フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« 『神様のサービス』・・・小宮一慶(著) | トップページ | 『あいをよる おもいをつむぐ』・・・さとう うさぶろう(著) »

『じこくのそうべえ』・・・たじまゆきひこ(作)

2013年3月6日

1978年5月1日発行・・・2013年2月25日読みました
上方落語『地獄八景亡者戯』―
古来、東西で千に近い落語がありますが、
これはそのスケールの大きさといい、
奇想天外な発想といい、
まずあまり類のない大型落語です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
軽業師のそうべえが綱渡りに失敗し、
なんと地獄に送られることになってしまいました。
そこで出会った仲間たちとともに、閻魔大王の前で大暴れ!
上方落語「地獄八景亡者の戯」を題材にしたロングセラー絵本です。
                                ――内部紹介より――

pen 私の心に残ったこと
こりゃ、ごじゃごじゃすなよ。川にはまったら、生きるぞ
   ここ、どこやろか。
   死んでしもたんや。
   えらいことに、なってしもたわ。
   この道、どこへいくんやろか。

   あれが、ゆうめいな火の車やったんやな。
   じこくへの ちょうとっきゅうやったんや。
   ああ こわあ。

   せっしゃは、やまぶしの ふっかいでござる。
   わしは、歯ぬきしの しかいと いいます。
   わたしは、いしゃの ちくあんともうす。

≪箱入り嫁のつぶやき≫
2007年10月1日から2008年3月29日まで放送された
NHK連続テレビ小説『ちりとてちん』で、
「地獄八景亡者の戯」のお話を知りました。
それが絵本になっていると知ったのでさっそく読んでみることに。
これは面白いです!
読み聞かせにもよく使われているようで、
楽しいだろうなぁと思いました。
  

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

« 『神様のサービス』・・・小宮一慶(著) | トップページ | 『あいをよる おもいをつむぐ』・・・さとう うさぶろう(著) »

3.読書日記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは♪

『ちりとてちん』は見ていましたが、
「地獄八景亡者の戯」記憶にないですsweat01
落語が絵本になったんですか!
面白そうですねhappy01

cherry きっちゃん♪へ

こんばんはshine

『ちりとてちん』は夫婦で好きだったので、
総集編なんかも主人がとってて
何回も見たものですから結構詳しいです(笑)

舞台が地獄だからかわいいとはいいにくいけれど
4人の仲間のしたい放題が面白かったです^^*

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520427/50428069

この記事へのトラックバック一覧です: 『じこくのそうべえ』・・・たじまゆきひこ(作):

« 『神様のサービス』・・・小宮一慶(著) | トップページ | 『あいをよる おもいをつむぐ』・・・さとう うさぶろう(著) »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログ村

最近のトラックバック