フォト

参加しています

本が好き!

ブログ村

Amazon

« 笑った!いや笑えないか? | トップページ |  「電池人間」と「磁石人間」    »

『病気を治す! 命の新・野菜スープ』・・・高橋 弘 (監修)

2019年2月8日




2013年10月28日発行・・・2019年2月5日読みました

 私の心に残ったこと
★「ファイトケミカル」が病気に克つ!


・ キャベツ、かぼちゃ、玉ねぎ、にんじんを煮出したスープは、 
    野菜ジュースに比べ、約100倍の抗酸化力

・ 4つの野菜が持つ驚異の健康パワー
    〇生活習慣病予防
    〇がん撃退
    〇脂肪肝改善
    〇抗酸化
    〇減量効果
    〇免疫力増強
    〇若返り効果

・ 基本の野菜スープの作り方
    【材料】
      キャベツ かぼちゃ 玉ねぎ にんじん   各100g
    【作り方】
      ①キャベツ、かぼちゃ、玉ねぎ、にんじんをよく洗い、
        食べやすい大きさに切る。
        玉ねぎ以外の野菜は皮をむかない。
      ②ふたがしっかり締まる鍋 (できればホーローの鍋)に、
        ①をいれる。
      ③ひたひたになるまで水(分量外)をそそぎ、
         強火にかけ(約10分)、沸騰したらふたをしめる。
      ④弱火にして、さらに約20分煮る。

・ 大切なのはスープを飲むこと!

・ Point
   ①食塩や調味料などは基本的に加えない
   ②ふたがしっかりしまる鍋を使う
   ③野菜は皮ごと使う

・ 飲み方の基本
   ①食事の最初にスープを飲む
   ②基本は朝1杯、夜2杯⇒1日600㎖が目安

・ 野菜スープはたくさん作って、冷蔵または冷凍保存できます
   なかでも冷凍保存は、
   ファイトケミカルの成分がより濃くなるのでおすすめ

・ 野菜スープのアレンジ法

・ 具の食べ方のアレンジ法

・ にんじんの葉を煎じたものは、
  生のジュースの1万倍の抗酸化力があります

・ ファイトケミカルは加熱してとる!

・ 健康になる食べ方 
 副菜主菜主食



 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
病気が治る 健康長寿の10カ条
その 1 GI値の低い食べものをとる
その 2 特定の野菜や果物に期待しすぎない
その 3 食べる順番に気をつける
その 4 エンプティカロリーはなるべく避ける
その 5 意識して水をたくさん飲む
その 6 鉄分を過剰に摂取しない
その 7 塩分を控えめにする
その 8 サプリメントではなく野菜や果物をたくさんとる
その 9 カルシウムは野菜から
その10 デザイナーフーズを積極的にとる
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~







≪箱入り嫁のつぶやき≫
2016年12月からベジブロスを作り、
それでスープを作って毎朝飲んでいます。
この野菜スープも簡単なので作ってみようと思います。

〇野菜ジュースに比べ、約100倍の抗酸化力
〇にんじんの葉を煎じたものは、
  生のジュースの1万倍の抗酸化力
にはびっくりです
ベジブロスも3~4日で使い切りたいので、
日を超しそうなときは、小分けして冷凍しています。
〇冷凍保存は、
ファイトケミカルの成分がより濃くなるのでおすすめ
というのを知り、とてもうれしくなりました。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

         

« 笑った!いや笑えないか? | トップページ |  「電池人間」と「磁石人間」    »

読書日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『病気を治す! 命の新・野菜スープ』・・・高橋 弘 (監修):

« 笑った!いや笑えないか? | トップページ |  「電池人間」と「磁石人間」    »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

無料ブログはココログ