フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« 『これまでしたことのない話』・・・斉藤一人 舛岡はなゑ(著) | トップページ | 『ピンクのれいぞうこ』・・・ティム・イーガン(作・絵) »

『人生はニャンとかなる!』・・・水野 敬也 (著) 長沼 直樹 (著)

2014年10月29日 グリムス キーワード カーボンオフセット

2013年10月25日発行・・・2014年10月10日読みました
pen 私の心に残ったこと
もし道に迷ったら、
  一番いいのは猫についていくことだ
  猫は道に迷わない

・ 普通の本としても楽しめる
   ⇒すべてのページが切り離せる作りになっている
   ⇒お気に入りのページを、
       好きな場所に貼ったり、家族や友人にあげることもできます
・ 7つのカテゴリー
   ⇒スタート・仕事・冒険・リラックス・習慣・コミュニケーション・希望
・ 68の猫は、それぞれのカテゴリーに関する「大切なこと」を教えてくれます
・ 裏面の冒頭に数字がふってあるので、最初から読み始めたり、
   気になるカテゴリーに進んだり、自由な使い方でお楽しみください
・ 私が気になったもの
  【05】顔に出てない?
  【07】一度サボるとクセになる
  【12】たくさんの「耳」を持とう
  【23】Noと言える大人に
  【52】つらいときは、試されているとき
  【57】無視されても話かける
  【60】誰とでもいい関係は築ける
  【63】ひらめきは考え続ける者だけにやってくる
  【66】人生は、ニャン度でもやり直せる
  【67】寝る場所さえあれば大丈夫

≪箱入り嫁のつぶやき≫
大切なことを教えてくれる猫の表情がたまらなく可愛い!
読みやすい・スっと心に入ってくる・可愛い表情と重なり心に定着しやすい。
これからは68の猫についていこうと思います♪

たとえば、
05 顔に出てない?

〔勝海舟〕 武士・政治家

   勝海舟が「青柳」という料理屋に入ったときの話です。
   店内を見渡すと、女将が掃除をしたり餅を運んだり忙しくしていたので、
   「この店は景気が良いように見える」と言いました。
   すると女将は「とんでもありません。お店にはお金は一文もなく、
   亭主は金策に出ています」と答え、こう続けました。
   「人気の呼吸というものは難しいもので、
   苦しさをお客さまや雇い人に見せてしまいますとダメになります」。
   この時勝は、外交も何でもすべてはこの呼吸の中にあると悟り、
   「大変良い学問をさせてもらった」と手持ちの30両を用立てたそうです。
   苦しい時も、弱音を吐かず元気に振る舞うこと。
   それが幸運を呼び込むための秘訣だと言えるでしょう。

---------------------------------
偉人たちの名言
★黙っていても、顔が声と言葉を持っていることがよくある。
                         ――オウディウス――
★人の心は顔に表れる。
   だから、ABCの読めない人でも、顔をみれば性格を読み取れるのだ
                         ――トーマス・ブラウン――
★顔色や容貌を、
  いきいきと明るく見せることは、人間としての基本的なモラルである。
                         ――福沢諭吉――

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン





« 『これまでしたことのない話』・・・斉藤一人 舛岡はなゑ(著) | トップページ | 『ピンクのれいぞうこ』・・・ティム・イーガン(作・絵) »

3.読書日記」カテゴリの記事

コメント

後悔後に立つ
q(T▽Tq)(pT▽T)p

こんばんは♪

面白そうで、役に立ちそうですね~

「一度サボるとクセになる」、
耳が痛いですsweat01

cherry  みゆきんさんに

流石、じっちゃんの娘だ(#^.^#)

cherry   きっちゃん♪に

こんばんは。

普通の本だと思って借りたんですが、
楽しいびっくりの本でした。

『一度サボるとクセになる』
ほんと耳痛いです(~_~;)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520427/57732407

この記事へのトラックバック一覧です: 『人生はニャンとかなる!』・・・水野 敬也 (著) 長沼 直樹 (著) :

« 『これまでしたことのない話』・・・斉藤一人 舛岡はなゑ(著) | トップページ | 『ピンクのれいぞうこ』・・・ティム・イーガン(作・絵) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログ村

最近のトラックバック