フォト

参加しています

本が好き!

ブログ村

Amazon

« 『魂でもいいから、そばにいて』・・・奥野 修司(著) | トップページ | 【264】エアコン掃除にアクリル棒 »

『カマタノコトバ』・・・鎌田實(著)

2018年8月9日




2017年6月7日発行・・・2018年8月5日読みました

pen 私の心に残ったこと
★ そう来たか、人生!
   そんな、現実いまを面白がれる人でいたい

・ はずれクジを握りしめていると、
   知らないうちに「あたり」と字が変わることがある
・ つらいときほど、日常を丁寧に生きる
   そこに小さな幸せを感じるんだ
   ⇒今、Hさんのがんは完治に近い
・ 汗をかくと、心が少し元気になる
・ がんと感染症では同じ病といっても、防御する仕組みが異なる
   ⇒風邪をひいたり肺炎になった際には、
    がんばりつづけることが大事になる
     交感神経が刺激されると、
      顆粒球が増加して細胞に対する抵抗力が高まるためだ
   ⇒がんと闘うときは副交感神経を刺激しよう
     がんを抑制するリンパ球が増える
・ 「楽観力」は生きるパワーになる
   ⇒余命3ヵ月の宣告からほぼ4年を行きぬいた (田部井淳子さんのこと
・ 自らの悲しみや絶望は、閉じ込めないで「物語る」ことが大事
・ 「死」を受け止められるようになると、生きることが楽になる
・ 治療の選択肢は、違っていい
   自分らしさを貫いている人は眩しいのだ
・ 最後は自分のジャッジで自分の選んだ
   自分の人生を全うすることがいちばん大切なのだ
・ くらべない生き方をすると、生きるのがおしゃれになるよ (藤村俊二さんのこと
・ 運のいい人は「不運」を受け入れて不運の中でチャンスを探す
・ 「ひとり暮らしで人知れず亡くなっていた」という話も耳にする
   ⇒でも、ひとりで死ぬのも悪くないと、ぼくは思っている
・ 今、世界中で生きているすべての人の「お母さん」は、
   十数万年前のアフリカにいたひとりの女性につながっている
   ⇒この女性は「ミトコンドリア・イブ」と名づけられた
・ 「にもかかわらず」って生き方はカッコいい


≪箱入り嫁のつぶやき≫
はずれクジを握りしめていると、
知らないうちに「あたり」と字が変わることがある

こういうフレーズ好きです。

顆粒球リンパ球のお話し、
「ミトコンドリア・イブ」のお話し、興味深かったです。

私も、「にもかかわらず」って生き方 目指したいと思います。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

« 『魂でもいいから、そばにいて』・・・奥野 修司(著) | トップページ | 【264】エアコン掃除にアクリル棒 »

3.読書日記」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
一つ一つの言葉がしみます
箱入り嫁さん
ありがとう
今日も頑張ります

cherry  お天気ママさんへ

こんにちは。

毎日、『言葉』に救われている私です(#^^#)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520427/74004152

この記事へのトラックバック一覧です: 『カマタノコトバ』・・・鎌田實(著):

« 『魂でもいいから、そばにいて』・・・奥野 修司(著) | トップページ | 【264】エアコン掃除にアクリル棒 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