フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

『99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ』・・・河野英太郎(著)

2013年4月30日

2012年3月10日発行・・・2013年4月20日読みました
pen 私の心に残ったこと
★「真面目」と「みじめ」は紙一重!?
  ⇒ただ、一つだけこえなければいけない壁は、
   今までわれわれが重視してきた
   「まじめさ」に対する考え方を、
   少しだけ変える必要がある、という点です
  ⇒それを「1%のコツ」という表現にこめました

1.報連相のコツ
・ 早め早めに動く
・ 1分(あるいは3分)くださいを口ぐせにする
・ 「とりあえず」ではなく「まず」と言ってみる
2.会議のコツ
・ 「ブレスト」と「エバリューエーション」、趣旨をはっきりさせる
   ⇒会議には、どんどんアイデアを出す「ブレスト」と、
    出てきたアイデアを元に整理し最終決定まで持っていく
    「エバリュエーション」の二段階が存在します
・ 交流位置を選ぶ
・ 議事録は当日だす
3.メールのコツ
・ 箇条書きにする
   ⇒7個以下に抑えましょう
・ 見た瞬間に返信する
4.文書作成のコツ
・ 短く・単純に
・ ポイントは3つにまとめましょう
5.コミュニケーションのコツ
・ ポジティブワードを使う・・・言葉の口グセ
6.時間のコツ
・ すぐやる
・ 早朝型を試してみる
7.チームワークのコツ
8.目標達成のコツ

・ 簡単なことから習慣化する

≪箱入り嫁のつぶやき≫
はじめにの部分にどこにでもある風景として
風景①上司と部下の会話風景 ②会議の様子が書かれていました。
風景①では、
忙しそうに見える部長を気遣い礼儀を持って
「今よろしいですか?」と言ったことで、2週間を棒に振っています。

☆1分(あるいは3分)くださいと言えばよかった。
風景②では、
議論を進めたいから何か言ってほしいと思っている「最上位者」に、
なぜか他の20人が遠慮し、20人分の2時間が無駄になっています。
☆最上位者だからと遠慮したりイエスマンにならず、
はっきり意見を言えばよかった。
「まじめ」と「みじめ」は紙一重!?深いです。。。

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

『「苦しい」が「楽しい」に変わる本』・・・樺沢 紫苑(著)

2013年4月29日

2011年10月24日発行・・・2013年4月19日読みました
pen 私の心に残ったこと
楽しいことを考える。ポジティブな言葉を使う。
  客観視してみる。表現する。相談する。
  それでもどうにもならなければ、運動して眠る。
  ⇒実行したら、毎日続けてください
    一つひとつを日々継続すれば必ず効果がでます
    多くの科学的データが、それを実証しているのです

・ 「苦しい」ときは「成長の伸びシロ」にいる
・ 「悲しい」「苦しい」「つらい」ことをイメージするだけで、
   わずか1日で免疫力が低下するという実験結果
・ 苦しいときこそ、ポジイティブな言葉を使ってみる
・ 「やらされ仕事」を「自発仕事」に切り替える
・ ビジネス書には間違いなく、今の問題の「解決法」が載っています
・ 「不安」の正体はすべて「取り越し苦労」と知ろう
・ 「人間」は変えられないが、「人間関係」は変えられる
・ 「かげ口」ではなく「かげほめ」を
・ 泥沼の人間関係を「好意の返報性」によって覆すことが可能なのです
・ 笑顔をつくるのは、3秒あればどこででもできます
・ 深呼吸は怒りを鎮める
・ 眠るは特効薬

≪箱入り嫁のつぶやき≫
無意識に「苦しい」を回避して
「楽しい」を作り出す考え方、行動ができるようになる。
そういう例が、
印象に残るように書かれてありよかったです。
「不安」の正体はすべて「取り越し苦労」と知り、
意識して「楽しい」を作りだしたいと思います。
ひとつでもいいから、できることを継続!
そして特効薬があることも忘れずに・・・
それでもどうにもならなければ、運動して眠る。



応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

『第2図書係補佐』・・・又吉直樹(著)

2013年4月28日

2011年11月25日発行・・・2013年4月19日読みました
pen 私の心に残ったこと
本を読んだから思い出せたこと
  本を読んだから思い付いたこと
  本を読んだから救われたこと

・ 何物にも代え難い
   本を買って読むという行為を発見できた僕はとても幸運だ
・ 読書は日常化したのだけれど、それでもどんどん本が好きになって、
   毎回何かしらの感動があって、それが今日にまで至る
・ 太宰治との凄い偶然
・ 中・高の頃
   ⇒夏目漱石・芥川龍之介・太宰治
    谷崎潤一郎・三島由紀夫など読む
・ 又吉直樹×中村文則の対談
   ⇒大量に本を読むと人間の中に何が起こるかと言うと、
    変な海みたいなものが出来上がる

≪箱入り嫁のつぶやき≫
目次を見た時、私があまり読みそうでない本が並んでいたので
うっ!と思いましたが、(紹介の中の数冊は読んでいました^^* )
前から又吉さんの読んだ本に興味があったので読んでみました。
単に又吉さんの好きな本の紹介だけでなく、
それぞれのエビソードが読んでて楽しかったです。
太宰治との度重なる偶然にはちょっとびっくり。
又吉さんて、
ほんとは太宰治の生まれ変わり!?なんて思っちゃいました。
ただ、私にとっての太宰治とは、
中学の時に読んだ『斜陽』『人間失格』のイメージで暗い。。。
この本で知ったのですが、
『親友交歓』など面白くて笑えるような短編も数多くあるようです。
又吉さん同様、
“夏目漱石・芥川龍之介・太宰治・谷崎潤一郎・三島由紀夫”は
中・高で読みましたが、私がその後手にとることはないです(笑)
読む本は違うけれど、
毎回何かしらの感動があって、それが今日にまで至る
本を買って読むという行為を発見できた僕はとても幸運だ

