フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

しそジュース・・・青じそとレモンで♪

2013年7月31日

我が家は毎年こぼれ種から青じそがたくさんできます。
今年はしそジュースを作ってみようと思っていたのですが、
クエン酸かりんご酢がいるようで・・・・・・買いに行かなくちゃrun
すると先日読んだ『捨てない贅沢』という本に
しそ(赤・青)レモン砂糖のレシピが載っていたので作ってみました。
レモンは国産レモンが安い時にたくさん買って、
搾って冷凍しているので使い放題なんです^^*

  青じそ・・・・200g
  水・・・・・・・1ℓ
  レモン・・・・1個(ほかのかんきつ系でもいい)
  砂糖・・・・・・200g


Image008_3 Image010_2

○きれいに洗って鍋に紫蘇と水を入れ、10分ほど煮出します。
○火を止めて紫蘇を取り出し、砂糖を入れて混ぜ溶かします。
○冷めてから、レモンの果汁を搾っていれれば完成です。


wine瓶などに入れて、冷蔵庫で2か月ほど保存可能。
Image021_2

wine水や炭酸で割って飲む。
Image024

wineレモン汁は、クエン酸や酢でも代用できる。

wine出がらしの葉は、刻んで佃煮にするとよい。
Image011_2   
        
チリメンも入れて佃煮 (^-^)/ 
Image015

【しそ】ビタミン、カルシウム、鉄分豊富。
アレルギーや花粉症の軽減、貧血予防や精神安定の効果がある。

しその大量消費ができるので、
どんどん収穫して青じそジュースを作ろうと思います。
夫は甘いのが好きなのでこの分量でよかったようですが、
私は、砂糖をほんの少しにしてみるかな~♡

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

『捨てない贅沢』・・・アズマカナコ(著)

2013年7月30日

2011年3月3日発行・・・2013年7月26日読みました
ブログ「エコを意識しながら丁寧に暮らす」で紹介しているものを中心に、
身近な野菜や野草、果物の活用法などを紹介した本です。
普段捨てられてしまうような皮や種などを使ったレシピや、
漬けたり干したりして保存をしたり、鉢や庭で育てたり、
普段の生活の中で取り入れやすいものを中心に紹介しています。

                             著者からのコメント(引用)
pen 私の心に残ったこと
世界の環境問題を解決するには、
  まず身近なところから良くしていくということ
  一人ひとりが、
  自分にできることを実践していくことが大切ということを知りました

・ 春は、昔から苦いものを食べると良いと言われています
   ⇒たけのこやふき、うど、せり、よもぎ、どくだみなど
・ ほうきやはたき、ぞうきんを使ってそうじをするのがおすすめです
・ 出からしの利用法
・ じゃが芋の床漬け
・ 種を植える
  ⇒ビワの種は発芽しやすい
・ おから茶

≪箱入り嫁のつぶやき≫
・飲みもの・おやつ・甘味・素材 ・漬物・佃煮
・惣菜.・調味料・薬用・生活雑貨 ・コラム。。。。。
えっ!こんなこともできるの!?っていうわくわくの本でした。
じゃが芋の床漬けは初耳。どんな味になるんだろう~。
時々、コーヒーやお茶ガラ、野菜くずなどを土に埋めているのですが、
先日食べたスイカの皮と種も埋めると、あっという間に元気そうな芽が♪
結構ツルがのびるので、緑のカーテンにできるらしい。
朝顔が思ったほど育っていないのでやってみようかな(笑)

【スイカの芽】・・・あちこちたくさんでてます♪
Image002_2

ビワは実まで8~10年かかるけれど、発芽しやすいとか。
葉は天日干しでお茶にできて、胃腸の調子にいいようです。
今度ビワを食べたときは忘れないように、種まきしようと思います。
我が家では青紫蘇が大量にできているので、
この本をみながら青紫蘇ジュースを作ってみました。
この報告は明日にでも。。。(#^.^#)
コラムにあった土のリサイクル法もよかったです。
腐葉土の作り方、土のリサイクル法・・・φ(..)メモメモ
いろいろ試してみたくなる、おすすめの本です♪

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

2013年読んだ本(91冊~100冊)

2013年7月29日

2013年読んだ本(81冊~90冊)

 91.6月22日 スイッチ!・・・・・・・・・・・・チップ・ハース、ダン・ハース
 92.6月23日 ちいさなあなたへ・・・・・・・・・・・・・・・・・アリスン・マギー
 93.6月25日 ターシャ・テューダー 最後のことば 
                          ・・・・・・・・ターシャ・テューダー
 94.6月26日 パパのはらっぱ ママのしま
                      ・・・・・・・・・落合恵子・文 和田誠・絵
 95.6月27日 アイデアのちから・・・・・・・・チップ・ハース&ダン・ハース
 96.6月28日 お家でいただく、ごちそうかき氷 かき氷専門店・埜庵
                        ・・・・・・・・・・・・・・・・・石附 浩太郎
 97.6月28日 本屋さんで本当にあった心温まる物語・・・・・川上 徹也
 98.7月 6日 社長は少しバカがいい。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・鈴木喬
 99.7月 9日 植物の不思議な生き方・・・・・・・・・・・・・・・・・・稲垣栄洋
100.7月15日 人生が100倍楽しくなる名前セラピー
                       ・・・・・・・ひすいこたろう 山下弘司

2013年読んだ本(101冊~110冊)

≪箱入り嫁のつぶやき≫
本のタイトルにリンクを張りました。
気になる本があればクリックして参考になさって下さい。
私個人の感想ですが。。。(#^.^#)

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

『ソーシャルメディアで伝わる文章術』・・・前田めぐる(著)

2013年7月28日

2013年3月11日発行・・・2013年7月26日読みました
pen 私の心に残ったこと
気軽に投稿できることは最大のメリットです
  しかし、そのイージーさゆえに、かんたんに投稿してしまい、
  あとで「しまった」ということも起きてしまいます

