フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« 『ツインソウル』・・・飯田史彦(著) | トップページ | 2012年読んだ本(111冊~120冊) »

『<銀の匙>の国語授業』・・・橋本武(著)

2012年12月5日

2012年3月22日発行・・・2012年11月24日読みました
pen 私の心に残ったこと
本当の「ゆとり教育」へ
⇒いま言われている「ゆとり教育」は
  遊び時間を増やすことなのかと思いたくなりますが、
  そうじゃなくて、
  水準以上のことをやっているから心にゆとりが持てる、
  そうあるべきです

・ 大事なのは答えではなく過程です
・ 『銀の匙』の授業は、傍観するのではなく、
   入り込んで一緒にやっていく授業です
  ⇒それは「遊ぶ感覚」です
・ 七つのポイント
  ⇒「読む」「書く」「話す」「聞く」「見る」「味わう」「集める」
・ 横道にそれる
・ 繰り返しているからこそ名人になれる
・ 国語の基礎力を作る
   ⇒どの科目もそうですが記述式の試験になると、
    基礎力の差はてきめんに出ます
   ⇒受験が目的の勉強ではなく、この勉強をしていれば、
    結果的に受験に有利になる

≪箱入り嫁のつぶやき≫
『ゆとり教育』が始まった時、ちょうど執行部役員になっていた為、
いろいろな立場の人たちからの意見を耳にすることができました。
周りのお母さんたちからは、私も含め不安の声がいっぱいでした。
参観日の様子も、授業中なのか遊び時間なのかわからない状態。
“ゆとり”の意味が違うんじゃないかと・・・・・
そうそう、あの時の私たち母親が求めていたものは、
水準以上のことをやっているから心にゆとりが持てる
このゆとりだったんです。
子どもたちだけでなく大人の私も
こんな“ゆとり”を持てる暮らしができたらいいなと思います。

応援クリックが更新の励みになります!
   (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

« 『ツインソウル』・・・飯田史彦(著) | トップページ | 2012年読んだ本(111冊~120冊) »

3.読書日記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは♪

水準以上のことをやっているから心にゆとりが持てる、
そうですよね…
私も頑張りたいですwink

cherry  きっちゃん♪へ

こんにちは。

なんでもコツコツ継続ですね。
難しいことは考えないで、基本を丁寧に!
私も頑張りますwink

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520427/47977542

この記事へのトラックバック一覧です: 『<銀の匙>の国語授業』・・・橋本武(著):

« 『ツインソウル』・・・飯田史彦(著) | トップページ | 2012年読んだ本(111冊~120冊) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログ村

最近のトラックバック