フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

満開!15年目のシクラメン

2013年3月31日

1998年12月、我が家にやってきたシクラメン。
毎年たくさんの花を咲かせます。
今年15年目。記録更新です!
きれいに咲きました(o^-^o)

Image275_2 

↓2月の蕾の様子をUPした記事です。
楽しみ! 15年目のシクラメン



応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

2013年読んだ本(31冊~40冊)

2013年3月30日

2013年読んだ本(21冊~30冊)

31.2月23日 神様のサービス・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小宮一慶
32.2月25日 じこくのそうべえ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・たじまゆきひこ
33.2月27日 あいをよる おもいをつむぐ・・・・・・・・・・・・さとう うさぶろう
34.3月 2日 夢をかなえるゾウ2・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・水野敬也
35.3月 6日 ツキを呼ぶ魔法の音楽 絶対テンポ116・・・・・・片岡慎介
36.3月 8日 弱った体がよみがえる人体力学・・・・・・・・・・・・・井本邦昭
37.3月 9日 ビジネスマンのための「読書力」養成講座・・・・・小宮一慶
38.3月13日 「働くパパ」の時間術・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・栗田正行
39.3月13日 日本でいちばん大切にしたい会社・・・・・・・・・・・坂本光司
40.3月13日 日本でいちばん大切にしたい会社2・・・・・・・・・・坂本光司

2013年読んだ本(41冊~50冊)

≪箱入り嫁のつぶやき≫
本のタイトルにリンクを張りました。
気になる本があればクリックして参考になさって下さい。
私個人の感想ですが。。。(#^.^#)

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

『心を整える。』・・・長谷部誠(著)

2013年3月29日

2011年3月20日発行・・・2013年3月21日読みました
『心は鍛えるものではなく、整えるものだ。
いかなる時も安定した心を備えることが、常に力と結果を出せる秘訣だ。
自分自身に打ち勝てない人間が、ピッチで勝てるわけがない。』
日本代表キャプテンとして、
チームを勝利へ導いた男の実践的メンタルコントロール術。

                                 ――内部紹介より――
pen 私の心に残ったこと
★僕は「心」を大切にします
第一章 心を整える。
・ 1日1回、深呼吸をして、必ず心を鎮める時間を作りなさい
                           (稲盛和夫さんの本より)
・ 心がモヤモヤしたときこそ、身体を動かして整理整頓をしている
   ⇒心の掃除もかねて
・ 心を正しく整えるためにも愚痴は必要ない
・ ひとり時間はとても大切
第二章 吸収する。
・ 孤独な時間を作り、ひとりでじっくりと考えを深めていくこと
  ⇒読書、ひとり旅
第三章 絆を深める。
第四章 信頼を得る。

・ 運を女性のように口説きなさい(アルゼンチンの人たちは言う)
・ 口にした言葉は自分の耳を通じて自分の心に届く
第五章 脳に刻む。
・ 「読書ノート」で、心の点検
   ⇒大学ノートに好きなフレーズを書き写す
第六章 時間を支配する。
・ 睡眠は普段からのリズムが大切
・ 便利な時代になっているからこそ、
   僕はITの恩恵を最小限に受けつつ、
   あえてアナログ的な時間の過ごし方を大事にしていきたい
第七章 想像する。
第八章 脱皮する。
第九章 誠を意識する。

・ 正論を振りかざしたら、
   かえってまわりに迷惑をかけてしまうことがある
・ 笑顔の連鎖を巻き起こす
最終章 激闘のアジアカップで学んだこと
・ 仲間の可能性を感じる

≪箱入り嫁のつぶやき≫
テレビでインタビューの受け答えを見て、
本を読んでみたいと思いました。
先輩、監督・・・まわりの人たちをじっくり観察し、いろいろな経験を糧に
どんどん器を大きくしていく素敵な人だと思いました。
☆1日1回深呼吸。
☆ひとり時間を大切にする。
☆読書ノートに好きなフレーズを書き写す。
☆アナログ的な時間の過ごし方を大事にしていきたい。
これら同感したところです。
いちばん好きだったのは、笑顔の連鎖を巻き起こす
とても素直な感じのいい本でした。おすすめです (^-^)/   
 

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

『成功する人は缶コーヒーを飲まない』・・・姫野友美(著)

2013年3月28日

2011年4月20日発行・・・2013年3月18日読みました
pen 私の心に残ったこと
食べ方ひとつで人生がかわる
  ⇒脳と体に必要な栄養素を摂り余分なものは出すということは、
   新陳代謝によって常にフレッシュな細胞が生まれ、
   体中の細胞がスムーズに生まれ変わっていくということ

・ 精神論を実践できて、なおかつ成功をつかめる人は
   “燃費のよい体”を持っている
   ⇒体のなかの酵素の形の違いによる
  ⇒40倍もの差が生まれてしまうことも
・ 実は砂糖こそ、眠気を誘う犯人だ
・ 肉を食べれば頭の回転が速くなる
・ 残業中などデスクで食べるのなら、
  ナッツ、チーズ、牛乳、豆乳、無糖ヨーグルトなど
・ 食後すぐ体を動かすと、タンパク質でできた「グルット4」の働きで、
   ブドウ糖をエネルギー源として利用することができる
・ 卵でコレステロールは上がらない
   ⇒最低でも1日1個、卵を食べることをオススメする
・ 21世紀の健康的な食べ方とは
   ⇒①副菜②主菜③ご飯の順番で箸をつけることが正しい
・ 脳にいい油
   ⇒オリーブオイル・亜麻仁油・シソ油・エゴマ油・青魚・ナッツ類
成功を呼ぶ5つの食習慣
  栄養に貯金がたまってくれば脳と身体の充実感が増し、
  新しいアイディアが浮かんだりフットワークが軽くなったり
  ビジネスチャンスがどんどん広がっていくはずだ
① タンパク質をしっかり摂る
② 脳に必要なよい脂質を摂る
③ 精製された糖質を控える
④ 活性酸素を消去する
   ――糖質過剰摂取をおさえ、こまめにビタミンACE
⑤ 腸内環境を整える
   ――乳酸菌を摂り、腸内細菌を増やす。
      食物繊維で腸内環境を整える。

≪箱入り嫁のつぶやき≫
○体のなかの酵素の形の違いで40倍もの差がでるなんてびっくりです。
↑5つの食習慣で、“燃費のよい体”に改善したいなと思います。
○次に気になったのは、「グルット4」。初めて知りました。
普段から姿勢をよくして、
簡単にできる↓グルット4の効果的な筋トレも取り入れたいです。
○『神経伝達物質を素早く伝えるために・・・・・ミエリン鞘を丈夫に・・・
            
――中略――
最低でも1日1個、卵を食べることをオススメする
。』―P76―
この部分も興味深かったです。
○分子整合栄養医学というのも今回初めて知ったのですが、
口にしたもので体がつくられていくので、いろいろな情報を
上手に活かして、快適な暮らしを目指したいな♪と思いました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「グルット4」に関していい記事をみつけました。
こちらクリック⇒管理栄養士コーゲヨーコさんのサイトです
――引用――
☆グルット4とは?
 筋肉の中にあるタンパク質です。
 筋肉中に血液中の糖を取り込む働きがあります。
 簡単な筋トレで、グルット4が増えるといいます。
☆グルット4の効果的な筋トレとは?
 【1】壁に背中・肩をつけて立つ。
 【2】肘を直角に曲げて、両腕を上げる。
 【3】自分が上げられるところまで両腕を上げる。
 【4】元の位置まで戻す。
・・・これを食後1時間以内に5分間行うだけで、
普段使わない筋肉が刺激され、グルット4が活性化するといいます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

