フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« 『ツェねずみ』・・・宮沢賢治(著) | トップページ | いつも心に『クッション話法』 »

『いのちの森の台所』・・・佐藤初女(著)

2013年2月12日

2010年6月10日発行・・・2013年2月8日読みました
【目次】
第一章 出あいは未来をひらく
第二章 みなさんとの「わかちあい」
第三章 おむすびの祈り

pen 私の心に残ったこと
おいしいおむすびをつくれるようになるだけでも、人を和ませたり、
  包むようなやさしさを感じさせたりすることができますので、
  大切な人にこころを込めておむすびをつくってあげてください

・ 食はいのち、食材もまたいのち
・ 人も野菜も透明がいい
・ 亡くなった人は常に自分の中に生きています
・ 必要なものは必要なときに与えられる
・ 母の心はすべてに
・ どんなえらい人でもお母さんから生まれている
    だから、お母さんは賢くなければいけない
・ 人を受け入れるということは、無条件に相手を信じるということ
   ⇒それは母のこころです
・ 心の中のものを吐き出して、
   誰かが受け止めてくれると、元気がでてくるんだな
・ “今ここ”から目をそむけるのではなく、大きく心を開いてみれば、
   どんな状況にあっても喜びを感じられるものです
・ 気持ちでもって病気を誘導することのないようにしていきたい
・ 苦しみはいつか必ず喜びに変わります
・ たなごころの温もり
   ⇒手のひらからは、“気”がでますから、
    それがお米にも伝わっておいしくなるんですよ

≪箱入り嫁のつぶやき≫
『佐藤初女さんの心をかける子育て』
『「いのち」を養う食 森のイスキア 佐藤初女さんより、
幸せな食卓のための50のメッセージ』
初女さんの本は、この2冊に続き3冊目です。
どの本にも食の大切さ、
母の心の大切さ(母じゃなくても母のような心でということ)
そして、“おむすび”のお話がでてきます。
似たようなお話かなと思うのですが、
毎回発見があり、そして心が救われます。
この本もすごくよかったです。
こちらは大阪のお米問屋さんからごはんについて
百文字でコメントを求められた時のものだそうです。
とてもいいな!と思ったので載せてみました(o^-^o)
今朝もふっくらおいしそうに
炊き上がった
ごはんが輝いている
一粒一粒が呼吸している
毎日はおろか何十年も
食べているのに飽きもせず
食べるたび新鮮な気持ちで
味わえるしあわせを
かみしめ今日も感謝で生きる
              佐藤初女

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

« 『ツェねずみ』・・・宮沢賢治(著) | トップページ | いつも心に『クッション話法』 »

3.読書日記」カテゴリの記事

コメント

こんばんはshine

母の心は大地のようなもの…
お米は食の根本みたいなもの…
って、感じましたhappy01

おにぎり大好きで、よくお弁当に持っていきます。美味しくにぎるコツもテレビで見たのですが、私はラップでくるむとおいしくないなって思う、最近はホイルに包んで持っていきます。ラップだとホイルより御飯がベタベタする感じで、なんて余談でした(笑)

cherry きっちゃん♪へ

おはようございます!
どんなことでも包み込めるような
大きな“器”を持つ女性にあこがれます♡
大切にしたいですね、“お米”shine

cherry モーニンググローリィさんへ

私もテレビでおにぎりをおいしく握るコツを見たことあります。
簡単そうで難しい。。。coldsweats01
やはりラップの方がホイルより密着するからよくないのかな。
初女さんのおむすびはタオルでくるまれるそうです。
水分をいい具合にしてくれるとか♪
どんなタオルを使われるのか興味津々です(#^.^#)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520427/49354074

この記事へのトラックバック一覧です: 『いのちの森の台所』・・・佐藤初女(著):

« 『ツェねずみ』・・・宮沢賢治(著) | トップページ | いつも心に『クッション話法』 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログ村

最近のトラックバック