フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« どんな意識でいるかは 自分で選ぼう | トップページ | 『メンタリストDaiGoの心を強くする300の言葉』・・・メンタリスト DaiGo(著) »

『脳神経外科医が教える病気にならない神経クリーニング』・・・工藤千秋 (著)

2017年4月6日



2016年9月20日発行・・・2017年3月28日読みました
pen 私の心に残ったこと
「顔もみ」と「姿勢正し」、この2つが神経若返りの2本柱です

・ 私が開発した2つのクリーニング法で神経はどんどん若返ります
   ⇒「動作」がスムーズになります
   ⇒自律神経や脳にも良い影響が出て、ひいては血管まで自然に元気になるのです
・ 若い神経を手に入れるには、いまある神経を磨かないといけない
   ⇒この事実から、老化した神経を若返らせることを、
       私は「神経クリーニング」と名づけました
・ 神経が若返るとどんな良いことがあるのか、一部を並べてみましょう
  〇 痛みが消えて、体を動かすことが苦でなくなる!
  〇 肩こり、首痛、ひざ痛、腰痛が治る!
  〇 高血圧・高血糖改善!
  〇 しつこい頭痛もたちまち消える!
  〇 便秘が治って、いつでもお腹快調!
  〇 目の疲れも取れて、視力が回復する!
  〇 耳鳴りが良くなって、「ピー」「キーン」とい音が消える!
  〇 脳が元気になり、記憶力が向上して認知症も遠ざかる!
  〇 むくみやしびれ、ふるえも解消!
  〇 悩みやイライラが消え、やる気・意欲がよみがえる!  などなど

・ どの神経クリーニングも「1日〇回まで」という制限はなく、
   やった分だけ神経は若返ります
   体を傷めないよう、無理のない範囲で実践してください
・ 基本のクリーニンク法
  ⇒① 「顔つまみ」神経クリーニング法
     ② 「あご引き・胸出し」神経クリーニング法
・ 「五感」と「姿勢」、この2つを意識すれば、
   いつもの毎日が「神経が若返る生活」に大変身する
・ 日々の生活のなかでだれもがおこなっている11の習慣を取り上げ、
   どうすれば少しでも効率良く「五感を刺激する」「姿勢を正す」という
   2つのキーワードを日常のなかで実践できるのか解説していきます
   ⇒自分ができそうなことから気軽に取り組んでみてください
  【1】 朝30秒「歯茎」を磨く
  【2】 お風呂に入ったら「3点シャワー」する――顔・手・足裏
  【3】 耳かきで「前後」を刺激する
      ――耳の穴の前側は三叉神経・後ろ側は舌咽神経
  【4】 トイレのなかで「考える人」になる
      ――10秒「考える人」、背中を伸ばして5秒「考えない人」
  【5】 「家の通り道」を片づける――掃除
  【6】 洗濯・料理は「かかと立ち」でする
   【7】 買い物のときは「50円玉」を使う
      ――もっとも探しづらい硬貨を積極的に使う
   【8】 「でこぼこ散歩」する
      ――バランス感覚鍛え、1、2、1、2、の「つぶやき」で聴覚刺激
  【9】 「ハンパ」に読書する
      ――30分集中して読んだら、本を閉じて1分間の空想タイムをつくる
  【10】 口に入れる直前に「深呼吸」する
      ――酸素と匂いを取り込み神経に栄養
  【11】 寝るときは「3つの山」をつくる
      ――ひざ下に座布団、腰の下にまるめたバスタオル、
          低めの枕を深く入れて、首がまっすぐ伸びた状態に

・ 「話す」という言葉の力
・ 心と神経に効く「笑う生活」


≪箱入り嫁のつぶやき≫
神経が若返るといいことがたくさん!
若い神経を手に入れるには、いまある神経を磨かないといけないそうです。
普段の生活に取り込んで継続していきたいと思います。

『顔もみ』『姿勢』『話す』『笑う』 がキーワード。

顔もみというのは意識して時間をとってやらなければなりませんが・・・、
といっても、30秒を3セットですから、やろうと思えばいつでもできます。
テレビを見ながら、お風呂で湯船につかりながら・・・これなら毎日できそうです。

↓こちらに、基本の「顔をもむ」「姿勢を正す」が、わかりやすく書かれています。

体がよみがえる!「神経クリーニング」





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

« どんな意識でいるかは 自分で選ぼう | トップページ | 『メンタリストDaiGoの心を強くする300の言葉』・・・メンタリスト DaiGo(著) »

3.読書日記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは♪

神経、若返らせたいです~
できることからやってみたいですね。

cherry  きっちゃん♪へ

姿勢正しは、
かかと→お尻→背中→後頭部の4点を順に、
ぴったり壁につけて立つのですが・・・
私は普段からこういう姿勢でいるような気がします(≧∇≦)

今晩は~~~~

吾輩も日々の運動をしなくてはいけないのですが・・・・

いざ・・・ともなるとなかなか出来ないものなんですよ~~~~

最近はテレビ等でも、いろんな体操の効果を紹介していますが

その時はするのですが、日が経つと止めてしまっている・・・・てことが多いよな~~

少しづつ・・・ 30秒の歯茎を磨く…とも有りましたが・・・・・、

確かに簡単な事なんだよね~~~

今度こそ・・・やるぞ~~~ですが、真剣に考えないとな~~~(苦笑)

cherry   タケちゃんマンさんへ

こんにちは。

続けるって難しいですよね。
条件反射で体が動くような方法をみつけなくちゃいけませんね(^_^;)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520427/70101246

この記事へのトラックバック一覧です: 『脳神経外科医が教える病気にならない神経クリーニング』・・・工藤千秋 (著):

« どんな意識でいるかは 自分で選ぼう | トップページ | 『メンタリストDaiGoの心を強くする300の言葉』・・・メンタリスト DaiGo(著) »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログ村

最近のトラックバック