・ 投稿前の9つのチェックリスト
   ① 意図や内容が伝わるか
   ② 読みやすいか
   ③ 一文の長さは適切か
   ④ 素通りされないか⇒相づちポイントがあるだろうか
   ⑤ 誇示していないか
   ⑥ 非難していないか
   ⑦ ネガティブな印象を与えないか
   ⑧ 不快感を与えないか
   ⑨ 間違いはないか
・ 3つの工夫で読み手視点の好感度文に
   ① 相手を知って、書く
      ⇒時間のあるときに、
       相手のブログ、タイムラインをまとめて読んでみる
   ② 目で読み、口で読む
      ⇒目で入力しながら、口で出力し、耳で入力
   ③ 時間を置く
      ⇒時間は文章を熟成させる

≪箱入り嫁のつぶやき≫
読む人によって自分に必要な部分が違ってくると思いますが、
文章力がアップするヒントや
ソーシャルメディアで気をつけたいポイントなど、
細かく書かれてありよかったです。
ブログを始めて5年目、自分のスタイルはほぼ決まり、
私自身は楽しんで書いていますが、
読む人に伝わるように書くというのはなかなか難しいなと思います。
時間を置いて熟成させた記事をUPするのが目標です (^-^)/   

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

命がいっぱい~♡

2013年7月27日

<成長のヒント>
  不安を感じているのは
  本当の自分ではない
  その不安は
  誰かの不安が
  空気感染して
  心の中に侵入したもの
  不安に負けそうになったとき
  「この不安は、本当の私ではない」
  とつぶやいてみれば
  不安はどこかに吹き飛び
  前向きで凛としている
  本当の自分が現れる
         ・・・・・・良くも悪くも感情は空​気感染する
                           小田真嘉

≪箱入り嫁のつぶやき≫
朝5時頃から夜中の1時過ぎまで、蝉の大合唱が続く毎日です。
家の周りのブロックにはセミの抜け殻があっちこっち。
ふと気づくとこんなところにも。。。ミニトマトの茎~♪

1_2

睡蓮鉢では、卵をもったメダカがたくさん。

5_2 

受け継がれた命は日に日に大きく育っています (^-^)/ 

Photo_2 

パンダメダカは、
生まれた時から黒目が大きく目立ちます。
小さな命のパワーheart
空気感染させてもらって、暑い毎日を乗り切ろうと思います!(^^)!
――写真はクリックで拡大します――

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

『あした死ぬかもよ?』・・・ひすいこたろう(著)

2013年7月26日

2012年12月15月発行・・・2013年7月23日読みました
pen 私の心に残ったこと
あなたは今生きている。
  それ以上の奇跡などありません。
  いつか死ぬ身であることを心に深く刻めば、
  今日という1日が、いかに可能性にあふれ、
  うれしく、ありがたく、いつにもまして
  輝きはじめることに気づくことでしょう。

・ 死は生を完全燃焼させるための、最高の「スイッチ」にできるんです
・ 人生では、いろんな大変なことが起きるけど、
   一番つらいことは、すでに乗り越えているんです
   ⇒生れてくるときの苦痛を「10」としたら、
    生まれたあとにおこることはすべて「9」以下です
・ やれる可能性があるやつが、努力しないのを見ると
   胸倉つかんで「俺と変われ」と言いたくなる
   (23歳で白血病で亡くなった悠季くんが生前残した言葉)
・ 努力する者は、それを楽しんでいる者には勝てない
   ⇒嫌いなものでも、そこに「ワクワクの種」を植えたら、
    大好きなものに変えられます
・ 人生って、どこでつながるかわからないおもしろさがある
   そして、人生って、どこかが欠けても完成しない1枚の絵なんです
・ 「ほんとは、どうしたいの?」って
   ⇒それが、未来の私からあなたに一番伝えたいことだ
・ 人生を冒険として生きるとは
   ⇒「感」じたら、すぐに「動」くということです
   ⇒その先に“感動”があります

≪箱入り嫁のつぶやき≫
僕らは、究極の逆境をすでにくぐり抜けてきています。
それは、誕生の瞬間です。
せまい産道を通って生まれてくる。このとき、約1.5トンもの圧力が
体にかかるといわれ、「バーストラウマ」と呼ばれています。
なんせ、頭蓋骨がゆがむほどの苦痛を乗り越えて
産道を通り抜け生まれるのです。
1.5トンもの圧力・・・知らなかったです(*_*;
そう考えると怖いものはないのかも。

 「ほんとは、どうしたいの?」
いつも自分に声かけしながら過ごしてみたいです♡

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

【106】階段のお掃除簡単に♪

2013年7月25日

階段のお掃除におすすめアクリルたわし。
作り方⇒こちらクリック★
普段の埃を取る場合。
私はフローリングワイパー用でササッと埃をとっています。
(乾いたまま使います)
☆化学薬品がついていないので安心かな。
☆ツヤがでる気がします。
☆何年も使えています・・・お得。

Image3101_2

四角く編んだもの、毛糸を丸めたものでも大丈夫。埃はとれます♪
ただ、フローリングワイパー用よりはしんどいです。。。(^_^;)

F

アクリル毛糸にくっついた埃はコロコロで取ります。
汚れがひどくなったら、柔軟剤なし!洗濯機で洗えます。

Image593

雑巾で拭いても落ちないような頑固汚れは、
水でぬらしたアクリルたわしでこするときれいになります。

Photo_4

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

【105】台所・・・調理台

2013年7月24日

いつも拭いているはずなのに、
ふっと気づくと台拭きではとりにくい汚れが隅っこにsweat01
以前はぬらしたアクリルたわしでこすっていましたが、
今回水をつけたアクリル棒でこすってみました。
簡単きれいにおちました (^-^)/   

Image097

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

『大好きなことをやって生きよう!』・・・本田健(著)

2013年7月23日

2013年1月6日発行・・・2013年7月21日読みました
pen 私の心に残ったこと
好きに生きたらいいんだよ。 だって、君の人生なんだから。
                              byジョン・レノン

