フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« 絵本『さよなら を いえるまで』 | トップページ | 20代目グリムスが大人の樹に成長しました (^-^)/ »

『光の国の姫』・・・石田衣良(著)

2013年9月30日

2008年7月15日発行・・・2013年9月28日読みました
pen 私の心に残ったこと
自殺願望のある少女の自殺を思いとどまらせる童話
・ ヒメは11歳と7ヶ月で自殺することにした
・ そうだ、死ぬ前に世界を見てみよう
・ 僕を見てよ。死ぬなんてみっともない。
   死ぬなんて、きれいじゃなくて不細工だよ。
・ ぼくの命はぼくのものだけど、同時にヒメのものだ。
   命は誰かその人を大切に思う人みんなのものなんだ
・ おじいさんの手紙がでてきた。開くと見事な草書の筆文字で、
  「命名 姫」と書かれていた。
   そのしたには、同じ草書で父と母の名前。
   誰からも大事にされ、愛され、そして、
   多くの人を導くような立派な女性になりますように、
   ここにひとり娘をヒメと命名する。
・ わたしは、生きているから、精一杯生きる。
   今度会ったら、たくさんこの世界のお話しをしてあげるからね

≪箱入り嫁のつぶやき≫
『人生が100倍楽しくなる名前セラピー』に載っていて知りました。
NHK番組「ドキュメント 考える~ベストセラー作家・石田衣良の場合」で
「自殺願望のある少女に自殺を思いとどまらせる童話を書く」
というテーマに従って描かれた童話。
自殺をすることに決めた姫が、最後には自殺を思いとどまり
強く生きていくことを決意するまでの揺れ動く少女の心を描いている。
                            ――内容紹介より――

タイムリミットは48時間。
広辞苑から適当に三つの言葉を選んで、
それも重要な小道具としてつかう。「ガチョウ、光学、草書」でした。
締め切りが厳しかったのに、
企画のよさにひかれて、つい引き受けてしまったそうです。
自分の身をもっての大切さを伝えた、
ガチョウのガウチョが少しかわいそうでしたが、いい絵本でした。

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

« 絵本『さよなら を いえるまで』 | トップページ | 20代目グリムスが大人の樹に成長しました (^-^)/ »

3.読書日記」カテゴリの記事

コメント

自殺と言う言葉
自分を殺す
そんな思いになった事があるわ
絶望した時に・・・
でも、自分を必要としてる人がいる
そして今の自分がいる
それは小さい頃から、道徳で教えるべきよね。

こんばんは♪

私の中には「自殺」という言葉は
ずっとないです。
「いなかったことにして」と
思ったことはありますけど…
自殺は「殺人」ですよね。

cherry  みゆきんさんに

人を殺してもダメだけど、
自分を殺してもダメですね。

生きたくてもいきられない人の分も
生きぬいて欲しいと思います♡

cherry   きっちゃん♪に

こんにちは。

昔そんな気持ちをもったこともありました。
でも自分を殺す勇気があったら、
なんでもできる気がしますね(^_^;)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520427/53436163

この記事へのトラックバック一覧です: 『光の国の姫』・・・石田衣良(著):

« 絵本『さよなら を いえるまで』 | トップページ | 20代目グリムスが大人の樹に成長しました (^-^)/ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログ村

最近のトラックバック