フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« 『ほぉ…、ここが ちきゅうの ほいくえんか』・・・てぃ先生 (著) | トップページ | あれほど手ごわかった相手が »

『ハンバーガグー!』・・・てぃ先生 (著)

2017年5月8日



2016年10月5日発行・・・2017年5月4日読みました
フォロワー39万人超!!!
保育園児とのやりとりが“かわいすぎる! "と話題の
てぃ先生、2年ぶり待望の新刊はハートフルなエピソード集!
                         ――内容紹介より――

pen 私の心に残ったこと
★ときには『子ども』でありながら『立派な人間』なのだと、
  尊敬を覚えることすらありました

・ 叱るときは一瞬! 褒めるときは長々と!
・ ご飯は残してもいい
   ⇒「無理しなくていいんだ」 「先生は(パパやママは)ちゃんと認めてくれる」
       という子どもにとっての逃げ道を作っておいてあげることも、大事なこと
・ 一瞬一瞬を大切に、あとで後悔をしないような保育を
   ⇒「あのとき、もっとたくさんトントンしてあげたかった」
       そう思っても、もうそのときには戻れません
・ 子どもの「何で?」に必要なこと
   ⇒すべての質問に対して必ず「ど真面目に答えなくてはならない」
       なんていう必要はありません
        その子が納得しそうなこと、その子が求めていそうな答えを言う
・ 優しさの裏には我慢があります
   自分が使っていたものを素直に人へ譲ることは難しいのです
   ⇒その後のフォローをすることが大切、僕はそう思っています
・ 子どもにとって『あと3回』というのは踏ん切りがつきやすい数字なのだと思います
・ 12月の次はお正月  僕も使ってみようと思います
・ 子どもに、必要な要件だけを伝えて理解してもらうのはとても難しいです
   まずは、話が自然と耳に入る雰囲気を作ることが大切で、
   そのあとに伝えたいことを話せばとてもスムーズ
    ⇒手遊びや素話や読み聞かせなど、
      ほかにも手段はいろいろありますが、歌は特にオススメです
・ 子どもの行動をうまく切り替えるたったひとつの方法
   ⇒子どもが「やりたい!」と思っていることを別の形でやらせてあげる
   ⇒「先生はここから動かないでとっても早く走れるよ!」
       と言ってその場で全力駆け足をして見せます
       すると、子どもは真似をします   走れますし、体を動かせます
・ 成長は早い、遅いだけじゃない ただ違うだけ


≪箱入り嫁のつぶやき≫
前作にひき続き、楽しいエピソード満載でおもしろかったです。
子どもの発想って、楽しくほっこりします。
まぁ可愛いだけでなく、
大人の思うようには行動してくれなくて大変なことも多いと思いますが(^_^;)

子どもの行動をうまく切り替えるたったひとつの方法
これ、今度試してみようと思います。
4月に3歳になったばかりの孫を相手に、
読んだ本の内容を試すのが最近のマイブームです。
上手に気持ちを切り替えることができた時は、
やったぁ~と心の中でガッツポーズです(笑)



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

            

« 『ほぉ…、ここが ちきゅうの ほいくえんか』・・・てぃ先生 (著) | トップページ | あれほど手ごわかった相手が »

3.読書日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520427/70490359

この記事へのトラックバック一覧です: 『ハンバーガグー!』・・・てぃ先生 (著):

« 『ほぉ…、ここが ちきゅうの ほいくえんか』・・・てぃ先生 (著) | トップページ | あれほど手ごわかった相手が »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログ村

最近のトラックバック