『ぼくのこえがきこえますか』・・・田島征三(著)

2013年3月27日

2012年6月20日発行・・・2013年3月17日読みました
戦場で砲弾にふきとばされたぼくの体はとびちり、なくなりました。
でも、ぼくの心は弟の怒りを見、母さんの悲しみを見ます。
  
                             ――内容説明より――
pen 私の心に残ったこと
ぼくたちの すがたは だれにも みえないけれど
  あなたに つたえたい。
⇒ひとが ひとを ころす せんそうの こと。
  あなたと おなじように いきていた ぼくたちの こと。

くらくて さむい。
ぼくは しんだんだろうか。
めも みみも ないから
なにも みえないし、
なにも きこえない。

でも、 ぼくの こころが
なにかを み、
なにかを きき、
なにかを かんじはじめている。

≪箱入り嫁のつぶやき≫
怒り、それにも増して深い悲しみ。
絵も文章も心に響きました。
全てのページが心に残りました。
たくさんの人に読んでもらいたい絵本です。

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

『高校生レストランの奇跡』・・・岸川政之(著)

2013年3月26日

2011年7月7日発行・・・2013年3月16日読みました
pen 私の心に残ったこと
さて、仲間たちと一緒に、
  次はどんな仕掛けでまちを盛り上げていこうか!
  ⇒未来の子どもたちのために、
    地方の人たちが元気に生きていくために、
    ほんの少しでもこの本が、
    お役にたてれば私にとってこれに勝る喜びはありません

第一章 高校生レストラン「まごの店」は、こうして生まれた
・ まちおこしを本当に成功に導くには、相当の「覚悟」がいります
・ つかみにいくものがあるときは、
   今つかんでいるものを捨てなくてはいけないこともある
第二章 まちづくり仕掛人の原点
・ 「子どもは集まらなあかん。人は一人では生きていけない。
  みんなで力を合わせることが大切や」・・・・父が語っていたこと
第三章 多気町役場に入庁
・ 未来を良くしたいなら今、一生懸命する
第四章 広がるまちおこし
第五章 まちの宝創造特命監という仕事

・ まちおこし、大きな4つのポイント
  一つ目 「あるものを探す」こと。
  二つ目 「何でも自分たちで考え、自分たちでやる」こと。
  三つ目 「ビジネスを意識して仕掛けをすること」。
  四つ目 「ゼロからイチを作ること」
                                         ――これは非常に大切な考え方です
・ 結局のところ、自分が幸せかどうかを決めるのは自分なのです
・ やっぱり、「まちおこし」は楽しい!

≪箱入り嫁のつぶやき≫
わくわくドキドキ読みました。
困ったことが起きたら、別の方法を考えてみる。見方を変えてみる。
ひたむきに生きていると、道は開けるものだと感動しました。
ないものねだりをしてもしょうがない!
今あるものでゼロからイチを作る。
かなりの覚悟も必要なようですが、読んでいて気持ちがいいです。
最後、やっぱり、「まちおこし」は楽しい! これにつきますね。
だからわくわくドキドキが伝わってきたのだと思います。
おすすめ (^-^)/   

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

【92】プラスチックの小物入れに定着した汚れ

2013年3月25日

★その1
100円ショップで買った小物入れ。
きれいにみえますが、
実は、湿気と埃にまみれて汚さマックスでした。
雑巾でこすっても汚れがなかなかおちないので、
捨てようかと思ったのですが、
ぬらしたアクリルたわしでひとこすり!
とてもきれいになったのでまた使えます (^-^)/
1

★その2
長く使っていると『←ここ』の部分に
雑巾では落ちにくい定着汚れが!
こちらもぬらしたアクリルたわしでひとこすり!
(狭い場合はぬらしたアクリル棒で)
簡単にきれいになります (^-^)/
2

埃まみれのアクリルたわしはバケツの中で振り洗い。
埃は簡単にバケツの中に落ちました。
黒い汚れが気になる時は、
ハンドソープか石鹸でゴシゴすると写真のとおりです。
あきらめかけていた、定着汚れには、
水でぬらしたアクリルたわしがおすすめです (^-^)/

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

『幸せのタネをまくと、幸せの花が咲く 2』・・・岡本一志(著)

2013年3月25日

2012年11月12日発行・・・2013年3月15日読みました
pen 私の心に残ったこと
運命を決めるのは、あなた自身です。 「運が悪いなぁ」なんて、
  思わないで原因を見つければ、どんどんよくなります

1章 うまくいかないのは、運が悪いからではありません
・ つらい思い出、引きずらないで・・・
  受け止め方1つで、強く生きる力になる
・ もらうのもうれしいけれどあげるのはもっとうれしい!
2章 明日の自分が幸せになるシンプルな方法
・ 未来の自分を知りたければ現在のタネまきを見よ
・ 「明日からやろう」それがボタンのかけ違い
   ⇒「今日一日だけやろう」と思うと、もうひと頑張りできるものです
3章 あなたのタネまきには、すごい力がある
・ 「幸せのタネをまくと、幸せの花が咲く。
   苦しみのタネをまくと、苦しみの花が咲く。
   タネとは、あなたの行いですよ」
4章 誰に悩みを打ち明けるか、
    どんなところに身を置くかによって人生はがらりと変わる

・ 自分の心をコントロールするのは、とても難しいものです
・ 私たちには、縁があれば、
  どんなことでもやってしまいかねない心があります
  ⇒なるべく悪い縁を避けて、よい縁を選ぼう
5章 怒りがおさまらなくてつらい時、相手への仕返しを考えるより、
   傷ついた自分の心を手当てしましょう

・ 煩悩のかたまりが私たちですから、
   腹立ちがなくなることは、死ぬまでありません
・ ケンカはお互いに傷つくだけ 
   ⇒相手の怒りは、さらりと流して受け取らない
・ 怒りのツボは人それぞれ
   ⇒しばらく距離を置いてみることも大事
・ 幸せになりたければ、相手を思いやりなさい
  ⇒相手の幸せを思いやって、かけた言葉や行動は、必ず、
    あなた自身への思いやりとなって返ってきますよ
6章 なぜ二人の思いはすれ違うの?
・ 人間の好き嫌いの判断は、その人の都合によって決まります
・ 相手がわかってくれなくて、当然なんです
   ⇒同じものを見ても見る人によって見え方が違う
・ 同じ会社で働いても、同じ屋根の下で暮らしていても、
   自分のことを全然わかってくれないと、
   お互いが自分の世界の中で苦しんでいるのです

≪箱入り嫁のつぶやき≫
煩悩のかたまりが私たちですから、
腹立ちがなくなることは、死ぬまでありません

皆、完全になくなることはないんだ、と思うとすごく気がラクになりました。
また、怒りのループにはまらないために、
傷ついた自分の心を手当てしましょう
この言葉も印象的でした。
さらりと受け流し、しばらく距離を置いてみることも必要ですね。
タネとは、あなたの行いですよ ・・・・・
そう、「今日一日だけやろう」で、幸せのタネまきしたいと思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ピート・グレイが、片腕で大リーグの選手になれたのは、
才能やチャンスに恵まれただけではなく、長期に渡っての、
ものすごいタネまきがあったからこそです。

