フォト

参加しています

本が好き!

ブログ村

Amazon

« 『新自分を磨く方法』・・・スティービー・クレオ・ダービック (著) | トップページ | 『不摂生でも病気にならない人の習慣』・・・小林弘幸(著) »

『『十八史略』に学ぶ人生の法則』・・・伊藤 肇 (著)

2020年11月13日

 

2004年8月2日発行・・・2020年11月7日読みました

🎀私の心に残ったこと
    銅を磨いて鏡とすれば、
    衣服や冠のみだれを直すことができる
    昔の歴史を鏡として、これに映してみれば、
    治乱興亡の因果を知ることができる
    またすぐれた人を鏡とすれば、
    自分の行を是非得失を知ることができる




・ 『帝王学の源流を求めて―十八史略を読む』
  と題するカセット全集にまとまったが、
  その講義録をそっくり活字にしたのがこの本である

・ 月一回ずつ、『十八史略』を朗読してみてわかったのは
  「声に出して読む」ことが、いかに大事かということだった

・ いい文章とは何か
  それは朗読できる文章のことだが “朗読”には二つの意味がある
     一つは、自分に読み聞かせることである
     一つは、他人に読み聞かせることである

 

第一章 権力者の反省
      帝力何ぞ我に有らんや
・ 『十八史略』とは、中国歴史の入門書です

 


第二章 惜福の工夫
      久しく尊名を受くるは不祥なり

 


第三章 人間の魅力
      仁を好みて学を好まざれば、其の蔽は愚
・ 実践的な学問を教えたのが『論語』なのです

 


第四章 権力者の器量
      富みては其の与うる所を視る
・ 帝王学には三つの柱があります
  第一の柱、「原理原則を教えてもらう師を持つこと」
  第二の柱、「直言してくれる側近をもつこと」
  第三の柱、「よき幕賓をもつこと」

 


第五章 直言に関する三教訓
      一国、争臣なければ殆うし

 


第六章 交友の原則
      運命は性格の中にある

 


第七章 人材の素質
      時務を識る者は俊傑に在り
・ 教養や、識見がなければ、真実は見抜けません

 


第八章 守成の時代
      古より帝王、之を安逸に失わざるは莫し

 


第九章 後継者と大番頭
      それ不才ならば君自ら取るべし

 


第十章 人生の原則
      人を以て鏡となさば、得失を知るべし

 

・ 第一級の政治家は、第一級の歴史家の資格を要求される
  さらに遠くの過去を見渡せる者は、それだけ遠くの未来を見渡せる

 

 

≪箱入り嫁のつぶやき≫
何回も借りて読んでいたらやっと頭に入ってきました(^^;)
漢字がたくさんは苦手なのですが、
スラスラ音読できるまで読み込んだら、
もっと自分のものになると思いました。

 



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

 

 

« 『新自分を磨く方法』・・・スティービー・クレオ・ダービック (著) | トップページ | 『不摂生でも病気にならない人の習慣』・・・小林弘幸(著) »

読書日記」カテゴリの記事

コメント

 「仁を好みて学を好まざれば、其の蔽は愚」。
人が二人で「仁」、仁という文字好きです♡

こんばんは♪

何か難しそうな本を読まれているんですね!
私には無理です(^_^;)
音読のほうが身につくと言いますよね。

◆ふーちゃんへ

私も『仁』好きです(#^^#)

◆きっちゃん♪へ

こんにちは。

ちょっとしたきっかけで出会ってしまった本です。
漢字が読めない、内容が頭に入らない・・・
何回借りたことか(笑)

しつこく見ていたらなんかわかってきました。
これからも借りて眺めていたら、漢字に慣れるかな(≧▽≦)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『新自分を磨く方法』・・・スティービー・クレオ・ダービック (著) | トップページ | 『不摂生でも病気にならない人の習慣』・・・小林弘幸(著) »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