フォト

参加しています

本が好き!

ブログ村

Amazon

« 『視力アップ!イメージング・アイ―ジョイ石井のイメージングメソッド』・・・ジョイ石井  古沢 昇 | トップページ | 水で消せるチャコペン »

『世界の最新医学が証明した究極の疲れないカラダ』・・・仲野広倫(著)

2019年6月13日

 

2017年6月30日発行・・・2019年6月7日読みました

【目次】
第1章世界の最新医療が解き明かす疲労の正体
第2章日常の動作だけでカラダは疲れてしまう
第3章疲れないカラダを手に入れるたった1つの方法
第4章正しいカラダの使い方&機能運動性回復エクササイズ
第5章ちょっとヘンな日本人の健康常識

💠私の心に残ったこと
    機能運動性を高めれば、究極のカラダが手に入る
   ★片足立ち筋肉リリース
      (1日3セット、毎日行う)

   ★椅子スクワット
      (両足10回、片足10回×3セット 
推奨3日おき)

 

・ なぜ機能障害が起こるかと言えば、
  カラダのキャパシティ(機能運動性) が足りないからです
・ 機能運動性とは柔軟性(関節の可動域)、
  安定性(筋肉の強さ)、バランス(動きの協調性)の総合得点で、
  カラダを動かしたいように動かせる能力です
・ ①軟部組織のリリースをする
  ②カラダの正しい使い方を知る
  ③足腰の強さとバランス感覚をつける
  こうして一生動ける疲れないカラダが手に入ります
・ 筋肉を治療するとカラダの回復が早まる
・ 動かないからカラダの調子が悪くなる
・ 急性の激しい痛み以外は動いたほうがラクになります
・ ストレッチ効果より、しっかりとをおこない瞑想すれば、
  精神的にも肉体的にもリラックスする時間になるでしょう

〈ちょっとヘンな日本人の健康常識〉
・ 腰を痛めてしまった人に適切なリハビリは、
  常日頃から腹式呼吸を心がける
・ 長年運動をしていなかった人が
  骨粗鬆症の予防として始めるべき運動は、重りを持った筋トレ
・ 足腰を強くするために、
  身につけたほうがいい習慣は、週に2回スクワット
・ 太ったカラダを引き締めるために最適なダイエット法は、
  肉、魚をしっかり摂りながら運動する

 

≪箱入り嫁のつぶやき≫
大切なのは、機能運動性を高めること。
そのためには、『片足立ち筋肉リリース』と『椅子スクワット』。
とても簡単な動作な
ので、生活の中にうまく位置付けられたら
無意識で続けられると思いました。

ちょっとヘンな日本人の健康常識は、興味深いものがありました。

 





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

 

 

 

« 『視力アップ!イメージング・アイ―ジョイ石井のイメージングメソッド』・・・ジョイ石井  古沢 昇 | トップページ | 水で消せるチャコペン »

3.読書日記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは♪

最近また右ひざが少し痛みます。
それが歩いていると痛みがましになりました。

◆きっちゃん♪へ

こんばんは。
〈ちょっとヘンな日本人の健康常識〉の部分、
質問形式だったのですが、
新しい考えだなぁと思うのがありました。

昔の常識が今の非常識だったりしますものね(^^;)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『視力アップ!イメージング・アイ―ジョイ石井のイメージングメソッド』・・・ジョイ石井  古沢 昇 | トップページ | 水で消せるチャコペン »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