フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« ハートって大事♪ | トップページ | 【109】3年使ったアクリル毛糸のハンドモップ »

『安井かずみがいた時代』・・・島崎今日子(著)

2013年10月3日

2013年2月28日発行・・・2013年9月30日読みました
pen 私の心に残ったこと
書くにあたって、
  時代のほかにもう一つテーマにしたいと考えたのは、
  安井かずみと加藤和彦との関係であった。
  メディアが日本一のゴージャスな理想のカップルと持ち上げ、
  夫妻もプライドを持ってそれを任じていたが、
  果たして実像はどうであったのか。

支配されながら支配することもできる。
支配していたのは安井かずみだったのか、加藤和彦だったのか。
そして、私たちもまた誰かを支配しているのか、
誰かに支配されているのか。

・ 林(真理子)が安井から教えられた最も大事なこと
   ⇒「自分の手で稼いで贅沢をすること」
    「望めば、なんでも手に入るということ」
・ 安井と加藤の会話の中身は、インテリジェントでワールドワイド
・ どんなに多忙でも二人で夕食を摂る
・ 大宅映子を感心させた
   ⇒ボストンに行くとなると書物を繙いて
    ボストンの歴史の研究から始めるなど、
    何事にも真摯に取り組む二人の姿勢

≪箱入り嫁のつぶやき≫
自分と全く違う、粋な生き方だな!と興味をもった時期がありました。
ワーキングカップル事情』安井かずみ(著)・加藤和彦(著)を読み、
素敵なご夫婦の暮らしかたに、感動を覚えたものです。
いつも素敵な安井かずみさんが55歳で亡くなったと知った時、
かっこいい女性がどんな風に歳を重ねていくのか
楽しみにしていたのでとても残念でした。
その直後の加藤和彦さん再婚のニュースはかなりショックでした。
あの時の謎が解けるかも・・・・と、
この本が出た時、ぜひ読みたいと思いました。
380ページ、こんなに分厚いとは思いませんでしたが、
20人以上の人たちの貴重な証言!読み応えがありました。


応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

« ハートって大事♪ | トップページ | 【109】3年使ったアクリル毛糸のハンドモップ »

3.読書日記」カテゴリの記事

コメント

どんなに多忙でも夕食は一緒
この響きがいいわ♪

cherry  みゆきんさんに

どんなに多忙でも夕食は一緒♡
それもきちんと洋服を着替えての夕食~restaurant
すごいよね(#^.^#)

こんばんは♪

あの時の謎は解けましたか?
私はご夫婦としてのことは、
まったく知らないですけど^^;

cherry  きっちゃん♪に

こんばんはshine

解けました(o^-')b
加藤和彦さんは安井かずみさんのことを
ずっと忘れられなかったのかな♡と思いました。。。
そう思いたいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520427/53460238

この記事へのトラックバック一覧です: 『安井かずみがいた時代』・・・島崎今日子(著):

« ハートって大事♪ | トップページ | 【109】3年使ったアクリル毛糸のハンドモップ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログ村

最近のトラックバック