・ 大好きなことは何歳からでも始められる
・ 一番大切なのは、自分に対する好奇心です
・ 「今」を楽しむという感性が重要
・ もし自分の好きなことに気づいてしまったら、
   いろいろと考えなければならないことが出てきます
・ あまり痛みを感じずに普通の人生を生きるか、成長痛を感じながらも、
   自分の可能性に挑戦したいかは、あなた次第です
・ 大好きなことへの移行期をどう乗り切るか?
   ⇒ハートブレイクは自分の才能に気づくチャンス
   ⇒喜んで協力してくれる人はたくさんいる
   ⇒本当の夢が叶うときは、すべてが一瞬で集まるということが起こります
・ あなたが日常的にワクワクしてくると、いろんなことが変わり始めます

≪箱入り嫁のつぶやき≫
自分の好きなことをやるということは、
自分の周りにもいろいろ配慮がいるということ。
そして、大好きな事をやり続けるにしても、ラクなことだけではないということ。
“成長痛”を感じながらも・・・・・とはすごく良い表現だと思いました。
『この本では、大好きなことをやっている人たちの生き方、暮らしぶりが、
はっきりイメージできるようにお話ししていきます』とあります。
すべてを踏まえて、やっぱり大好きなことをやっていけたらいいですね。
人生最後の日に“しまった!”と思わないように(o^-^o)




応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

幸せからスタートする♪

  2013年7月22日

<成長のヒント>
  自分の人生を振り返って
  楽しくてしかたがない出来事や
  嬉しくてしかたがない体験などを
  できる限りリアルに
  体全体の感覚や
  感触を思い出してみる
  そのうえで
  今日、一緒に過ごす
  大切な人の幸せをイメージしてみれば
  活動のエネルギーがわきあがり
  ひらめきが訪れ
  自分が本当にすべきことが飛び込んでくる
                 ・・・・・幸せからスタートする 
                              小田真嘉

≪箱入り嫁のつぶやき≫
あっという間の一週間!
月曜の朝がきましたshine
幸せからスタートしてみましょう~♡

追記・・・2013年7月22日16:50

なんと7月19日と同じ
<成長のヒント>を流しているではありませんか(*_*;
暑さのせいにも年齢のせいにもせず
失敗や欠点を気にしないで前向きに進みたいと思います(#^.^#)
失礼しましたcoldsweats01sweat01

<成長のヒント>
  優秀な人は
  環境に不満を言わない
  魅力的な人は
  失敗や欠点を気にしない
      ・・・・前向きに進むには?
                 小田真嘉

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

『財布の習慣』・・・佐藤伝(著)

2013年7月21日

2012年6月12日発行・・・2013年7月19日読みました
pen 私の心に残ったこと
ズバリ、お金にだらしない人は、
  すべてにおいて自己管理ができない傾向にあるのです!

・ 月末は財布を「メンテナンス」
・ 「貯蓄専用口座」を持つ
・ 「書き出し作戦」でムダ使いカット!
・ お金は、自分がどのように使われるのか、いつも気にしています
   いい「使い方」をしてくれる人のところに、行きたいと願っています
・ 小さな「寄付」をする
・ 「お金をかけない遊び」を追及しよう!
・ 「財布の習慣」を突破口にして、その他の解決すべき人生のテーマを
   まるでドミノ倒しのように次々とクリアにしていきましょう

≪箱入り嫁のつぶやき≫
お金や財布についての本もいろいろ読んでいたので、
これは知っているということもありましたが、
自分にしっくりくるものが一番だと思いました。
この本を読んですぐに実行したのは、「書き出し作戦」です。
家計簿はずっとつけていますが、
ついついレシートを家計簿に挟んだままの日が続いたり・・・(^_^;)
そこで自分なりにアレンジして「書き出し作戦」を実践してみました。
すると、家計簿がちょっと楽しいものに変わりました♡
・ 月末は財布を「メンテナンス」
・ 「貯蓄専用口座」を持つ
この二つも再度見直しできてよかったです。
この本に書いてある49の習慣の中から、
「これ!」って思ったものから続けていけたらと思います。
この本に書いてある49の習慣は「財布」と「お金」の黄金法則shine
金運dollar寄ってくるといいな!



応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

『なぜ「そうじ」をすると人生が変わるのか?』・・・志賀内泰弘(著)

2013年7月20日

2010年11月26日発行・・・2013年7月18日読みました
pen 私の心に残ったこと
拾った人だけがわかるんじゃよ
  ⇒ゴミを1つ拾う者は、大切な何かを1つ拾っている

・ 「そうじブーム」によって、「そうじに興味を持つ人」が増えております
   ですが、「そうじの習慣」が身についた人は、それほどいないようです
・ 「そうじの習慣」が身についた人は、
   100%確実に、人生が変わっていきます
   これは、私の経験上、自信を持って断言できます
・ の差はとてつもなく大きい
・ そうじとは、『気づき』を教えてくれる最も安上がりで、
   最も簡単なトレーニングなんだ
・ 「お金よりも大切なもの」がたくさんある
   ⇒「そうじの仕事」から学んだ
   ⇒「1つのことをやり続けること」の大切さ
・ 一番、大切なことは、「今すぐ、行動を起こして、それを続けること」です

≪箱入り嫁のつぶやき≫
実話をベースとした「そうじ小説」です。
だから完全なフィクションではありません。
とてもおもしろくて一気に読みました。
はじめにの部分に、“本書を読み終わった後は・・・、
「そうじを始めずには、いられないあなた」になっていることでしょう”
と書いてありましたが、
今までも「おそうじ本」はいろいろ読んでいるので、
私に限ってそれはないなと思いました。
ところが、つい雑巾がけをしている自分に気づき笑ってしまいました。
「毎日続けること」の大切さがよくわかる楽しい本でした。
おすすめです (^-^)/   

