フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« 『終電ごはん』・・・梅津有希子(文) 高谷亜由(料理) | トップページ | 人は誰でも 好き嫌いを別にして 親に似ているところが多々ある »

『節電母さん』・・・アズマカナコ(原作) もりたしずく(漫画)

2013年9月6日

2013年2月28日発行・・・2013年8月28日読みました
無理せず、楽しく、
ちょっとした工夫の積み重ねで電気代がひと月500円に!!
家族を巻き込みながら「節電母さん」のアイデアと行動力で
上手に「節電」「節約」!!描き下しエッセイコミック!!
                         ――内容紹介より――

pen 私の心に残ったこと
★太陽に合わせて暮らすのが当たり前でした
・ 自然のエネルギーを利用する
   ⇒太陽の熱や光、風、雨など
    身近にあるものを利用することもできます
・ 節電って「発見」と「工夫」だなぁ
・ 待機電力のかからないものを選ぶこともポイント
   ⇒時計表示があるものは待機電力がかかっている
・ 基本アンペアを下げて暮らす⇒一度に使える電気量のこと
・ おばあちゃんが子どもの頃は戦争があってね、
   電気なんてまともに使えなかったんだよ
・ 昭和30年代前半の暮らしは
   今の20分の1ほどのエネルギーしか使っていなかったそうです
・ 大きな視点で考えるとゴミを出さないことも節電につながっていきます
・ 漬物や乾物など常温で保存できる食材は日常的に使うことで、
   冷蔵庫の中身を減らす効果があるほか、
   災害時の非常食代わりにもなります

≪箱入り嫁のつぶやき≫
冷蔵庫を使わないというのはとても真似できないけれど、
こまめに電気を消すとか、ゴミを減らすとか・・・・・
自分にできることから始められたらいいなと思います。
この本を読むと、心の片隅に節電という文字が残るので、
普段の生活をしていても少しブレーキがかかり、前とは違う気がします。
災害時のことを考えて不安を膨らませるよりは、
普段から電気を使わない工夫を心がけて、
自分で安心材料を増やしていけたらいいなと思います。
漫画なのが読みやすくてよかったです。

追記しました・・・10:05 ↓

❤おまけ❤
箱入り嫁が作って使うアクリルたわし!⇒ 【箱入り嫁のアクリルたわし】
アクリル毛糸でつくったハンドモップフローリング用で掃除機いらず♪
(掃除機が大好きな箱入り嫁としては悩ましいところですが・・・coldsweats01
節電にお薦めですね^^*

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

« 『終電ごはん』・・・梅津有希子(文) 高谷亜由(料理) | トップページ | 人は誰でも 好き嫌いを別にして 親に似ているところが多々ある »

3.読書日記」カテゴリの記事

コメント

節電しまくったわよ今年も
モップに最高なのはセーターたと知った(≧m≦)ぷっ!

こんばんは♪

そうでした~
子供の頃はこんなに電気使ってなかったです。
でも、別に不自由ではなかったですね。

cherry みゆきんさんに

私も今年頑張ったよ♪

アクリル毛糸のセーター着て、床を転がるといい?(笑)

cherry  きっちゃん♪に

こんばんは^^*

技術の進歩で、たくさん便利なものが増えましたね。
気づけば、このラクにすっかり慣れっこです(^_^;)

 ヒロには追加がメイン!
 おはようございま~す。

 我が家の節電、もう何年になるでしょうか?
今夏も頑張って冷房温度を上げたり・・と。

・さあ:アクリルタワシさんです。
3つのコーナーにお邪魔いたしました~!
 やっぱり日本人は物まねが・上手?になりたいです(笑い)。
 フローリング用の用具も作製!
但し、床ではなく風呂場の天井用のつもりなんですよ。
 皆さんに広めさせていただきますね。
   ヒロでした。

cherry   ヒロさんに

3つのコーナーへ・・・・・ありがとうございます。
私もお風呂の天井にも使ってみました。
雑巾モップにとりつけての使用でした (^-^)/

ヒロさんのはプロ仕様ですねgood

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520427/53154756

この記事へのトラックバック一覧です: 『節電母さん』・・・アズマカナコ(原作) もりたしずく(漫画):

« 『終電ごはん』・・・梅津有希子(文) 高谷亜由(料理) | トップページ | 人は誰でも 好き嫌いを別にして 親に似ているところが多々ある »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログ村

最近のトラックバック