この2点はとても共感できました。
そして何より私が本から離れられないのは、
本を読んだから救われたことがたくさんあるから。
いつも救われているから。

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

『10年後に食える仕事、食えない仕事』・・・渡邉 正裕(著)

2013年4月27日

2012年2月16日発行・・・2013年4月16日読みました
pen 私の心に残ったこと
実は、日本人としてこの国で生まれ育ったこと、
   それ自体がスキルであり武器になる分野もたくさんある
   それを自身の強みと理解し、強みを活かせる分野で
   脳力アップに励むことがもっとも賢い道だ

・ グローバル時代の職業マップ
   ①重力の世界⇒グローバルの最低給与水準に収斂される
   ②無国籍ジャングル⇒世界70億人との仁義なき戦い
   ③ジャパンプレミアム⇒日本人ならでは、日本人しかできない
   ④グローカル⇒日本人の強みを生かしつつグローバル化に対応
 《↓表があったのでお借りしました。クリックで拡大します。》

Photo_3

・ 日本人メリット
  ⇒日本で生まれ育った日本人でないと身につけづらい特殊性
・ グローカルへの進出を一番お奨めしたい
・ 次々に新しいものを生み出せない限り、国内の雇用は維持できない
・ 政治のリーダーシップで雇用を守る

≪箱入り嫁のつぶやき≫
本の最後に“頼れるのは自分だけ”とあったので・・・・・
えっそこ?って思ってしまいました。
日本で生まれ育った日本人でないと身につけづらい特殊性
=日本人メリットを活かしつつ
高付加価値スキルで勝負をするのがいいようです。難しい。。。

       

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

『ツバメの法則』・・・西田文郎(著)

2013年4月26日

2012年12月31日発行・・・2013年4月13日読みました
pen 私の心に残ったこと
夢を実現したいなら、“ツバメ”のように行動せよ!
・ ブルー・オーシャン戦略でツバメのように愛される
・ 成功する人は、
   自分は、絶対ナンバーワンになれると最初から思っています
・ 「ツバメの法則」とは⇒イてる人とつきあう・を選ぶ・線を高く
・ 成功するポイントは自分はついツイてる人間だと思えるかどうかです
・ 嫌なこと⇒転換するクセをつける
         ⇒「今のなし!」と言って脳から消し去る
・ 「要力」を持ってる人を大切にする
・ あぶないと思ったら“ツバメ返し”で乗り切る!
・ できる人は、「記憶」ではなく「記録」する!
・ 他喜力を発揮して脳を「快」の状態にする
・ 問題発覚・形を変える・絞り込み・組み合わせ⇒呪文のように唱える
・ ツバメは“ファン゜作り”の天才
・ ブランディンク゛(スゴイと言わせるように仕掛けること)をしたいなら
   ⇒①「選択と集中」で強みを絞っていく
    ②何度も顧客に足を運ばせて、ファンを作っていく

≪箱入り嫁のつぶやき≫
「ツバメの法則」とは、
イてる人とつきあう・を選ぶ・線を高く。
そして、ツバメの生き方
ツバメは小さい体にも関わらず、
自分の巣を襲うものは大きい鳥にでも向っていく。
そしてツバメは、他の巣の親が戻ってこないとき、
他の親の子のヒナを自分のヒナたちと一緒に育てる。
あぶないと思ったら、“ツバメ返し”で乗り切る!など。
ツバメはファン作りの天才なので、
ブルーオーシャン戦略でツバメのように愛されよう、
そして大海に飛び立ちましょうと・・・・・。
ツ・バ・メの語呂合わせからきているのかと思ったら
ツバメの生き方をも見習うといいみたいです♪

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

『からすのパンやさん』・・・加古 里子(著)

2013年4月25日

1973年9月発行・・2013年4月12日読みました
pen 私の心に残ったこと
★ こうして からすの パンやさんは
   せっせと みんなで はたらくし、
   おきゃくさんたちは 
   にこにこ よろこぶし
   そんな こんなで、
   いずみがもりの パン屋さんは、
   からすの まちで
   ひょうばんの りっぱな すばらしい 
   おみせに なりました。
・ 泉が森のからすのパン屋さんは、
   すてきなパンをどっさり作りましたが、おかげで店先で大騒動が・・・・
・ 4羽の子ガラス
  ⇒オモチちゃん・レモンちゃん・リンゴちゃん・チョコちゃん 
・ 個々の生きた人物描写と全体への結合化の大事なことを、
  わたしはモイセーエフから学び、
   さて、からすの一羽一羽に試みてみたのがこの作品です。
   どうかそんなわけですので、
   もう一度からすたちの表情をみて笑ってください。

≪箱入り嫁のつぶやき≫
1軒の売れないパン屋さん。
可愛い4羽の子ガラスも協力して家族みんなで
楽しい形のパンをたくさん作っていくあたりとてもよかったです。
おいしいパンの話を聞きつけて
たくさんのお客さんで大騒動になるのですが、
冷やかしできたお客さんまでも最後はきちんと並んで買って帰る。
何ともほほえましい場面でした。
見開きでたくさんのパンが書かれているページ。
えっ!こんなパンもあるの?と楽しかったです。
パンを買いに集まってくるたくさんのカラスの個性的なこと。
えっ!こんなカラスもいるの?と優しい気持ちになります。
ちょっとのドキドキと、楽しさと優しさのあふれるいい絵本でした。

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

【99】キャスターについた埃

2013年4月25

家の中を見回すといろいろなものにキャスターがついています。
そして気づくと埃がたまっている(>_<)
アクリルモップでなでてみたら、簡単!綺麗!!