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

フィカス・プミラ♡

2013年7月19日

<成長のヒント>
  自分の人生を振り返って
  楽しくてしかたがない出来事や
  嬉しくてしかたがない体験などを
  できる限りリアルに
  体全体の感覚や
  感触を思い出してみる
  そのうえで
  今日、一緒に過ごす大切な人の幸せをイメージしてみれば
  活動のエネルギーがわきあがり
  ひらめきが訪れ
  自分が本当にすべきことが飛び込んでくる
                      ・・・・・幸せからスタートする 
                                  小田真嘉

≪箱入り嫁のつぶやき≫
フィカス・プミラの茎が伸びてきたので、先を切り水挿ししてたら、
あっというまにかわいい根がでてきました。
とっても小さなことだけど、とてもうれしいheart

Image077_2

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

『ぼくらはみんな生きている』・・・坪倉優介(著)

2013年7月18日

2001年6月10日発行・・・2013年7月17日読みました
二度と戻らない記憶。あたらしい自分と向き合いながら生きて、
草木染職人として独立するまでの12年間の軌跡。
【目次】
第一章 ここはどこ?ぼくはだれ? (母の記憶1)
第二章 これから何がはじまるのだろう(母の記憶2)
第三章 むかしの僕を探しにいこう(母の記憶3)
第四章 仲間はずれにならないために(母の記憶4)
第五章 あの事故のことはもう口にださない(母の記憶5)
第六章 ぼくらはみんな生きている
pen 私の心に残ったこと
油断するな、でも思い切っていけ。
  ジャンプ!ジャンプ!ジャンプ! やった、ついに飛べたんだ。

・ 字が読めて、ご飯が食べられて日常の生活ができればいい(母)
・ 時間の感覚もありません(母)
・ 過去を失った人間はこんなにもろいものか(母)
・ 話を聞いても、はじめてきく音ばかりで、意味がまったくわからない
・ ご飯を食べるにしても適量があるんだよ(母)
・ きちんと朝起きて夜寝ようねという基本的なことを忘れている(母)
・ 明日の意味もわからない
・ 漢字ひとつ覚えるだけで、いろいろな勉強になるのが面白い
・ 記憶がないということは、他人にはとても理解しづらいです(母)
・ 友達に聞くことはやめて、自分の力で調べていこうと決めた
・ くり返しくり返し何度も何度も練習した

≪箱入り嫁のつぶやき≫
かなり前の発行ですが、どなたかが紹介されてて
とても興味を持ったので読んでみました。
“18歳ですべての記憶を失くした青年の手記”ということで
もっと暗く重たい本かと思っていました。
もちろんご本人、ご家族は大変な思いをされたと思いますが、
読みながら笑ったり、涙したり・・・爽やかさの残る本でした。
お父さんの「やれるとこまでやってみろ」
お母さんの「ただただ見守ることだけでした」
ご本人の「くり返しくり返し何度も何度も練習した」
これら、私の心に響いた言葉です。
普段、普通にできていることが、
何かのきっかけで突然できなくなることがあります。
私自身身近で経験しているので、
その大変さ、驚き、少しはわかる気がします。
ひとつひとつ克服して、新しい自分をみつけていく。。。
たとえようのない大きな不安に
押しつぶされないよう踏ん張りながらただただ見守る。。。
“今”を大切に生きていれば、
きっといい方向にむかえるんだなと思わせてくれました。
とても勇気をもらえるいい本でした。

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

自分で自分の気持ちを熱くしていく

2013年7月17日

<成長のヒント>

  熱いコーヒーを置いておけば
  自然と冷めていくように
  人の気持ちもまた
  何もしなければ自然と冷めていく
  また逆に
  水を置きっぱなしにしても
  熱湯になっていくこともない
  人もまた何もしなければ
  勝手に熱くなることはない
  これは自然の法則
  すごい人は
  能力がすごいのでも
  すごく根性があるのでもない
  熱い気持ちを思い出す工夫や
  熱くしていく努力がすごい
  環境や周りのせいにせず
  マイナスをプラスに変え
  自分で自分の気持ちを熱くしていく
  そうしてようやく
  その熱が周りに伝わって
  変わっていく
       元気、明るさ、熱さ、​優しさ・・・すべて一​緒
                            小田真嘉

≪箱入り嫁のつぶやき≫
マイナスをプラスに変え
自分で自分の気持ちを熱くしていく


今日も明日も一歩一歩。。。

Image4821
           これ菊間瓦です♡

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

『人生が100倍楽しくなる名前セラピー』・・・ひすいこたろう 山下弘司(著)

2013年7月16日

2009年7月31日発行・・・2013年7月15日読みました
【目次】
はじまりの《あ》名前を好きになると運命が変わる!
第一章 「名前のことだま」で幸せになる
第二章 知らなかった!名づけの不思議
第三章 あなたの名前から使命を見出そう
第四章 「名前のことだま」で出会いが100倍楽しくなる
第五章 ことだまの力をパワーアップさせる方法
おわりの《ん》名前はあなたの天使
pen 私の心に残ったこと
名前、それは一生分の誕生日プレゼントなんです
  そして名前には、自分が相手に対してできることが書かれています
  ⇒あなたは必要とされて、この世界に生まれてきたということです

・ 幸せになるコツ、恋も仕事も、
   あらゆる人間関係が劇的に良くなる最高の秘訣
   ⇒それは親孝行!
・ あなたの名前は、親からの最初にもらう最高のプレゼントです
   ⇒名前に誇りを持って自分らしい生き方をすることこそ、
      「究極の親孝行」なのではないかと思ったのです
・ 「心」を「受」け入れると書いて「愛」と読みます
・ 自分の名前を受け入れることは、親を受け入れることです
   ⇒名前を好きになった瞬間から運命は変わるのです
・ 魔法が奇跡を起こすように、名前のことだまも奇跡を起こします
・ 自分の名前を嫌いな人は意外に多くいらっしゃいます
   ⇒悪い名前はない
・ 名前は自分でつけていない
   自分の名前を自分で呼ぶよりも人から呼ばれる方が圧倒的に多い
   ⇒名前は人のためにあるということです
・ ひとつひとつの音に表と裏の働きがある
・ 日本の知恵「言霊」は「言葉として発すること」で活性化するということです
・ ぜひ、愛しい人、子ども、恋人、伴侶、
   大事な人の名前を省かないで呼んであげてください

