フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« 50度洗い・・・野菜・肉・魚 | トップページ | 『伝説の灘校教師が教える』・・・橋本武(著) »

名古屋のコーヒー焙煎士、川上敦久さんのおいしいコーヒーのいれ方

2012年6月27日

昨日アクリルたわしを編みながらラジオを聞いていると
加藤紀子さんが名古屋のコーヒー焙煎士、川上敦久さんのところで
おいしいコーヒーのいれ方を教わってスタジオで実践されるとのこと。
コーヒー大好き!
朝食のコーヒーと午後のコーヒータイム。
毎日ペーパードリップでコーヒーをいれ続けて30年以上。
聞き逃すわけにはいかないとラジオに張り付いていたら、
後でブログにUPします!とのことでちょっと安心(笑)
でもじっくり聞いて、午後のコーヒーは習ったとおりにいれてみました。

☆水は水道水が良い。
☆お湯の温度は68~78℃くらい

【1】粉全体にお湯をかけ10~20秒蒸らす。
【2】一湯目。
     真ん中から外へ『の』の字を描くようにたっぷり注ぎ、
    お湯を全部落とし切る。
   (外側に寄せられた粉・・・・・これがアク)
【3】二湯目。
  外側に寄せられたアクの内側、へこんだ部分にだけ
  『の』の字を描きながら注いでいく。
【4】三湯目。
  二回目に注いだお湯が残っている状態で、
  へこんだ部分にだけ『の』の字を描きながら注ぐ。
  一杯分くらいのお湯をドリッパーに残したまま、
  ドリッパーをはずす。

私が今までいれていたのと違うところ。
お湯の温度がもっと高かったsweat01
外側に寄せられた粉たち(アク)にもしっかりお湯を注いでいましたsweat01
一杯分くらいのお湯をドリッパーに残したまま、ドリッパーをはずす。
なんて考えたこともなかったですsweat01sweat01

Image531_4_11習った通りに入れてみたら
いつものコーヒーとは別物 heart
すごく優しいコーヒーができあがりました。

くわしくはこちら⇒ホットな朝~おいしいコーヒーのいれ方講座

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

« 50度洗い・・・野菜・肉・魚 | トップページ | 『伝説の灘校教師が教える』・・・橋本武(著) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私もコーヒー大大好きですよ♪なのにインスタントと缶コーヒーは苦手なんです。最近はコーヒーメーカーで○○バから買ったひいてあるやつばかり飲んでますが、たまには丁寧に入れたコーヒーゆっくり飲みたいなぁ〜って思います。豆からひいて作るのは日曜日ぐらい。私も日曜日やってみようかな〜あと、気になる隠れ家的なカフェ近所に出来たんで行ってみたいです。

cherry モーニンググローリィ さんへ

コーヒーのい~い香りで元気になれますね。
お湯の注ぎ方で味が変わるから、
コーヒーの味で自分の状態がわかったりします(笑)

日曜日ぜひ試してみてくださいwink
“隠れ家的なカフェ”いいですね!

こんばんは☆

家ではもう何年もコーヒーを飲んでいません。
うちはめんどくさがりの人間ばっかりで…sweat01
あ~、美味しいコーヒー飲みたいです。

cherry きっちゃん♪へ

こんばんはshine

私は朝食でコーヒーがないとどうもシャキッとしません。
時間がないときもペーパードリップですcoldsweats01
だから焦ってお湯を注ぐと味がまったく違う。。。

値段の高いコーヒーはもちろん味も香りも違いますが、
安いコーヒーでも美味しくいれることができたら
素敵ですよねwink

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520427/45899079

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋のコーヒー焙煎士、川上敦久さんのおいしいコーヒーのいれ方:

« 50度洗い・・・野菜・肉・魚 | トップページ | 『伝説の灘校教師が教える』・・・橋本武(著) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログ村

最近のトラックバック