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

人をムリに変えようとしても困り果てるだけ

2013年3月24日

<成長のヒント>

 その昔
 エジプト文明は、ナイル川の洪水によって
 繁栄することができた
 しかし当初は
 ナイル川の氾濫に人々は困り果てた
 困った人々は
 ナイル川をよく観察すると
 定期的に氾濫することがわかった
 それによって
 どう対処すればいいのか、見えてきた
 自然をムリに変えようとするのではなく
 自分たちの関わり方を変えることで共存し
 繁栄することができた
 これは
 人間関係の秘訣に同じ
 人もまた自然
 人をムリに変えようとしても困り果てるだけ
 感情的になっても無意味
 相手をよく観察して理解し
 相手の長所が活かされるように
 関わり方を改善していくことで
 お互いに共存・共栄できる
    ・・・・・相性の問題ではなく、​関わり方の問題
                            小田真嘉

≪箱入り嫁のつぶやき≫
なんだか心に響く成長のヒントです。
人をムリに変えようとしても困り果てるだけ・・・
ほんと困り果てます(笑)
相手の欠点以外に目を向け、
相手の長所が活かされるように関わり方を改善していくこと、
とても大切だと思いました。

写真は、庭の片隅に咲いていた
“姫ツルニチニチソウ ブルーダブル”です。
もっとたくさん咲いたらいいんだけど~♡
以前ご近所さんにいただいた貴重なお花です。
八重は珍しいらしく、
いただいた時は育てられるかめっちゃ緊張しました(#^.^#)

Photo

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

『日本でいちばん大切にしたい会社 3』・・・坂本光司(著)

2013年3月23日

2011年12月19日発行・・・2013年3月15日読みました
pen 私の心に残ったこと
どこまでも人を大切にする企業を増やすための方策
  ⇒行き着いた結論のひとつが、
   「人を大切にする企業」を表彰する制度を設けることでした

・ 心を打たれた三通のメール
   ⇒アメリカでがんばる日本人経営者からのメール
   ⇒最近起業した日本人女性からのメール
   ⇒日本でがんばる韓国人企業家からのメール

○徳武産業株式会社
  ⇒高齢者の方々の無数の「ありがとう」をいただく奇跡の靴メーカー
・ 即公表、即行動する勇気は、経営の王道と思います(不良、製品事)
・ 歩けなかったお年寄りに奇跡をもたらす靴
・ 靴は無機質な物ですがが、『この役割をしてください』
   というお願いによって、有機質の物に代わるのです
・ 「業績」ではなく「継続」をめざして歩き続ける

○中央タクシー株式会社
  ⇒理想を求めて、「しあわせを乗せる」タクシー会社を作り上げる
・ 本社(本社機能)は小さければ小さいほどよい、
   というお手本のような会社でした
・ お客様が先利益は後

○株式会社日本レーザー
  ⇒MEBOで親会社から完全独立
    会社の理念は「すべての社員のために」
・ 会社は誰のものか?――日本レーザーでは、その答えは明白です
   それは社員のものであり、お客さまのものでもあります 

○株式会社ラグーナ出版
  ⇒精神障がい者の方々と働く場との「つながり」をつくる

○株式会社大谷
  ⇒障がい者の雇用に力を注ぐ、日本でいちばん大きなはんこ屋さん
・ 自分だけが不幸という思いは、大谷さんから消えました
・ お客さまと社員の不満を満足に変える
・ 学歴がないのも、病気もまたありがたいと、
   人間は考え方ひとつによって大きく変わるんです

○島根電工株式会社
 ⇒社員、地域、お客さまにやさしい会社は不況下でも高成長
・ 夢のある苦しみ、苦労であれば、私たちは耐えることができるのです

○株式会社清月記
  ⇒東日本大震災――ご遺体の仮埋葬・掘り起しで
   人間の尊厳を守りぬいた葬儀社
・ 私どもが絶対に『ノー』と言わないというのは、
   自分たちが成長するためでもあるのです
・ 月に行く前の、清い場

≪箱入り嫁のつぶやき≫
どの会社も感動することばかり。
人はそこまでできるのか・・・・・と思いました。
たんに「お客さまのため」というより、
もう一歩踏み込んだ「お客さまの立場にたつ」ということが
実践されていると思いました。
こういう素晴らしい会社をもっと知りたい!
著者の坂本光司さんには、『日本でいちばん大切にしたい会社4』
『日本でいちばん大切にしたい会社5』・・・・・と
もっともっと紹介していただきたいと思いました。
お薦めの本です!

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

『日本でいちばん大切にしたい会社2』・・・坂本光司(著)

2013年3月22日

2010年1月26日発行・・・2013年3月13日読みました
pen 私の心に残ったこと
経営者の最大の使命の1つである決断は、
いつの時代も「正しいか正しくないか」「自然か不自然か」に
軸足を置いてなされなければなりません。ところが近年、
この原理原則がないがしろにされてしまっているのです

○株式会社富士メガネ
  ⇒「困っている人を助けたい」――世界の難民や中国残留孤児に
   「視力」を贈る感動のメガネ店
○医療法人鉄蕉会亀田総合病院
  ⇒「もう一度入院したい」と患者が言う
    病院のモットーは「Always say YES!」
○株式会社埼玉種畜牧場「サイボクハム」
  ⇒「日本人の食糧不足をなんとかしよう」――使命感に燃えて
    牧場を経営、「農業のディズニーランド」を実現する
○株式会社アールエフ
  ⇒「小さな命をもっと救いたい」――世界が驚くカプセル内視鏡を開発
    「人間の幸せ」を追い求める中小企業
○株式会社樹研工業
 ⇒社員は先着順で採用。給料は「年齢序列」の不思議な会社
○未来工業株式会社
  ⇒「日本でいちばん休みの多い会社」だから、
    不況知らずの会社になれる
○ネッツトヨタ南国株式会社
  ⇒全盲の方と行く四国巡礼の旅で、ひとの本当の優しさを学んでもらう
○株式会社沖縄教育出版
  ⇒本当に世の中に役立つ事業をしたい
    一人ひとりの命が輝く会社になりたい

・ 変わるべき、変えるべきは、一般社員や社会などではなく、
   経営者をはじめとする、リーダーたちの“心と背中”なのです
・ 儲けるよりも、お客様をお待たせしないように
・ 天国にいちばん近い霊安室
・ 人間に必要な四つの健康
   ⇒肉体的健康・社会的健康・精神的健康・魂の健康
   ⇒病院は、この4つの健康を守る機能がなければなりません
・ いちばん大切と思っている仕事は、医師と看護師をはじめとした
   病院スタッフの命と生活を守ることです
・ おいしい、安心、安全、新鮮、本物てあれば、
   食料品店は地域の生活者が黙っていても育ててくれるものなのです
・ 今の若者はタイミングよく心に火をつけてやれば 
   ガムシャラに勉強し働くのです
・ 経営理念は「常に考える 何故・ナゼ・なぜ」
・ 成長四原則⇒1.考える 2.発言する 3.行動する 4.反省する
・ 清掃活動で地域の人々とのコミュニケーションが深まるだけでなく、
   掃除をすることでその人自身の心が磨かれ、
   気づきが深まっていくそうてす

≪箱入り嫁のつぶやき≫
『日本でいちばん大切にしたい会社』に引き続き、
心に響くことがたくさんありました。
たくさんの人たちの“ひたむきさ”が伝わってきました。
仕事に対する姿勢はもちろん、
生き方について考えさせられるすごくいい本だと思いました。

