フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« 痛すぎ!! | トップページ | 『ジョコビッチの生まれ変わる食事』・・・ノバク・ジョコビッチ(著) »

救急延命、本人の意思尊重

2016年10月17日

愛媛新聞16日、一面の記事です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

終末期高齢者、情報共有へ
【救急延命 意思尊重へ】

がんなどの重い病気で終末期の高齢者が
心肺停止といった状態で救急搬送される際に、
本人の意思表示がないまま
蘇生・延命措置を受けるケースが増えているため、
厚生労働省は2017年度から、
在宅医療に携わる医師や看護師、救急隊が連携し、
患者の情報を共有する取り組みを支援する。
先進的な自治体の取り組みを参考に研修会を開き、
患者の意思を尊重した終末期医療を目指す。
消防の救急隊や搬送先の病院は応急処置をするのが原則だ。
一方で、終末期の高齢者の中には、
回復が見込めなければ延命を望まない人も多い。
                              ―― (一部抜粋) ――

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


私は延命を望まないので、準備はしているつもりだけど、
状況によっては伝わらないこともあるので、
きっちり伝わるよう、見直していこうと思います。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

« 痛すぎ!! | トップページ | 『ジョコビッチの生まれ変わる食事』・・・ノバク・ジョコビッチ(著) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは♪

そうですよね~
回復が見込めなければ延命は望みません。
本人も家族もかえって辛いです。
父の時も「延命はしないで」と医師に伝えました。

cherry  きっちゃん♪へ

こんにちは。

生きる自由も必要だけど、
人生を終える自由みたいなものも必要だと感じています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520427/67986912

この記事へのトラックバック一覧です: 救急延命、本人の意思尊重:

« 痛すぎ!! | トップページ | 『ジョコビッチの生まれ変わる食事』・・・ノバク・ジョコビッチ(著) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログ村

最近のトラックバック