フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« 心を静かに、丁寧に、呼吸を深く。 | トップページ | 小さなミステリーサークル現る »

小さな行動、大きな幸せ

2015年5月24日

『あなたは生まれたときから完璧な存在なのです』 ――P49~51.より――

私の好きなお話ですheart


 イギリスにフレミングという農夫がいました。
 農夫は経済的に豊かではありませんでしたが、
 温かい家庭を持ち、真面目に働いていました。

 ある日、農作業をしている農夫の耳に、
 小さな子どもの「助けて」という声が聞こえてきました。
 驚いて声のしたほうに駆けつけてみると、沼に子どもが落ちて、
 手と顔だけを出して「助けて、助けて」と叫んでいます。

 

 農夫は、その子の手をつかんで、力の限り引っぱり上げました。
 それは、非常に危険な作業でしたが、
 なんとか子どもを助けあげることができました。
 子どもはお礼を言って帰っていき、
 農夫は「助かってよかった」と胸を撫で下ろしました。

 

 次の日、いつもと同じように農夫は農作業に没頭していました。
 すると、道を通れないほどの大きな馬車がやって来て、
 貴族と思われる紳士が降り立ちました。

 

 「うちの息子を助けてくれたのはあなたですか?」
 その紳士は、昨日、沼で溺れかけていた子どもの父親でした。
 紳士は「子どもの命を助けてくれたお礼をしたいけれど、
 何をしたらよいかわからない」と言いましたが、
 農夫は、「いいえ、とんでもない。
 お子さんが助かったことだけで自分は嬉しいのです。
 お礼なんていりません」と答えました。

 

 紳士が戸惑って立ち尽くしていると、
 農夫の家から、一人の子どもが出てきました。
 「この坊やは、あなたのお子さんですか?」
 「そうです、うちの息子です」
 しばらく黙ってその子を見ていた紳士は、こう提案しました。
 「この子は、お父さんのように立派な子どもです。
 私にこの子を預からせてくださいませんか。
 この子にできる限りの教育を受けさせましょう」

 

 貧しかった農夫は、その提案をありがたく受け入れることにしました。
 それから十数年が経ち、紳士に預けられた子ども、
 アレクサンダー・フレミングは、優秀な成績で
 ロンドン大学聖メアリー病院付属医学校を卒業して医師になりました。
 そして、世界初の抗生物質で肺炎や梅毒の特効薬である
 ペニシリンを発見し、のちにノーベル生理学・医学賞を受賞します。
 彼の偉大な発見によって、世界中でたくさんの命が救われることになりました。

 

 一方、沼に落ちて助けられた子ども、ウィンストン・チャーチルは、
 イギリスの首相として第二次世界大戦を勝利に導き、
 また作家としても活躍し、ノーベル文学賞を受賞しています。

 

 これは、19世紀末のイギリスで起きたと伝えられている話です。
 世界の片隅で、名もない一人の農夫が、
 沼に落ちた子どもを一生懸命救ったことが、
 世界に名を留める人の命を救い、ひいては世界中の人の命を救ったのです。
 農夫は、自分のしたことがそんな大きなことに繋がるとは思いもしませんでした。
 ただ、目の前の「助けて」という小さな声に反応し、とっさに行動しただけでした。






にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング
応援クリックが更新の励みになります♪

« 心を静かに、丁寧に、呼吸を深く。 | トップページ | 小さなミステリーサークル現る »

3.読書日記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは♪

私も好きになりました。
素敵なお話ですね!

cherry  きっちゃん♪に

こんにちは。

何気ない自分の行動が、
大きな波を起こしてるかもしれないと思うと、
嫌なことを嫌と思わないでやり過ごせるかも(*^▽^*)

こんばんは。(*゚▽゚)ノ

一人の人間の命にはどれだけの可能性があるのか、計り知れませんね。

どんなに辛い事があっても子供を道連れに心中したり、簡単に自殺したりは絶対によくないと思います。

残念ながらTVのニュースを見ても、殺人事件が多く人を簡単に殺すような世の中になってしまいました。チャーチルが幼かった頃はまだまだ人の善意がそこらにたくさんある時代だったのでしょうか。

日本も昔はこんな感じだったのに、今では人の命や情けよりなんでもお金、物質が支配する世の中です。
無償の善意が復活する時代がふたたび来ますように願わずにいられません。

cherry  おとめさんに

こんにちは。

生きたくても叶わない人もいるのに、『命』を軽くみるのは悲しいですね。

最近、嫌なニュースは見ない・聞かないことにしています。
気分悪くなるから。。。
それでも情報はどこからか入ってきます(~_~;)

無償の愛を持った人と、そうでない人の二分化がすすむのでしょうか。
私も『無償の善意が復活する時代がふたたび来ますように』
おとめさんと一緒に祈りたいと思います(o^-^o)

暑くなります、ご自愛くださいね♡

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520427/60086166

この記事へのトラックバック一覧です: 小さな行動、大きな幸せ:

« 心を静かに、丁寧に、呼吸を深く。 | トップページ | 小さなミステリーサークル現る »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログ村

最近のトラックバック