Image329

毛糸部分を大きくしたアクリル棒もいいと思います。
                        ↓
Photo

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

【98】お盆の汚れ

2013年4月24日

お盆の隅っこにしつこい汚れが!
使っていた時は毎日拭いていたからよかったけれど、
ながらくおきっぱなしにしていたら、水拭きで落ちない定着汚れsweat01
ぬらしたアクリルたわしでこすってみると簡単にきれいになりました。

Image312

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

ちょっとうれしかったので本日二つ目UP・・・逆さ虹

2013年4月23日

≪箱入り嫁のつぶやき≫
今朝ベランダで洗濯ものを干していて“逆さ虹”を発見!
急いで庭に下りて撮りました。
通学途中の小学生が4人ほどいたので、声をかけてみました。
「普通の虹と違って、逆さ虹って言うんよ♪」と説明すると、
「あっほんと!逆さ虹~逆さ虹~」と言いながら学校へ行きました(笑)
私が逆さ虹を初めて見たのは2009年なので、
この子たちは私より何十年も早く見たから幸せいっぱいくるといいなぁheart
と思いながら見送りました。変なおばさんと思ったかなぁcoldsweats01

Image432

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

『知らないと損する不思議な話』・・・齋藤一人(著)

2013年4月23日

2012年10月4日発行・・・2013年4月5日読みました
pen 私の心に残ったこと
★「私は愛と光と忍耐です」この言葉で、人生が輝きます
・ 1日1日を楽しく過ごすんだよ
    ⇒我慢の後には、うらみが残るんだよ
・ 目の前で起きた問題に対して、
   自分は「愛と光」として答えを出そうと思ったとき
   ⇒神の基準で見られるんだよ
   ⇒そのとき、人は、ものすごく強い波動を出すんだよ
・ 人生が変わる、奇跡が起きるのは、あなたの心が変わったから
   ⇒今あなたは、暗い心か、明るい心か、どっちにいますか?
・ 何か波動が変わったときに、相手が変わっちゃうんだよね
・ 嫌なことか起きたら、
   「因果を刈り取ったから収穫祭で一杯やろう」と思えばいいんだよ
・ 知る、経験する、自分が何者かがわかる
・ 魂が向上してったときに、
   ホントにしあわせになるのか、そうじゃないのか実験しよう

≪箱入り嫁のつぶやき≫
いつも明るい心でいるための呪文のようなものですね。
1日100回言ったらいいそうです。またまた楽しいゲームです (^-^)/   
自分がいつも上機嫌(一人さん流に言うと上気元♪)でいる為に
こういうちょっとした“きっかけ”をうまく利用できたらいいな思います。
暗い心に傾きかけたら、
「私は愛と光と忍耐です」で、明るい心に戻します~♡
愛と光と忍耐は神様の基準でものを見ることのようです。
神様は簡単にイラッとしそうにないですものね^^*


応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

書く、書く、書く !

2013年4月22日

<成長のヒント>
  成長する人や
  仕事ができる人は
  とにかくメモ魔
  聞いたことを忘れずに書く
  学んだことをひたすら書く
  教えてもらったことを書く
  指摘されたことを全部書く
  ひらめいたことをすぐ書く
  そして
  書いたものを見直し、何度も見返し
  書いたときの気持ちを思い出す
       ・・・・・・記憶力の差ではなく、​書いた量の差
                              小田真嘉

≪箱入り嫁のつぶやき≫
主婦になるとそんなに書くことはないです。
それではいけないと、書くことを続けられるものを探しました。
読書ノートに書く♪ 手帳に書く♪
パソコンに慣れてくると書くことが億劫になってきます。
今より成長を目指すため、書く、書く、書く。そして何度も見返す。
実践したいと思います(o^-^o)

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

奇跡のモッコウバラ♡

2013年4月21日

Image414

咲いた!モッコウバラheart

大きく育ち、たくさんの花を咲かせ、
伸びたツルがいつのまにか大きなハート型になっていたモッコウバラ。
数年前の台風で倒れ、折れてしまいました。
土から50㌢ほどになってしまった木を大切に育てていたら
数個の花が咲くようになりましたが、今度はその本体も枯れた様子。
どうしょう(>_<)と思っていたら・・・・・
細~い茎が伸びてきてなんと花が咲きましたhappy01

今日は8時から町内の公園掃除です。
昨日の雨で微妙なところでしたが、
雨もあがりお天気よさそうなのでさっさと家の事片づけて行ってきます^^*
終わったら図書館と買い物GOですrun

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

【97】炊飯器のはずせない外蓋がきれいに♪

2013年4月20日

炊飯器の内蓋は水で流して洗えるけれど、
本体にくっついている外蓋は水洗いできません。
(取り外しのきく機種もあるのかもしれませんが)
炊き込みご飯をしたときなど、特に気になります。

油汚れもとってくれるアクリルたわし!
水でぬらして外蓋を拭くとすっきりします。

Image369

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

『老いと死について』・・・アルボムッレ・スマナサーラ(著)

2013年4月19日

2012年6月5日発行・・・2013年4月5日読みました
pen 私の心に残ったこと
★大切なのは、身体ではなく心なのです
第一章 老いるとは何か
・ 年をとる、老化する、死に向って生きていくという現実を素直に認め、
   認識できる人こそ、この世で最も幸せに生きられる人である
・ 「そんなものだ」と思えば、心はずいぶん楽になります
第二章 孤独について
・ ひとりで過ごすことを「日常」にする
・ 自分が楽しく過ごすことに集中しましょう
・ 親孝行とは、年老いた親が明るく、後悔するこなく、充実感を抱きつつ
   生きられるようにサポートすることだと理解しておきましょう
   ⇒親の心に巣くう汚点を、
     一つひとつ消していけるように協力することは、
    子どもにしかできない役割です
第三章 上手に年をとるために
・ 怒る人に対して怒りを返さない人が両方に幸福を与えます
・ 今生きているのは、死ぬのを待っている途中なのです
   ⇒そういう生き方をしている人は、気がまえもなく、
    肩の力も抜けているので、ストレスをつくりません
    苦しみもありません
第四章 手ぶらで生きると気楽
・ とくに処分を忘れないでほしいのは「思い出の品」です
   ⇒思いでの品は、眺めるだけで、心穏やかになるようでいて、
    過去に執着する危険を秘めていますから
・ 死んだ人が来世をどう生きるか決めるのは、
   その人が死ぬまでどう生きたかという、ただそれだけです
第五章 死とどう向き合うか
・ 死ぬ瞬間まで、明るい清らかな気持ちでいることにがんばりましょう
   自分を常に助けてくれる、
   まわりにいる人々の心を傷つけないように、がんばりましょう
・ 悲しみを断ち切らない者が、なおさら苦悩に陥る
   亡き人を嘆く人は、悲しみに飲み込まれる

