フォト

参加しています

本が好き!

ブログ村

Amazon

« ダイナミックな物語(ストーリー) | トップページ | 『カマタノコトバ』・・・鎌田實(著) »

『魂でもいいから、そばにいて』・・・奥野 修司(著)

2018年8月8日




2017年2月25日発行・・・2018年8月5日読みました

pen 私の心に残ったこと
事実であるかもしれないし、事実でないかもしれないが、
   確実なのは、不思議な体験をした当事者にとって、
   それは「事実」であるということである

・ それにしても、1995年の阪神・淡路大震災のときは、
   霊的体験などそれほど語られなかったのに、
   日本大震災ではなぜ多いのだろうか
・ たとえ死者であっても、大切な人と再会できて怖いと思う人はいない
・ 面白いのは、電波と霊体験に親和性でもあるのか、
   携帯電話にまつわる話が多いことだ
・ 人は物語を生きる動物である
・ 「やっと聞いてもらえてほっとしたわ」 「家族でも信じてくれないんです」
   と何度言われたことか
・ 岡部さんが、亡くなる数ヶ月前にこう言ったことがある
   ⇒大自然という大海の中に論理という網を投げて、
      引っ掛かってきたものが科学的成果で、
      大半の水は科学という網目からはこぼれ落ちるんだと
      物理学者の中谷宇吉郎は言ったが、
      そういう科学の限界点を知れば、
      お迎え(霊)が存在しないなんて恥ずかしくて言えないはずだ
・ 僕は、不思議な体験をした方とは最低でも3回は会うことにしていた
   ⇒人は物語を生きる動物であると書いたように、
       その物語がどう変化するかを確かめたかったからだ
   ⇒人は物語を生きる動物だが、その物語はけっして不変ではない
・ 困ったのは、これが“ノンフィクション”として成り立つのかどうかということだった
   ⇒不思議な体験が真実かどうかはすべて語られる言葉の中にある
・ 「冬の旅」がないのは、今後もこの旅は続き、
   「冬の旅」として完結させたいという気持ちがあるからである



≪箱入り嫁のつぶやき≫
あ~こんな不思議なこともあるんだとびっくりすると同時に、
他人には言わないけれど、
私にも不思議体験がいろいろあるので、これらは真実と受け取りました。

事実であるかもしれないし、事実でないかもしれないが、
確実なのは、不思議な体験をした当事者にとって、
それは「事実」であるということである
この本で紹介された方々は、皆さん救われています。
私も不思議な体験で救われてきました。


春、夏、秋の旅と続き、どうして冬の旅がないの?と思ったら
この旅はまだまだ続くようです。
亡くなった家族や恋人との不思議な体験を
語ってくれる人を探すのはけっこう骨が折れた 
と書かれていたので、
「冬の旅」も大変だと思いますが、静かに待ちたいと思いました。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

« ダイナミックな物語(ストーリー) | トップページ | 『カマタノコトバ』・・・鎌田實(著) »

3.読書日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520427/73997292

この記事へのトラックバック一覧です: 『魂でもいいから、そばにいて』・・・奥野 修司(著):

« ダイナミックな物語(ストーリー) | トップページ | 『カマタノコトバ』・・・鎌田實(著) »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