フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« アクリルたわし♪ひと口メモ・・・【62】結構丈夫なアクリルたわし | トップページ | ほっ!ひと安心。 »

『マネジメント』・・・P・F・ドラッカー(著)

2012年6月2日

2001年12月13日発行・・・2012年5月26日読みました
pen 私の心に残ったこと
組織に成果をあげさせるための
   道具、機能、機関がマネジメントである
  マネジメントが責任を負うものは、
   成果と仕事に関わることすべてである

第一に  マネジメントには基本とすべきもの、原則とすべきものがある
第二に  基本と原則は、それぞれの企業、政府機関、
       NPOのおかれた国、文化、状況に応じて
       適用していかなければならない
第三に  基本と原則に反するものは、
       例外なく時を経ず破綻するという事実、
       断じて破棄してはならないものである
・ 経済書のほとんどは、マネジメントを内から見ている
  本書は、マネジメントの使命、目的、役割から入る
・ 人こそ最大の資産
・ マネージャーの仕事
   ①目標を設定する
   ②組織する
   ③動機づけとコミュニケーションを図る
   ④評価測定する
   ⑤人材を開発する
・ トップマネジメントとは、方向づけを行い、
  ビジョンを明らかにし、基準を設定する機関である
・ 個人の強みは社会のためになる
・ 状況の変化によってマネジメントの仕方は変わってくる
・ 変化は常にノンカスタマーから起こる
・ 本稿は何らかの結論を出すことことを意図したものではない
   問題を提起するためのものだった

≪箱入り嫁のつぶやき≫
読もう読もうと思いながら、先に『もしドラ』を読みました。
そして、やっと読んだ『マネジメント』です。
読みながら、頭の中では
『もしドラ』と『マネジメント』が反応し合ってる感じでした。
鍵は顧客の意思決定かな。。。
相手が何を望むか、相手にとっての価値は何か。
いろいろな状況の変化に応じて
マネジメントの仕方を変えていくことが大切なんだと思います。
ビジネスだろうと野球だろうと、その状況にあわせて
相手が何を望んでいるかを考えるのが基本だろうか。。。
時間をおいてまた読んでみたいと思います。
読むたびに発見がありそうな予感です。

応援クリックが更新の励みになります!
     (別窓で開きます)

ブログランキング blogram投票ボタン

« アクリルたわし♪ひと口メモ・・・【62】結構丈夫なアクリルたわし | トップページ | ほっ!ひと安心。 »

3.読書日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520427/45491478

この記事へのトラックバック一覧です: 『マネジメント』・・・P・F・ドラッカー(著):

« アクリルたわし♪ひと口メモ・・・【62】結構丈夫なアクリルたわし | トップページ | ほっ!ひと安心。 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログ村

最近のトラックバック