フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« 『「首の後ろを押す」と病気が治る』・・・松久正(著) | トップページ | 『あんぽん』・・・佐野 眞一(著) »

『食べない健康法』・・・石原結實(著)

2012年11月29日

2008年2月14日発行・・・2012年11月16日読みました
pen 私の心に残ったこと
★我々が空腹の時は、血液中の栄養状態も低下し、
白血球も充分に栄養を摂れず空腹になるので、
バイ菌やアレルゲン、ガン細胞を貪食、処理する能力が高まる。
つまり、免疫力は増強するのである。
★少食こそが健康の一番のクスリ

・ 少食により
  ⇒寿命が延び、老化防止の効果がある
  ⇒ガンのリスクを減らす
  ⇒免疫力を向上させる
  ⇒頭脳が明晰になる
  ⇒大・小便の排泄がよくなる
  ⇒体のだるさがとれる
  ⇒ストレスに強くなる
  ⇒運命が開ける
・ ①食べない
     or②お茶に梅干し
     or③黒砂糖入り生姜紅茶1~2杯
     or④人参・リンゴジュース1~2杯
      or⑤生姜紅茶1~2杯に人参・リンゴジュース1~2杯
・ ①そば(トロロ ワカメ ザル)に
                    ネギと七味唐辛子をしっかりふりかける
     or②具だくさんのうどんにネギと七味唐辛子をしっかりふりかける
     or③ピサ゜やパスタにタバスコをふりかける
     or④ごはんや弁当ならよくかみ、腹八分目以下に
・ ①アルコールを含め、何を食べても可
・ 耐えられない空腹感が続くなら、チョコレートや黒糖、
  黒アメや黒砂糖入り生姜紅茶を飲み、糖分を補ってやるとよい

≪箱入り嫁のつぶやき≫
私はしっかり食べるタイプなので、
食べないとか少食にするというのはちょっと苦手かもしれません。
でも時々、ポイントさえおさえていれば、
たくさん食べる必要がないのではないかと思うことがあります。
石原先生はじめ、日野原先生や南雲先生・・・・・
そして、お元気で長生きされている方々も
あまり食べないとおっしゃっています。
6000年前のエジプトのピラミッドの碑文
「人は、食べる量の4分の1で生きている。
他の4分の3は医者の糧になっている」
というのもあるらしいです。
出来ることから始めてみようかな。。。

  

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

« 『「首の後ろを押す」と病気が治る』・・・松久正(著) | トップページ | 『あんぽん』・・・佐野 眞一(著) »

3.読書日記」カテゴリの記事

コメント

確かに腹八分とか腹七分なんて言いますよね〜私も満腹になるまで食べないようにはしてますが、食べる量が少なかった時は体もだるくないし体調良かったかも!?朝は軽めに食べてますが、軽いとお昼前にはお腹がグーグー鳴り出して仕事中恥ずかしい(/-\*)デス

cherry モーニンググローリィさんへ

朝はしっかり食べたいです(笑)
食べてもお昼前にはお腹すくし・・・coldsweats01

この本にも空腹には生姜紅茶!って書いてありましたが、
飲むとちがいますね(笑)
私は朝生姜紅茶を作り、のどが乾いたら飲んでいます。

こんばんは♪

私はお昼が一番多いかもしれません。
たしかに現代人は食べ過ぎだと思います。
栄養バランスだとか言ってあれもこれも…sweat01

cherry きっちゃん♪へ

こんばんは。

反省です。。。
体脂肪などは低いですが、
お腹いっぱい食べてしまうから・・・根性なしですcoldsweats01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520427/47977386

この記事へのトラックバック一覧です: 『食べない健康法』・・・石原結實(著):

« 『「首の後ろを押す」と病気が治る』・・・松久正(著) | トップページ | 『あんぽん』・・・佐野 眞一(著) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログ村

最近のトラックバック