フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« 『ありがとう を伝えたい』・・・芸術生活社 | トップページ | 『電気代500円。贅沢な毎日』・・・アズマカナコ(著) »

『総理の夫』・・・原田マハ(著)

2013年12月22日

2013年7月20日発行・・・2013年12月7日読みました
pen 私の心に残ったこと
★「ねぇ日和クン、私、こんなことやろうと思うんだけど、どうかな?」
  「いいね、やってみれば?」

・ この日を決して忘れまいと、日記をしたためることを思い立つ
・ 凜子は、とても興味深い存在なのである
   それは、結婚する前も、結婚して十年経ったいまでも、変わることはない
・ 「僕は、女性が総理になったとは思わないよ」
   「君は総理になった。これは必然だ。
     しかし、君は男性ではなかった。これは偶然だ。そうだろ?」
・ 『原久郎は腹黒い政治家である』という風評よりも、
   『原久郎は 苦労人である』という事実を信じるわ
・ しかし、それでも彼女は忘れないのだ
   私にささやかな何ごとかを語りかけるのを
   ⇒彼女の心のどこかに
    私がちょこっと座る場所を空けてくれているのだ、とうれしくなる
・ こういうところがいいのだ
   度胸と、茶目っ気と、素早いレスポンス
   この三つを兼ね備えた総理大臣が、いままで日本に現れただろうか
・ ことの経緯が複雑すぎて、何から話していいのか見当がつかない
   ⇒「そういうときはね。結論を先に言っちゃえばいいのよ」

≪箱入り嫁のつぶやき≫
夫がこの本を読んでいたので、
以前読んだ『本日は、お日柄もよく』・・・原田マハ(著)がすごく好きだった
と言うと、読んでみたらと言うのでちょっと借りて読んでみました。
カッコイイ女の人が好きなので、とてもよかったです。
現実離れしているかもしれないけれど、
凜子の粋な生き方好きです。心配りも素敵。
夫の日和さんとの関係もいいなぁと思いました。
とても楽しい本で、いっきに読めました。

xmas xmas xmas xmas xmas xmas xmas xmas xmas xmas xmas xmas xmas xmas

年末大掃除応援③(^-^)/
           ↓クリックで読めます
【フローリング・クッションフロア・壁紙の汚れ】

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

« 『ありがとう を伝えたい』・・・芸術生活社 | トップページ | 『電気代500円。贅沢な毎日』・・・アズマカナコ(著) »

3.読書日記」カテゴリの記事

コメント

総理になった夫
私は総理へとのし上がる縁の下の力持ちの妻の凛子の苦労を想像すると、頭の悪い女には無縁な話だわって勝手に自分に置き換えてしまった(笑)

こんばんは♪

私もカッコイイ女の人は好きです!
憧れてしまいます~

cherry  みゆきんさんに

私なら重圧に押しつぶされてひとたまりもないわ(+_+)
今は、買い物に行っておつりの計算がさっとできるくらいまで頑張ってる(笑)

cherry   きっちゃん♪に

こんばんは。

気配りのできるかっこいい女の人っていいね♡
見た目の美しさと頭の回転のよさは今さらだけど・・・
気配りの腕はまだ磨けるかな(^_^;)

こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

cherry 藍色さんに

コメントありがとうございます。

私もトラックバックさせていただきました。

いい本でしたね(o^-^o)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520427/54275821

この記事へのトラックバック一覧です: 『総理の夫』・・・原田マハ(著):

» 「総理の夫」原田マハ [粋な提案]
待ったなしの日本にさっそうと現れた―史上初の女性総理、わが妻・凛子、君を守る!山本周五郎賞作家が贈る、政界エンターテインメント&夫婦愛の物語。 20XX年、相馬凛子は42歳にして第111代総理大臣に選出された。 夫である私・日和は鳥類研究家でありながらファースト・レディならぬ ファースト・ジェントルマンとして、妻を支えようと決意する。 凛子は美貌、誠実で正義感にあふれ、率直な物言い...... [続きを読む]

« 『ありがとう を伝えたい』・・・芸術生活社 | トップページ | 『電気代500円。贅沢な毎日』・・・アズマカナコ(著) »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログ村

最近のトラックバック