フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« 季節はずれの葡萄・・・その後 | トップページ | 2012年読んだ本(91冊~100冊) »

『一流たちの金言』・・・藤尾秀昭 (監修)

2012年9月24日

2011年7月30日発行・・・2012年9月22日読みました
人間力を高める26のメッセージ
【目次】
第一章 名経営者の逸話が教えてくれること
第二章 一流経営者の発想
第三章 プロ論
第四章 仕事術
第五章 教え
第六章 心を磨く

pen 私の心に残ったこと
自分を育てるための三つのアプローチ
  ⇒まずは笑顔、次に「ハイ」と肯定的な返事ができること、
    人の話を頷きながら聞くということ

・ リーダーシップとは“影響力”である
・ 「想い」を高くしなければ、よい製品は生まれない
・ 「商売は真剣勝負と同じ。絶対に損をしてはいけない」
・ 「魔」と言われるくらいに繰り返せ
・ 「すぐやる、必ずやる、出来るまでやる」
・ 自ら“出来る”と信じたときに その仕事の半分は完了している
・ 心がないと人は動かないんです
・ 「準備、実行、後始末」
・ リーダーは時速150キロで全力疾走せよ
・ 仕事にも人生にも締切があります
・ 負けてたまるかと静かに自分に言いなさい
・ 努力の上に辛抱という棒を立てろ
・ すべて神様が皆さんに遣わした人たち
・ ブスの二十五箇条
・ 人間はみんな違ってみんなが大事

≪箱入り嫁のつぶやき≫
『一流たちの金言2』がよかったのでこの本も読んでみました。
26のメッセージすべてよかったですが、
今の私には
★自分を育てるための三つのアプローチが必要かなと思いました。
そして、
かつての日本にはこのような親子の心の触れ合いが息づいていた
★努力の上に辛抱という棒を立てろ私の人生を支えてくれた父親の言葉
というお話もとても感動しました。
 

  

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

« 季節はずれの葡萄・・・その後 | トップページ | 2012年読んだ本(91冊~100冊) »

3.読書日記」カテゴリの記事

コメント

こんばんはshine

「ハイ」と肯定的な返事ができない
私がいたりしますsweat01

cherry きっちゃん♪へ

こんばんはshine

口で「ハイ」と言っても
不満な気持ちは相手に伝わるんですよねsweat01
時々主人に言われます(笑)

反省です(#^.^#)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520427/47189245

この記事へのトラックバック一覧です: 『一流たちの金言』・・・藤尾秀昭 (監修):

« 季節はずれの葡萄・・・その後 | トップページ | 2012年読んだ本(91冊~100冊) »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログ村

最近のトラックバック