フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« 『死者の贈り物』・・・長田弘(著) | トップページ | 『ハッピーな奇跡がやってくる!』・・・赤池キョウコ(著) »

【157】アクリル棒の進化

2014年8月23日

初期のアクリル棒は、割りばしを割らないで作っていました。

Photo

最近のアクリル棒は、
使う場所力の入れ具合で使い分けできるよう、
竹串・割りばし・菜箸を使い、毛糸の分量も変えて仕上げています。

Image273

一部使用例をあげると・・・・・写真左から
★長めの菜箸で糸の部分を細く長めに⇒タイルの目地など。
★長めの菜箸で糸のフワフワ部分を多くして⇒水筒の中など。
★割りばしで少しフワフワを残して⇒障子の桟の埃とりなど。
★割りばしで先から細くきっちり巻いて
        ⇒湯呑の底の茶渋・急須の口・サッシのレールなど。
★竹串で細くきっちり巻いて⇒狭い所・細い所。

菜箸の先の位置と
クルクル巻いた毛糸の分量を変えると仕上がりが↑のようになります。

1_5 Photo_7    

ひと玉100円のアクリル毛糸でOKです。
乾いたままでも埃をとってくれます。
水でぬらしたら、雑巾でこすっても落ちにくい汚れをとってくれます。


Image107 Image108_2
キッチン用・お掃除用に、作り置きをしておくといつでも使えて便利です♪

次回は【158】竹串アクリル棒の作り方を(#^.^#)
     





応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

« 『死者の贈り物』・・・長田弘(著) | トップページ | 『ハッピーな奇跡がやってくる!』・・・赤池キョウコ(著) »

4.アクリルたわしの使い方」カテゴリの記事

コメント

頼んで便利グッツ
私も作って愛用してます( ̄^ ̄) エッヘン

こんにちは~!

進化系、ぜひ活用させていただきます(^_-)-☆
フサフサのがほしいですね。

cherry みゆきんさんに

ありがとう\(^o^)/
愛用してもらってると思うと
私が作ったわけではないけど嬉しいよ♡

cherry  きっちゃん♪に

こんばんは。

ぜひに~(#^.^#)
フサフサもなかなかいいいでしょ。

きっちり巻いたアクリル棒だと、
水筒・ペットボトルの口に近いほうがきれいに洗えない・・・(汗)
そこでフサフサを思いつきました。
これなら口の近くまでアクリル棒がとどくのでストレスなしです(o^-')b

 こんにちは~。

 一見同じ?ようだけど・やっぱり進化している~。
消耗品で作り置き!というのもいいですね~♪
それも、何時拝見しても綺麗な仕上がりで…。
・ペン立てみたいな、ハイ!今回はこれを…といった具合かな。

・今日も11時まで庭仕事でした~!
ふ~~・暑かった。
  ヒロ・・でした。

cherry ヒロさんに

こんばんは。

アクリルたわし、2008年頃は使い方がわからなくて・・・・
アクリルたわしの本を探し回りました。
私が欲しかったのは使い方の本なのに、あるのは編み方の本ばかり。
仕方ないから試行錯誤をくり返しながら今に至っています。

アクリルたわしを理解した頃、アクリル棒を思いつきました。
ただ…糸をどう巻きつけるか、簡単な巻き方・使い勝手をまた試行錯誤。

最初は割りばしを割らないで間に糸をはさんで、ずれないようにしていました。
今は割った割りばし・菜箸・そして竹串まで、きれいにしっかり巻けるようになりました(o^-')b
菜箸・竹串など、とがった先をきれいに糸でくるまないと、
使ったものにキズをつけてしまいますから・・・気をつかいます(o^-^o)

まだまだ進化しますよ~(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520427/57158662

この記事へのトラックバック一覧です: 【157】アクリル棒の進化:

« 『死者の贈り物』・・・長田弘(著) | トップページ | 『ハッピーな奇跡がやってくる!』・・・赤池キョウコ(著) »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログ村

最近のトラックバック