フォト

参加しています

本が好き!

ブログ村

Amazon

« 『毎日が幸せだったら、毎日は幸せと言えるだろうか?』・・・さとうみつろう(著) | トップページ | お酒を飲む時に一緒に水を飲む »

『だいじょうぶだよ―ぼくのおばあちゃん―』・・・長谷川 和夫 (著)

2019年2月13日




2018年10月15日発行・・・2019年2月10日読みました

 私の心に残ったこと
★多くの人が長生きをするようになって、
   認知症の人も増えてくることが予測されます
   家族の皆さんだけでなく、これからは地域の人たちと共に、
   認知症の人が安心して暮らせるよう、
   絆を大切にした社会を目指していきたいものです



みんなで  ばんごはんを  たべていたら、

「みなさんは どなたですか?

みなさんが  だれか  わからなくて・・・」

とつぜん  おばあちゃんが  こまったかおで  いったんだ。

パパと  おねえちゃんは  びっくり。

ママは  シクシク  なきだして  みんな  シーンと  なっちゃった。




でも  ぼくが、

「おばあちゃん、  おばあちゃんは  ぼくの  おばあちゃんだよ。

おばあちゃんが  わからなくても、

ぼくも  ママも  パパも  おねえちゃんも

みーんな  おばあちゃんのことを  よーく  しっているから

だいじょうぶだよ。  しんぱいないよ、  おばあちゃん!」

っていったら、

「そうなの?

みんな  わたしのことを  しっているのね?

あーっ  よかった!」

おばあちゃんは  ほっとしたかおで  わらったんだ。




これからも  ぼくは  おばあちゃんの  そばに  いるよ。

だから  あんしんしてね。

だいじょうぶだよ、  おばあちゃん!!




≪箱入り嫁のつぶやき≫

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

僕が認知症になって気づいたこと 

  日本の認知症診療の第一人者、長谷川和夫(はせがわ・かずお)さん。
  これまで数千人の患者を診察してきました。
  その長谷川さんが、みずから認知症になったことを公表。

                [中略]

長谷川和夫さん

「(認知症になっても)突然として別の人間になるとは思わない。
正常の人と接するような接し方をしてもらいたい。
そうしていただくことで、認知症の人は安定した気持ちになれる。」

桑子

「いつも通りに接する。
まさに、あの絵本の中の男の子の接し方ですよね。」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この番組を見て、絵本を知りました。
とてもやさしい絵本です。
私の母も認知症。
話していて時々、違う次元にいってるな思うことがあります。
でも、いつも通りに接する。 
長谷川医師とこの絵本から学んだことです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

         

« 『毎日が幸せだったら、毎日は幸せと言えるだろうか?』・・・さとうみつろう(著) | トップページ | お酒を飲む時に一緒に水を飲む »

3.読書日記」カテゴリの記事

コメント

認知症は他人事じゃないよね(・・;)

  みゆきんさんへ

そうだね。
認知症診療の第一人者である長谷川医師が発症って・・・。

確かにやさしい言葉の中に、大切なことが込められている絵本ですね^^
機会あるごとに読み聞かせたいと思います。
教えてくださってありがとう(*^-^)

  ふーちゃんへ

だーいすきな ぼくの おばあちゃん。
から始まります。

テレビでインタビーにこたえていらした長谷川医師の気持ち、
認知症で不安を抱えていらっしゃる方たち、そして母。
この絵本の中にはたくさんの人たちがいました。

その人の目を見て、微笑んで、寄り添って、ゆっくり話を聞く。
みんなに笑顔がもどりますように

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 『毎日が幸せだったら、毎日は幸せと言えるだろうか?』・・・さとうみつろう(著) | トップページ | お酒を飲む時に一緒に水を飲む »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