フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« 『 フランス人の40歳からの生きる姿勢』・・・ミレイユ・ジュリアーノ(著) | トップページ | 『生きるチカラ』・・・植島啓司 (著) »

『脳を最適化する』・・・アルバロ・フェルナンデス (著), エルコノン・ゴールドバーグ (著), パスカル・マイケロン (著)

2017年4月11日



2015年11月2日発行・・・2017年4月7日読みました
pen 私の心に残ったこと
★あなたの健康は、脳の健康とともに始まり、終わる

・ 質がよい睡眠はとても大切です
・ 運動を続けることが認知力を高める
   ⇒有酸素エクササイズは取り組んだほうがよいライフスタイルのひとつ
・ ほどほどの飲酒であれば、脳の血管システムを保護するだけでなく、
   脳卒中を防ぐ効果があり、その結果、よりよい認知力を保ち、
   認知症になるリスクを減らすことへとつながっていく
・ 健康的な人が、
   安全かつ効果的に認知力を向上させるサプリメントは確認されていない
   ふだんの食のあり方がなによりも大切だ
・ 教育、職業、レジャーなどを通じ、メンタルに刺激を受け続ける人生を送った人は、
   アルツハイマー病になるリスクを減らすことができます
・ これから出会う人が、あなたの脳を変える
・ 脳をクロス・トレーニングすると目的の認知力以外にも好影響を及ぼす
・ この本で得た包括的な知識体系を背景に、
   たくさんの選択肢のなかからベストと思われるトレーニング方法を選ぶことだ

・ ブレインフィットネスに関する55の需要事項 ――P.322~329――
   ◇ 3つの事実
  ◇ 洗練された情報の受け手になるための7項
  ◇ 脳と身体エクササイズに関する4項
     ③ ウォーキング、スキー、テニス、バスケットボールなどの
               心拍数を増やす心血管運動であれば、どんな種類であっても
               脳に多くの好ましい影響をもたらすことがあきらかになっている
     ④ 1日に最低30~60分、
               それを週3回行う有酸素エクササイズを習慣化することがベスト
  ◇ 脳と栄養素に関する11項
  ◇ メンタルチャレンジに関する8項
  ◇ 社会とのかかわりに関する6項
  ◇ ストレスに関する6項
  ◇ 脳トレーニングに関する10項
  
・ 生きていく過程であなたの脳はとてつもない進化を経験する
   脳は身体のなかでもっとも順応性が高く、修復可能な器官であり、
   毎日どう使うかによって良い方にも悪い方にも変化していく
・ 衝撃を与え、想像し、革新し、インスパイアしていくことをお勧めする

・ 神経画像処理技術がもたらしたもの
・ 脳は使ったら必ず変化する
・ 神経細胞が死んでいくメカニズムを止めることはできませんが、刺激を受けると
   脳が新しい神経細胞を作ることが確認できた点が大きな成果といえます
   ⇒以前は、脳卒中といえば安静第一でした
      それが、修復すればいいという考え方に変わっていきました
・ 脳神経学の発達は、教育に対する考え方も変化させつつあります
  ⇒学校に入る前の子どもに、ブレインゲームや運動、瞑想をやらせて
      前頭前野を使わせるといいことがあきらかになったからです

・ 前頭前野を鍛えるには?
   ⇒運動です
   ⇒指を動かすことも大切です・・・ヴァイオリンやギダーやピアノの練習
   ⇒前頭前野がつかさどっている
      高度な認知力のほとんどにかかわるワーキングメモリが、
      アセチルコリンだけで情報交換していることが最近明らかになっている
      そのため、
        アセチルコリンの材料となるレシチンを多く含んだ鶏卵、
        納豆や味噌などの大豆製品、ほうれんそうなどの野菜、
        ピーナッツやくるみ、アーモンドなどのナッツ類を忘れずに摂ることが大切です





≪箱入り嫁のつぶやき≫
350ページと分厚い本でしたが、
紙の色、インクの色が、私の目と相性がよく、とても読みやすかったです。
まずそこ!?って思いますが、
いくら大好きな脳の本でも、小さく薄い文字だと読むのが苦痛ですから。

内容に関してもとても画期的! 
わかりやすくまとまっていて楽しく読めました。
神経画像処理技術はすごいです!


脳とはなにかがわかってきたのは、
神経画像処理技術の誕生がきっかけになっています。
          (中略)
神経画像処理技術が生まれたのは1992年。
技術的な問題が解決して
実際の研究に応用できるようになったのは1998年です。
いわば未開とも言える段階を脱して
脳神経学が飛躍的な発展を遂げたのはそれから。
そして、21世紀の初めの10年間で、ヒトの脳は、
構造的にも機能的にも驚くべき勢いで解明されていきました。
                         ――P.336より抜粋――


毎日の暮らしにうまく『運動』『栄養』そして『睡眠』を取り入れて、
変化を楽しみたいと思います。

脳は使ったら必ず変化する






にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

« 『 フランス人の40歳からの生きる姿勢』・・・ミレイユ・ジュリアーノ(著) | トップページ | 『生きるチカラ』・・・植島啓司 (著) »

3.読書日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520427/70190305

この記事へのトラックバック一覧です: 『脳を最適化する』・・・アルバロ・フェルナンデス (著), エルコノン・ゴールドバーグ (著), パスカル・マイケロン (著):

« 『 フランス人の40歳からの生きる姿勢』・・・ミレイユ・ジュリアーノ(著) | トップページ | 『生きるチカラ』・・・植島啓司 (著) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログ村

最近のトラックバック