フォト

参加しています

本が好き!

ブログ村

Amazon

« 正しくはないけれど ベストな選択もある | トップページ | 自分の仕事は、自分で楽しくする。 »

『最後まで、あるがまま行く』・・・日野原 重明(著)

2020年9月23日

 

2018年3月30日発行・・・2020年9月14日読みました

🎀私の心に残ったこと
   特定の物事にとらわれることなく、
  「それはそれとして」、心を流れる水のように保つ
  

 

・ 体の痛みは最大のアラームです
・ 深夜零時になると、
  その日に日野原先生が歩いたところにいっせいに、
  きれいな花が咲くという、都市伝説
・ 家族と過ごす時間も、いつか必ず「終わり」が来る
  そう思うからこそ、今をより楽しく過ごそうと努めることもできます
・ 健康上の理由で何かできなくなっても、
  別のやり方を提案したり、車椅子からの視点を、
  実感を持って語ったりもできるのです
・ 私の人生観は変わりつつあります
  けれども、「新老人」であり続ける私の挑戦に終わりはありません
・ 体の「老化」と心の「老い」は別物です
・ 必要なのは、社会がもっと交わりの中に高齢者を入れ、
  温かい心で包み込み、高齢者に「役割」を与えることです
・ 妻に言えなかった「ごめんなさい」
・ 物静かでも強さを内に秘めていた妻に、あの朝、
  私は心細い思いをさせ、怒りという、苦しい感情を抱かせてしまった
・ その晩、妻は夫をひと言も責めず、夫も妻に謝らなかった
・ 私は日頃から、「いのちの授業」で、十歳の子どもたちに
  「いのちという、それぞれに与えられた時間を、
  自分以外の誰かのために使って欲しい」と呼びかけているので、
  なおさら自分自身が範を示さなくてはなりません
・ 私のエッセイは、私の全力疾走の様子を
  読者の皆様に報告する形で、今日まで続いてきました

 

 


・ 先生は富士山みたいな人
  近くで見ると、誰よりまず自分に厳しく、
  他者の仕事に求める水準も高い
  岩のように地道な毎日を積み重ねていた  
          (元病院職員の斎藤さん)  

・ 生前、日野原さんは
  「天国に行ったら、私は神の宴の大きなテーブルに着く
   私の席は、静子の隣」と語っていたという
  夫婦はゆるしあえたのだろうか

 

 

 

≪箱入り嫁のつぶやき≫
夫も妻に謝らなかった   
日野原先生が!?と意外な一面発見でした。

その晩、妻は夫をひと言も責めず、夫も妻に謝らなかった
素敵な奥様です。

 

きっと並んで座られてお話が弾んでいることでしょう。

 

 



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

« 正しくはないけれど ベストな選択もある | トップページ | 自分の仕事は、自分で楽しくする。 »

読書日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 正しくはないけれど ベストな選択もある | トップページ | 自分の仕事は、自分で楽しくする。 »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