フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« 【223】テーブルに書いてしまったボールペンがアクリルたわしできれい | トップページ | 30代目がグリムス発芽しました。 »

『行動科学を使ってできる人が育つ! 教える技術』・・・石田淳(著)

2016年3月29日

2011年6月20日発行・・・201年2月23日読みました
pen 私の心に残ったこと
★部下が“望ましい行動”をとれるように導く
  そのために、小さな成功体験をどんどん積ませていく
   ⇒こうした取り組みによって、いつしか部下は自分自身で考え、
      結果を出せる人材へと必ず変わっていくのです

・ 「行動科学マネジメント」
   ⇒最大の特色は、人間の「行動」に焦点を当てているということ
   ⇒「いつ・誰が・どこで」行っても、同じように成果が出るということです
・ 部下の悩みを聞き出すためには、
  「部下の話を聞くという行動」を増やしていくことが大前提なのです
   ⇒まず最初に投げかけるのは、
       まったく考える必要がなく、誰でも答えられる質問です
・ 部下が悪いと決めつける前に自分をチェックする
・ 長期目標の道のりにはスモールゴールを設定する
・ 教えること・指示することは一度に3つまで
・ “やらなくてよいこと”を明確にしてあげること

【学習効果を高める9つのはたらきかけ】
1.指導に注目させる
2.学習のゴールを示す
3.必要な知識を思い出させる
4.学ぶ内容を提示する
5.学習の手引きを提供する――何度も繰り返す
6.練習させる
7.有益なフィードバックを与える
8.学習の成果を評価する
9.学んだことを使いこなせるようにする



≪箱入り嫁のつぶやき≫
行動科学は、部下を育てることはもちろんですが、
自分育て、子育てにも役立つと思います。
スモールゴールを設定したり、何度も繰り返したり・・・
習慣化していけたらいいなと思いました。

石田さんの本は何冊が読んでいますが、初めて読んだのがこちらでした。
                  ↓
       『行動科学マネジメント入門』・・・石田淳(著)




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

« 【223】テーブルに書いてしまったボールペンがアクリルたわしできれい | トップページ | 30代目がグリムス発芽しました。 »

3.読書日記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは♪

新入生を教える時に知っていればよかったです。
ここでもやはり「聞く」ということが大切なんですね。

cherry  きっちゃん♪へ

こんばんは。

そうなんです。
もっと早く知ってたら、
私の人生も変わってたかも(笑)

 こんにちは~。

 そうですね、教えることで自分磨きができる。
何事も・・、同じでしょうか!
 
 時には我を振り返らねば・・・、ですね。
  ヒロでした。

cherry  ヒロさんへ

おはようございます。

まずは自分の行動をしっかりですね(o^-^o)
頑張ります♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520427/64374529

この記事へのトラックバック一覧です: 『行動科学を使ってできる人が育つ! 教える技術』・・・石田淳(著):

« 【223】テーブルに書いてしまったボールペンがアクリルたわしできれい | トップページ | 30代目がグリムス発芽しました。 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログ村

最近のトラックバック