≪箱入り嫁のつぶやき≫
今生きているのは、死ぬのを待っている途中なのです
それはそうなんだけれど、言葉になるとドキッとしました。
老いに怯え、死に怯え、大切な人を失うことに怯える心から解放され、
これからの1日1日をより価値のある日々にしていく方法を、
どうか、あなた自身で見出してくださいと最初にあります。
親に対するサポートも考えつつ、
ひとりで過ごす時間をなるべく増やし、
自分も楽しく過ごすよう心がけたいと思いました。

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

『やぎのしずかのたいへんなたいへんないちにち』・・・田島征三(著)

2013年4月18日

2011年4月発行・・・2013年4月2日読みました
むちゅうで草を食べていたしずかは、
うっかりバッタのあしをかんでしまったことから
たいへんなめにあうことに。
もんくなしにうれしい結末に大満足!    
    
                     ――内容紹介より――

pen 私の心に残ったこと
★ このうたを にんげんの つかう がくふで
   あらわせないのが ざんねんで たまりません

・ みんなで キャベツを かじったり ひっぱがしたり
   つついたり しました。
   しずかも うちがわから、バリバリ、ムシャムシャ、
   キャベツを たべました。

≪箱入り嫁のつぶやき≫
「しずか」はぼくが飼っていたやぎの名前です。
「しずか」はぼくたち家族に、おいしいミルクをたくさん出してくれました。
初めて「しずか」の絵本を描いてから36年たちましたが、
「しずか」はぼくの心の中にいまでも生きていて、
こうして新しい絵本に登場してくれたのです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
とても優しい気持ちになれるいい絵本でした。
おすすめです♪

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

『iPhoneバカ』・・・美崎 栄一郎(著)

2013年4月17日

2011年11月24日発行・・・2013年3月30日読みました
【目次】
プロローグ
iPhoneバカの華麗なる1日
第1章  iPhone4SとiOS5
第2章  iPhoneバカの七つ道具&基本ワザ
第3章  iPhoneバカのメール活用術
第4章  iPhoneバカの手帳&タスク管理術
第5章  iPhoneバカの情報整理術
第6章  iPhoneバカのカメラ、写真術
第7章  iPhoneバカの地図&PS活用術
第8章  iPhoneバカのツイッター活用術
第9章  震災、緊急時もiPhoneバカ

pen 私の心に残ったこと
iPhoneを使い倒すことができれば、
情報社会でも溺れることはありません

・ 私の使い方の基本は、
   「面倒な作業をせずに、仕事を楽に処理してしまおう」
   ⇒大切なことは、どんな目的や動機を持って、iPhoneを使うかです
・ 1800種類以上のアプリを試し、
   その中から特に使えるもの80種類を紹介しています
・ 使いこなしのコツはアプリ間の連携です
・ 情報は時間をかけて探したから価値があるのではなく、
   早く処理したほうが価値を生むのです

≪箱入り嫁のつぶやき≫
Facebookバカ』を借りようと思ったらこちらがきましたcoldsweats01
従来型携帯電話の私ですが、何かのご縁だと思い本を開いてみると
「歳をとればとるほど、動機こそが大切だという確信が深まる」
                            スティーブ・ジョブズ

が目に飛び込んできました。
iPhone、よくわからないけれど流し読みしてみることにしました♪
なるほど・・・・・・全体像はつかめたかも。
いつか必要になることがあるかもしれないから、
気になる裏ワザの書かれていたページをメモしておきました(笑)

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

「やってしまった…」ということはある

2013年4月16日

<成長のヒント>

    誰にでも
  「やってしまった…」ということはある
  人を傷つけたり
  迷惑をかけたり
  台無しにしたり
  確かに、とりかえしのつかないことかもしれない
  しかし
  大抵、やってしまった後に
  人生の潮流は変わるもの
  学びや改善するのは当然のことながら
  やってしまったのなら
  その勢いで
  思い切って、前に進むこと
  意外な流れに乗れるはず
             ・・・・・開き直るから、人生が​開けていく 
                                  小田真嘉

≪箱入り嫁のつぶやき≫
家族に対して、「やってしまった…」と思うことがよくあります。
悪気はないけど甘えかな。。。
この年齢になればもう少し落ち着いてもいいんだけど。
失敗ばかりですcoldsweats01

Image353

写真は我が家の庭で毎年ひっそりと咲くナルコユリです。
花言葉は、「懐かしい音」「元気を出して」「心の痛みを判る人」。
心の痛みを判る人になりたいなぁ~♡と思います。

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

【96】お風呂ブーツの汚れがあっというまにとれました!