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

『日本でいちばん大切にしたい会社』・・・坂本光司(著)

2013年3月21日

2008年4月1日発行・・・2013年3月13日読みました
pen 私の心に残ったこと
日本でいちばん大切にしたい会社とは
  ⇒弱者の側に立った、人間の尊厳を高め、
   守ることに役立つ製品をつくっている会社だと考えます

☆会社経営とは「5人に対する使命と責任」を果たすための活動
1.社員とその家族を幸せにする
2.外注先・下請企業の社員を幸せにする
3.顧客を幸せにする
4.地域社会を幸せにし、活性化させる
5.自然に生まれる株主の幸せ

○日本理化学工業株式会社
   ⇒障害者の方々がほめられ、役立ち、必要とされる場をつくりたい
○伊那食品工業株式会社
   ⇒「社員の幸せののための経営」を貫き、四十八年間増収増益
○中村ブレイス株式会社
   ⇒「人を支える」会社には、
    日本中から社員が集まり、世界中からお客様が訪ねてくる
○株式会社柳月
   ⇒地域に生き、人と人、心と心を結ぶ経営を貫いていく
○杉山フルーツ
   ⇒「あなたのお客でほんとうによかった」と言われる、光り輝く果物店

・ 教育も経営も基本は「感動」
・ 業績ではなく継続する会社をめざして
・ 工程を人に合わせる
・ 社会の役に立っているという自負
・ 常に工夫し、未来に投資する⇒成長の種まき
・ 年輪経営
・ 人を支える
・ 弱者の声に耳を傾ければ、市場は開けるのです

≪箱入り嫁のつぶやき≫
『日本でいちばん大切にしたい会社』1~3まで読んだつもりでいました。
この中の何社かは内容もよく知っていたし・・・・・
図書館でぱらぱらページをめくりながら、記憶にないところがあったので、
再読しようと借りて帰り、読書ノートを見ても名前がない!
“読書メーター”で検索したけれど、1冊も読んだ形跡がない!
(2002年から現在までの読んだ本を登録しています)
ほんとに読んでないんだとびっくりです。
ちょうど1~3まで揃っていたので全部借りて読みました。
今日はまず1冊目を紹介したいと思います。

「5人に対する使命と責任」を果たすための活動というのがすごいです。
口では言えても継続して実行していくのは大変だと思います。
どの会社にも『感動』と 『継続』がみられました。
『いつもお客さまの立場にたつ』という行動は、
読んでいてすごく気持ちがよかったです。
たくさんの人たちに読んでもらいたい本だと思いました。

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

【91】人参・ごぼう洗いにアクリルたわし♪

2013年3月20日

人参やごぼう・・・
皮は残したいけれどきれいに洗いたい!
アクリルたわしで試したところすごくいい(o^-')b

Image210

でもこれが正しいのか邪道なのか不安でした。
ところがこんな素敵なものをYouTubeで発見。
これで安心して使えます。
おすすめ (^-^)/   

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

『「働くパパ」の時間術』・・・栗田正行(著)

2013年3月20日

2012年6月1日発行・・・2013年3月13日再読
                (2012年5月28日読みました)
pen 私の心に残ったこと
時間術の考え方自体を自分流にカスタマイズする必要がある
 【1】「時間のボーダレス化」でストレスフリーになろう
 【2】確実に物事をこなすために時間を「天引き」しよう
     ⇒あらかじめ作業に必要な時間を設ける
 【3】日々の効率化のために「仕組み化」しよう
     ⇒今までの悩み→「仕組み化」後
 【4】「二毛作」をキーワードにして時間を有効に使おう
 【6】すべてに通じる魔法の心がけ「仕事は初球打ち」
     ⇒着手するまでの手間を減らして
      シンプルにする「仕組み化」をしていけばいい
【10】「残業」はすぐにやめて「前業」を始めよう
【13】集中タイム「50分」+休憩タイム「10分」⇒フラッシュタイマー
【14】気分が乗らないときに効く「サクマドロップス式仕事術」
【16】「大量の食材の仕込み」から学んだ仕事で大切なこと
    ⇒圧倒的な量の作業を繰り返すと、
      1つひとつの作業のクオリティが上がってきます
【17】「自分にしかできない仕事」は積極的になくそう

≪箱入り嫁のつぶやき≫
第一章から第五章まで通して【1】から【52】まであります。
再読ということで今の自分に必要なところだけを抜き出してみました。
時々本を開いて、ちゃんと活用できているかの確認作業が楽しいです。
やる気と元気をいただける、何回読んでもいい本!
おすすめです (^-^)/   

↓初めて読んだときの感想です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2012年5月25日発行・・・2012年5月28日読みました
商品説明より一部抜粋
◎本書の著者は、2児の父にして現役教員、かつ人気ブロガー、
料理人修業の経験もあり、毎日が充実している「イクメン」です。
著者が多忙な日々の中で編み出した、とっておきの時間術を紹介します。

pen 私の心に残ったこと
時間術の考え方自体を自分流にカスタマイズする必要がある
☆第一章 パパのための時間術 5つの基本ルール
・ 時間を天引き
・ 仕組み化
☆第二章 なるべく定時で帰れるようになる「仕事」の時間術
・ 仕事は初球打ち⇒仕組み化⇒作業興奮
・ ToDoリストを作ろう
・ フラッシュタイマー
・ 段取り⇒圧倒的な量の作業⇒クオリティが上がってきます
・ 時間貯蓄
☆第三章 適材適所で協力し合う「家事・育児」の時間術
・ 生活リズム⇒起床時間・食事時間・就寝時間・お風呂時間
☆第四章 家庭の時間を充実させるママとの「コミュニケーション」術
・ 自分のほうが忙しい合戦
☆第五章 働くパパでも無理なくできる将来への「自己投資」術
・ アクティブレスト(積極的休養)
・ 読書という自己投資
・ キュレーターと二毛作
・ 「人との縁」に投資する
・ 黄金サイクル(インプット&アウトプット)⇒記憶力より記録力

≪箱入り嫁のつぶやき≫
子育て世代を卒業している私にも得るところの多い本でした。
いろいろな時間術の本を読んだり試したりしてきたのですが、
なかなか自分のものにできなくて思考錯誤の日々でした。
そんな中出会ったマロン先生(栗田先生のハンドルネーム)の時間術は、
とてもなじみやすく、すぐに取り入れました。
生活に少し“変化”を加えると、
いつのまにか“波”が大きくなっていたりして楽しい発見があります。

子育てに関しては、若いパパたちは(人にもよりますが)
ママに協力的な人が多いのかなぁと遠くから眺めていました。
マロン先生のようなパパ術があれば、
独身男性は、これからモテモテではないかと思います。
夫婦で“自分のほうが忙しい合戦”を繰り広げそうになるところを
「違いを認める」という心がけを最初にもってくるあたり、
さすがマロン先生だと感じました。
夫婦関係において覚えておくとよい違い5つの紹介。
すごく納得のいくいいお話で、夫に読ませたいと思いました(笑)

普段の生活のあり方。夫婦のあり方。自己投資について。
マロン先生が実践された結果、
夢叶って本の出版まで至ったわけだから、
だれにも負けない“強み”を持った本だと思います。
子育て世代の人はもちろん、独身の方や、
子育ての終わった私たち世代まで、
幅広い人たちにおすすめの本です!!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

『ビジネスマンのための「読書力」養成講座』・・・小宮一慶(著)

2013年3月19日

2008年9月15日発行・・・2013年3月9日読みました
読書「量」とそれを可能にする速読のみがもてはやされる昨今、
要するに、そこから何を得るのか?という
「目的」にそった「質」にフォーカスした、ありそうでなかった読書法の本。

                                 ――内容紹介より――
pen 私の心に残ったこと
★本は読み方次第で、いくらでも読み手の頭をよくしてくれます 
  ⇒読書法は、「速さ」ではなくて、「目的」で使い分ける!

