フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« 今年も庭にミステリーサークル | トップページ | 『え~っ!』 »

『傷つくならば、それは「愛」ではない』・・・チャック・スペザーノ(著)

2016年7月25日

1997年10月31日発行・・・2016年7月9日読みました
「心理学を社会のあらゆる人々が使えるものにしたい」 ベテラン心理カウンセラーが、
一年・366日のカレンダーにそって語る「人間関係」に疲れたときに、
あなたを癒してくれる、考え方の秘訣集。     ――内容紹介より――

pen 私の心に残ったこと
あなた自身と人間関係を、すばやく変えるための答えがここにあります
  愚痴を言うのをやめ、パートナーを責めることもやめましょう
  そして、不平不満を捨てましょう

・ 許すことで人間関係のパターンが変わるのです
・ ほかの人の問題のように見えるものも、
   本当はすべて自分と人との相互関係のレベルで起こっていることなのです
・ どんな対立関係でも、二人が感じている気持ちは同じもの
・ パートナーがまったく反対の考え方や答えをつきつけてきて、
   おびやかされているように感じるときは、
    人生があなたに「前に進むときですよ」と告げているのです
・ 不満は、自分自身への攻撃である
・ もっとも怒りを感じる人 もっとも愛している人が
   同じ人という場合もあるかもしれません
・ 人のなかに見えるものは、あなたが考えている自分の姿
・ パートナーや身のまわりの人は責めるにはあたらないこと、
   あなた自身に癒しが生まれるのを助けてくれているだけだということを知りましょう
・ パートナーの評価できるところ、そのひとつを感謝すると、
   それによってあなたは祝福され、オープンになって前に進むのです
・ 不愉快な行動をとるほど、その人は強く愛を求めている
・ 母親と父親は、あなたの「女性性」と「男性性」を体現している
・ 自分の感情は、自分の責任
・ あなたが両親を拒絶したところは、パートナーが同じように行動する
・ とても困難な状況にいるとき、――――
   「いま現在」というこの瞬間に生きれば、どんな困難な状況でもまったく変わってきます
・ あなたが内面的な葛藤を癒せたのなら、
   あなたとパートナーとの間の葛藤もまた癒されることでしょう
・ 「世話する人」の役割は手放して、
   あなたの幸せにそなえて 人生を一歩前に進めましょう
・ ある人の行動があなたに理解できないときは、自分自身に聞いてみましょう
   「もし私がああいう行動をするとしたら、いったいどんな気持ちを感じたときだろう」と
・ さまざまなちょっとした「いい人」のふるまいをすべてやめましょう
・ 感謝し、心から楽しむのは、自分にもまわりのみんなにも最高の贈り物です
・ 「理解されていない」と感じるのは、あなたが相手を理解していないとき




≪箱入り嫁のつぶやき≫
『傷つくならば、それは「愛」ではない』というタイトルを見た時!?と思いました。
自分が傷つくなら愛ではないのか・・・・
でも読んでみるとそういう意味ではありませんでした。


最初から読んでいきましたが、
さっと開いたページで、
自分への答えをみつけるという読み方も同時にしました。
471ページと分厚い本で、
心に響く言葉もたくさんあり、ついつい長い抜粋になりました(^_^;)


○「癒しをもたらす原則」を集めたものです。(P2.)
○この本に書いてあることを信じようと信じまいと、
  あなたが実践しさえすれば役にたつものです(P3.)


読み進むにつれ、今まで不思議だなぁと感じていたことが
次々解き明かされていき、読み終わる頃にはなんだかすっきりしていました。
ここに書かれていることを、信じられない人もいるかもしれませんが、
私にはみごとにあてはまることが多く、読んでよかったと思います。


・ 「世話する人」の役割は手放す
・ さまざまなちょっとした「いい人」のふるまいをすべてやめる
まずはこの二つを実践してみようと思います。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

« 今年も庭にミステリーサークル | トップページ | 『え~っ!』 »

3.読書日記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは♪

相手は鏡ですよね。
相手から見せられることは自分にもあることなんです。
認めたくないけど…^^;

私もいつの日からかいい人になることを引退しました❗️(笑)目立ちたくもないし、
空気のようになれたらいいなぁと思ってますね〜

cherry きっちゃん♪へ

おはようございます。

ほんとに・・・認めたくないこともありますね。

私が???って思うことあります。

恐ろしい(笑)

cherry  モーニンググローリィさんへ

いい子ぶるわけではないけれど、

あれもこれも私にできることはしたらいいのかな・・・

って思っていましたが、

いい意味で自分のことだけに集中することにしました。

人の機嫌より自分の機嫌をとって暮らします(笑)

 いえいえそうではありません!

 おはようございま~す。

私たちが生きていけるのは、あなた様(箱さん)のお庭が頼りなんです。
今後もどうかよろしく(頭下げ)・と言っているようです、よ~♪

・先ず冒頭、366日に・・・!
やはりポジティブに進まねば・・・。
・そっか~、やめる・手放す・という手法もあったのですね♪
  ヒロ・・でした。

cherry  ヒロさんへ

おはようございます。

やめることをさがすと、

あれもこれもやめちゃえ~

になってしまそうな気がして恐ろしい(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520427/66439765

この記事へのトラックバック一覧です: 『傷つくならば、それは「愛」ではない』・・・チャック・スペザーノ(著):

« 今年も庭にミステリーサークル | トップページ | 『え~っ!』 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ村

最近のトラックバック