≪箱入り嫁のつぶやき≫
本の最後に“ふろく”として「名前のことだま」50音一覧表があり、
表の働き・裏の働きなどが出ていました。(↓こんな感じ♡)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《あ》人に何かを始めるきっかけを与えたり、希望を与える働きを持つ。
《け》体の成長に必要な食事や、心の成長に必要な言葉を与える役割を持つ。
《さ》人に幸せを与える働きを持つ。
   また人がどうしたら幸せを感じるか、喜ぶかを感じ取る力を持つ。
《ち》生きる力を与える働きを持つ。
《は》人に希望を与え、展開、広がっていく働きを持つ。
《ま》相手のいいところを真正面から受け止めて認めたり、
     相手の行動にOKサインを出す働きを持つ。
《め》「芽」を大きな花にして、価値を発揮させる力を持つ。
《ゆ》人に癒しを与えて元気にする働きを持つ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
他にも楽しいことがたくさん書かれていました。(↓こんな感じ♡)
☆祖父母の名前を一字もらったりすると運がよくなる。
☆車に名前をつけている人の車は、必ずムードがいい。

生れたときからずっとずっとあなたを守ってきてくれた天使。
それが、あなたの名前なのです。
名前ってこんな深いのかと驚きました。
自分の名前の使命。
出会う相手の名前は自分へのメッセージ。
これらがわかると毎日が楽しいものになるなと思います。
おすすめの本です (^-^)/   

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

『植物の不思議な生き方』・・・稲垣栄洋(著)

2013年7月15日

2013年2月28日発行・・・2013年7月9日読みました
【目次】
・病原菌とのミクロの戦い
・昆虫の食害からの防衛
・アリをめぐる植物の暮らし
・植物の体内に同居する共生菌
・マメの根に住みつく根粒菌
・動物に運ばれる種子
・芽生えの科学
・乾燥に強い植物のシステム
・植物に潜む暗号
・他者を利用するつる植物
・花と昆虫のかけひき
・花の色に隠された秘密
・すべては受粉のために
・植物を老化させるホルモン
・紅葉が赤く染まる理由
・植物の冬の過ごし方
・植物が出すフィントンチッド
・現代に残る古代植物
・緑の惑星を作った植物の素顔
pen 私の心に残ったこと
★「与えなさい。そうすれば、あなたがたにも与えられるでしょう」
これが進化の過程で植物が実践した思想なのだろう
この教えが聖書に記されるはるか一億年も前に、
植物はこの真理に気がついていたのだから、なんともすごいものだ

・ 植物とは不思議な生き物である
・ 古代ギリシアの学者アリストテレスは、
  「植物は逆立ちした人間である」と評したという
・ プラトンは、「人間は逆立ちした植物である」という言い方をした
・ 植物は、私たち人間にとって実に身近な存在だ
   ⇒身近にいながら、謎の多い植物の生き方
・ “フィボナッチ数列”や“黄金比”が植物に潜んでいる
・ 植物の放出した酸素による環境破壊の末に形成された、
   現代の地球環境
   ⇒ところが、その地球環境が今、再び変貌を遂げようとしている
   ⇒今度は人間が放出する大量の二酸化炭素がその原因だという

≪箱入り嫁のつぶやき≫
今まで知らなかった
不思議なことがたくさん書かれていたので、いっきに読みました。
最後にあった、ただひとつ、確実に言えること。
それは、「たとえいくらかの生物が地球に生き残るとしても、
人類は間違いなく生き残れない」
ということだけなのだ。
これは衝撃的でした。今私たちがなにをすべきか、
真剣に考えなければいけないなと思いました。

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

将来のことがやたら不安になってしまうのは・・・

2013年7月14日

<成長のヒント>

  将来のことが
  やたら不安になってしまうのは
  今やれることをやっていないから
  最善を尽くしていれば
  過去やってきたことが役に立って
  過去の自分が何度も助けてくれる
  そして
  未来の自分が希望をもたせてくれる
        ・・・・・・・・心配しても、未来は良くならない
                             小田真嘉 

≪箱入り嫁のつぶやき≫
過去の自分、未来の自分。。。
そっか、今の自分だけじゃないんだ(#^.^#)
三本の矢のように強くなれる~♡
大切なのは『今・ココ・私』だと思いました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今日は朝7時から市民大清掃があります!欠席は1000円。。。
だからと言うわけではなく、ご近所さんとの交流のため出席です。
今日は少し早めの更新をして、
パソコンをとじたら家事をすませ行ってきま~すrun

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

葡萄の袋かけ&足もとの小町りんどう♪

2013年7月13日

オブジェでいいと思っていた我が家の葡萄。
上手に育てたらとてもおいしい品種shine
以前いただいた袋があるので“袋かけ”してみました。
数房は袋が足りずそのまま。。。
美味しくなるといいな~

Image064

葡萄の足元に“小町りんどう”の鉢があります。
かなり前に買ったものですが、ほんのちょっとでいいお値段でしたcoldsweats01
育てるの難しそぉと思っていたら、
種が飛んでこぼれ種で発芽しているのを発見!
(前に草だと思って抜いて捨てた記憶も。。。)
丁寧に集めて一鉢にしたけれど、
枯れてしまってなくなる寸前までいきました。
今年は小さな鉢の中でこぼれ種からたくさん発芽。
育てはじめてかなりの時間が経っていますが、
こんなにたくさん増えたのは初めて(#^.^#)
葉のわりにまだ花が少ないけど、大切にしなきゃ♡

1

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

【104】目地シールを再び

2013年7月12日

台所のシンクと壁の間を目地シールで補修した記事を
以前(2008年12月)紹介したことがあるのですが、
①ブログを始めた年で、見やすい記事ではなかったこと。
②あの頃はまだアクリル棒を思いついてなかったこと。
③昨日再び目地シールを使って補修したこと。
などから、見やすい記事に作り直してみました^^*

