フォト

参加しています

読書メーター

  • 箱入り嫁さんの読書メーター

本が好き!

Amazon

無料ブログはココログ

« アクリルたわし♪ひと口メモ・・・【54】ホームベーカリー隅っこの部分 | トップページ | 『ブッダの贈り物』・・・アルボムッレ・スマナサーラ(著) »

『一歩を超える勇気』・・・栗城史多(著)

2012年4月9日

2009年12月16日発行・・・2012年4月5日読みました
pen  私の心に残ったこと
苦しみを受け入れ、そして感謝する。
  ありがとうは困難な時代を乗り越える力のある言葉かもしれない

・  生きていく中で一番怖いのは、夢を達成した時かもしれない
・  頂上に着く瞬間に思うこと、自然の大いなる力で登らせてもらっている
   そして、「活かされている」
・  お金もない。コネもない。あるのは夢だけ。
・  人の夢は絶対否定してはいけない⇒信じてあげてほしい
・  自分が夢を持つと、自分を 家族を 友達を明るくし、
   ⇒日本を明るくすることができる
・  本気と無欲があったから応援してもらえた
・  苦しみを楽しもうとする心のスイッチを入れる魔法の呪文
   ⇒これでいいのだ
・  何かがうまくいくときというのは、すべてを受け入れているとき
・  山頂はそれまでの苦しみがすべて喜びに変わるところなのだ
   ⇒苦しければ苦しいほど、それは大きな喜びに変わる
・  人間は山では生きていけない
   ⇒人間は人と人とがつながるところでしか生きていけないのだ

≪箱入り嫁のつぶやき≫
前半、登頂の様子を読む時は少し息苦しかったです。
いつも思うことですが。。。
命をかけてそんなにくるしい思いをしてどうして山に登るんだろう・・・
苦しければ苦しいほと大きな喜びに変わるからなんですね。
きっと想像がつかない位くらい大きなものなんだろうなぁ。
そんなくるしい登山中、
体が思うように動かなくなったとき、ふと「あがとう」と口にした。
ただそのほうが力がでた。というところ、
「ありがとう」には本当にパワーがあるんだなと思いました。
受け入れ、感謝し、ありがとう・・・・・を
頭の中で一緒に山に登りながら実感していったような気がします。

少し違った角度から。入山料について知らなかったのですが、
エレベストは1人100万円。マッキンリーは1人1万8000円。
にはびっくりしました(笑)


応援クリックが更新の励みになります⇒ブログランキング

« アクリルたわし♪ひと口メモ・・・【54】ホームベーカリー隅っこの部分 | トップページ | 『ブッダの贈り物』・・・アルボムッレ・スマナサーラ(著) »

3.読書日記」カテゴリの記事

コメント

こんばんはshine

苦しみを受け入れ、そして感謝する。
人生において本当に大切なことだと思います。
って、なかなかできることではなさそうですが…

入山料、そんなにかかるんですか(@_@;)

cherry きっちゃん♪へ
こんばんはshine

頭ではわかってるつもりなんですけどね・・・
難しいです。

入山料、高いですよね!!
100万なんてsweat01sweat01sweat01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520427/44804140

この記事へのトラックバック一覧です: 『一歩を超える勇気』・・・栗城史多(著):

« アクリルたわし♪ひと口メモ・・・【54】ホームベーカリー隅っこの部分 | トップページ | 『ブッダの贈り物』・・・アルボムッレ・スマナサーラ(著) »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログ村

最近のトラックバック