フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

«  『その痛み、なんとかします。 “痛み"の癒し大全』・・・おのころ 心平(著) | トップページ | 何が必要で、何が不要か »

『小児科医は自分の子どもに薬を飲ませない』・・・鳥海 佳代子 (著)

2017年1月25日



2016年10月15日発行・・・2017年1月8日読みました
pen 私の心に残ったこと
私なら9割は捨てる

・ 捨てる頻度が高かったのは、咳をやわらげる薬、痰を出しやすくする薬、抗生剤
・ かぜは薬では治りません!
・ ロタ・ノロなど感染症の急性胃腸炎のときには、「下痢を止めてはいけない」
・ 総合感冒薬は必要のない成分が含まれる“散弾銃”
    できるだけ飲まないようにしましょう
・ 薬を出さないと医者は儲からない
・ 副作用がない薬は存在しません
・ 薬を使わないで済むなら使わない、使うときも必要最低限にしたいものです

・ 発熱は体が病原体と闘っているサイン
   生後6ヵ月以上なら慌てないでください

・ できれば離乳食が終わる頃から、水や麦茶などの水分を
    普段からよくとる子になるように、習慣づけていただきたいと思います
・ 野菜、果物を食べない子は、発熱の頻度が4倍に
   ⇒3日くらいを一つのサイクルととらえてください
・ 育つ環境が同じ兄弟姉妹でも、食生活で免疫の力に大きな差が出ます
・ 手のかからない「いい子」に要注意
・ 親との感情の交流こそ一番の「薬」

・ 「この薬は飲みきらなければタメ?」に対する答えで
   “患者さん思い”かどうかがわかります
・ 自分のポリシーを押しつける医者は、「プロとして未熟」と見切りましょう

・ 子どものインフルエンザの有効率は、大人と比べてずっと低いのです
・ 予防接種を受けさせない方針でも、麻疹風疹ワクチンだけはぜひ!

・ 「なんとなくいつもの様子とは違う!」 という感覚を大切にしましょう
・ ママ友の話も話半分どころか、あまり聞いてほしくありません
   ⇒的はずれなアドバイスが多いものです
   ⇒人の意見に振り回されず、あなたの判断に自信を持ってください
・ 子育てで最も大切なのは、
   ●子どもを一人の人間として認めて、共に生きていくという姿勢
    ●子どもに「自分は愛されている」という実感を持たせること
   という2つではないかと思うのです



≪箱入り嫁のつぶやき≫
咳をやわらげる薬、痰を出しやすくする薬、抗生剤、
私が子育て中、小児科で処方されてよく飲ませていたものです。
これらの薬を飲むとよく寝てくれるので助かっていました(^_^;)
初めての子育てだと、母親自身わからないことが多く不安でいっぱい。
子どもが小さい頃は、すぐ病院に駆け込み医師の判断を仰いでいました。

今は、普段の食生活、心のあり方の大切さを以前にも増して感じています。
そういえば私自身、『薬』を飲まなくなって20年以上経ちます。
薬が体に入るとどうも違和感があって飲まなくなりました。
胃薬を手放せない時期もあったのに・・・
人それぞれだと思うので、
自分がいいと思う方法が、その人にとっての一番だと思います。

子育てで最も大切なのは、
   ・子どもを一人の人間として認めて、共に生きていくという姿勢
    ・子どもに「自分は愛されている」という実感を持たせること
私もこの意見に賛成です。
『薬』が必要になる前に、普段から心がけておきたいことだと思いました。
ハッキリしたものの言い方が気持ちいい本でした。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

«  『その痛み、なんとかします。 “痛み"の癒し大全』・・・おのころ 心平(著) | トップページ | 何が必要で、何が不要か »

3.読書日記」カテゴリの記事

コメント

 おはようございま~す。

 今日もさいたまはぶるぶるで~す。
 そうですね、箱入り嫁さんは日々忙しくなさっていられますから、体調的には反って若返って元気!なのでしょうな~♪
 学ぶこと多々あり。

 薬:難しいですね~、ましてや赤子にでしょ。
 体の中を制御するわけですもんね、かといって飲まないわけにもいかないし・・・。

 大人でも飲み合わせでは・・・!!
・やっぱり健康が一番です・な。
  ヒロ・・でした。

今晩は~~~~~

かなり判断の難しい話になっていますネ~~~~

確かに薬は 本当にその痛い所・・・悪い所に効くの????ですよね~~
でも流行 具合が悪くなると、一番先に病院に駆け込んでしまいますよね~~

私も あなたと同じ考えを持っていまして、処方された薬が次の予約まで
残ってしまいます。
必ず聞かれる・・「お薬は残っていますか???」と 薬局の方から言われるので
つい・・・キ・・・となってしまう、
飲みたくないから飲まない・・・調子が良いから飲まない・・とは言いませんが、
勝手でしょう~~~~とでも言えばいいのかな???(苦笑)。

現在薬は 6錠剤飲んでいます、これを一日三回ですので、
少し考えようかな~~~~~  有難う~~~~~~

cherry ヒロさんへ

おはようございます。

毎日とるショウガ、シナモン、ターメリック、オリーブオイルのおかげでしょうか。
風邪かなと思ったときは、
ショウガの絞り汁の入った日本酒(1合くらい(o^-')b )で撃退。。。(笑)

家事は運動がわりなので、楽しんでやっています。

後は梅肉エキス。はちみつ大根。
そして、寝る! 体調を崩したらとにかく寝ております。

幼い子どもの体調管理には気をつかいますね。

cherry   タケちゃんマンさんへ

おはようございます。

ケガとか急を要するとき、痛み軽減には薬は必要かと思いますが・・・
難しいところですね。

薬によったら、飲み切らないといけない種類のものもあるようで、
勝手にやめたら体調を崩すものもあるらしいです。
そんな薬も怖いなぁ・・・・(~_~;)

やはり薬のお世話になる前に、
旬のもの、地元でとれたものを美味しくいだたき、
早寝早起きすることが一番かなと思っています(*^▽^*)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520427/69343568

この記事へのトラックバック一覧です: 『小児科医は自分の子どもに薬を飲ませない』・・・鳥海 佳代子 (著):

«  『その痛み、なんとかします。 “痛み"の癒し大全』・・・おのころ 心平(著) | トップページ | 何が必要で、何が不要か »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ村

最近のトラックバック