・ 速読
   ⇒求める情報を探すために、要点を素早く把握するための読み方
・ 通読レベル1
   ⇒最初から最後までふつうに読む読み方
・ 通読レベル2
   ⇒最初から最後まで、論点を整理し、考えながら読んでいく読み方
・ 熟読
   ⇒注や参考文献を参照しながらきっちり理解するために読む読み方
・ 重読
   ⇒生き方などに関する座右の書として、何度も繰り返し読む読み方
 読書力を高める八つのポイント
   ①いつどこで読むのか?
   ②用意するもの
   ③体調のよいときに読む
   ④毎日読む
   ⑤読書力を高める最速の方法とは?
   ⑥読書で、実務と理論をつなげる
   ⑦行き詰ったときがチャンス
   ⑧書く習慣を持つ

・ 語学は、継続とアウトプットですから
・ 大切なのは反復です
・ 熟読は、全部読まなくてもいいから必要なところだけ、
   リファレンスを参照しながら読む
・ 重読の目的は、自分の考え方を高めることです

≪箱入り嫁のつぶやき≫
ビジネスマンのための・・・とありましたが、“読書”とあれば
今よりもっと進化できるヒントかあるんじゃないかと読みました。
おもしろいなと思ったのが、読書力を高める八つのポイント。
私の場合、----------------------
①読みやすい場所と時間帯があります。
②ポストイットなしでは読めません。
③体調によって数日間読めなかったり、1日で3冊読めたり。
④数行でもいいから毎日本を開きます。
⑧1冊の本をノート1ページにまとめます。その後ブログにUP!
    この書く作業をすることによって、内容が頭に残っていきます。
---------------------------
私だけかなと思っていたことが書かれていたのでうれしくなりました。
これからも『本を読む・心に残ったことをノートに書く・ブログにUP』
この一連の作業時間が少しでも短くなるよう頑張りたいと思います。

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

白いお花~集まれぇ♡

2013年3月18日

庭のあちこちでいろいろな蕾やお花をみつけるようになりました。
冬は枯れたかに見える姫うつぎ。
たくさんの蕾がついています。
咲いた状態も好きですが、線香花火のような蕾も大好きです♡

Photo

白に緑が映えるスノーフレークも大好きです。
昨年場所を移動したので、今年は心配していましたが、
咲き始めました (^-^)/   

Photo_2

“幸運と奇跡”を招くと言われるハーブ、ワイルドストロベリーshine
今年最初の花をみつけました。
いいことたくさんありますよ~に(#^.^#)

Photo_3

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

あ~ぁやっちゃった!

2013年3月17日

≪箱入り嫁のつぶやき≫
今朝は、8時からで行う公園清掃がありました。
朝から準備万端。
予定より10分ほど早く行き、気持ちよく草ひきなどして帰り、
毎日曜日恒例、図書館へ予約本を取りに行ってきました。
帰ってびっくり!!
Facebookバカ 』という本を予約したつもりが
iPhoneバカ 』という本を予約していました(汗)

Image190

iPhoneさえ持ってないのに。。。なんてこと。
そのまま返却しようか、それとも読んでみようか。

ちょっと悩んでいます。平和な悩みです~
こんな私は、ワンランク上に行くことができるのでしょうか。。。


<成長のヒント>
   ワンランク上に行くには
   今までやってきたことをリセットすることが必要
   ゼロにして考えて
   作りなおすのは面倒くさい
   過去の自分も否定されるから
   心にブレーキがかかる
   しかし
   それらは
   すべて心から湧き出た可燃ゴミ
   情熱でゴミを燃やして
   心を軽くしていけば
   日常の何気ないことから
   ひらめきが訪れ
   ワンランク上のステージへの突破口が見つかる
            ・・・・・・ 自分を捨てたら、新し​い自分が現れる 
                                  小田真嘉

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

ネットがつながらない!!

2013年3月16日

≪箱入り嫁のつぶやき≫
昨日の夜、突然ネットがつながらなくなり、大騒動でしたsweat01
どうもルーターの故障。夫がいろいろしていましたがつながらない!
土・日はNTTが対応していないらしく、月曜日に連絡がついたとしても
ルーターの交換に何日かかるかわからない。
どうしようブログの更新ができない(*_*;
実は夫の方がものすご~く困るのですが。
パソコンの予備はあってもルーターの予備はないし。。。
あきらめるしかないな。ルーターの電源を切って寝ました。

天の助けheart 今朝は復活していました。よかった!!
パソコンが使えないということで、昨日はいろいろなことを考えました。
ある意味いい時間がもててよかったです。
本も“勢い”で読めました(笑)
私は、パソコンからしかネットをつながないので、
突然何日も更新が途絶えたら、パソコンが原因だなと思ってください^^*

写真は今年初の花ニラです。
毎年もっと目立つのですが・・・・・
我が家の庭は今、遠くから見ると
まるで雪が積もったようにイオノプシジュームがあふれています。
そのイオノプシジュームにまぎれてしまって気づくのが遅れました(汗)

Photo

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
追記・・・2013年3月16日14:30
NTT。平日の9時からと書いてあったらしいけれど、
ものは試し・・・夫が9時すぎに電話をいれてみると、
きちんと対応してくださり、午前中に見ていただけました。
回線がおかしくなっていたようでルーターも交換!
土・日や夜も留守電にメーセージを残しておいたら、
すぐに対処してくれることもあるとか・・・よかったです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

『ツキを呼ぶ魔法の音楽 絶対テンポ116』・・・片岡慎介(著)

2013年3月15

2004年10月1日発行・・・2013年3月6日読みました
pen 私の心に残ったこと
人間や動植物が
  根源的に影響を受ける“テンポ”があることを発見しました
   それが「絶対テンポ116」です

・ 声明・心経・数え歌・木遣りなど
  ⇒イチロー、タイガー・ウッズなどスポーツ界の一流選手や
     ベテランの職人の動きまで
  ⇒体得しているテンポというものがあり、
     それを、無意識に活用していることが判明
  ⇒そのテンポを意識的に活用すると、作業は効率よく、安定し、
     楽にでき、脳波も非情に良い波形を示すことがわかりました
   ⇒それが「テンポ116」
・ 扇子を振る・布で汚れを落とす・ほうきで掃くなどもテンポ116
・ メロディありきではなくて、最初にテンポありきなのです
  ⇒もしもあなたが、健康になりたかったら
  ⇒もしもあなたが、仕事に成功したかったら
  ⇒もしもあなたが、対人関係をよくしたかったら
  ⇒もしもあなたが、持てる力を充分に発揮したかったら
  ⇒“良いテンポ”を活用すべきなのです
・ 喜びや励ましは脳にとって最高の栄養素
・ 好転反応も見られる
・ 我々は、絶えず月とキャッチボールをしていれば幸福になれるのです
   ⇒月から送られたボール(エネルギー・回答)を
     月と同じテンポで受け取れるかどうかなのです
   ⇒ボールを受け取ったら、
   “感謝の気持ち”を月のテンポでかえしましょう