2013年4月15日

我が家のお風呂ブーツの写真が
うまく撮れなかったのでお借りしました。
Photo_3

ブーツの口の部分の溝にすぐ汚れがたまります。
気づけば黒カビが(>_<)
先日、残り糸で編んだ小さなアクリルたわしでかるくこすると
大きなアクリルたわしより使い勝手がよく、
不思議なくらい簡単にきれいになりました (^-^)/ 
楽しい発見でした♪

Image301

お風呂のフタの溝をこする要領で・・・すっと撫でるだけ。
Image311

 

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

2013年読んだ本(41冊~50冊)

2013年4月14日

2013年読んだ本(31冊~40冊)

41.3月15日 日本でいちばん大切にしたい会社 3・・・・・・・・・坂本光司
42.3月15日 幸せのタネをまくと、幸せの花が咲く 2・・・・・・・岡本一志
43.3月16日 高校生レストランの奇跡・・・・・・・・・・・・・・・・・・・岸川政之
44.3月17日 ぼくのこえがきこえますか・・・・・・・・・・・・・・・・・・田島征三
45.3月18日 成功する人は缶コーヒーを飲まない・・・・・・・・・・姫野友美
46.3月21日 心を整える。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・長谷部誠
47.3月23日 すれ違ってしまった相手との心の修復法・・・・・・中山和義
48.3月23日 悔いのない生き方に気づく24の物語・・・・・・・・・中山和義
49.3月23日 凹まない人の秘密・・・・・・・・・・・・・・・・・・アル・シーバート
50.3月28日 おいべっさんと不思議な母子・・・・・・・・・・・・・・喜多川 泰

2013年読んだ本(51冊~60冊)

≪箱入り嫁のつぶやき≫
本のタイトルにリンクを張りました。
気になる本があればクリックして参考になさって下さい。
私個人の感想ですが。。。(#^.^#)

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

相性は育てていくもの

2013年4月13日

<成長のヒント>

相性がいいか、どうかは問題ではない
なぜなら、相性は育てていくものだから
「あの人とは、相性が合わない」
と割り切った時点で
それ以上に関係が深まることはなくなってしまう
そもそも性格の不一致は当たり前
何かのせいにするのは、心の弱さ
今、一緒にいるのは
何かのご縁であり
お互いに乗り越えるテーマがあるから
相手を許したり
接し方を変えたり
共通の目的を持ったりして
相性を育てていこう
   ・・・・・だから力を合わせれば​、すごくなる 
                      小田真嘉

≪箱入り嫁のつぶやき≫
私と相性のいい
フウロ草 (ゲラニウム) サンギネウム・ストリアタムです。
今年最初の花が咲きました。
鉢植えや地植え、いろいろ植えています。
和紙のような花びら、優しいピンク、大好きな花です。

Photo

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

『さすが!と思わせるできる人の話し方』・・・高橋 フミアキ(著)

2013年4月12日

2008年11月18日発行・・・2013年3月30日読みました
pen 私の心に残ったこと
★ 人とつながるためにスピーチをし、会話をするのです
     ⇒「坂本竜馬式会話術」といっていいかもしれません

・ なぜ、竜馬が力のある人たちと友好関係を結ぶことができたのか
   ⇒竜馬の心の中には、
     「高い志」と「優しさ」と「感謝」の気持ちがいつもありました
・ 話の構成テクニックを身につける
   ⇒どんなときでもスムーズに会話を進めることができます
   ①笑顔で接する
   ②誉めることと感謝する
   ③セルフディスクローズ(自己開示)する
   ④答えやすい質問から聞く
   ⑤事前に質問を考えておく
   ⑥質問の優先順位を決めておく
   ⑦重要度の高い質問はできるだけ具体的に
・ スピーチの場合は
   ①結論
   ②理由1
   ③理由2
   ④理由3
   ⑤ふたたび結論
・ 誉めることで、相手の心のなかにある“種”が発芽するのです
   ⇒誉めることで成長します
・ 相手の心に「尊敬」という木を植えていけばいいのです
・ 苦手な人とか嫌いな人とは、
   まず会う回数を減らす。会話の時間も短くする
・ 心のなかで「ありがとう」とつぶやくことが
   彼女を変え、老人を変えたのです
   ⇒奇跡を起こすミラクルワードです

≪箱入り嫁のつぶやき≫
流暢に話すというテクニックではなく、
気持ちをこめることが大事だと思いました。
相手の心に「尊敬」という木を植えていく・・・・・
誉めることで“種”が発芽、成長していく・・・・・
心にとめておこうと思います。

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

【95】白い壁紙に優しい

2013年4月11日

化学モップを長年使っていたら、
吸着剤が壁紙に残り、黒くなったところがありました。
アクリルたわしを使うと黒くならないので安心です♪

Image073

640

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

『のうだま2 』・・・上大岡 トメ(著)

2013年4月11日

2012年7月25日発行・・・2013年3月29日読みました
第一章 記憶力の減退は加齢が原因ではない
第二章 加齢で脳の神経細胞は減らない!
第三章 睡眠を記憶力増強に理容しよう!
第四章 好奇心があれば記憶力は衰えない!

pen 私の心に残ったこと
失うなかれ!好奇心!!
   ⇒記憶力が年齢とともに衰えるなんてウソ!

・ たいていの場合「気のせい」
   ⇒間違った情報のシャワーを浴び続けた結果
・ 物覚えが悪くなった!ど忘れがひどい!
   ⇒脳のマンネリ化
・ ワクワクでシータ波が出て、記憶力が高まる
・ ど忘れの向こうにもう一人の自分が待っている
・ レミニセンス効果
   ⇒翌朝できるようになっている
・ 寝てる時にシータ波強くでる
・ 寝ることで知識の質が変わる
・ 睡眠時間の1~2時間前は、脳にとっては記憶のゴールデンタイム!
・ 記憶は「失敗」と「くり返し」によって形成される
・ ものごとの裏にひそむルールを確実に抽出して学習するためには、
   学習スピードが遅いことが必須条件。繰り返し勉強することも必要
   ⇒脳を最大限に活かす方法です

≪箱入り嫁のつぶやき≫
間違った情報のシャワーを浴び続けた結果で、
たいていの場合「気のせい」・・・・・
そうなんだと言い聞かせようとしたけれど
とても気のせいとは思えない現実(汗)
解剖学的知見からは脳の神経細胞の数は、
3歳以降はほぼ一定で、100歳まで生きても
ほとんど変化がないことが報告されている

