フォト

参加しています

本が好き!

ブログ村

Amazon

« 『孤独の意味も、女であることの味わいも』・・・三浦瑠麗(著) | トップページ | お月さまと日の出 »

『このあと どうしちゃおう』・・・ヨシタケシンスケ(著)

2020年12月2日

2016年4月25日発行・・・2020年12月1日読みました


🎀私の心に残ったこと
    おじいちゃんに  もう  あえないのは  さみしい
    でも  もし  てんごくがあって
    おじいちゃんの  そうぞうどおりだとしたら
    ちょっと  あんしんする
    おじいちゃんの  ノートの  おかげだ

 

 

・ こないだ  おじいちゃんが  しんじゃった

 
・ おじいちゃんのへやを  みんなで  かたづけていたら
  ベッドのしたから  ノートが  でてきた
  「このあと どうしちゃおう」と  かかれた  ノートには
  おじいちゃんの  えと  もじで  
  「じぶんが  しょうらい  しんだら
   どうなりたいか  どうしてほしいか」が
  いっぱい  かいてあった

 

・ このあとの  よてい

 

・ てんごくに  いくときの かっこう

 

・ うまれかわったら  なりたいもの

 

・ こんなかみさまに  いてほしい

 

・ てんごくってきっと  こんなところ

 

・ いじわるなアイツは  きっとこんなじごくにいく

 

・ こんなおはかを  つくってほしい

 

・ みんなをみまもっていく  ほうほう

 

・ みんなにつくってほしい  きねんひん

 

・ おじいちゃんの  ノートを  みていたら
  なんだか  ワクワクしてきて
  ぼくも  てんごくに いくのが  たのしみになってきた

 

・ でも  ちょっとまてよ  と  おもった

 

・ どっちだったんだろう 
  こわかったのかな?
  たのしみだったのかな?
  それとも  りょうほうだったのかしら

 

・ おとうさんは  いった
  「でも だれだって  いつかは  しんじゃうし
   それが  いつかなんて  わからない
   もし  じぶんが  しんじゃったら  どうなりたいか
   どうしてほしいかを  かんがえて  だれかと
   はなしあったり  ノートに  かいてみるのは
   きっと  いいことだよね」

 

・ ノートを  かってきた
  さぁ  ぼくだったら  どうしちゃおうかな

 

・ でも  じぶんが  
  しんじゃった  あとのことを  かんがえようとすると
  いまいきているうちに
  やりたいことが  いっぱい  あることに  きがついた

 

・ とりあえず  きょうは
  てんごくに  いったときのために
  そらをとぶ  れんしゅうをした

 

 

 

 

≪箱入り嫁のつぶやき≫
先日読んだ『あつかったら ぬげばいい』の話をしていたら、
次女がこの本もいいよと教えてくれました。

 

父に  もう  あえないのは  さみしい
でも  もし  てんごくがあって
おじいちゃんの  そうぞうどおりだとしたら
ちょっと  あんしんする

私の心に響いた部分です。
この絵本を読んだらなんだか私も安心♡

いじわるなアイツは  きっとこんなじごくにいく
のページは、笑っちゃいました。
子どもにもわかりやすい、地味~に嫌な作業の数々でしたから(笑)

 

今生きているうちに 
やりたいことがいっぱいあることに気がついたのは
とても良かったと思います。

そして、とりあえず今日は、天国に行った時のために
空を飛ぶ練習をした というところ。
子どもらしい(≧▽≦)

 

私は知らなかったのですが、
話題になってた絵本みたいですね。
大人にも子どもにもおすすめだと思いました。

 

 



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

« 『孤独の意味も、女であることの味わいも』・・・三浦瑠麗(著) | トップページ | お月さまと日の出 »

読書日記」カテゴリの記事

コメント

なんともステキなお話^^
私も知らなかったので、手元に置いておきたい絵本です。
私も空飛ぶ練習をしておきます(^^♪

◆ふーちゃんへ

私も手元に置いておきたいと思いました。
さすがふーちゃん、実践が早いですね♪

自分も小さい頃は青い空の上に天国があると思い、空を見上げては、天国に行ったらあの雲に乗れるのかなぁ?なんて楽しい想像ばっかりしてました。飛行機に乗ることが大好きなのは、天国気分を味わえるからです(笑)私もこの本読んでみます。ありがとうございました(*'▽')

◆モーニンググローリィさんへ

私も雲の上の乗りたい気分でいっぱい(笑)
この絵本、私にとって大ヒットでした(#^^#)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『孤独の意味も、女であることの味わいも』・・・三浦瑠麗(著) | トップページ | お月さまと日の出 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