フォト

参加しています

本が好き!

ブログ村

Amazon

« 何でも感謝して食べて「上気元」がいい | トップページ | ヒールのカツカツ音 防止 »

『戸村飯店青春100連発』・・・瀬尾まいこ(著)

2020年12月20日

2008年3月発行・・・2020年12月15日読みました

🎀私の心に残ったこと
    戸村飯店に集まる人のすばらしいところ
    どれだけ勝手して離れていても、昔のまま迎えてくれる

 

メニューはチャーハン、ラーメンに八宝菜。
大阪の超庶民的中華料理店、戸村飯店の二人息子は、
要領も見た目もいいクールな兄・ヘイスケ(19)と、
ボケがうまく単純な弟・コウスケ(18)。
兄弟とはうまくいかぬもの、弟が恋する同級生は兄に夢中だし、
兄は長男のくせに店を継ぐ気配も見せないまま、
東京の専門学校に進学してしまう。

                          ―内容紹介より―

 

 

 

第1章
・ やっぱり兄貴はいけ好かない奴だ
  ただ、排気ガスをたっぷり吐き出して
  軽トラが走り去ったとき、寂しい
  俺は確かにそう思った

 

第2章
・ 東京と大阪は本当に違っていた
・ 大阪
  少なくても俺の住んでいた町だったら、
  道を一つ尋ねようものなら、大騒ぎになっていた
・ 東京はクールなやつが多い
  そう思ってたけど、あの町以上にけったいなやつもいる

 

第3章
・ 戸村飯店ではどんな悩みもギャグにしかならない
・ 十八歳の夏、戸村コウスケは完全にふられてしまった

 

第4章
・ 品村さんにはちゃんと冗談が通じる
  関西人は笑いにうるさいとか言うけど、
  親父だったらこういうのは通用しない
・ 品村さんは主婦でも実践していることを知らなかったりする
  でも、すっと人の意見を取り入れてしまえる人だ
・ 関西とか東京とか関係ないとか思いつつ、知らず知らずのうちに、
  関西の性根が染み付いてしまってるんやなあって思った
・ みんなに優しいのは本当に優しいのとは違う

 

第5章
・ 兄貴はこういう奴だ
  仲間で遊びに行くにも、俺を連れて行ってくれた
  一歳の年の違いは幼いときわりと大きい
・ 給食便りをまめに読んでたのは、きっと兄貴ぐらいだ
・ 家を出るために手伝いを一切しなかっただけで、
  本当は器用な人間なのだ
・ てるてる坊主を抱き上げたとたん、一気に記憶が流れ出た
  そうだ、これはてる子だ
・ ちきしょう。岡野、めっちゃかわいいやん
  ちきしょう。兄貴、やっぱ俺の何倍も賢いやん

 

第6章
・ お前が勝手にやってきて、一人で大げさに頭下げるし、
  部屋に上げるタイミング逃したんや
・ だけど、封筒を開けるときになっていたのかもしれない
  コウスケに何かを受け渡さなければいけないときが
  来たのかもしれない
・ バイト最終日
  早朝からRAKUに行って、窓ガラスやテーブルや床、
  とにかく店の全てを磨いた
・ 開店二時間前に、「なんだか胸騒ぎがしてしまった」
  と、品村さんがやってきた
  「戸村君がこういうことするだろうってさ」
・ やっぱり「出発」と「帰る」のとは違う

 

 

 

≪箱入り嫁のつぶやき≫
笑いあり涙あり、そしてなによりも温かい。
一度読んで内容はわかったのに、
ついつい何回も読んでしまいました。

1、3、5章は弟コウスケの目線から
2、4、6章は兄ヘイスケの目線から。

読めば読むほど味が出てくる、ドはまりの作品でした。

 

 



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

 

 

« 何でも感謝して食べて「上気元」がいい | トップページ | ヒールのカツカツ音 防止 »

読書日記」カテゴリの記事

コメント

面白そうだったので、さっそくkindleにダウンロードして読み始めました(^^♪
なぜか1円でした(*_*;

◆ふーちゃんさん

おもしろかったです。
関西弁いいなぁ♡

ふーちゃんkindle大丈夫なんですね。
私は悲しいかな、紙の本以外苦手です。

ブログめぐりのおかげで、
今はパソコンやスマホで文章を読むことに慣れてきましたが(^^;)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 何でも感謝して食べて「上気元」がいい | トップページ | ヒールのカツカツ音 防止 »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