フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« 【204】ヘアブラシ、アクリル棒で簡単きれい | トップページ | 綿の花が実に~ »

『死者と生者の仲良し時間』・・・鈴木秀子(著)

2015年9月8日

1997年6月20日発行・・・2015年8月25日読みました
pen 私の心に残ったこと
この世に起こることは、何ひとつ悪いことなんかないんだよ
  どんな苦しみも、それをきっかけに人間として成長し、
  その苦しみを通して幸せになるために、与えられるんだよ   

母タツより達治へ  

けんちゃんからの贈り物   
・ 私たちの想像もできなかった形で、けんちゃんは、
   私たち夫婦の生涯のこころの支えになってくれたのです  
・ どんな小さな子でも、死の間際、
   自分の一番大事なものを差し出し、仲良し時間を持つのだ  
・ 私たち夫婦は、けんちゃんが残してくれたものによって、
   この世を幸せに生きていける確信があるので、
  淋しいし、悲しいには違いないけれど、けっして不幸ではないと感じているのです 

おじいさんと波動   
・ みんな分かったんや、誰一人として、
   平穏な人生を送ってきた人はいないことがな 
・ 一人の人があたたかい気持ちになると、
   それを受け取った人からまた次の人へと、 
    それが波動のように広がり、伝わっていきます    

自殺した母   
・ 死はあなたとは関係ないところで、私に与えられたものなのです  
・ 私は許されている   

現れた息子  
・ この世に起こることは、何ひとつ悪いことなんかないんだよ
   どんな苦しみも、それをきっかけに人間として成長し、
   その苦しみを通して幸せになるために、与えられるんだよ   
・ 不思議なもので、自分が変わると、周りの環境も自然に変わっていくのですね  

死の床に現れた二人  
・ マザー・テレサとコルベ神父は、父と娘をつなぐ共通の話題になりました 

伊勢湾台風で流された姉  
・ 台風の爪痕が残されたこの土地で、一つの体験が、
   その場にいた人々の心を癒したのです
・ あたたかい光の波動は、
   きっと、無数の人々の心を癒しながら巡っているのでしょう  

紅葉に輝く図書館の庭で――里子に出された男性――  
・ 人間は、この自然と、大地と、つながった存在なんだ   

自転車と孫  
・ 憎しみあって生きる人々は、
   心の中に冷たい氷のかたまりをもっているようなものです   
   けれども、一人の氷が溶けだすと、そのあたたかさが隣の人の氷も溶かします 

砂の恐怖に取りつかれた少女   
・ 生の中に、死は含まれているんですね
   生きていくそばにはいつも死が近くにあるんですよね
 でもそれがあるから、生きてることが実感として味わえる 

 実業家とその母  
・ 彼は、自分が変われば、他人も変わるということを身にしみて感じました  
・ もともと自分の中にあったものに光が当たり、はっと気づいて理解する、
   その時に、もう生き方が根底から変わっているということです  

あらゆる残滓を洗って輝く人生   
・ おかげで、僕は生きていくことに向って、自分を許すことがてきました  

心の灯火  
・ 佐藤初女さんの家は「イスキアの家」という名前になりました   

海を越えた出会い   
・ 忘れることはできないにしても、許すことはできるのです 
・ 人生に起こる偶然の一致には意味かある
   それは共時性と呼ばれ、必然である    

心の絆  

暖流と寒流のぶつかるところ   

 

・ 親しい人の死を受け入れることは、
    普段とはまったく違った意識の中に入ることです    
・ 愛する人を失った現実を受け止めた時、
  心の深いところでその悲しみを味わい抜けば、
  それは他者への慈しみに変わるという事実も、大きな慰めです  
・ 周りが「さぞかし苦しかったろう」と胸を痛めているような場合でも、
   「死ぬ時は苦しくなかった」といいます
・ 「与えられた状況の中で、明るく、楽しく、自分らしく暮らしなさい」   

≪箱入り嫁のつぶやき≫
現れた息子
この世に起こることは、何ひとつ悪いことなんかないんだよ
どんな苦しみも、それをきっかけに人間として成長し、
その苦しみを通して幸せになるために、与えられるんだよ

この文章に出会ったのをきっかけに、この本を読んでみました。
怖かったらどうしようと思いましたが、
それよりも・・・うるうるしてくる本なので、人前では読めないなと思いました^^*
心にしみる、学びの多い本でした。
この中に『死にゆく者からの言葉』という本が何回も出てきたので、予約していました。
今手元にきたので読んでみようと思います。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

« 【204】ヘアブラシ、アクリル棒で簡単きれい | トップページ | 綿の花が実に~ »

3.読書日記」カテゴリの記事

コメント

それは私も涙で読めないと思う
出会いも別れも
あぁ~人生は修行の場だね

こんばんは♪

人生には苦しみは必要なものかもしれません。
苦しみがあって本当の幸せもあると思います。

cherry  みゆきんさんに

人生いろいろというけれど、
皆いろいろなことを抱えて生きてるんだね。

ほんと修行だ~!
その修行、楽しむ方法探さなきゃ♪

cherry きっちゃん♪に

こんばんは。

幸せだけ続いたら・・・
きっと幸せに気づくことができなくなるんだろうね(^_^;)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520427/61381771

この記事へのトラックバック一覧です: 『死者と生者の仲良し時間』・・・鈴木秀子(著):

« 【204】ヘアブラシ、アクリル棒で簡単きれい | トップページ | 綿の花が実に~ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ村

最近のトラックバック