フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« ふたつの袋 | トップページ | りくろーおじさんのチーズケーキ♡ »

『全盲の僕が弁護士になった理由』・・・大胡田誠(著)

2015年6月8日

2012年5月26日発行・・・2015年5月22日読みました
12歳で視力を失いながらも弁護士を志し、8年の苦学を経て司法試験に合格。
町弁(町医者的弁護士)として深刻な悩みを抱える依頼者を支える一方で、
全盲のパートナーと結婚。震災の最中に一児をもうけ、子育てにも奮闘する。
どんな逆境にあっても、人生を「楽しむ」ことを諦めない。
そんな著者の生き方に迫る。困難と闘うすべての人に贈る、汗と涙の奮闘記。
                                     
――内容紹介より――

pen 私の心に残ったこと
★「心はどこに存在するのか」 「人と人の間にある」
   ⇒人が「心」と感じるものは体のどこかにあるものではなくて、
      誰かのことを思ったときに、その人との間に生じる感覚だというのだ


・ 大概のことは「やってみたらなんとかなるんじゃないか」という根拠のない自信
・ 「見えないからやめておこう」ではなくて、「見えないならどうやったらできるだろう」
・ 苦しいときに「頑張れ」と言われる辛さも知っている
・ 何にでも手間暇を惜しまない
・ ITの進歩によって視覚障がい者と健常者との情報格差は大幅に縮まった
・ 視覚障がい者に対する無理解に悔しい思いをしたり、
   隠然たる差別を感じたりすることもあった
・ 弁護士の仕事は、法律に『人格』を載せて売る商売なんだ
・ 母の一言
   ⇒人生で迷ったときには、自分の心が『温かい』と思う方を選びなさい
・ 人は相手が身近で大切な人であるほど、
   いろいろなことが当たり前になってしまって、相手の存在の大きさを忘れてしまう
・ 大事なのは、初めから「できない」と決めつけずに、まずは何でもやってみることだ
・ 1つの真理を見つけた
   ⇒人と人とはいつも鏡映しの関係にあるということ
・ 結局のところ親は、大事なことほど子供には
   自分の背中を見せることでしか教えることができない

≪箱入り嫁のつぶやき≫
人生で迷ったときには、自分の心が『温かい』と思う方を選びなさいというのは、
自分が『楽しい』と思える方を選んでいる私には新鮮でした。
「だから無理」より「じゃあどうする」 という生き方、好きです。
「じゃあどうする」を探す毎日はきっと楽しいと思うから♡

 





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

« ふたつの袋 | トップページ | りくろーおじさんのチーズケーキ♡ »

3.読書日記」カテゴリの記事

コメント

 今晩は~

 箱 さまは日々楽しくて、充実した日々を・人生を楽しまれていらっしゃいますね♪
やっぱり目が離せない!!

 毎日がやることだらけでも、しかりと計画を立てられて…。
各種それぞれをきちんとこなされる。
 更に我々にいろんなヒントを提供なされて・・。
・はい今日もファイトッでした~(チョット疲れたかな?)。
  それでは。

cherry  ヒロさんに

こんばんは。

やりたいことがたくさんあるのは幸せですよね♪
ありすぎるのも、頭が混乱しますが(笑)

雨が続くと、庭の(花や木)成長がはやいです!!!
午後から雨があがったようなので、少し整理しようと鋏を持って庭に・・・
ゴミ袋に入れて終了~と思ったら2時間経ってました(^_^;)

せいぜい1時間と思っていたのが2時間!ビックリです!!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520427/60142327

この記事へのトラックバック一覧です: 『全盲の僕が弁護士になった理由』・・・大胡田誠(著):

« ふたつの袋 | トップページ | りくろーおじさんのチーズケーキ♡ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログ村

最近のトラックバック