≪箱入り嫁のつぶやき≫
先日読んだ『聴くだけで願いがかなう魔法のメッセージ』が2008年。
この本が2004年発行とこちらのほうがかなり先に出ています。
声明・心経・数え歌・木遣りなど、
扇子を振る・布で汚れを落とす・ほうきで掃くなども
イチロー、タイガー・ウッズなどスポーツ界の一流選手の動きまでが、
知らない間にテンポ116だったなんてすごいと思いました。
メロディありきではなくて、最初にテンポありきというのがポイントですね。
この本を読まなかったら、
「テンポ116」のことを少し違って解釈していた気がします。
添付のCDでは、テンポ116、テンポ58、テンポ29の体感ができます。
“ゼロ磁場”を体感できる「金子みすゞさんの詩」の朗読というのもあり、
金子みすゞさん好きの私としてはすごくよかったです。
オーダーメイドの“テンポ116”というのがあるのも知りました。
気づかないだけで、知らないだけで、
いろいろな法則の中で暮らしているんだなと思いました。
テンポ116の活用楽しそうです♪毎日聞いています^^*

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

ブロッコリーとイカクンのサラダ

2013年3月14日

お邪魔した先でいただき、おいしかったので作ってみました。
ブロッコリーがいくらでも食べられます。
作って2~3時間おいた方がおいしいです。



≪材料≫・・・適当
ブロッコリー       1個くらい
人参            2cmくらい           
きゅうり          1本くらい
イカクン          一袋(約40g)
玉ねぎ          

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※調味料・・・お好みで加減
オリーブオイル     小さじ1
酢                大さじ1
塩                  小さじ半分
薄口醤油          少々
酒               少々
砂糖             ひとつまみ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

≪作り方≫
【1】ブロッコリーを子房に分けて茹でる。
【2】人参・きゅうりをせん切りにする。(玉ねぎはうすぎり)
【3】イカクンを細くちぎる。(私は包丁で細く切りました)
【4】調味料を合わせ、その中に材料を入れ、混ぜてできあがり。

☆生の玉ねぎが苦手なので入れていません
☆人参が多いと見た目がよくなかったので少なくしました

3

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

2013年読んだ本(21冊~30冊)

2013年3月13日

2013年読んだ本(11冊~20冊)

21.2月 8日 「夢」が「現実」に変わる言葉・・・・・・・・・・・・・・・・福島正伸
22.2月14日 全脳思考・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・神田昌典
23.2月15日 アイデアが生まれる時・・・・・・・・・・・・・・・・・・・M&Cサーチ
24.2月15日 王様マインドと奴隷マインド・・・・・・・・・・・・・・・・・・・松島修
25.2月16日 お客様を3週間でザクザク集める方法・・・・・・・・・高田靖久
26.2月17日 若返り食堂・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・南雲吉則
27.2月19日 聴くだけで願いがかなう 魔法のメッセージ
                          ・・・・・・・・・・・・・・・・・片岡 慎介
28.2月19日 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・齋藤一人・柴村恵美子
29.2月21日 あたりまえのことをバカになってちゃんとやる
                             ・・・・・・・・・・・・・・・・小宮一慶
30.2月22日 日経新聞の「本当の読み方」がわかる本 
                           ・・・・・・・・・・・・・・・・小宮一慶

2013年読んだ本(31冊~40冊)
                       

≪箱入り嫁のつぶやき≫
本のタイトルにリンクを張りました。
気になる本があればクリックして参考になさって下さい。
私個人の感想ですが。。。(#^.^#)

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

『弱った体がよみがえる人体力学』・・・井本邦昭(著)

2013年3月12日

2013年1月25日発行・・・2013年3月8日読みました
pen 私の心に残ったこと
猛暑は体を破壊するものだった
  ⇒弱った体を蘇らせる鍵、それが人体力学
  ⇒健やかに生き抜くために、体の理を知ろう

・ 病気、不調がなかなか治らない理由
   ⇒原因は患部だけにあるわけではない
・ 病気や不調を生む根本原因
   ⇒日々の生活でつくられた部分的な「サビつき」
・ とくに気をつけたい弱った部分がある
   ⇒現代人がかかえている共通の弱点は呼吸器である
   ⇒呼吸器が弱るとあらゆる症状を起こす引き金に
・ まず必要なのは体を読み解くこと
   ⇒サビつきは連鎖するものだった
   ⇒体はつねに連動しているもの
   ⇒全身の連動に欠かせないのが重力です
   ⇒背骨のS字カーブや足首、土ふまずなど、多くのアーチ
・ 呼吸の弱まりから生まれた現代人の急所、三角点
   ⇒肩甲骨の上角から、背骨の中でも「胸椎」と呼ばれる部分から
     五番目までをつないだ三角点
・ しっかり極まれば10秒で充分な成果が
   ⇒日常動かせていない深部の筋肉や骨をもターゲットにします
    そこをピンポイントで刺激してサビつきを解消するのです
・ 10秒刺激を極めるための5つのポイント
  ① 胸郭を持ち上げる
  ② 肩甲骨を寄せる
  ③ 角度を合わせる
  ④ 微妙に動かす
  ⑤ 腰にアーチをつくる
・ 治療スパイラルに入るチャンスは1日2回
   ⇒寝る前と起きてすぐにおこなう

≪箱入り嫁のつぶやき≫
病気や不調がなぜなかなか治らないか理由が書いてあり、
次に体を蘇らせる鍵、人体力学についての説明。
最後に『我慢できない痛み』『つらい不快症状』『女性に多い悩み』
について、写真や図を使いわかりやすく説明してあります。
各章の終わりには、人体のふしぎについての《コラム》が5か所あり、
これがなるほどなぁ・・・とおもしろい。
健やかに生き抜くために、体の理を知ろうとあるように、
分かりやすい説明と自分に必要な体操をすぐみつけられる
とてもいい本でした。

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

空より高く

2013年3月11日

≪箱入り嫁のつぶやき≫
昨日、ラジオあさいちばん
『落合恵子の絵本の時間』でとりあげられていました♪

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

お花もメダカも春が大好き♡

2013年3月10日

暖かさがますとお花もメダカも動きが活発♪
ベロニカオックスフォードブルーがどんどん花開きます。

3

水仙も咲きました。今年は全部で5個の蕾。
我が家では成績優秀な年です。

4

ローズマリー、年中花をつけていますが、
暖かくなると花も蕾も、数が一気に増えました。

8

ラベンダーもしずかに蕾が~

9

鉢の下のほうにいたメダカたちも、
足音がするとえさをもらおうと上がってきます。
もっとたくさんいるのですが・・・
光線の加減でなかなかうまく撮れませんcoldsweats01

14

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

『夢をかなえるゾウ2』・・・水野敬也(著)

