フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« 『印税で1億円稼ぐ』・・・千田琢哉(著) | トップページ | 『りんごかもしれない』・・・ヨシタケシンスケ(著) »

『営業成績が上がる「一冊一顧客」ノート術』・・・中村 信仁(著)

2014年3月4日

2012年7月16日発行・・・2014年2月22日読みました
pen 私の心に残ったこと
★「覚えている」ことが信頼につながる
・ 「書く」という行為には記憶を定着させる効果があります
・ 「忘れない」ためではなく「思い出す」ためにノートはあります
・ 脳はすべての問いかけに忠実に応えるという働きをします
   ⇒「ダメかもしれない・・・」という心のつぶやきは、
    脳への「ダメだ」と問いかける行為です
    すると脳は「ダメ」にするために必ず応えます
   ⇒一方で「思いついた」という想いは、
      脳に「できる」という問いかけをします
・ 営業ノートで、学び、気づき、実践、と
   パターン化したアウトプットを繰り返すことは、
   商談をストーリーにする上でも重要な思考整理につながります
・ 三という数字は魔法の数字で、聞く側にとって
   非常になじみやすく感じるという効果を秘めています
・ 営業人は、暇なときは笑顔で忙しいふりをし、
   本当に忙しくなってきたなら、
   満面の笑みで暇なごとくゆとりを演出するのです

≪箱入り嫁のつぶやき≫
「一冊一顧客」ノート術の部分に惹かれて読みました。
ノートの選び方から書き方まで丁寧に書かれています。
“ノートを鞄の中から取り出すのと一緒に
契約書類一式をテーブルの上に出してしまう”など
営業人にお役立ちのワザもありおもしろかったです。
主婦の私にマネできること、役立つことはと考えると、
『学び、気づき、実践、とパターン化した
アウトプットを繰り返すことが思考整理につながる』
でした。
思考整理をしながら
書き留めることの大切さ。呼び起こすことの重要さ。
覚えていることが信頼につながる。
を実感していきたいと思います。



応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

« 『印税で1億円稼ぐ』・・・千田琢哉(著) | トップページ | 『りんごかもしれない』・・・ヨシタケシンスケ(著) »

3.読書日記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは♪

「覚えている」ことが信頼につながる、
これは実感していますwink

学生時代、試験勉強で覚える時は
書いていました。
それも声を出しながらですhappy01

cherry きっちゃん♪に

こんばんは。

やっばり書かなきゃだめですね。。。
携帯やパソコンばかりだと、漢字も書けないトホホ(^_^;)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520427/55208877

この記事へのトラックバック一覧です: 『営業成績が上がる「一冊一顧客」ノート術』・・・中村 信仁(著):

« 『印税で1億円稼ぐ』・・・千田琢哉(著) | トップページ | 『りんごかもしれない』・・・ヨシタケシンスケ(著) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログ村

最近のトラックバック