フォト

参加しています

本が好き!

ブログ村

Amazon

« 幸福は直接知らない人にまで影響します | トップページ | 『センス・オブ・ワンダー』・・・レイチェル・L. カーソン(著) »

『錯覚の法則』・・・西田 文郎 (著)

2020年1月19日

 

2015年12月20日発行・・・2020年1月15日読みました


💠私の心に残ったこと
    脳は、
    言葉 イメージ ボディランゲージ
    の3つでいとも簡単に操れる

 

・ パソコンでたとえてみると、
  「否定的」なディスクを一度取り出し、
  「肯定的」なディスクを新たに入れるだけで、よいということ
・ ポイントは、「不快」になったときに、
  瞬時に「快」に切り替えられる脳をつくれるかということ

 


・ そのために有効なのが、「言葉」「イメージ」「ボディランゲージ」
  ①言葉
   感情脳が「不快」に振れたときに、肯定的な言葉を発すると効果的です
   私の場合は「ありがたい」という言葉
  ②イメージ
   試合前に、肯定的な、嘘の記憶データを脳にインプットすることで、
   少々のミスがあっても、瞬時に「肯定的錯覚」をすることができます
  ③ボディランゲージ
   感情脳が「不快」になったときに、
   切り替える動作をひとつ決めておくと有効的です
   私の場合は、「なし!」と指をパチンと鳴らすようにしています

 

・ 「脳は一度でも『それが正しい』と決めてしまうと、
  それ以外の見方ができなくなる傾向がある」
  という事実を覚えておいてぐださい
・ 成功するのは間違いなく「運がいい」と思っている人です
・ 運気を上げたいと思うのならば、
  決して脳のなかに敵をつくってはいけません
・ 敵がいるのだとしたら、それはすべて悪い錯覚だと考えてください
・ 脳は超スーパーコンピューターなので、
  錯覚しているとおりの現実をつくり上げていきます
・ 良い錯覚は良い実を結ぶ

 

 

≪箱入り嫁のつぶやき≫
自分に合う、言葉 イメージ ボディランゲージ をつくり、
脳を良い錯覚で満たしたいと思います(#^^#)



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

 

 

« 幸福は直接知らない人にまで影響します | トップページ | 『センス・オブ・ワンダー』・・・レイチェル・L. カーソン(著) »

読書日記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは♪

切り替える動作、
早速考えたいと思います(*^-^*)

■きっちゃん♪さん
こんにちは。

自分の切り替え動作を忘れないよう、練習中です(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 幸福は直接知らない人にまで影響します | トップページ | 『センス・オブ・ワンダー』・・・レイチェル・L. カーソン(著) »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

無料ブログはココログ