フォト

参加しています

本が好き!

ブログ村

Amazon

« 腸と調子 | トップページ | 今年はどうした? »

『医者の本音』・・・中山 祐次郎 (著)

2019年9月1日

 

 

2018年8月15日発行・・・2019年8月31日読みました

【目次】
第1章 医者の本音
      その一言に込められた真意

第2章 医者は言わない 薬・手術の本当のところ
第3章 病院の本音
      患者の都合 医者の都合

第4章 医者のお金と恋愛
      その収支明細と私生活

第5章  タブーとしての「死」と「老い」
      人のいのちは本当に平等か?



💠私の心に残ったこと
    死をコントロールすることは、医師にもできません

・ なぜ外科医をやりながら、記事を書くのか
  閉じた医療業界に風穴をあけたいから 
・ この本が、患者さんと医者の関係を
   「同じ病気に立ち向かうパートナー」へと変える
  第一歩になれば、これほどうれしいことはありません


・ 風邪にはお薬ではなく栄養と休養が一番です
・ 医者として「大丈夫!」と言い切るには、
  いつもためらいと後ろめたさがつきまといます
・ 医者は、病名を当てることではなく、患者さんのつらい状態が
  少しでもよくなることを目的に診療をします
・ コミュニケーション能力が低い医者は、医者としての能力が低い
・ 医者がかかりたくない医者4つの条件
    〇話を聞かない医者、話を遮る医者
    〇白衣がヨレヨレな医者
    〇看護師や若手医師に異常に高圧的な医者
    〇「わからない」と言えない医者
・ たくさん薬を出しても病院は儲からない
・ 医者も病院も、厚生労働省の指示に
  ほぼ間違いなく従う構造になっているのです
・ 今現在で現実的な医者選びとしては、
    〇まずかかってみる だいぶ変だったらすぐ医者を変える
    〇相性が悪いと感じたら、そのときも変える
    〇基本的に自宅からアクセスの良い病院を選ぶ
・ まずは、「がんを完全に予防する方法はない」ということです
・ あなたの生命や健康は、思うようにはコントロールすることができない
・ 「突然不条理にやってくるだろう死の瞬間まで、どう生きるか」
  を考えたいと思うのです 
・ あなたは死ぬのです、必ず  しかもいつか突然に
  ⇒ぜひ、やりたいことをやってください

 

・ 冷たい?いつも?もしかして患者さんもそう思っているのだろうか?
  私の想像よりはるか大きい溝が、患者さんと医者の間にはあるのか?
・ 医者は聖人ではないし、何でも知っているわけではない
  しかし、誰よりも患者さんを思っている
  本書にはそんなことを書きました

 

 

 

≪箱入り嫁のつぶやき≫
元気じゃないと大きな病院には行けない。
長い待ち時間に耐えるくらいなら家でゆっくり寝ていたい。
緊急を要する以外、病院には行きたくない!

そんな私が理解できるよう書かれていたのでよかったです。
どこにでも信頼できる人とそうでない人はいるもので、
自分で考え、選択していかなければと思いました。






にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

 

 

« 腸と調子 | トップページ | 今年はどうした? »

読書日記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは♪

そうですよね…
できるだけ行かないで済ませたいです。

◆きっちゃん♪へ

私、病院きらい(笑)
好きなヒトはいないでしょうね(^^;)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 腸と調子 | トップページ | 今年はどうした? »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