フォト

参加しています

本が好き!

ブログ村

Amazon

« 自分の仕事は、自分で楽しくする。 | トップページ | トンボ・・・どうしたんだろう »

『本を読めなくなった人のための読書論』・・・若松英輔(著)

2020年9月25日

 

2019年10月7日発行・・・2020年9月16日読みました


🎀私の心に残ったこと
    誰とも競争せず誰かに何かを誇るためでもなく、
    ただ、自分のなかにある「切なるもの」を愛しむのです
   

 

 

・ 読書は、「ひとり」であることと、対話が同時に実現している、
  とても不思議な出来事なのです

・ 読めないときは、読まなくていい

・ 言葉はしばしば薬草にもなります
  それはまるで、漢方薬のようなものです
  私たちの心の中にあって、気がつかなかった傷を癒し、
  生命力を回復させることもあります

・ ここで提案したいのは、
  「最初から読む」のではなく、
  「好きなところから読む」、
  さらに「気になったところを書き写す」ことなのです

・ 本と言う言葉の果実の一部をしぼって「ジュース」にする
  つまり、「引用」をするのです

・ 「読む」のではなく、「眺める」
  まるで、画集や写真を手にするときのように眺めるのです

・ 「あたま」で理解するのではなく、
  「こころ」で言葉の風景を感じるのです
  そうすると、気になる言葉が浮かび上がってきます

・ 私たちは言葉を書くとき、その言葉を同時に読んでいるのです


・ 読書で大切なのは「肌感覚」なのです

・ 読書でも試していただきたいのは「ゆっくり」読むことです
  「ゆったり」といった方がよいのかもしれません

・ まず、準備するべきは
  「ひとり」の場所と「ひとり」の空間です




 

≪箱入り嫁のつぶやき≫
「気になったところを書き写す」 のが好きです。
本1冊につき大学ノート1ページと決めているのですが、
引用が多くなったときは、、削って削って更新しています。

時間を置いて読んだら、
同じ本でも書き写すところが違ってくるかもしれません。
それも成長した証として面白いなと思います。

読みたい本が手元にたくさんあるのに、
読めなくなっていく自分に焦りを感じて
この本に飛びつきました。
「ひとり」の場所と「ひとり」の空間、大切にしようと思います。

 



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

 

 

« 自分の仕事は、自分で楽しくする。 | トップページ | トンボ・・・どうしたんだろう »

読書日記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは♪

私が読んでいるのはミステリーなのて゛
無理のようですね^^;

◆きっちゃん♪へ

おはようございます。
私、小説とかだと登場人物の名前書きます。
たくさん出てくるとおぼえられないから(^^;)
外国のは特にね💧

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 自分の仕事は、自分で楽しくする。 | トップページ | トンボ・・・どうしたんだろう »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