2013年3月9日

2012年12月13日発行・・・2013年3月2日読みました
pen 私の心に残ったこと
たくさんの人を喜ばすことだけを『成功』て思ってるみたいやけど、
   たった一人の人間を
たくさん喜ばすんも『成功』なんやで
・ 人間は成長する生き物なんやで
   ⇒赤ちゃんはな、何もでけへんから、可能性は無限大なんや
・ 本読んで解決せえへん問題なんてあれへんで
・ 聞く耳を持つんや。それが『成長』するための最大の秘訣やで
・ お金は『嫌な』作業をするともらえるものじゃなくて、
   『楽しい』ことをするともらえるもの
・ 『言葉』というのは、その人の一番最初の行動ですからね
   ⇒私たち貧乏神は人間を見るときは言葉に注目するのです
・ 自分が困っているときに、困っている人を助ける
   ⇒『困っている』という感情から抜け出すことができます
・ 『他人に対する言葉や行動は、自分に対する言葉や行動』
  でもあるんですよ
・ 『人の幸福を羨んではいけない。
   なぜなら、あなたは彼の密かな悲しみを知らないのだから』
・ 『やりたいことを、やりなさい』
・ 悩んでいたことも、苦しんでいた日々も、
   全部、これからの仕事に生きてきますから

≪箱入り嫁のつぶやき≫
たった一人の人間をたくさん喜ばすんも
というのも私はとても気に入ったのですが、
「仕事、お金、人間関係、幸せ・・・・・
人間の悩みなんちゅうのはいつの時代も同じや。
そんで本ちゅうのは、これまで地球で生きてきた何億、
何十億ちゅう数の人間の悩みを解決するために
ずっと昔から作られてきてんねんで。
その『本』でも解決できへん悩みちゅうのは何なん?
自分の悩みは地球初の、新種の悩みなん?
自分は悩みのガラパゴス諸島なん?」

これは絶対忘れられない言葉でした!
読み始めはあまりピンとこなかったけれど、
だんだん読み進むにつれガネーシャの言葉、
貧乏神や釈迦の言葉が心に響きました。
最後よかったです。おすすめ (^-^)/   

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

桜~ミツバチ~春がきた!

2013年3月8日

昨日もお天気がよかったですsun
蕾がついてるなと思っていたらあっという間。
我が家に桜の花が咲きましたcherryblossom
と言ってもさくらんぼのなる“桜桃”という種類です。
――植物学的には「セイヨウミザクラ(西洋実桜)――
まだまだ小さな樹です。。。

3

ちょっと奥の方をのぞいてみるとムスカリもしっかり咲いてる。
蕾にも気づかなかったのにsweat01

1

そして、庭中に咲いてるイオノプシジュームにはミツバチが ♪
お花に埋もれながら蜜をすっていました。

4

6

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

【90】アクリル棒でウォールポケットの中もきれい

2013年3月7日

ウォールポケットの中に埃がたまったら・・・!

Image070

乾いたままのアクリル棒で埃がとれます。

Image066

とれた埃はガムテープやコロコロでとります。

Image067

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

『あいをよる おもいをつむぐ』・・・さとう うさぶろう(著)

2013年3月7日

2011年12月20日発行・・・2013年2月27日読みました
さとう/うさぶろう
1948年、北海道生まれ。「うさとの服」デザイナー。
日本で企業デザイナーを経験したのち、
ベルギーの首都ブリュッセルで
オートクチュール(高級注文服)の創作に携わる。
1994年からエネルギーの高い布を求めて世界各国を旅する。
1996年タイのチェンマイに拠点を移し、「いのちの服」づくりに着手。
手つむぎ手織り、天然染めの布に“宇宙の法則”をデザインし、
自然をまとうような心地よい服を誕生させる。
「想い」ごと手渡しする「展示会」方式が、日本各
地に広まっている。
                                ――著者略歴より――
pen 私の心に残ったこと
服の本質は、「自然界のエネルギーを取り込んで、
  心とからだと魂を活性化させること」。
  ⇒いのちのかたまりのような服をつくりたい

・ 人間が皮膚から呼吸するものは、じつは、
   ものすごく多いんじゃないかな
・ 素材の持つ意味
   ⇒シルクは「まもる」。綿は「解放する」。麻は「導く」。
・ いちばん大事な使命は、継続できる地球にしていくことです
・ 服はもともと木です、土です、水です、風です。そして太陽です
   ⇒自然のものが寄り集まって服はできています
・ 生き物としての最重要課題は、いかに継続していくかだけです
・ 手は五感+αの象徴
・ 人はエネルギーを食べて生かされている
   ⇒牛一頭よりジャコ一匹
・ 何をするにも、感謝と祈りの心を忘れない
・ おとなが楽しいと子どもも楽しい
   ⇒1日5分でいいから、自分が心から楽しいと思える時間をつくる
   ⇒自分を解放させられるのは、自分しかいないのです
・ 宇宙の仕組みは、共生して響き合って継続していくことです
・ 何かを確実に自分のものにするためには、
   インプットされたものを自分なりに再構築して
   アウトプットする必要があります

≪箱入り嫁のつぶやき≫
私は“うさとの服”というのを知らなかったのですが、
この本と出会って、「いのちの服」のことを理解できた気がします。
うさとのサイトにいってみると、展示会の日程があり、
愛媛でもあるんだ!とうれしくなりました。
ハートの位置で生きれば、必ず、宇宙エネルギーと共振できます。
自分をせいいっぱい生ききれば、必ず、新しい未来が開けます。
大切な仲間とも出会えます。
ぼくはそう信じて、
これからもずっと「いのちの服」をつくり続けていきます。

今だからこそ、継続できる地球にしていく・・・・・・
とても大切なことだと思いました。





応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

『じこくのそうべえ』・・・たじまゆきひこ(作)

2013年3月6日

1978年5月1日発行・・・2013年2月25日読みました
上方落語『地獄八景亡者戯』―
古来、東西で千に近い落語がありますが、
これはそのスケールの大きさといい、
奇想天外な発想といい、
まずあまり類のない大型落語です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
軽業師のそうべえが綱渡りに失敗し、
なんと地獄に送られることになってしまいました。
そこで出会った仲間たちとともに、閻魔大王の前で大暴れ!
上方落語「地獄八景亡者の戯」を題材にしたロングセラー絵本です。
                                ――内部紹介より――

pen 私の心に残ったこと
こりゃ、ごじゃごじゃすなよ。川にはまったら、生きるぞ
   ここ、どこやろか。
   死んでしもたんや。
   えらいことに、なってしもたわ。
   この道、どこへいくんやろか。

   あれが、ゆうめいな火の車やったんやな。
   じこくへの ちょうとっきゅうやったんや。
   ああ こわあ。

   せっしゃは、やまぶしの ふっかいでござる。
   わしは、歯ぬきしの しかいと いいます。
   わたしは、いしゃの ちくあんともうす。

≪箱入り嫁のつぶやき≫
2007年10月1日から2008年3月29日まで放送された
NHK連続テレビ小説『ちりとてちん』で、
「地獄八景亡者の戯」のお話を知りました。
それが絵本になっていると知ったのでさっそく読んでみることに。
これは面白いです!
読み聞かせにもよく使われているようで、
楽しいだろうなぁと思いました。
  

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

『神様のサービス』・・・小宮一慶(著)

2013年3月5日

2011年7月30日発行・・・2013年2月23日読みました
駅から遠いあの店が、なぜいつも満席なのか?
熱烈なリピーターを増やす、「お客さま志向」の真髄。
高い料金で良いサービスを受けても、当たり前の満足しか生まれない。
一方、安い料金で、サービスに期待しない状況なら、
素晴らしい応接で「感動」が生まれる。欠かせないのは、
お客さまごとに細かく異なる要望の「真意」を汲みとる力だ。
「なぜ」「どうして」と深掘りすることで、
数歩先を行く機転の利いたサービスとは?

