フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« 【129】洗面台の電気の埃にも | トップページ | 『永遠の0』・・・百田尚樹(箸) »

『会計天国』・・・竹内謙礼(箸)青木寿幸(箸)

2014年2月7日

2009年5月7日発行・・・2014年1月30日読みました
娘の結婚式を間近にして交通事故死した、コンサルタントの北条。
死に切れない北条の魂の前に現れた天使「K」が、
現世への復活のための条件を出す。
それは、「放っておくと不幸になる5人の経営者やサラリーマンたちを、
会計のアドバイスで幸せに導く」こと。失敗すれば地獄行き。
決意を固めた北条。彼を待ち受けるのは天国か、はたまた地獄か―?
最初の12ページで必ずハマる、
今度こそ最後まで読める会計&決算書の本。
                        ――内容紹介より――

pen 私の心に残ったこと
だれも、親や人の助けなんかで幸せになんかなれないよ
【目次】
序章   「一週間後に、お亡くなりになります」
第一章 なぜ、「儲かっている」と言われる会社が倒産するのか?
第二章 価格競争に陥ったら会社が必ずやるべきことが一つある
第三章 粉飾決済という泥沼から抜け出して、再生する
第四章 部長課長が同期との競争に勝って出世する方法
第五章 会社の戦略が変われば、組織も当然変わる
最終章 「幸せ」になろうとする意志

・ 『運』って、生きていく上でとっても大切なことなんです
・ 決算書は作りだすものなんだ
・ 苦しくても充実した人生なら「幸せ」になれる
・ 運は他人から与えられるんじゃなく、
   自分の頭で考え努力して切り開いていくものだって、
   やっと分かった気がする
・ 一番難しいのは、自分を乗り越えること
・ 勉強を始めるのに早い遅いはない
・ 失敗を受け入れて、
   それも自分の成長には必要なことだったと思えることが大切

≪箱入り嫁のつぶやき≫
最初の12ページで必ずハマる、と内容紹介にあるように、
最初の12ページが私のハートをわしづかみ!
会計の細かいことは、まだよくわからないけれど、
全体像はぼんやりわかった気がします。
お話は、目次を見ただけで情景が脳裏をよぎるほど
私にとってはおもしろかったです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
決算書は会社の『結果』だけを表しているって
勘違いしている奴が多いんだ。
でも、決算書を分析したり内容を組み替えたりすると、
実は、そうなった『過程』も分かるもんなんだ。
そして、その『過程』で、意思決定が間違っていた部分を探し出して、
これからの『過程』を変えてやれば、会社の将来の決算書、
つまり『結果』を変えることができるんだ。

彼らは、どうやったらよい方向に進めるのかという方法を知ったとき、
自分でそれを実行しようとする意志を持った。
そのあとは、彼らが一生懸命努力したからこそ、
本当に将来の結果を変えることができたんだ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~(抜粋)~~~
だから、決算書は作りだすものなんだなんですね。
後は、「幸せ」になろうとする意志が大切だということ。
本人の“やり遂げる”という強い意志が、
会社も人生も必要なんだと気づかせてくれた、素敵な本でした。

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

« 【129】洗面台の電気の埃にも | トップページ | 『永遠の0』・・・百田尚樹(箸) »

3.読書日記」カテゴリの記事

コメント

ウマイウマイ ""ハ(^▽^*) パチパチ♪

こんばんは♪

「幸せ」になろうとする意志、
なかったですね~
これから頑張りますhappy01

cherry みゆきんさんに

ありがと~♡

cherry きっちゃん♪に

こんにちは。

私も頑張ります ('-^*)/

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520427/54885709

この記事へのトラックバック一覧です: 『会計天国』・・・竹内謙礼(箸)青木寿幸(箸):

« 【129】洗面台の電気の埃にも | トップページ | 『永遠の0』・・・百田尚樹(箸) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログ村

最近のトラックバック