フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« 『新版 ザ・マインドマップ』・・・トニー・ブザン(著) | トップページ | 【202】引き戸の滑車の汚れ簡単に~ »

『回転寿司の経営学』・・・米川 伸生(著)

2015年8月11日

2011年9月29日発行・・・2015年7月18日読みました
外食不況のなか、なぜ回転寿司だけはいつも元気なのか――。
回転寿司は安い代わりに粗悪とのイメージも今は昔、
ちょっと名を知られた店より高品質の回転寿司店は無数にある昨今だ。
なぜ高品質・安価で経営が成り立つのか。その秘密を明らかにしたのが本書である。
                                       ――内容紹介より――

pen 私の心に残ったこと
これからの回転寿司業界の重要なキーワードとなるのが「家族団らん」 
・ 手軽でありながら本格的、手軽でありながら居心地が良いなど
  「手軽さ+αの魅力」があるからこそ、支持されているのだ 
・ もう一つ、大事な要素がある
   ⇒「回転寿司はアミューズメントパークである」という回転寿司の本質
・ これほどあらゆるニーズをしっかりと捉えてきた外食がほかにあるだろうか?
・ なんといっても回転寿司業界はアイディアの宝庫であり、 
  学ぶべき経営術がぎっしりと詰まっている
・ 銀座の高級寿司店よりも回転寿司の方が
   鮮度の良い美味な魚を味わうことができるのだ
・ 回転寿司も目玉商品を呼び水として、高利益商品の販売に結びつける、
  「粗利益ミックス」の手法を意識した経営を行っているのだ   
・ 「原価率50%」のインパクト! ブランディング戦略の勝利
・ 私たちの商売は『ありがとうの交換』ではないかと思っています   
・ 回転寿司は「家族団らん」の機能を
   他のどの外食よりも担っていると私は確信している   
・ 回転寿司の可能性はまだまだこんなものではない
  ⇒これからも時代のニーズを先取りしながら、進化を続けていくことだろう 

≪箱入り嫁のつぶやき≫
タッチパネルが楽しい今の回転寿司^^*
昔の回転寿司から考えるとえらい進化です!
ネタも変化をとげています!
これからも進化を続けそうな予感がワクワクをさそいます♡
ちょっと回転寿司行ってみようかな~という気持ちにさせる1冊でした。
もちろん、学ぶべき経営術がぎっしりと詰まっているところも面白かったです。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

« 『新版 ザ・マインドマップ』・・・トニー・ブザン(著) | トップページ | 【202】引き戸の滑車の汚れ簡単に~ »

3.読書日記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは♪

回転寿司デビューが遅かったですが…
あれだけ楽しみながら
食べられるところはないと思います。

cherry  きっちゃんに

こんばんは。

初めてパネルを見た時は、
ここまできたか~と思いました(笑)
楽しいですよね♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520427/60799239

この記事へのトラックバック一覧です: 『回転寿司の経営学』・・・米川 伸生(著):

« 『新版 ザ・マインドマップ』・・・トニー・ブザン(著) | トップページ | 【202】引き戸の滑車の汚れ簡単に~ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログ村

最近のトラックバック