やはり思い込みが過ぎるのか。。。
パソコンに例え、記憶した情報量が増えたのだから、
それを引き出すのにも時間がかかる。
とありました。
睡眠を上手に活用し、とにかくくり返すこと!
脳がマンネリ化しないよう好奇心いっぱいでいたいと思います。

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

【94】小さなアクリルたわしでお風呂のタイル目地

2013年4月10日

残り糸で小さなアクリルたわしを編みました。
Image301

タイルの目地や狭い場所をこするには、
小さいアクリルたわしの方がいいと最近気づきました。
Image303

フタの溝を洗うのも小さい方が洗いやすかったです。
溝をすべらすだけです。
Image311

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

22年目、まりもの成長♪

2013年4月10日

≪箱入り嫁のつぶやき≫
1991年8月29日、北海道旅行のお土産に買って帰ったまりも。
小さな瓶に5個入って1250円でした。
あれからはや22年。少しずつ大きくなっています。
最近は直径5㌢くらいになりました。

20133

2008年の写真がコチラ・・・買った時の2倍くらいです。
ブログを始めた頃で不慣れだった為、写真が小さいのしかないですsweat01
メダカをすくう用に使っているコーヒーのメジャースプーンと。
20080210

2013年4月の写真。
長く使っているうちに持つところが折れていますが
2008年の写真と同じコーヒーのメジャースプーンと並べてみました。
20131

2011年メダカと一緒の写真。
20110405

2013年4月。2年間で器の底の円からはみでる大きさなになりました。
20132

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

『1度きりの人生だから絶対に後悔したくない! だけど、まわりの目が怖くて、なかなか動けない。そんな20代の君が1歩を踏み出す50のコトバ』・・・吉岡秀人(著)

2013年4月9日

2012月11月27日発行・・・2013年3月29日読みました
pen 私の心に残ったこと
顧客よりプレイヤーになったほうが人生は100倍楽しい
 ⇒だからこそ、
   どんなに怖くても、
   どんなにつらくても、
   どんなに痛くても、
    “一歩”を踏み出すことだ

・ 自分が一番欲しいものだけに、すべての力をフォーカスする
   ⇒失敗ではなく、成功だけにフォーカスする
・ 「やりきった」と思った瞬間が、その場を離れる時期
・ 「明日やろう」じゃなくて「今やろう」
・ 人生で何度も何度も失敗した⇒それが成功の理由だ
                        ・・・マイケル・ジョーダン
・ 結局は、細かいことを積み上げることでしか、頂上には行けない
                                   ・・・イチロー
・ 「週休二日でのんびり」じゃなくて「毎日仕事だけど充実」
・ 時間の大切さを知るとは、
   今しかできないことが何なのかを知るということ
・ 心に響くコトバが一つでもあったら、
   本を投げ出してもいいから、すぐに行動してほしい
・ “進歩”ではなく“進化”することが大切だ
   ⇒次元が変わることを、進化という
・ 「○○があったらできるのに・・・」
   じゃなくて「○○がなくてもできる方法は?」
・ 時間は流れが速い、だから、細かい点数を稼いでいかなきゃいけない
・ 人間にはキャパがある
   ⇒余計なことまで覚えてしまうと、身動きが取れなくなる
・ 背伸びして、ストレスのかかることにも挑戦する
   ⇒その経験が人間力を鍛えてくれる
・ 死から生を逆算することで、人生の密度はあがる

≪箱入り嫁のつぶやき≫
とっくに20代は卒業しているので、
“そんな20代の君が1歩を踏み出す50のコトバ”を見た時、
読むのを少し迷いましたが、何歳になっても一度きりの人生!
一歩踏み出すのに年齢は関係ないと思い読みました。
顧客よりプレイヤーになったほうが人生は100倍楽しい
私もそう思います。
ドーンと背中をおしてもらえる本でした♪

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

【93】オーブントースターの掃除に

2013年4月8日

オーブントースターの内・外の汚れ、
水でぬらしたアクリルたわしで意外と落ちます。
お餅を焼くと網にくっついたりしますが、
アクリルたわしで洗うととれるし、
アクリルたわしにも残りません。
洗剤なしなのでとても安心♪

Image185

《参考》↓クリックで記事が読めます
餅つき機の羽根や手についたお餅があっという間にとれます

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

『おいべっさんと不思議な母子』・・・喜多川 泰(著)

2013年4月7日

2013年1月5日発行・・・2013年3月28日読みました
おいべっさんとは何か?
不思議な母子はどこからやってきたのか?
驚きのエンディング!
このシンプルな物語はきっとあなたに「生きる力」を与えてくれます。
ベストセラー『「また、必ず会おう」と誰もが言った。』の著者が挑む
新境地の書き下ろし作品。 
――内部紹介より――
pen 私の心に残ったこと
少なくとも、今が「幸せ」だと感じることができる「感謝の心」、
そしてどんなことが起こっても前向きに生きる「強い心」は、
今の教育よりも昔の教育の方が伝えることができていたように思う

・ 身体を張ってでも正義を通すべきときに、ケガすることを恐れて、
   無関心を装い逃げるような大人になってもらっては困ります
・ 学校は、“失敗”を経験するためにある場所だ
   ⇒それを“学び”に変える。それだけだ
   ⇒この経験からお前が何かを学んで、
    今までの自分とは違う過ごし方をするだけでいいんだよ
・ 神様はいのちに別状のないケガをさせて、
   もっと大切なことを教えてくれるのよ
   ⇒でも、あなたは運がいいわ
     やっちゃいけないことをしているなぁって思ってたいた
    その日のうちに、
    すぐ自分のやったことを後悔するような事故に遭ったでしょ
・ 学ぶために失敗して、学んだあとの人生を生きる・・・
・ みんなができることが、できないことだってあっていいのよ
   それがあるってことは、
   逆に自分にしかできないことがあるってことだもの
・ もっともっと失敗していいのよ、子どもたちも。そして、あなたも
・ 子どもに、どんな困難も自分で乗り越えさせる力を
   身につけさせてあげなければ、かわいそうよ
・ あなたはあなたがなりたいと思った人に、いつでもなれるということよ

