フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« 『パパのはらっぱ ママのしま』・・・落合恵子・文 和田誠・絵 | トップページ | 『お家でいただく、ごちそうかき氷 かき氷専門店・埜庵』・・・石附 浩太郎(著) »

『アイデアのちから』・・・チップ・ハース&ダン・ハース(著)

2013年7月5日

2008年11月17日発行・・・2013年6月27日読みました
pen 私の心に残ったこと
★効果的なアイデアをつくるための六原則さえ理解すればいい
①単純明快である
・ 核となる部分を見出す
・ 核となる部分を伝える
②意外性がある
・ 関心をつかむ:驚き
・ 感心をつなぎとめる:興味
③具体的である
・ 理解と記憶を促す
・ 協調を促す
④信頼性がある
・ 信じてもらう
・ 外部からの信頼性
・ 内在的信頼性
⑤感情に訴える
・ 心にかけてもらう
・ 関連付けの効果を利用する
・ 自己利益に訴える(自己利益の底辺部だけに訴えない)
・ アイデンティティに訴える
⑥物語性がある
・ 行動させる
・ シミュレーションとしての物語(行動のしかたを教える)
・ 励ましとしての物語(行動を起こすエネルギーを与える)

☆ あなたの「本来の創造性」がどんなレベルであれ、
   少し真面目に努力すれば、
   たいていのアイデアはもっと記憶に焼きつくものにできる
   ⇒記憶に焼きつくアイデアは影響力を発揮する可能性が高い
   ⇒実現するためには、
      効果的なアイデアをつくるための六原則さえ理解すればいい
☆ いったん何かを知ってしまったら、
   それを知らない状態がどんなものなのか、うまく想像できなくなる
   知識に「呪い」をかけられるのだ
   ⇒「知の呪縛」という
   ⇒そうなると、自分の知識を他人と共有するのは難しい

≪箱入り嫁のつぶやき≫
①単純明快である②意外性がある③具体的である
④信頼性がある⑤感情に訴える⑥物語性がある
例をあげて説明してくれているのでわかりやすかったです。
この六原則は簡単に使えるし、その多くは常識的なことなのに、
記憶に焼きつく見事なアイデアが溢れていないのはなぜか・・・・・
『六原則を使ってアイデアを創りだす時、「知の呪縛」を避けること』
が大切らしいと思いました。

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

« 『パパのはらっぱ ママのしま』・・・落合恵子・文 和田誠・絵 | トップページ | 『お家でいただく、ごちそうかき氷 かき氷専門店・埜庵』・・・石附 浩太郎(著) »

3.読書日記」カテゴリの記事

コメント

それ全部できたら、聖徳太子だわ(‥;)

cherry  みゆきんさんに

みゆきんさんは簡単にやってそう~♪
できる“女”のイメージだもん♡

こんばんは♪

ちょっとしたアイデアはひらめくんですが、
六原則は…^^;

cherry  きっちゃん♪に

こんばんはshine

いろいろな例を読めばなるほどと思うのですが、
それを最初から自分で考えるとなると難しいですよね(^_^;)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520427/52305502

この記事へのトラックバック一覧です: 『アイデアのちから』・・・チップ・ハース&ダン・ハース(著):

« 『パパのはらっぱ ママのしま』・・・落合恵子・文 和田誠・絵 | トップページ | 『お家でいただく、ごちそうかき氷 かき氷専門店・埜庵』・・・石附 浩太郎(著) »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログ村

最近のトラックバック