちばん新しい日』・・・日野原 重明(著)

2021年1月17日

2017年6月30日発行・・・2021年1月9日読みました

🎀私の心に残ったこと
    習慣が人をつくる、心もからだも

 

 

1章 老いて高める
・ 日々の積み重ねが、老後にもつながるのです

 

・ 人間のからだは所詮、やがては土に還る「土の器」です


・ その土の器に、健全な心を宿すことができたならば、
  その心こそは朽ちない宝となるに違いありません


・ 何が老人になったときのエネルギーとなるのでしょうか
  それは、よき本を読み、ゆかしい音楽を聴き、
  そして何より大切なことは、
  感性を高めるよき人との出会いをもつことです


・ 人生とは、まさに終わることのない自己形成の連続といえましょう
  老いても人間の成熟は可能なのではないでしょうか
  

 

2章 老いを認める
・ 人間のからだは、心臓でも何でも、
  それを一時止めるのではなく、動かしながら、
  使いながら治していくというところに特徴があるのです

・ 手だけを使うのではなく、
  足も頭もつまり全身をむらなく使うことが大切です
  そうすることによって、体内の臓器も活発に働き、
  全身的な活力が発揮され、そのことが老化を防ぐのです

・ 老年になって、自らを磨くだけにとどまらず、
  おせっかいではなく、後輩への、
  また社会への「よき助言者になるこを学ぶ」、
  それがいつもできる老人になることができれば、
  たしかに悔いなく死ぬことができるでしょう

 


3章 老いても整える
・ もっとも大切なことは、
  自分で自分を管理するという生き方です

 

・ 「人生はひと言でいうば習慣である」をモットーにしています

 

・ 脳のリハビリテーション
  記憶を沈みこませないで、浮かび上がらせる、
  引き上げるようなことを家族ですれば、
  ある程度認知症が進むのを防ぐことができると私は思います

 

・ 日日是好日
  生を許された今日を、自分を生かす好き日として、
  精いっぱいまたは淡々と静かに生きる人の姿が
  この言葉に映しだされています

 


4章 老いを管理する
・ 医師によっては検査結果を過大評価し、
  いたずらに病人づくりをする者がいるという問題もあります
  私たちが、主体性なく、いわれるままにしていますと、
  生涯の間、不必要な注射を打たれ、
  飲まなくてもよい薬まで飲まされ続ける恐れさえでてきます

 

・ 高齢者の正常値は、いってみれば、
  まあこれでもすむという認容値でいいわけで、
  多少血圧が高くても
  日常生活がきちっとできれば我慢しようという数値でよいのです

 

 

≪箱入り嫁のつぶやき≫
これからも、
と本との出会いを大切にしていきたいと思います。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

 

« 魚河岸ごはん | トップページ |  冬は、厚着で体を温めるように »

読書日記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは♪

老いのための心構えになりますね。
老いても前向きに生きたいと思いました。

◆きっちゃん♪へ

おはようございます。
みんな同じように通るみち。
前向きでいたいですね(#^^#)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 魚河岸ごはん | トップページ |  冬は、厚着で体を温めるように »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