古いシールをはがすとこんな感じでベタベタ!
雑巾でこすっても汚れがうすくのびてしまい汚い・・・(>_<)
Image416

水でぬらしたアクリルたわしでこすった後、
雑巾でふくとこんなにきれいになりました。
使い古したアクリルたわし・・・・・
ボロボロになって捨てるようなものでOKです。
今回は水を含ませたアクリル棒も使ってみました。
アクリルたわしより力がいらないので、
場所によって使い分けるととてもよかったです♪
Image418

マスキングテープでまわりをカバーして作業。
Image063

最後マスキングテープをはがして終了 ('-^*)/
Image426

【アクリルたわし&アクリル棒】
Photo

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

『社長は少しバカがいい。』・・・鈴木喬(著)

2013年7月11日

2013年2月14日発行・・・2013年7月6日読みました
pen 私の心に残ったこと
社長に必要なのは、「運」と「勘」と「度胸」なのだ
  ドシッとした腹なんだよ

・ 社長業とは「忍耐業」なのだ
・ 「成功体験」を捨てろ
・ 俺たちは価格ではなく価値で勝負する
・ 社長をめざすのなら、歴史を学ぶのがいいと思う
・ ホラも本気で吹けば、現実になるのだ
・ 「見えないところ」で雑巾がけをする
・ 「商品」ではなく「人間」を売る
・ 数字から現実におきていることを読む
・ イケシャーシャーで図太く生きる
・ 反省はしない
   ⇒「やっちまったぜ」でしまいにする
・ 大切なのは、平常心を保つこと
   ⇒そして、じっくりモノを考えることだ
・ 変わらなければ生き残れない

≪箱入り嫁のつぶやき≫
タイトルを見て「ん!?」と思ったので読んでみました。
実は“社長さん”好きです(笑)
どんな考えを持ち、どんな生き方をされているのか・・・・興味津々。
この本を読んで思ったのは、
☆平常心を保つこと
☆大将が元気でニコニコして、平気な顏してたら、たいていはうまくいく
これ主婦の私にもあてはまる~♡
こんなどっしり、ぶれないお母さんがいる家庭は安心な気がします^^*
ちょっと笑ってしまう場面もある楽しい本でした。

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

その限界の先に待って​いるモノ

2013年7月10日

<成長のヒント>
  
ダイヤモンドは
  高圧にじっと耐えて
  あらゆる角度から削られて輝く
  人もまた同じ
  重圧から逃げずに
  あらゆる試練を乗り越えて輝く
  基準を下げるほど、しんどくなり
  甘くするほど、苦しくなる
  素に戻らずに
  果敢に挑戦していたら
  「あ~、もう限界かも…」と思うときがやってくる
  実は、その瞬間こそ
  炭がダイヤモンドに生まれ変わるように
  別人に生まれ変わる直前
          ・・・・・・その限界の先に待って​いるモノ
                             小田真嘉

大人の樹に成長した19本目のグリムス。
1373134811_04464 1373231688_02382_2

20本目が発芽しました♡
1373317126_08092

忙しい日が続くと「あ~、もう限界かも…」と思う時もあるけれど、
やっぱり、楽しく更新を続けけていきたいと思います。
次はどんな大人の樹に成長するのかなぁ~^^*

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

『本屋さんで本当にあった心温まる物語』・・・川上 徹也(著)

2013年7月9日

2012年11月21日発行・・・2013年6月27日読みました
pen 私の心に残ったこと
あらゆる時代、あらゆる場所、あらゆる種の人間の
  「英知」「経験」「愛」「欲望」が集結している場所、
   それが本屋さんです

・ 並んでいる本一冊一冊に、何かしらの「物語」があります
・ そこに集う人々にも、それぞれの「物語」があります
・ 「本に救われた」と
   震災後に会った東北に住む何人もの知人から聞きました
・ 本の話は一気に人々の距離を縮めます
・ 子どもと本との出逢いは運命のようなもの
・ 「激励の言葉より本を売る」
   ⇒阪神大震災の被害を受けたことのある
    K書店ならではの矜持を感じる名コピーです
・ 普段背負っている重たい荷物を
   しばし横に置かせてくれるような本に巡り合えたら、本当に幸せです
・ 一冊の本によって働き方が変わり、転職し、人生が変わる

≪箱入り嫁のつぶやき≫
本屋さん大好きです♡
以前も一人でちょっとだけ・・・・と入り、
10分くらい経ったかなと時計をみると40分も経っててうっそぉsweat01sweat01
あの時はキツネにつままれた気分でした(^_^;)

本を読むのが遅くて、時間をかけて読んだのに内容がよくわからなくて、
どうやったら読みたい本をたくさん読めるだろうかと悩み続けていた時、
2002年出逢った1冊によって、私の生活は変わりました(#^.^#)

本書で紹介している28のストーリーは、
本屋さんで実際にあったエピソードです。
並んでいる本にも「物語」がある。
そして、そこに集う人々にも「物語」がある。
とても素敵なおすすめの本です (^-^)/   

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

2013年読んだ本(81冊~90冊)

2013年7月8日

2013年読んだ本(71冊~80冊)

81.5月29日 ブレイクスルー思考・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・飯田史彦
82.5月31日 新脳内革命 春山茂雄71歳! 
               体内年齢28歳のレシピ・・・・・・・・・・・春山茂雄
83.6月 4日 100%幸せな1%の人々・・・・・・・・・・・・・・・・・小林正観
84.6月 7日 淡々と生きる ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小林正観
85.6月12日 夢をかなえるメモの習慣・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・佐藤伝
86.6月12日 行動科学マネジメント入門・・・・・・・・・・・・・・・・・・石田淳
87.6月15日 なぜ、「これ」は健康にいいのか?・・・・・・・・・・・・小林弘幸
88.6月16日 誰も教えてくれない Facebook&Twitter100のルール
                              ・・・・・・・・・・・内藤みか
89.6月19日 脱力のすすめ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小林正観
90.6月22日 「頭のいい人」はシンプルに仕事する!・・・・・・中島孝志