≪箱入り嫁のつぶやき≫
喜多川 泰さんの本はほとんど読んでいますが、どれも大好きです。
どの本も元気をもらえ、やる気に火がつき、感動します。
“おいべっさん”って何!? 
今回はどんな内容なんだろうとわくわくしながら読みました。
正直、やられたぁ~今回はこうきましたか・・・と思いました。
教育の原点とも思えるとてもいい本です!おすすめ (^-^)/   

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

雨も風もすり抜けて

2013年4月7日

≪箱入り嫁のつぶやき≫
昨日は、今治で(松山から車で約1時間)夫が飲み会のため、
夕方松山を出て、今治まで車で送ることになっていました。
天気予報では夕方から大荒れとか。
海岸線を走るので困ったなぁと思っていたら、
雨も風もなし!今治に着いた頃少し雨が降ったくらいでしたgood

夫が飲み会の間、私は自分の実家で両親と楽しい時間を過ごしました。
松山に帰るのは日付が変わる頃だろうなと予測していたのですが、
予想どおり、松山の家に着いたのは1時前。。。(笑)
帰りの海岸線は、すこーし風が強くなってきたなと思ったのですが、
家に着いた直後から突風typhoontyphoon    
助かったgood

日曜日の午前中は、きまって図書館&買い物の私たち夫婦を気遣い、
次女から今朝5時すぎにメール。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
松山市からお知らせします。4月7日4時44分、
松山市に暴風・波浪警報、雷注意報が発表されました。
松山市では、災害警戒本部を設置し警戒にあたっています。
ラジオやテレビ等の気象情報に十分注意して
むやみに外出しないようにしてください。
               
――(気象)警報 モバイル松山消防――
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
様子を見ていたら9時頃にはおさまってきたので、
いつものコースでおでかけrvcardash
私たち夫婦は、雨も風もすりぬけたようです。

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

桜が散っちゃう。。。

2013年4月6日

≪箱入り嫁のつぶやき≫
4日木曜日、
スーパーの帰りちょっと遠回りして公園に寄ってみました。
池には亀さんプカプカ浮かんでる・・・小さな手を時々動かしながら(笑)
普段はカモもいるらしい。
公園では、
歳を重ねたたくさんの男性陣がゲートボール。
歳を重ねた女性たちはおしゃべりに花が咲く♪
池のまわりも公園のまわりも桜がたくさん。
気持ちのいい時間が流れました~cherryblossom

公園のまわり、携帯で試し撮り。

Image315_2

桜の木の真下から。

Image317

池のまわりは。

Image319

近づいて。

Image318

もっと近づくと。ミツバチが忙しそう♪

Image321

今日はお天気大荒れの模様。
お花散っちゃう~sweat01sweat01

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

『凹まない人の秘密』・・・アル・シーバート(著)

2013年4月5日

2008年4月15日発行・・・2013年3月23日読みました
pen 私の心に残ったこと
凹まない人は、
あらゆる相反する性格を同時にあわせ持つことができます
そして、この変化のたえまない現代において、
そんな心の多様性を身に付けた人が、
変化を軽々と乗りこなしていくことができるのです

・ 自分の人生は自分でコントロールする!
・ 自分の感情ではなく、問題そのものに意識を向ける
・ 好奇心に満ちていて、遊び心にあふれている人
   ⇒この状況で笑えることって何だろう?
   ⇒ここから私が学べることって何だろう?
   ⇒違う立場から見たらどうだろう?
・ 変化に対応するには、学び続けるしかないのだ
・ セレンディピィティが起こるポイント三つ
  一つ目は、ありがたくない出来事が起こる、ということだ
  二つ目には、気転や知恵を持ってそれに向き合うこと
  三つ目として、それを思いがけない幸運やギフトに変えるということ
・ 絶対に自分からは望まないようなひどい状況の中でも、
   少しでも望み通り状況を変えていく、という力は私たちの中にある
・ 悪いことが起こるのを避けるのではなく、そこからどう立ち上がり、
   さらに強くなって颯爽と人生を歩いていくのか

≪箱入り嫁のつぶやき≫
いつも上機嫌で「何とかしなけれゃなんめぇな」とありましたが、
これから先、凹まないことが起こらないということはないし、
全く凹まない人という人はいないんじゃないかと思います。
凹まない人というのは、ひどい状況の中で、
「笑えることは」「学べることは」「違う立場から見たら」と考え、
「そうだ!」とひらめく人ではないかと思います。
シンクロニシティと違って、
セレンディピティは単なる幸運ではなさそうなので、
セレンディピティの起こるポイントをおさえ、磨いていけば、
凹むことの少ない人になれるのではないかと思いました。
悪いことを避けるのではなく、そこから立ち上がり颯爽と歩く。
やはり経験を積みながら学び続けるしかないようですね。

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

『悔いのない生き方に気づく24の物語』・・・中山和義(著)

