フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« 『会計天国』・・・竹内謙礼(箸)青木寿幸(箸) | トップページ | 第52回愛媛マラソン! »

『永遠の0』・・・百田尚樹(箸)

2014年2月8日

2006年8月28日発行・・・2014年2月1日読みました
人生の目標を失いかけていた青年・佐伯健太郎と
フリーライターの姉・慶子は、太平洋戦争で戦死した
祖父・宮部久蔵のことを調べ始める。
祖父の話は特攻で死んだこと以外何も残されていなかった。
                       ――内容紹介より――
pen 私の心に残ったこと
日本にサムライがいたとすれば――奴がそうだ
  ⇒俺もそうだと思った
   しかしこのパイロットがサムライなら、俺たちもナイトでありたい

・ あなたもいずれ年老いて、人生を振り返った時、
  今の自分がまったく違って見える時が来るでしょう
・ 私は死にたくありません
・ 宮部は不思議な男でした
・ 宮部の操縦技術は一流でした
・ だから、とにかく生き延びることを第一に考えろ
・ すべては慣れだよ
  あとは続ける根気だ。続けていくうちに力がついてくる
・ 生き残るということがいかに大切なものであるかということを
   百万の言葉より教えられた気がしたのです
・ いいか、よく聞け。時間があれば休め、たっぷり食べて、とにかく寝ろ
   どれだけ休めるかが戦いだ
・ ミヤベは本物のエースだった
   ⇒彼に会いたかった
・ たとえ死んでも、それでも、ぼくは戻ってくる
   生まれ変わってでも、必ず君の元に戻ってくる、と
・ 実際に宮部教官を 命を賭して守ろうとした男がいたのだ
・ 家族の元に帰る
・ どんな過酷な戦闘でも、生き残る確率がわずかでもあれば、
  必死で戦える。しかし必ず死ぬと決まった作戦は絶対に嫌だ
・ 十死零生
   ⇒この言葉は当時から神風特攻隊について行われていた言葉です
    必死という言葉がありますが、この言葉は「必ず死ぬ」
    と書きながら実はそうではありません
    しかし十死零生はそうではありません
    最初から死ぬことは決まっているのです
    「断じて行えば鬼神もこれを避く」という言葉がありますが、
    十死零生は、その覚悟を超えたものでした  

≪箱入り嫁のつぶやき≫
一気に読み、2~3日ぼーっとしたほどの内容でした。
戦争物は好きでないので読む気はなかったのですが、
映画化され人気らしかったので読んでみました。
《百田尚樹さんの本は、『ボックス!』『モンスター』を読んでいます。》
この本を読んで、戦争は絶対ダメ!って思いました。
この時代は、国のために命を投げ出すことが美化される
という常識がまかりとおっていました。
今の時代、その常識は通用しません。
未来・・・・・・・♡
今の私たちの常識は通用しないような世界になっているかもしれません。
でも、いつの時代も変わらないのは、
“生きる”ということの大切さだと思います。
生きていなければ、何も始まりません。
自分を大切に今を生きる!
心を揺さぶられる本でした。
十死零生なんて恐ろしい言葉が二度と浮上しませんように。。。


 

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              

« 『会計天国』・・・竹内謙礼(箸)青木寿幸(箸) | トップページ | 第52回愛媛マラソン! »

3.読書日記」カテゴリの記事

コメント

たまたま昨日は戦争ものの映画を見た
とにかく残酷
どの国も残酷
戦争はあってはならない。

こんばんは♪

私も戦争物は…
でも、これは読んでみたいです。
映画を見ていないのに岡田君の顔がチラつきます^^;

cherry みゆきんさんに

何も得るものはないと思います。
戦争絶対反対ですね!

cherry きっちゃん♪に

こんばんは。

戦争の部分はとても悲惨です。
でもここにある人間関係。
宮部久蔵の生き様。
すごいです。

私も岡田君の顔がチラつきました(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520427/54885722

この記事へのトラックバック一覧です: 『永遠の0』・・・百田尚樹(箸):

« 『会計天国』・・・竹内謙礼(箸)青木寿幸(箸) | トップページ | 第52回愛媛マラソン! »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログ村

最近のトラックバック