2013年読んだ本(91冊~100冊)

≪箱入り嫁のつぶやき≫
本のタイトルにリンクを張りました。
気になる本があればクリックして参考になさって下さい。
私個人の感想ですが。。。(#^.^#)

  

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

                             

3代目カマちゃん♪

2013年7月7日

2011年7月から毎年庭に現れるカマキリのカマちゃん。
玄関先の鉢で年を越し、庭のどこかに子孫を残し、天国に行きます。

カマちゃんの3代目、今年も出現です!
観察していきたいと思います。楽しみ~ heart
Photo

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

『お家でいただく、ごちそうかき氷 かき氷専門店・埜庵』・・・石附 浩太郎(著)

2013年7月6日

2011年6月3日発行・・・2013年6月28日読みました
pen 私の心に残ったこと
本来、夏の食べ物であるかき氷を、
  1年中おいしく食べてもらうためには、どうしたらいいのか?
   開店以来、常にそのことを考えて、
   氷を削り、シロップを作り続けています

・ 本書はお家でかんたんに、そしておいしいかき氷を好きなときに、
   好きなだけ食べていただくことを目指して作りました
・ おいしいかき氷を作るために⇒家庭用かき氷器について
・ “基本のシロップ”だけは、ひと手間かけて、丁寧に作ってみてください
・ 氷の扱い方について
   ⇒容器から氷を出す際に水をかけるのは絶対やらないでください
  ⇒プラスチックかシリコンの容器で氷を作り、
    600度で20秒レンジにかける
・ 基本のかき氷の作り方
   ⇒埜庵の基本シロップの作り方
   ⇒埜庵の練乳の作り方
   ⇒かんたん練乳の作り方
  ⇒埜庵の抹茶シロップの作り方
   ⇒かんたん抹茶シロップの作り方
   ⇒いちごシロップの作り方
・ アレンジかき氷の作り方

≪箱入り嫁のつぶやき≫
1年中営業しているかき氷専門店。。。
どんなかき氷なんだろうと興味がわきました。
びっくりしたのは、“容器から氷を出す際に
水をかけるのは絶対やらないでください。”ということでした。
なんの疑いも持たず、いつもしていましたsweat01
もう一つびっくりしたのは、“温氷”・・・オンゴオリ
中は冷たく、外はちょっとあったか。
もうここまでくると芸術ですね。家で作る方法も書いてありました♪ 
シロップも練乳も作りかたが載っています。
興味のある方にはいいですね。

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

『アイデアのちから』・・・チップ・ハース&ダン・ハース(著)

2013年7月5日

2008年11月17日発行・・・2013年6月27日読みました
pen 私の心に残ったこと
★効果的なアイデアをつくるための六原則さえ理解すればいい
①単純明快である
・ 核となる部分を見出す
・ 核となる部分を伝える
②意外性がある
・ 関心をつかむ:驚き
・ 感心をつなぎとめる:興味
③具体的である
・ 理解と記憶を促す
・ 協調を促す
④信頼性がある
・ 信じてもらう
・ 外部からの信頼性
・ 内在的信頼性
⑤感情に訴える
・ 心にかけてもらう
・ 関連付けの効果を利用する
・ 自己利益に訴える(自己利益の底辺部だけに訴えない)
・ アイデンティティに訴える
⑥物語性がある
・ 行動させる
・ シミュレーションとしての物語(行動のしかたを教える)
・ 励ましとしての物語(行動を起こすエネルギーを与える)

☆ あなたの「本来の創造性」がどんなレベルであれ、
   少し真面目に努力すれば、
   たいていのアイデアはもっと記憶に焼きつくものにできる
   ⇒記憶に焼きつくアイデアは影響力を発揮する可能性が高い
   ⇒実現するためには、
      効果的なアイデアをつくるための六原則さえ理解すればいい
☆ いったん何かを知ってしまったら、
   それを知らない状態がどんなものなのか、うまく想像できなくなる
   知識に「呪い」をかけられるのだ
   ⇒「知の呪縛」という
   ⇒そうなると、自分の知識を他人と共有するのは難しい

≪箱入り嫁のつぶやき≫
①単純明快である②意外性がある③具体的である
④信頼性がある⑤感情に訴える⑥物語性がある
例をあげて説明してくれているのでわかりやすかったです。
この六原則は簡単に使えるし、その多くは常識的なことなのに、
記憶に焼きつく見事なアイデアが溢れていないのはなぜか・・・・・
『六原則を使ってアイデアを創りだす時、「知の呪縛」を避けること』
が大切らしいと思いました。

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

『パパのはらっぱ ママのしま』・・・落合恵子・文 和田誠・絵

2013年7月4日

1996年10月発行・・・2013年6月26日読みました
はらっぱをもっているというパパと、しまをもっているというママ。
どのくらい大きいのかを二人は張り合いますが・・・・・。
引き出しの中からママのしまが出てきて・・・・・
絵を描くママを囲むなかよし家族の会話が楽しい。
                                                      ――内容紹介より――
pen 私の心に残ったこと
ひきだしの中に海があったら、どんなに素敵だろう
  そう、考えた5歳の夏があった

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「パパのはらっぱは、すごいぞー」パパがいいました

すると、ママも、すぐにいいました
「ママのしまは、すごいぞー」って

「めぐちゃん、あそこのひきだし、あけてごらん」

「ああ、ママ!
ママのしまは、なんてすてきなんだ!」

「すてきでしょう!」

「パパのはらっぱもすてきなんでしょう?
こんどは、パパのはらっぱをみせて!」

≪箱入り嫁のつぶやき≫
落合恵子さんが書かれていたのですごく興味を持ちました。
絵本だし、なんとなく想像つきそうなはずなのに、
とてもワクワクしながら読みました。
楽しい絵本、おすすめです(o^-^o)

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

『ターシャ・テューダー 最後のことば』・・・ターシャ・テューダー(著)