                  ――内部紹介より――
pen 私の心に残ったこと
どんな仕事も、結局は、お客さまのため、
  社会のためによい仕事をすることを「目的」にする
  ⇒これがビジネスが繁栄し皆を幸せにする原理原則です

・ お客さまの一言から「深堀り」するクセをつける
・ 「お客さまのため」と「お客さまの立場に立つ」ことは違います
・ 企業は変わることを前提に行動する姿勢を持たなければならない
・ 満足より上の「感動」を目指しましょう
・ 大半のお客さまは不満を訴えない
・ まず「お客さま満足度」を高め、それにより「従業員満足度」を高める
・ お客さまが求めているのは「行動」です
   ⇒社員の「意識」ではありません
・ 経営者自らが指揮官先頭の精神で行動する
・ 「マニュアル+α」の部分まで対応できるほど
   しっかりとした社員を育てている
   ⇒“加賀屋”“ホンダカーズ中央神奈川”“東京ディズニーランド”etc

≪箱入り嫁のつぶやき≫
大半のお客さまは不満を訴えることなく、もう足を運ばない。
ビジネスに限らないと思う。
感じの悪い人に「あなた感じ悪いですよ」とわざわざ言わないだろう。
なるべく近づかないようにするだけ。
仕事の場でなくても、周りの人が気持ちよく過ごせるよう
日頃から心がけたいと思いました。

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

『日経新聞の「本当の読み方」がわかる本』・・・小宮一慶(著)

2013年3月4日

2010年2月15日発行・・・2013年2月22日読みました
pen 私の心に残ったこと
★ニュースを関連づければ知識に変わる
  ⇒現在(いま)を読み解くために過去の数字を押さえる

・ その記事とは別の記事や過去の重要な出来事(イベント)や
   景気指標の数字などとの関連性を考えながら読む
・ 記事と景気指標を見比べる習慣をつけてください
   ⇒記事の「事実」だけにデマされないようになります
・ 日経新聞のスタートは日曜日です
   ⇒日曜日の紙面でとくに注目するのは、「市場アウトルック」面です
   ⇒まず紙面右上の先週の動きを見る
・ 今週のマーケット欄を読みながら仮説を立てる
・ 火曜日~金曜日の「消費」には、
   話題の新商品を紹介する「New Face」。
   これもできるだけ目を通す

≪箱入り嫁のつぶやき≫
日経新聞をとっているときは、
あるのに読まないのはもったいないなという感覚で
読むというより見ていました。
堅苦しいイメージでしたが、見慣れてくるとそうでもなかったです。
数字を捉えて全体を関連づけるという作業は、
日経新聞に限らずどこでも使えるな!と思いました。
自分で仮説を立てたり、仮説が当たるかどうかよりも、
記者や専門家がどんな理由から仮説を立てているのか、
それを知ることが大切なようです。
深読みができるようになるといいなと思いました。

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

【89】電気の傘にも

2013年3月3日

こまめなお掃除が一番なのですが、
気づくと埃まみれの電気の傘sweat01
表面はもちろんハンドモップで埃がとれますが、
内側もすーっとなでると面白いようにとれました。

Photo

モップタイプでなくても
普通に編んだアクリルたわしやアクリル棒でもとれます。
Photo_2

電気の傘を取り外して“しっかりお掃除”をされる場合は、
アクリルたわし・アクリル棒は、少し水を含ませたほうが
簡単に汚れが落ちると思います。

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

『あたりまえのことをバカになってちゃんとやる』・・・小宮一慶(著)

2013年3月2日

2009年4月20日発行・・・2013年2月21日読みました
pen 私の心に残ったこと
あたりまえのことを、バカになって、ちゃんとやる
  ⇒かんたんでつまらないこと、小さくて地味で目立たないこと、
   そういったあたりまえのことを、バカになってちゃんとやる
  ⇒そういう姿勢で生きていると、ほんとうに不思議なのですが、
    見えてくる世界や生きていく舞台がまったく変わってくるのです

・ 毎日トイレを磨きあげても完璧にきれいになることはありません
  ⇒「きれいにする」ことも大事ですが、
     じつは「まだ、きれいになっていない」とわかることが大事です
・ まわりにいる人も幸せにしよう
・ 雑事を丁寧にする
・ 机の上をふくと、おもしろいことが分かります
   ⇒気づきが深くなる
・ まず手を動かしてやってみる
・ たとえどんな仕事についたとしても、その仕事の本質を、
   仕事のオフに勉強する習慣をつけておく
・ 偶然はすべて運命が仕組んだものである
   ⇒人生の節目には「運命の人」があらわれる
・ 成功するために運やチャンスも大事ですが、
  そのための準備がいちばん大切です
・ 「運命のあみだくじ」の横棒が引かれたときは従いなさい
・ ニコニコしているとよいことがありますよ・・・と船井幸雄さんから

≪箱入り嫁のつぶやき≫
トイレの話も机の話もそうだなぁと思います。
毎日ふいていると、ほんの小さなことにも気づきます。
この小さな違いが、
その人の人生の質と幅を見事なまでに決めていくそうです。
大きなことはできないけれど、まずは目の前の小さなことから
丁寧にこなしていきたいと思いました。
そして、いつもニコニコ前向きに!もできたらいいです。

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

『器』・・・齋藤一人(著) 柴村恵美子(著)

2013年3月1日

2012年5月30日発行・・・2013年2月19日読みました
一人さんの教えを実践することで
人生が豊かになった柴村さんの貴重な体験談やエピソード、
一人さん自身が心がけている「器」を大きくするための方法など、
目からウロコの内容が満載!!
人間関係やビジネスだけでなく、自分自身を見つめ直し、
育てるためにも有効活用できる1冊です。
      
                ――内容紹介より抜粋――
【目次】
第一章 “器”を大きくすることが人生の目的
第二章 一人さんに学んだ“器”を育てる方法
第三章 “器”を大きくするための修行の日々
第四章 誰でも“器”を大きくできる!
pen 私の心に残ったこと
★器を大きくすることは、
   “よく学び”“行動する”ことだと思っています
  ⇒あっちにぶつかり、こっちにぶつかりしているうちに
     なんとなく正しいことが見えてくる

・ 目指すべき道は、いつも“上気元”で器の大きな人になる
・ ちょっとしんどいなを乗り越えて今まで以上の力がつく
・ 「はたらく」ことで人の器は大きくなる
   ⇒奉仕の気持ちで働くと、人は活かされ、
     さまざまな気づきや学びを得られるようになる
・ 器量を上げる脳の使い方
   ⇒“おかしい!”と思うと脳はフルに働きだす
・ 魅力とは多機能なんだよ
   ⇒まずできることから始めていき、
    少しずつ相手が喜ぶことにチャレンジしていく
・ 困ったことが起きてるんじゃなく、やり方を変えなさいという合図
・ 自分の機嫌をとるという習慣をつける
   ⇒不機嫌な人とは距離を置く、その人と調子を合わせない
・ 人の機嫌をとってはいけない
   ⇒相手の問題であって自分の問題ではない
・ ストレスには深呼吸、動作をゆっくりにする
・ 自分もしっかり咲いてさらにまわりにも花を持たせる
・ ちょこっとでもできたら自分をほめる

≪箱入り嫁のつぶやき≫
どんなすごい人もそれに見合った“正当な努力”をしているんだ
と今さらながら気づかされました。
私も今年目標に掲げている『上気元』!
しっかりと意志を持ち、自分の機嫌をとる
という習慣を身につけていきたいと思いました。

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログ村

最近のトラックバック