フォト

参加しています

本が好き!

ブログ村

Amazon

« 死ぬときは死ぬ   | トップページ | もあ~っと湯気が »

脳のリハビリテーション

2021年1月20日

 

 

『いくつになっても、今日がいちばん新しい日 』より抜粋

 

 

以前、ある有名な歌舞伎役者の未亡人が、

聖路加国際病院に入院したことがあります。

 

 

私は、毎日一回病棟を回診していましたが、

あるとき、その人がこう申しました。

「先生、私が入院しているのに、

 どうして診察にこられないのですか」

 

 

「私は、昨日も一昨日もきましたよ」

「いいえ、先生はきていません。いま、はじめてです」

 

 

冗談ではなく、

本当に私が病室を訪れたという認識をもっていませんでした。

 

 

この人は、

八十歳近くになっても非常に頭脳がはっきりしていた方でした。

非常に賢い人であったのに、その人が病気にかかり、

入院すると、こんなことになるのかと私は思いました。

 

 

しかし、

この婦人がこのまま認知症になってしまうのは

あまりにも忍びないことなので、

何とかしてあげたいと考えました。

 

 

「私が、いまきたのはわかりますでしょう?

 いま、夕方の五時です。明日の朝九時にまたきますよ。

 そのとき、あなたは

 『先生、昨日の夕方五時にきましたね』といえますか 」

 

 

「もちろん、そんなこといえますよ」

そこで、私はもう一度聞きました。

 

 

「先生は昨日五時にこられた、

 そのとき明日の九時に診察にくることを約束された、

 そういえますか」 

夫人はうなずき、何回も何回もその言葉を繰り返しました。

 

 

翌朝九時、彼女のところに行くと、

顔を見るなり話しかけてきました。

「先生は、昨日五時にこられた。

そして、いままた九時にこられた 」

 

 

「そうズバリですね。では、また今日の夕方五時にきます。

 そのとき、あなたはそういえますか」

「もちろん、いえますすよ」

 

 

そして、夕方五時に彼女のところへ行きました。

「先生は九時にこられた」

 

 

「そう、あなたはよく覚えておられるな、今朝のことを。

 また、明日の朝九時にきますよ。そのときに、

 あなたはそれを覚えていて、いうことができますか」

「もちろんです」

 

 

次の朝、私は仕事のために九時に行けませんでした。

そこで、お昼すぎに行きますと、

「先生は九時といったのに九時にこられなかった」といいました。

 

 

私はそのとき、

もうこの人は一過性の物忘れから脱却したと思いました。

実際、それからはもうすんなりと元に戻りました。

 

 

このようなことが現実にあるのです。

 

 

ですから、人が骨折したとか、心筋梗塞になったか、

高熱を出して頭がもうろうとしたときに、

ああ認知症がはじまってしまったと

周囲の人や看護師・医師が思うことなく、

病室をしばしば訪れ、言葉と一緒に行為を見せて、

認知症になろうとする状態から引き離すことが大切なのです。

 

 

これを私は脳のリハビリテーションと呼ぶことにしました。

 

 

            ―中略―

 

 

このおばあちゃんは何に興味をもっているのか、

このおじいちゃんは何に関心をもっているのか、

どういう音楽が好きだったか、

その音楽を奏でるときに、

「ああ、あの曲だなぁ」とぱっと思い出させる。

 

 

記憶を沈みこませないで、浮かび上がらせる、

引き上げるようなことを家族ですれば、

ある程度認知症状が進むのを

防ぐことができると私は思います。

 

 

 

≪箱入り嫁のつぶやき≫ 
母がお世話になっている施設では、
若い頃の写真を一緒に見て話しを盛り上げたり、
○○さんは、若い頃、○○が得意だったのよ、とか
みんなで共有してくれます。

 

身近で、
ある有名な歌舞伎役者の未亡人 のようなことが起これば、
脳のリハビリテーションを実践して
認知症が進むのを防ぐことができたらいいなと思います。

 



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

 

« 死ぬときは死ぬ   | トップページ | もあ~っと湯気が »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは♪

脳のリハビリテーション、
脳は鍛えることができると言います。
それを実践できるかどうかが問題なんですね。

◆きっちゃん♪へ

おはようございます。
脳も体も鍛えていきたいですね(o^-^o)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 死ぬときは死ぬ   | トップページ | もあ~っと湯気が »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