フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« 2016年読んだ本(51冊~60冊) | トップページ | 音 »

『プロ書評家が教える 伝わる文章を書く技術 』・・・印南敦史(著)

2016年7月18日

2014年11月29日発行・・・2016年6月30日読みました

ビジネスパーソンに「まとめ、書き、伝える」テクニックは不可欠。
月間3890万PV、339万のユニークユーザーを誇る
「ライフハッカー[日本版]」のプロ書評家が、
「伝わる」文章の書き方と要点をまとめる技術を明かす。
                          ――内容紹介より――


pen 私の心に残ったこと
★「読ませる」文章に必要なもの
   ⇒センス(感性)  文法  リズム  簡潔さ  削ぐ力

【センス】・・・①読む習慣を身につける 
         ②他人の視点に立つ
        ③好きな書き手の真似をする
【文法】・・・「てにをは」 と 「テンマル」
【リズム】・・・リズムを意識する感覚
【簡潔さ】・・・平易な表現 わかりやすさ
【削ぐ力】・・・削ぎ落せるところまで削ぎ落したほうが、文章は美しくなります

・ どうすれば効果的に斜め読みできるのか?
   ⇒必要な情報が「向こうから飛び込んでくる」ように意識を集中させる
・ 悩んだときは最初のかたちに戻る確率が非常に高い
・ 書き出してみると、自分がそのことについて、どう考えているのかを再確認できる
・ とにかく書くこと
   ⇒あとから推敲すればいいのです
・ 漢字と仮名のバランス
・ 文章全体を面として見たときの「見え方」のバランス
・ 良い文章を書くにはたくさんの本を読むこと
・ 文章を書くっていうのは、自分の気持ちを書くんじゃないんですよね
   ⇒情報を整理するということと、情報を伝えるということの、ふたつの意味がある
・ 読者が知りたがっているのは、どの部分だろう
・ 書評は感覚的にDJと同じ



≪箱入り嫁のつぶやき≫
「ライフハッカー[日本版]」のプロ書評家が、
「伝わる」文章の書き方と要点をまとめる技術を明かす。
この本はぜひ読みたいと思いました!
相手に伝わる文章を書けるというのはとても素晴らしいと思うから。

最近は、削ぐということを意識するようにしています。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

« 2016年読んだ本(51冊~60冊) | トップページ | 音 »

3.読書日記」カテゴリの記事

コメント

こんにちは♪

伝わる文章、大丈夫ですよね。
私は伝わる話し方も身につけたいです。

cherry きっちゃん♪へ

こんにちは。

きちんと伝えたつもりが、

違う意味に受け取られたりして、

ドキッとすることがあります(^_^;)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520427/66332148

この記事へのトラックバック一覧です: 『プロ書評家が教える 伝わる文章を書く技術 』・・・印南敦史(著):

« 2016年読んだ本(51冊~60冊) | トップページ | 音 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ村

最近のトラックバック