2013年4月4日

2009年11月7日発行・・・2013年3月23日読みました
この本は多くのホスピスで働く看護師やボランティアの皆さん、
患者さんのご遺族の皆さんのご協力のおかげで書くことができました
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
取材中に聞いた、ある看護師さんの言葉です。
普通の人は家族や親族など少数の人の看取りしかできないけど
私は看護師として数で言えば何百、何千という人を看取ってきました。
1つ1つ、同じではないんです。
みんなそれぞれのドラマがあるし、ストーリーがあるんです。
同じ悲しみはありません。
最後まで必死に生きている皆さんからいろいろと学ばせてもらえるので
この施設に来て本当によかったと思っています。
話していただいた言葉から・・・
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

pen 私の心に残ったこと
最後の瞬間に「私は私の人生を生きた」と言えたら幸せです
・ 人は生きて来たように人生の幕を閉じる
・ どのように生きれば良いのか?
・ 一粒の種
・ 幸せは一人一人の心の中にあるんだから、誰との比較とかじゃない
   他人に感謝して、自分にも感謝していきなさい
・ 人は誰でも最後まで人の役に立っていたい
   ⇒忘れてはいけない言葉です
・ 人のために生きてきた人の最後は幸せなんです
・ 「怒り」の感情の前には必ず「不安」や「安心」「期待」などのような
   別の感情があるといわれています
・ 人生の最後まで、自分のできることをする
・ 人間は人生の最後まで成長できるのだと思います
・ 目の前にある当たり前の幸せに気づくことができれば、
   誰でもすぐに幸せになることができるはずです
・ 人生で出会った人たちに与えたものは、
   必ず人生の最後には返してもらえるようにできていると思います
・ 人生は無限ではないのです

≪箱入り嫁のつぶやき≫
心に響くお話ばかりでした。
みんな同じ!人生は無限ではない!!
どう生きればいいのか。。。気づきをもらえる本でした。
おすすめの本です (^-^)/   
そんな中、この本で『一粒の種』に出会いました。
がんでこの世を去った男性の最期の言葉を看護師がまとめたもの。
「一粒­でいい。人間の種になって生きたい」。
その言葉を預かり、種を蒔こうと誓った看護師の思いで、
このポエムはメールマガジンに­投稿された後、
やがて同郷のシンガーソングライター下地 勇の手により楽曲となり、
さらにその後輩の砂川恵理歌がCD化することになる。
生きることの愛しさ、
そして、失った愛する人はいつも側にいることを教えられる、
静か­で強い命の唄。

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

大人の樹も春♪

2013年4月3日

≪箱入り嫁のつぶやき≫
18代目グリムスが大人の樹に成長しました。
春らしく、はまぐり2段重ね ('-^*)/

1364856904_05020

そして、我が家の春~
かなりきつく刈り込んだ林檎の木。
心配していたけれど蕾あり・・・花も咲きました♡

Image294

Image286

柏葉アジサイにも花芽がたくさん。
開花が楽しみです(#^.^#)

Image254_2

今日は洗濯ものをほした後、
早朝から(6時50分くらいから)庭の草むしりをしました。
パンジーの花がらをとってささっと庭を掃いておしまいのつもりが、
気づけば30分も座り込んで草と向き合っていました(笑)
斎藤一人さんがおっしゃるところの
“心の雑草”をひとつひとつ丁寧に抜くつもりで無心に草ひき。
素敵な『家事瞑想』ができました♡

※夫の食事の準備をしてから庭に出たので
  なんの遠慮もいらない。幸せ時間でした~♪
 

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

『すれ違ってしまった相手との心の修復法』・・・中山和義(著)

2013年4月2日

2012年6月29日発行・・・2013年3月23日読みました
pen 私の心に残ったこと
心のすれ違いは、言葉のすれ違いから始まる
  ⇒思考が変われば行動になり、
   それを繰り返すことで習慣にすることができます
    そして、人生がかわります

第一章 言葉だけでなく気持ちを聞く
・ 本当に悩んでいることの答えは、
   与えてもらうものではなく、自分で気づくこと
   ⇒自分で気づいた解決策だから、行動にうつせるのです
・ 悩みを解決する方法を教えてもらいたいというのではなく、
   自分の悩みを理解してもらいたいということです
・ 簡単に人の気持ちを分かった気にならない
第二章 気持ちがきちんと伝わる話し方
・ 指示を与えるときに、目的を説明する必要があります
第三章 感情をコントロールする
・ 怒りの感情の前に、期待、不安、心配、安心の感情が隠れています
   ⇒怒りの前にどんな感情があったのかを考えると、
    怒りをコントロールすることができるようになります
第四章 習慣を変えると、人間関係が良くなる
・ 自分の与えられているもの、健康な体に感謝することができれば、
   イライラした感情が抑えられて、人間関係が上手くいくようになります

≪箱入り嫁のつぶやき≫
怒りの前にどんな感情があったのかを考えると、
怒りをコントロールすることができるようになります

を試してみました。
怒りの感情の前に隠れている、
期待、不安、心配、安心の感情を考えてみると、
ほんとに怒りをコントロールすることができました。
思い込みや期待の大きさが影響していることにも気づきました。
この本では、章のまとめとして
第一章 大切な人との良い関係を作るために、
      人の話を聞くときに必要なことを身に付ける
第二章 大切な人との関係を深めるために、
      あなたが話すときに必要なことを身に付ける
第三章 さらに関係を良くするために、
      自分も相手も感情を害さないための方法を身に付ける
第四章 毎日できる、人間関係を良くする習慣を身に付ける

について書かれているのが、とても参考になると思います。
自分では悪気がなく、
相手を傷つけていることにさえ気づいていないこともあります。
相手の気持ち、自分の気持ち。
“気持ち”についてもう少し深く考えてみたいなと思いました。
気づきをもらえた本でした!

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

今あるもので♪

2013年4月1日

<成長のヒント>

  トランプでも
  持っていないカードのことを考えていても
  何もはじまらない
  手持ちのカードで勝負するしかない
  これ、何事も同じ
  今いる人で、何とかする
  今持っているモノで、工夫する
  今与えられた仕事に、最善を尽くす
  そうやって
  出し惜しみせず
  今持っているカードを
  どんどん使っていけば
  ある時
  とんでもないカードが巡ってくる
       ・・・・・・どんどん使っていくか​ら、次ぎがまわってく​る
                                  小田真嘉

≪箱入り嫁のつぶやき≫
今日から4月。新しいことが始まる予感♡
今あるカードを使って楽しいことをみつけたい(#^.^#)

写真は庭のスノーフレーク、たくさん咲きました。

Image235

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログ村

最近のトラックバック