2013年7月3日

2009年6月17日発行・・・2013年6月23日読みました
2008年6月18日、帰らぬ人となったターシャ・テューダー。
本書は月刊MOEに掲載された彼女最後のインタビュー2編と、
家族の証言をまとめたものです。
暮らしについて、仕事について、人生について、
ターシャ92年の生涯を締めくくるインタビュー集です。

pen 私の心に残ったこと
★ 遅かれ早かれ、ひとはみな死を迎えます
  それでも、私たちは人生をよりよくするために
   多くのことができるのです
 
・ 自分の周りを美しい考えで満たし、
   親しい人々に愛と優しさのこもった行動をとることをおすすめします
・ 作家や挿絵画家をめざす人たち
   ⇒けっして敗北を受け入れてはいけませんよ
・ 人生を楽しんでいる人なら誰でも、
   来るべき死を喜んで心待ちにはしないものです
   でも、私たちはこの必然をすべて受け入れなければなりません
・ たとえ、退屈でつまらないときがあるとしても、
   暮らしに喜びを見出そうとすれば、
   きっと暮らしはより良いものになるはずです
・ 人生で本当に欲しいものは何なのかよく考えてみたいですね
・ 大切なのは、それを為し遂げるという意志です
   本当に何かをしたいと望めば、きっとうまくいくはずですよ
・ 静かに落ち着いて働くこと、慌てないこと、そして、
   ことがうまく進まなくて、挫折しそうになったときは、
   少しそのことを忘れてお茶を飲んだり庭を歩いたり、
   ぐっすり眠ったりしてから、もう一度始めればいいのだ

≪箱入り嫁のつぶやき≫
いい本に出会うことができました。
大切なことを語りかけてくれます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆美しいものに囲まれた人生
☆生きものへの優しいまなざし
☆時間と手間を惜しまなかった日々
☆好きなことを追い求めた生涯
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
最後のひとこと、
大切なのは、それを為し遂げるという意志です
本当に何かをしたいと望めば、きっとうまくいくはずですよ

右のページにこの言葉。
左のページには、まるで今までそこに
ターシャがすわっていたかのような椅子とテーブルの写真。
すごく優しくなれる、でも力強いものを感じる♡
とても素敵な本でした (^-^)/   





応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

『ちいさなあなたへ』・・・アリスン・マギー(作)

2013年7月2日

2008年4月10日発行・・・2013年6月23日再読
                  (2010年4月6日読みました)
「あのひ、わたしは あなたの ちいさな ゆびを かぞえ、
その いっぽん いっぽんに キスを した」ではじまるこの絵本。
母親や、これから母になろうとしている女性、
巣立とうとしている子どもたち・・・・・・
それぞれがそれぞれの読みかたをできて、
それぞれの感動を味わえます。
 ――内容紹介より一部抜粋――
pen 私の心に残ったこと
すべてのおかあさんとその子どもたちに
いつのまにやら あなたは おおきくなって、
わたしの あかちゃんは、
わたしの こどもに なった。

いつか きっと あなたも とびこむのだろう。
ひんやり すきとおった みずうみの みずの なかへ。

ほのぐらい もりへ さまよいこむことも
あるかもしれない。

やがて せいいっぱい てを
ふりながら しだいに とおざかっていく
あなたを みおくる ひが やってくる。

そして いつか ながい としつきの はてには、
あなたじしんの かみも きんいろに かがやく ひが やってくる。

わたしの いとしいこ。
そのときには、 どうか わたしの ことを おもいだして。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

≪箱入り嫁のつぶやき≫
私が大好きな絵本のひとつです。
図書館で本を見ていたら、絵本の場所でないところにあり、
私にはキラッと光って見えたのですぐ手にとりました。
その場でパラパラめくりながら思いました。
以前読んだ2010年から3年経ち、娘達はもう独立して家にいないなぁ。
あの時と同じように、何回も何回もめくっているけれど
あの時とはまた違った感動がありますheart
いろいろな立場から感動を味わえる素敵な絵本だと思います(#^.^#)

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

『スイッチ!』・・・チップ・ハース、ダン・ハース(著)

2013年7月1日

2010年8月10日発行・・・2013年6月22日読みました
本書では、
大きな権限や強固な意志の持ち主ではない「ごく普通の人たち」が、
会社や国を動かすような変化を生み出した例を豊富に挙げながら、
それらに共通する「変化のしくみ」を明かしていく。
――内容紹介より――
pen 私の心に残ったこと
★“理性に訴えかけ、感情を揺さぶり、環境を整える”という
三つのシンプルな条件を満たすだけで、
誰もが思うよりも簡単に変化を引き起こすことができる

・ すべては小さなことから始まりました
・ いかに小さな成功であっても、それを積み上げることで自信につながる
・ ひとつ自信を持って言えるのは、変化が成功するときには、
  一定のパターンがあるということだ
・ 本書の特徴
  ⇒理性を「象使い」 感情を「象」 環境を「道筋」にたとえている
さあ、スイッチしよう
①象使いに方向を教える
  ☆ブライト・スポットを手本にする
  ☆大事な一歩の台本を書く
  ☆目的地を指し示す
②象にやる気を与える
  ☆感情を芽生えさせる
  ☆変化を細かくする
  ☆人を育てる
③道筋を定める
  ☆環境を変える
  ☆習慣を生み出す
  ☆仲間を集める

≪箱入り嫁のつぶやき≫
350ページほどの本でしんどいかなと思ったけれど、
いろいろな例を上げながら、三つの基本フレームワークを
紹介してくれているのでわかりやすかったです。
変化を引き起こすには 
・上手くいってる人(部分)を探し、まねをする。
・全体像で考えず、具体的な行動を考える
・目的地はどこか、そこへ向かうメリットは何かを理解する
・知識だけでなく、数値化など目で見えるようにする
・環境が変わると行動も変わる
・行動を習慣化する
・行動は伝染するので仲間をつくる
こんな感じかな♪
新しい自分になるため、スイッチをいれよう ('-^*)/

 

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログ村

最近のトラックバック