フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« 『死ぬまで悔いのない生き方をする45の言葉』・・・千田琢哉(著) | トップページ | 【126】キッチンゴミペールのふたをぬらしたアクリルたわしで »

『君と会えたから・・・』・・・喜多川泰(著)

2014年1月17日

2006年7月5日発行・・・2014年1月10日読みました
将来に対する漠とした不安を抱えながらも、
自分のやるべきこともやりたいことも見つけられずに何もせず、
無気力に過ごしていた平凡な高校生の僕のもとに、
ある夏の日、美しい女の子がやってきた。
そして、彼女から、その後の僕の人生を変える教えを聞くことになる。
いつしか彼女に恋心を募らせていた彼の前に
次第に明らかになっていく彼女の秘密とは・・・・・
                        ――内容紹介より――

pen 私の心に残ったこと
人生において約束されていることは一つだけしかない
  それは、いつかは死ぬということだけ
  ⇒あなたは生きている。だから、なんだってできるんだ!


☆ハルカから教わった七つのおしえ

  ・ 自分の本当にほしいものを知る
      ⇒ライフリストを作れ
  ・ 夢を実現させる方法を知る
       ⇒二枚目のライフリスト
  ・ 経済的成長の真実を知る
      ⇒『円』の読み方
  ・ 魅力溢れる人になる
      ⇒コンプレックスを個性に返る
  ・ 手段を目的にしない
      ⇒目的達成の方法は一つではない
  ・ できないという先入観を捨てる
       ⇒可能を不可能にしてしまう恐るべき敵
  ・ 人生において決してできないことなどない

≪箱入り嫁のつぶやき≫
あなたは生きている。だから、なんだってできるんだ!
生きたくても生きられなかった人のことを思うと、
そうなんだってできるんだ!です。
喜多川さんの本は大好きでほとんど読んでいますが、
この本もとてもよかったです。おすすめ (^-^)/   



  

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

« 『死ぬまで悔いのない生き方をする45の言葉』・・・千田琢哉(著) | トップページ | 【126】キッチンゴミペールのふたをぬらしたアクリルたわしで »

3.読書日記」カテゴリの記事

コメント

本当にあった、私の経験ブログを読んだのね♪ありがとう(*^^*ゞ
あの二人は今?爆

cherry みゆきんさんに

実話~(#^.^#)

人生いろいろ・・・二人の今(笑)

こんにちは

僕は徳永英明さんに会えた事
箱入り嫁さんに会えた事

嬉しいです

今日はホットドリンクのレシピ

材料
豆乳 70cc
お湯 80cc
蜂蜜 小2
レモン汁 小1

作り方
マグカップを用意して豆乳・お湯・蜂蜜・レモン汁を入れて混ぜ合わせてレンジで約1分位 温めたら完成

材料
お湯 200cc
りんごジャム スプーン 2杯
はちみつ スプーン 1杯
生姜チューブ 2cm
レモン汁 適量

作り方
材料をカップに入れてお湯を注いで混ぜて完成

cherry やまもっちさんに

ありがとうございます。
私も会えたことに感謝です(#^.^#)

ホットドリンクいいですね♪
そういえば最近豆乳飲んでないです。
以前、凝ってる時期があってよく飲んでいたのに。。。

生姜、体にいいですね。
私は毎日生姜紅茶を作って飲んでいます。

今日も寒いです!
温かいもの最高~(*^▽^*)

こんにちは
インフルエンザの疑いがある人が出ました
今日は3人です

おそろしいです(>_<)

ナムルのレシピ
材料 4人分
ツナ缶 1缶(70g)
もやし 1袋
いんげん 2本

たれ
ごま油 小1
一味 少々
塩 小1/4
おろしニンニク 小1/2

作り方
もやしはたっぷりの熱湯で茹でてザルにあけ水気をきる

いんげんは塩(分量外)を加えた熱湯で茹でて斜め薄切りにする

ボウルにもやしといんげんと油を切ったツナ缶と合わせたたれを加えて手でもみ込むように混ぜて器に盛って完成

ポイント
冷蔵庫で冷やすと味がしみ混んで美味しいです

お箸ではなく手でもみ込むのが美味しいナムルの作り方です

もやしは茎が太い豆もやしを使っても美味しいです

cherry やまもっちさんに

インフルエンザの人が3人ですか。気になりますね。
しっかり手洗いうがいですね!(^^)!

最近、“うがいの効果はあまりない”
というようなことも耳にしましたが、
私は手洗い・うがいは1年中しっかりやります。


ナムル・・・おいしそうですね。
いんげん以外はすべてあります。
最近茎が太いもやしに凝っています(#^.^#)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520427/54605602

この記事へのトラックバック一覧です: 『君と会えたから・・・』・・・喜多川泰(著):

« 『死ぬまで悔いのない生き方をする45の言葉』・・・千田琢哉(著) | トップページ | 【126】キッチンゴミペールのふたをぬらしたアクリルたわしで »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログ村

最近のトラックバック